2019.03.21 きりがたりシアター@壮瞥町

21582019.03.21
壮瞥町地域交流センター
運営ボランティア実行委員会事業
第6弾「きりがたりシアター」
@壮瞥町地域交流センター
 山美湖 ホール(壮瞥町公共施設一覧)

|| これは、2019年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

(→きりがたりシアター・ここまでの記録)

前年9月以来のきりがたりシアターお呼ばれ公演。
2015年にもお伺いした壮瞥町さんに参りました。

前回はたくさんある出しもののひとつでしたが、
今回はホールでの単独公演。いろいろ準備もいただいて、
190321101714621903211018146319032113491465
しかも町外からのお客様もウエルカム⇦まっつ告知

上演画像を撮ってもらったので
そちらも使ってご紹介していきまっつ。
札幌での自主公演に準じた展開ですけどね。

まずはご挨拶!
C811350c_aisatsu_0103

そして、最初のお話は「ねずみの嫁入り」。
C811350c_nezumi1_0065C811350c_nezumilast_0059
おむこさんのちゅうすけネズミ役は
女の子が名乗り出てくれました(⌒▽⌒)。

続いて「楽器紹介コーナー」。力入ってるなあ。
C811350c_gakkishoukai0_0056C811350c_gakkishoukai1_0057
3人でステージから降りて、お子たち集めて紹介してたわ。

それから「絵本コーナー」。
谷川俊太郎さんの『いちねんせい』から、いくつか。
まっつのストップモーションに「なにやってんだよ」と
会場の子から声がかかって、
「うたってんの」とまっつが答えたり、
それを受けて、大人も含めて場内爆笑したり、
なかなかいい雰囲気。


絵本もうひとつは「なかなおり」。
信号機の3色が争ったあとなかなおりする
という小学2年生が書いたステキなメルヘン。
C811350c_nakanaori0_0048C811350c_nakanaori1_0046
立体信号機を登場させました。あれ?(左)うん(右)。

お次は「童謡メドレー」。
童謡に合わせて、千陽がきり紙でいろいろ作って
ときどきまっつも歌詞など読んでという構成。

さらにKIRIGAMIST千陽の「ショー」で
きったものその場であげたり、もっと驚いてもらった後、
C811350c_chiakishowpresent_0031C811350c_chiakishow1_0033C811350c_chiakikouza_0027
「ワンポイントきり紙講座」。
みんなにもきり紙体験をしてもらう流れでした。

そして最後の演目は「花咲じじい」。
まっつは「語り」だけのときと
「語り」もしながらキャストでもいるときがあったりするので

写真だけじゃ何やってるかわかりにくいかもね(笑)。
C811350c_hanasakabigin_0024C811350c_hanasakasaita_0011C811350c_hanasakalast_0008
あら、照らし合わせてみれば読み語り作品は、
2015年とは全部違っていたのでした。

ツッコミ反応があったりで
予定の1時間を5分ほど超過したみたいだけど、
みんなのんびりしっかり楽しんでくれたようでした。
19032115131466
お客様写真。最後まで皆さん、ありがとうございました。

終了後には、わたしたちもしっかり、
1903211602146719032116231468
現地ショッピングも楽しんだのでした。

| | Comments (0)

2018.10.13-14 きりがたりシアター@中央区

S__160646012018.10.13-14
きりがたりシアター
 10 周 年
記 念 公 演

in 札幌市こども人形劇場こぐま座

|| これは、2018年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

(→きりがたりシアター・ここまでの記録)

さて前報告の帯広から早帰りしたのは
これが控えていたからであります。

12日の朝に高速バスで帯広を出て、
16時にはゲネやってました(爆)。
18101216000941

なんと、きりがたりシアター
1年ちょいぶりの公演だったのねえええ。
しかも札幌での自主公演は
2016年6月以来。

というよりか、なんと、あなた、この公演
「10周年記念公演」だったんですよおおお。
「10周年記念公演」(大きく)
(はい、そっちでもこっちでも改めて拍手拍手うう)

3月には日程決まってたんだわ。
そんなわけで「センチメンタル」の間を縫って
稽古したりなんだりしてたんだったよねえ(遠い目)。

さらに「記念公演」ということで
初めての夜公演も企画しちゃったんだった。

そんなわけで、セットリストはこんな感じ。

「ねずみの嫁入り」
「きり紙パフォーマンス」千陽
「楽器紹介」
「童謡メドレー」
「りずむ遊び」
「はなさかじじい」


「はなさかじじい」
「りずむ遊び」
「蜘蛛の糸」
「おはらぶし」千陽
「こきりこ節」千陽
「ワンポイントきり紙講座」千陽
「なかなおり」
「天女の羽衣」
※「千陽」とあるプログラムは、まっつは休憩タイムだったはず。
※あ、「楽器紹介」と「りずむ遊び」も表参加はしてなかったね。

その上、日曜日のラスステには、
千陽がこの年から所属したエゾンミュージック
新田さんと小室さんが、千陽パフォーマンスに
ゲスト出演して生演奏をしてくださったのだ。

そして、ああ、そうです。この公演のために
手作りマラカスをみんなで準備したんでした。
子どもたちだけでなく、大人の皆さんも
しっかり使ってくれてましたっけね。
ああ、マラカスの写真が…ないっっ!

恒例、気合い入れ!わっ、新田さんたちも混ざってくれた!
181013095809461810141027096318101410270962
やなちゃんたら、↓こんなすごいショットも撮ってくれてた。
Yana5819jpg

そのやなちゃんの舞台写真も、ご堪能あれ。順不同。
クリックすると大きくなるよ。
Yana2469jpgYana2477jpgYana2513jpg
Yana2538jpgYana2546jpgYana2590jpg
Yana2603jpgYana2673jpgYana2701jpg
Yana2755jpgYana2788jpgYana2888jpg
Yana2896jpgYana2933jpgYana2969jpg
Yana3194jpgYana3263jpg

お客さま写真も、久しぶりの4回分だあっ。
1810131159094718101314570951
1810131952095418101412070964

お開きの後は、やっぱり恒例のまるちょーで打ち上げっ!
181014141109661810141411096718101414200968
お疲れまっつは、早めに帰ったらしい…す。

| | Comments (0)

2018.07.28 乱歩會5@中央区

180728174807052018.07.28
[乱歩會主催ライヴ5]
夢幻怪の夜 〜歌と読み語りと妖怪話と〜
「そこのけモノノケまっつも叫ぶ!」
 @詩とパンと珈琲 mon coeur
  札幌店舗時の開催(現在は釧路新店舗情報)

|| これは、2018年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

冒険乱歩會記録

前回17年9月乱歩會4では、中国に行っちゃって、
さて今度はどこへ行くかと思いきや、
物の怪の世界。
FBイベント告知は、こんな感じ。

またまた、乱歩作品出てこない企画でした(笑)。
でもね、モノノケユースケさんをゲストに迎え
どっぷり夢野久作『怪夢』から5編をお届け。
さらに後半は、モノノケさんの世界を軸とした
「妖怪トークバトル」でした。

なかなか贅沢な時間を楽しんでいただけたはず。

//
第1部『怪夢』は、
全6編中、確認したら一番短い一編以外を
全部読み語ったのでした。
ただし順番は掲載通りじゃなく。
これは浪漫堂店主の選択ね。

まずは「工場」から。
ここではモノノケさんの手作り楽器が
不思議世界を見事に際立たせてくれた。

18072822550708mこの楽器、なんと
この日当日に
作ったのだそうだよ。
当日打ち上げ時には
「カイムくん」と命名されたらしい(笑)。

続いての3編は、まっつ読み語りだけでお届け。
主人公が追い詰められていく緊迫感が、
それぞれにあったなあ。

最後の「硝子世界」は、再びコラボで
モノノケさんには、今度はギターで入っていただきました。

あっ、コラボで入ってもらった音は、ほとんど
その場即興だったんじゃないか。両作品とも。
まっつも音からもいろんなものを
もらいつつ、やってたと思う。
だいたい1時間くらいになったので、休憩。

//
休憩後第2部は、「妖怪トークバトル」。
モノノケさんの歌をメインに、
合間にモノノケさん指定の文章を読んでは
「妖怪」大好き進行の浪漫堂店主とモノノケさんが
トークバトルするという展開。

歌は全部で4曲。
一方、読んだのはいずれも抜粋レベルだったけど、
京極夏彦訳編『遠野物語remix』柳田國男原作より「八」。
元々の柳田國男『遠野物語』より序文冒頭。
さらに柳田國男『妖怪談義』より「一」

そして最後に、モノノケさんの
芸名由来でもあるという
水木しげる『極楽に行く人 地獄に行く人』より
「おばけのいる人生といない人生」を
お読みして終了したのでした。

んむ、なんか丁寧語で紹介したら
ちょっと当日の雰囲気と合致しない感じだなあ。

まあ、あの雰囲気は、現場に居合わせてないと
わからないよね。

妖怪のこと、ほとんどわかってなかった自分も
「大変楽しかったあ」って現場で言ってるし、
モノノケさんは
「読む人いて対談もして、なんかNHKみたいでした(笑)」。
浪漫堂店主はもちろん「ヒジョーに楽しかったあ」。
180728haruはい、貴重な3人ショットを
撮ってもらってました。
これは何のときかなあ。
開始時の
浪漫堂店主トークかな。

終了直後のお客様写真からも、
少しはその雰囲気が伝わるかも。
2枚組だけど、下手側が特にブレブレですんません。
1807282147070718072821470706
ありがとうございましたあ。

| | Comments (0)

2017.09.19 きりがたりシアター@名寄市

2017fuuren2017.09.19
風っ子プロジェクト主催
「小学校鑑賞事業」公演
きりがたりシアター
ふうれん地域交流センター「風っ子ホール」

|| これは、2017年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

(→きりがたりシアター・ここまでの記録)

1709191009019917091910100201
この年3度目のお呼ばれ「きりがたりシアター」
ですが、いつもとちょっと違いました。

名寄市風連町の「風っ子プロジェクト」さん主催で、
「小学校鑑賞事業」とのことでしたので
いつもの幼児から楽しめるものより
「大きい子向け」の作品をメイン的に準備したのです。

それは…宮沢賢治さんの「注文の多い料理」。
これを、しっかりきりがたりバージョンに仕立てて
お届けしたのでした。

ほかにも「『のはらうた I』」とか
楽器紹介、童謡メドレー、ワンポイント切り紙講座
などの、いつもの演目もやっていますが、
最後の締めも「雨ニモマケズ」にして
しっかり「大きい子向け」の雰囲気にしたつもり。

ちなみにそういう事業だったけど、
「域外のかたでもどなたでも無料でご覧いただけます」と
太っ腹な主催者さまでした。

残念ながら録音記録等がなく、
また、この「注文の多い料理」きりがたりバージョンは
後にも先にも、この一回しかやってないので
ああ、今現在、幻の作品と化しております。

この時のみなさま。ありがとうございました。
17091915070203
皆さんだけでも覚えていてくれてたらうれしいなあ。

| | Comments (0)

2017.07.19-20 きりがたりシアター@湧別町

170719072900962017.07.19-20
【湧別町幼児芸術鑑賞事業】
きりがたりシアター
湧別町

|| これは、2017年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

(→きりがたりシアター・ここまでの記録)

同年3月くらいに打診あって
対象は町内未就学児と保護者のクローズド公演
2日間で町内2カ所というオファーでした。

クローズドだし、未就学児中心なので
お客様写真は撮ってないし、記録は不完全なのだ。

そんなわけでとりあえずの流れを報告しておきます。

一同、高速バスで前日入りして、まずはリハ。
その後、本番前にさっそく歓待いただきましたっ。
1707181903009117071819090092
おおーー。夏の道東の味覚がたっぷりだああ。
報告ってのは、そっちかい(爆)。

初日2日目とも、実施は午前中。3月の枝幸公演と同じ
練り上がったプログラムにしましたが、
それでも10時開演に向けて、
7時半から準備スタートしてたんだね。
1707190817009717072008100124
左は初日の会場早朝の準備模様。右は2日目。

録音記録できたのは2日目だけだったけど、
この日は皆さんから、とてもにぎやかに
リアクションが返ってきてたなあ。

自分メモによると、初日にマイク使ってやってたら
なんか反応がビビッとこなかったので
この2日目はナマ声で臨んで、それが功を奏したのかも。

ああ、でもまっつ担当じゃない
楽器紹介への反応もすごいネツレツだったから
それだけが理由じゃなかったかも。

「おむすびころりん」の宴会シーンでも
皆さん、大変にぎやかにおつきあいくださってたしね。

//
2日連続、別の児童センターでの午前中本番。
てことで、初日の午後は、どーんとお時間ございましたので
湧別をたっぷり楽しみました。

ああ、こんなふうに時間がある遠征なんて
「きりがたり」史上、初めてじゃなかったか(笑)。

道の駅に寄ったり、ガイドマップを参照したり
1707191346010317071914130106

1707191514010717071916210117こんな
遊園地が
あって、
のびのび
過ごしたみたり。

1707191623011817071916230119手書きの料金表
っていうのが
とっても
味わいぶかくて
なんだか、ほのぼの
しちゃいました。

そしてびっくり。なぜか「雨ニモマケズ」の像が!
17071915260109

夜もご当地の茂加食堂さんで、かんぱいメシ。
1707191807012017071918360122

湧別町は、かつて「詩のボクシング」で
何度かお訪ねしたのだけど(上湧別町のころから)、
こんなにあちこち寄れたのは初めてでした。

そんなわけでお世話になりました、湧別町。

2日目終わった当日は、高速バス遠軽出発が昼過ぎ。
夜には自分、専門学校学生の公演を観てたみたいよ、わお。

| | Comments (0)

2017.03.26 きりがたりシアター@枝幸町

Kokuchi2017.03.26
【枝幸町芸術文化事業企画実行委員会
 第29回主催事業】
「きりがたりシアター in枝幸」
@枝幸町

|| これは、2017年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

(→きりがたりシアター・ここまでの記録)

前年11月くらいに打診あって調整決定、
ちょうどその頃にあった福島公演以来の
「きりがたりシアター」。

年度末で、場合によっては都合の悪い
メンバーも出るかもと思われていたが、全員でゴー!
17032512502333しかも珍しく
前日25日入りすべく、
高速バス移動。
えさっしーに
守られてました。

前日現場でセッティング。広いぞっ。
17032517362338

晩も朝も、なんだか贅沢にお食事いただいて
1703252002234117032607102342

さあ、10時からの公演だよ。
まっつな日々告知

福島公演は行けないメンバもいたので、
フルメンバー公演は、およそ8ヶ月ぶり。
17032608502345あ、当日には、
サポートメンバーも
かけつけて
くれてたのでした、
ありがとう。

予定演目は、福島前の前年公演などと同様
●3びきのこぶた
●いちねんせい(ぱん)
●楽器紹介
●童謡メドレー(通りゃんせ)
●おむすびころりん
にしてました。

はるっちが手遊び込みのしっかり前説で
場内すっかりあったまってのスタート。

おかげで「3びきのこぶた」から
まっつのノリも、いつも以上。
途中の目立つシーンでは
うながしてないのにどんどん
拍手がくるくる。くるんだわ。

そんなわけであとは省略するけれど
最後の演目「おむすびころりん」まで
本編ジャスト1時間、いっしょにたのしくすごして
いただきました。いまさらながらありがとー。
17032611072346

17032612222347帰りは現地で
あれこれお土産、
お買い物など
いたしました。
それだけじゃなく
ほかにもそこここ立ち寄ったりしたのだけど
そのへんは省略っしますっ。簡易ですが以上!

| | Comments (0)

2016.10.08 「秋の夜長の乱歩會」@中央区

Ranpokai22016.10.08
乱歩會 主催
「秋の夜長の乱歩會」
〜 まっつ、乱歩を読む。再び 〜
 @詩とパンと珈琲 mon coeur
☆2019.12に、ひとまずこの場所では閉店。
 いずれどこかで再開確実。リンク残す。

|| これは、2016年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

冒険モンクール記録

大好評だった「真夏の夜の乱歩會」。
「ぜひ次を」の声が大きく、
はい。3ヶ月置いて第2回目は「秋の夜長の乱歩會」。
「読書の秋」でもありますしね(笑)。
FBイベント告知は、こんな感じでした。

お届けしたのは予告作品「押絵と旅をする男」と
上記FBイベントのディスカッションを
ぐぐっと初期のあたりまでご覧いただくとわかるように
もう1作品はクイズになってました(いつの間に!)。

いや、このあたりの浪漫堂店主の連載は
実に軽妙洒脱。なかなか読み応えありますよ。

まずの「押絵」が約75分。休憩なしで
みんなよく着いてきてくれました。

16100820302025そこで休憩直前に、
裕樹さんが
描いてくれた
押絵イメージ画を
浪漫堂店主が紹介。

裕樹さん曰く
「押絵で作ろうとしたら、
 なんか話と齟齬が感じられたので
 薄い感じになりました」

いやあ、かっこいいよね。
この、男の存在感の薄さがまた奥深い。

そして休憩挟んで後半。
まずはクイズに回答コーナーから、
かと思ったら、ここで「押絵」の解説。
浪漫堂亭主、ちゃんとエピソード拾ってきてた。

そうだったんだあああ。
「乱歩は自分の書いた小説は3-4作のぞいてほとんどくず
 と言ってるのだけど、この小説は評価してる」。
へええ。

と、ここで2作品目の回答募集。
なかなか正解思いついた人がいなかったのだが
女性おひとりが「あれに入ってます?タイトルが出てこない・・」

浪漫堂「おしんに似てる」
女性「おせい登場!」
浪漫堂「正解!!」。

はい。2作品目は「お勢登場」でした。
何が賞品になったかというと、
まっつが読むために書き込みした
こちらの本でした。

まっつ「俺の書き込み見る人はじめてです。
    ある意味、仕事の秘密のような」
浪漫堂は「古本屋としては手放したくないのだが…」

Youkifb07あ、表紙は、
ここに写ってるな。
スタッフに
撮ってもらった
読み姿から。

という賞品贈呈が行われてから
(いやいや、ここで渡したら読めないでしょ。
お渡ししたのは終わってから)
いよいよ「お勢登場」。

こちらは50分程度でした。
浪漫堂店主はやっぱりこっちのほうに大喜びでしたね。

終わって開口一番、
「おせー、おせい、おせいだめだよ」
そして続いて
「タイトルもいいですね。よくつけたな。いま聞いてて思った、
 情事を終えて帰ってくるまで出てきてない。
 ああ、登場だ。こわいこわい」

改めて聞き直して、どちらも後半になるにつれ
まっつ読みもいい感じになってきてたみたい。
前半は…なんか特に「押絵」の前半は乗り損ねた感あったなあ。
「お勢」は全体にまあまあ。後半はなかなかいい感じ。

けっこうな盛況だったのです。
1610082144202616100821522027ぎゅっとして
お客様写真を
先にいただき
賞品贈呈も
(挿絵は消しました)。

その後もしばらくみなさん
「お勢登場」について
語り合っていましたね。

ん、裕樹ちゃんの絵もプレゼントに回ったんだっけ。
わお、まっつテキストよりちゃんとした賞品だ。

//
その後、2019年まで第6回を数えた「乱歩會」。
少しずつ歩をゆるめながらも
「乱歩」作品に限らず実施してきました。
報告はまたしばしお待ちを、ですが、
あー、2020年はついにやれませんでしたね。
仕方ないてすね。

いずれまたどこかでできる日がきますように。

| | Comments (0)

2016.09.04 ロビンとまっつライブ@恵庭市

160904115319762016.09.04
「ロビンとまっつ 読み語りライブ」
@恵庭市 フレスポ恵み野内
 まちスポ恵み野

|| これは、2016年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

 
この日は「ヨミガタリを楽しむ会」の協力で
ロビンさんの北海道ツアーの一角に据えてもらって
コラボライヴをやらせていただいたのだ。
しかも初見リクエスト&投げ銭。
 
民族音楽家であるロビンさんの音楽には
即興スピリットがしっかりあって
どんなことになるだろうと
わくわくひやひやで当日に臨んだ記憶がある。
 
午前中のクローズドで実施された
音楽療法講座から参加。
「音楽を楽しむ」気分でいっぱいの時間。
 
それを経たおかげで、すこし
「ひやひや」が消えた(はず)(笑)。
 
あれ、その後、リハっぽいこと…やってないのか?
簡単な打ち合わせだけでもう本番スタートだったのか?
そういや、リハった記憶はないわ。
てか、その場リクエストライヴだから
できるわけもないのだったわ(笑)。
 
てなわけで、即興ライヴスタートだ。
 
リクエストなかったらどうしよう。
ちゃん伝わってたみたいで、
3件ほど声があがる。
 
まずは
ふまんがあります」ヨシタケシンスケ
 
なんかすごくのびのびやらせてもらえた。
音楽があるおかげで、
ときには音に任せる時間をもったりできて
いやー、気持ちいい。
 
作品の繰り返し展開をすぐつかんだロビンさん、
実にいいタイミングで、いい音出してくれる。
 
作品自体の締めもうまいよなあ、さすがヨシタケさん。
 
2つめ。
戦争と平和のものがたり2 一つの花』より
「一つの花」。  
このときのロビンさん音楽は
おっと、作品紹介のときから始まってくれてた。
ちらっと絵本の中身を「こんな感じ」
って具合に見てもらっただけなのに。
 
しかもしっかりメロディーが入ってきて
終わりでちゃんと完結するという見事さ。
 
3つめ。
さよならさんかくまたきてしかく
松谷みよ子さん作品。
 
これはひとまとまりごとに、
ロビンさん、音でいろいろ遊んでくれたわ。
いいなあ。楽しいなあ。
 
おや、4つめが、大人から。
ヨシタケシンスケ作品だっ。
もうぬげない」。
 
ロビンさんが実にファンキーなリズムで入ってくれて
タイトルから、まっつノリノリ。
音と遊んで語尾伸ばしとかいろいろ。
しかも音は、それにしっかり絡んで終わってくれる。
 
ロビンさんからのリクエストで締めることにしてるけど、
まだ少し時間あったみたいで
もうひとつ入れたのね。  
ラヴ・ユー・フォーエバー
これは、ロビンさんに
ネイティヴイングリッシュで
タイトルコールしてもらったんだった。
 
歌出てくる作品。しかも繰り返し。
子守唄。何度も何度も。場面を変えて。
まっつだんだん歌にしてくけど、
ここはロビンさん、リズムはしっかり刻みつつ
メロディーには踏み込まない。やりやすい。
 
シリアスながら笑いも出てくる
いい展開になったなあ。
(終盤のあたりは録音で聴いてても戦慄走ったわ)
 
そしてロビンさんからのリクエスト。
これで締め。
アフリカの音」。
これは盛り上がったわあ。
終わって拍手が20秒くらい続いたほど。
 
お時間ちょいとすぎちゃってますので
ライヴは終了。交流会の準備に入りましたね。
 
16090415321979そういえばリクエストは
ほぼ絵本。
あ、絵本じゃない
1点写ってない…。
いろんな絵本が
あるもんだ。
 
1609041514197716090415141978
お客様は。広角客席でしたので2枚組です。
 
16090416301981記念の2ショット。
ほんとに楽しかった。
ロビンさんも
喜んでくれたみたい。
ぜひまたいつか。
 
お客様、スタッフ関係者の皆さんにも
いまさらながら大感謝です。
ありがとうございましたあっ。
 
ロビンさんについては
ロビン・ロイド公式サイト」をご覧ください。

| | Comments (0)

2016.07.30 「真夏の夜の乱歩會」@中央区

160730180218832016.07.30
乱歩會 主催
「真夏の夜の乱歩會」
 @詩とパンと珈琲 mon coeur
☆2019.12に、ひとまずこの場所では閉店。
 いずれどこかで再開確実。リンク残す。

|| これは、2016年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

冒険モンクール記録

この年の夏の出来事として
特筆すべきことのひとつが、これ
「乱歩會」のスタートでした。

まあやってる人間は「古本遊び」とほぼ同じなんで
その延長のように思うかもしれないけど、
内容的にはだいぶ違う。

ところが、結局、乱歩會が始まった後は
古本遊び、一回もやってない(^^;
まああっちもこっちもやってくよりは
ひとつに集中しようっていう姿勢が
無意識にも選択されたんだろうと思う。

さてその記念すべき第一回め。
正式名称は、「真夏の夜の乱歩會」でした。
乱歩だよ。夜だよ。真夏だよ。ってことで
のっけから予告作品は「人間椅子」。

乱歩は根強いファンも多いんですねえ。
かなりの盛況でありました。

その連動展「真夏の夜の乱歩展」も
当日を最終日として5日間開催したんでした。

進行は「乱歩ならお任せっ!」の古本浪漫堂店主。
おー、まるでこの日のために「古本遊び」で
進行力を鍛えてたみたいに
なかなかいい具合で進みます。

16073019061887「乱歩も古本屋
 やってたんです。
 いろんな仕事して、
 どれも長続きしない。
 脈絡なく。20面相っぽい」。

そんな乱歩像もあれこれ示してくれる。
いい進行だあ。

なんではありますが…。
この企画、まずは5月22日(モンクール28の日だ!)に
ほぼ作品決定いたしまし…かけたんですが、

予告作品以外がその後、選択者のより深い乱歩愛のため
流動的な状態が続きまして、
もう一作品は、なんと急転直下、3日前に変更決定。
なんでも併行開催「乱歩展」の展示に触発されて
「これだーーー!」と思ったそうな、浪漫堂店主。

すごいな美術の力…。こちらが、当日も展示されていた
その「乱歩展」掲載作品の数々。(全部じゃない)
160730183018841607301831188516073018311886

そして決まったのが1作品目「人でなしの恋」。
トータル1時間は優に超えるので
前後編に分けてお届けした。

真ん中よりちょっと前めで区切ったら
「ここで切るのかあ」という場内のどよめき。
根を詰めてきいてたと思うので
「体のばしてください」と誘導。
10分ほどのブレークタイム入れて
前半の4割以上長く、悲しみと戦慄の後半へ。

ぞくっとしたわ。
浪漫堂店主にも「期待以上!!」と絶賛された。よね。

さて改めて休憩。
しっかり15分くらいとってましたね。

休憩中は浪漫堂の持ち込み古書類を購入したり
もちろんモンクールのパンを食したり
16073020521888天井にも広がる
展示を鑑賞したり
みなさん、
それぞれに
くつろいでらした。
作品についての感想等もとびかってましたね。

あれ、この日は作品に因んだパンってなかったんだっけ?
写真がないから思い出せませーんm(._.)m。

さて後半は事前告知していた「人間椅子」。
前半の様子から場内とも相談して
1時間くらいだから休憩なしでいってみよーって
ことになりまして一挙のお届け。

なかなかの反響だったけど、
ノーマルな男性の声で進めてしまって
浪漫堂店主に、こちらはちょいとその点だけ
突っ込まれたんでしたっけ。

確かにもう少し違う方向もあったなと思った。
次にやるときはおもいきり
「佳子」の想像の中の声でやってみたい
と思ったりもしたのでした。
そうなるとそれはだんだん変化していくはずで
場合によっては一人格としての統一感がないくらいの
そんな幻想的なものにしてもいいのかもしれない。
なんてね。そんな機会はあるのだろうか(爆)。

大盛況のモンクール。
160730221018911607302209189016073022091889
久々にスリーショットでお客様ほか写真。

//
これを皮切りに、2019年までに6回を数えた乱歩會。
次の開催は未定です。
モンクールに変わる場所はどこだ
とか考えてるうちにコロナ時代になってしまって。

いやしかし、きっといつか、ある。
ひとまず残る開催分の記録報告を
じっとお待ちくださいませ。
m(._.)m
4年3ヶ月遅れですみません。

| | Comments (0)

2016.07.02 きりがたりシアター@北広島市

2016.07.02
「きりがたりシアター」
@北広島市某所

|| これは、2016年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

(→きりがたりシアター・ここまでの記録)

この年、2件めのお呼ばれ公演。

あ、でもクローズド公演だったので
簡単にご報告。

「3びきのこぶた」
「いちねんせい」
「楽器紹介」
「童謡メドレー」
「おむすびころりん」
ほぼ直前のこぐま座公演と
同様のプログラムでした。

そうでした。終わって1時間で撤収という
慌ただしさだったので終了後の写真がなーい。

セッティング中の模様だけ載せておきます。
16070212281846

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

AMICA closed Clubまっつ JRタワー partyゲスト semi-closed WS・講座 あけぼのA&C きりがたりシアター きり紙 くすみ書房 こぐま座 すぺしゃるらいぶ どもIV まとめ報告 やまびこ座 よみがたりシアター アップルガーデン アトラクションゲスト イベント参加 オペレ カエルヤ珈琲店 ガンゲットダイマ コラボレーション コンカリーニョ コンクール シアタースポーツ ジョイント ストリート チカチカ チャリティ テレビ テンパカルテット ニュアージュ ネットTV パフォマーケット フォーラム メディア モンクール ヨミガタリスト ライブペイント ラジオ リクエスト 上富良野町 上湧別町 乱歩會 人形劇 函館市 北広島市 北見市 千歳市 南幌町 即興組合 参加型イベント 古本浪漫堂 名寄市 和寒町 報告 士別市 壮瞥町 夢十夜Nights 大阪市 宅ライブ 安平町 寸劇 小樽市 屋外 展覧会 岩手県 帯広市 恵庭市 愛別町 投げ銭 斜里町 新篠津村 日記・コラム・つぶやき 旭川市 映画 朗読会 札幌市 札幌市中央区 札幌市北区 札幌市南区 札幌市厚別区 札幌市手稲区 札幌市東区 札幌市清田区 札幌市白石区 札幌市西区 札幌市豊平区 東京都 枝幸町 栗山町 業務 江別市 深川市 清里町 温故知新音楽劇 湧別町 滝川市 演劇 猫のしっぽ 由仁町 留寿都村 省略記録 真狩村 真田組 石狩市 砂川市 神奈川県 福島県 稽古 舞踏 苫前町 苫小牧市 蘭越町 観覧 記録 記録なし 記録不完全 記録別途 記録準備中 詩のボクシング 読み語り 読書会 講演 赤れんが 進行 道内ローカル 釧路市 長沼町 音楽 黒松内町