2007.7.6ステラ

パフォマーケット@ステラ東コンコース LEGS前

この日は2回ステージでした。


【1回目】
そういえば、唄も披露してた草舞弦さんの後。
テーマインしてリクエストないだろと思いつつ促したら
すぐに出てきた。前回も来てくれてた子だ。

しかも作品初見リクエスト。
お連れが読み方リクエストしたそうだったけど
作品はちゃんと作品として読むぞ。

折原 みと「勇気のでる言葉たち×やさしくなれる言葉たち(ポプラ社)」[Amazonページ]

その62-63ページというリクエストだったけど、
読んでみたら65ページまで続きだったので、そこまで延長。
読み方リクエストが出てたせいもあってか
なんかつい読み方が、色つけすぎになってしまった。
うーん、確かに人の足を止めるには
そのほうがいいんだろうけど、作品なんだからもっとちゃんと読め、おれ。
(と、3ヶ月半後のおいらがいう(爆))

さてさて、そんでもって
騙り読みリクエストも来たね。
「某携帯電話会社ティッシュ広告」
※日本語を覚えようとしているダニエル風+
※日本語を覚えようとしている独裁者がトイレを探しているところ風
2パターン交互読み
違いは微妙(爆)だけど、そもそもダニエルって誰?
→参照前回(笑)

さらに騙り読み「数学テキスト」※先生風に
けっこうアドリブ入れた。答えを求めたり、注意したり←先生風ってことね
うーん、騙り読みも曲り角かな。ついついアドリブ入れたくなる。
それ入れすぎたら「読み」じゃなくなるしなー。
でも、パフォーマンスとしては悪いことじゃないよね。

リクエスト落ち着いたので
札幌初公開自作詩「レジスタンス ver.2」
詩ボクで1回戦を勝ち上がったときの作品です)
これもなんか、色つけすぎだったなあ。
そのせいで、カミカミだったし…。
なんか浮ついた感じでした。当日もしっくりいかない感あって
「やっぱ自作モノはストリートには合わんのかも」とか思ったのだけど
それはこの日の自分原因だったのかも。
(この1回めは録音記録が残っていたのですよ)

Ca250155写真お願いに入ったら
けっこういなくなっちゃった。
残ってくれた貴重な
お客さま。
いなくなった方々含め、
ありがとうございました。


<1-2間のサイドコーナー>
1回めリクエストくれた男子が残ってくれて
ここでも騙り読みリクエスト。
「強歩遠足の実施について」
※曙風+※アニメ風(ドラゴンボール風)
いやー、アニメ風、むずかし。

その後、落ち着いてから
お隣がチュウゲンさんだったので、
Yosakoiソーランのときの続きで
あらしのよるにシリーズ第5作
きむらゆういち◎作/あべ弘士◎絵「どしゃぶりのひに(講談社)」[Amazonページ]
を、隣り語り。


【2回め】録音記録なし
とりあえず、この回もテーマインしたはず。
でもってすぐにリクエスト。
「4行くらいのメール文」お客さま自身が家族に送ったメールとのこと。おおー。
短いので、1回読んだあと、ほかの方からも読み方リクエストもらったはず。
けっきょくやったのは
※ふざけて
※アメリカ人風
※韓国語風
※メイド風

後半2つの読み方リクエストは、
またまた途中から留まってくれた高校生たち
ではなかったかしら。よく覚えてないっす。

で、この後は自選読み
覚 和歌子さんの「海のような大人になる(理論社)」[Amazonページ]より
「わからない」「影絵」「たましいのスケジュール」
の3作品を読んだ。
これは違和感なく浮つかずに読めた記憶がありまして、
「やっぱり人の作品のほうが読みやすいのかな、ストリート」と思った次第。

でも、もうひとつ読んでおく。
自作詩「世界は…」。
これは詩ボクでも読めなかったので
初の一般公開となった次第だが、
これもたぶん、浮ついていたに違いない。

今思うと、求められている感の薄さとともにお届けしたい感が弱くて
ついつい浮ついてしまったんだろうね。
もっとちゃんと読まないと。ストリートでも。

Ca250156途中止まってくれた
子たちとかは
この回も写真時点までは
残ってくれませんでした
けど、みなさん、
どうもありがとうございました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.6.8ステラ

2007.6.8
パフォマーケット@ステラ東コンコース

月1ペース以下でございました
今年のパフォマーケット。
(しかも8-10月はお休みだしorz)

避けてるわけでもなくて
なんか、タイミングが、あれこれなんですわ。

それより赤レンガには。。
なんてのはどこか別のとこで。

さて、報告です。
4ヶ月も経っての報告ってのは
ある意味、掘り起こしですよねえ。m(_ _)m

この日は出番3回。
ますます華麗になってきた男鎌田くんのすぐ後。



【1回目】
テーマインして(橋本幸作曲「蝶よ花よ」テーマソングの伴奏カラオケで替え歌テーマ曲で入ること。以後同(笑))
自己紹介。リクエストウエルカムを伝えて
まあ最初っからはないだろと、
ここで用意しといたのは
覚 和歌子「海のような大人になる(理論社)」[Amazonページ]より
「フォークダンス」を記念すべき初披露。
4月に出たばかりの詩集ですけど、少年少女向けのおもむき。
(筆者に包括的読み許諾をいただいております)

それからお願いしたら、ゆっくりリクエスト出てきました。
騙り読み。
「コンビニのポイントシール台紙」「※奥さんに頭があがらない御主人風(過去リク一覧からの選択っす)」
たぶん帰宅中の高校生から「英語高2教科書◯ページ」「※ダニエル(誰?それ)風」
ゆっくり、なんだかわからんけど、まっつ、なりのダニエルに
変っていこうとしているとき
「ダニエルがんばってぇ」てな声援もいただきました。
高校生、リッパ!
あらら、もうエンディング。

Ca250138お客さま写真
撮るころには、
上記、高校生たちはもう
「帰宅」してました。
残念っ。



1-2の間のサイドコーナーでは
お客さまご持参作品リクエストで
いせ ひでこ「1000の風、1000のチェロ(偕成社)」[Amazonページ]

モニカ=ウェリントンさく・たがきょうこ やく「かわいいあひるのあかちゃん(徳間書店)」[Amazonページ]

かがり淳子「あっちこっち たまごっちタウン(小学館)」[Amazonページ]より
「5月のたまごっち」「6月のたまごっち」

けっこう流行ったんだなあ、サイドも。上記いずれも初見でした。
最後のなんて、マンガっす。4コママンガ。これは初だったかもっ(爆)。



【2回目】
テーマイン。音響的に失敗。ま。いっか。
自己紹介してからまずこの回にお読みしたのは
新美南吉「あかいろうそく」[青空文庫ページ]
5分近い作品だったので、最初から最後まで聴いてくれたお客さんは
ちょっぴりしかいなかったよ。
でも、終わったときに残ってくれてたお客さんは、けっこういたよ。

で、出てきた騙り読みリクエスト
「時事用語集-ひらいたとこ〜教育基本法」を「※義家先生風」。
ええーっ。始めるまでけっこう悩みました。ダニエルより悩んだかも(爆)。
義家さん、実物とすれ違わせていただいたことはあるんだけど、
しゃべりの特徴まで把握してねえっっ。
だーかーらー。物まね芸人ぢゃないってばっ。
なんとか、やる。

したらそのあと、サイドコーナー仲間のチュウゲンさんからリクエスト。
「ちゅうげんメニュー」を「※ちょっと照れ屋なお花屋さん風」。
しかも、それ読んでる間にチュウゲンさんが
ライブで指輪を作っちゃうという、けっこうスペシャルなコラボ。
オー、ブラボー。
ホントに読み終わったときに、完成してたよっ。びっくりすげえ。できてるぅーっ!
この写真とっとけばよかったな>おれ。

もう少し時間あったので
谷川俊太郎「うつむく青年(サンリオ)」[Amazonページ]より
「平和」。

終了。けっこうお客さん残ってたはずなのに撮り忘れ。



サイド
某劇団演劇公演チラシより「演出のメッセージ」を「※童話のように」。
ほほう。これ、新しいパターンのリクエストでした。


【3回め】
テーマイン(ふつうに成功)
自己紹介してとりあえずまずは1作品
新美南吉「かごかき」[青空文庫ページ]

それからリクエスト。
「お笑いライブチケット」を「朝礼の校長先生風」(これはリストからの選択)
けっこうなにやってんの?的に止まってく人いる。

続いて
「某イベント実施要項の実施背景」
↑「大通りビアガーデンで口紅付きグラスを見つけ、
  誰がそこを飲むか盛り上がるサラリーマン風に」長っ。
これ、サイドの時間にもらったリクエストで、
当人はけっきょく戻ってこれなかったのよ。
ちゃんとやりましたからねっ。
わけわかんないよねー、こんな読み方じゃ、
某イベントのコンセプトも背景も(爆)伝わりませんっ。
(リクエストのせいですからっ!)

もうひとつ騙り読みリクエスト
読みネタなさそうなので
こっちで「パフォマーケットチラシ-説明部分」を用意。
「アメリカ人の独裁者風」(リストからの二重リクエスト)
てことで。
ええーーっ。やってみたら
「酔っぱらってましたね」
おおー、おれのアメリカ人独裁者イメージは酔っぱらいだったんだあああ。

最後にしっかり作品を。
覚 和歌子「海のような大人になる(理論社)」[Amazonページ]より
第3章「うれしいのに」から2編
「空」「ひとめぐり」

Ca250139この回は
写真撮るの
忘れませんでしたっ。
ありがとうございました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2007.5.11ステラ

2007.5.11
パフォマーケット
07年度レギュラー初日

千陽ちゃんとおいらと、後2組は音楽系。

今年のここでのやり方は枠組みを決めた。

・テーマソングで登場。
・折り紙印刷のリクエスト例を配付
・考えてもらってる間に作品ひとつ。
・そこで「騙り読み」リクエストとる。
・出尽くしたらもうひとつさっきのと違う系統の作品ひとつ読む。

オープンスペースでやる場合のスタイルという感じ。

そんなわけで1回めは
童話/与謝野晶子『金魚のお使』を最初の作品として読む。

お初っぽい人が多い感じだったのでどうかなあと思ったが、
その間に考えてくれたのね。
騙り読みリクエスト、出る。
「石油ランプの取扱注意」
読み方リクエスト→「お花見会場で盛り上がれないでいる人とそれに絡む酔っ払い」
なかなか受ける。

けっこう文字数多いので、同じネタで別リクエストもとる。
読み方リクエスト→「先生と生徒」
2役系リクエストがはやりかっ!!(笑)。

でもって続いては作品リクエストも来ました。
時間ギリギりになりそうだったけど、しっかり読んだよ。
長新太「ムニャムニャゆきのバス(ほるぷ出版)」[Amazonページ]

Ca250120けっこうお客さま
写真タイムまで
残ってくれました。
ほんとはもっといたんだよ、
珍しく(笑)。

さて2回目は
冒頭作品として、楠山正雄「ねずみの嫁いり」[青空文庫ページ]。

そしてリクエストは。出ました、千陽ちゃんから
「邦舞まつりのチラシ」
読み方→「かっこ良く」
もうひとつ読み方リクエストもらって
「寝室レポーター風」
2つのリクエストを交互にやらせていただきました。
受けた。

もひとつ
「タクシーのポイントカード」→独裁者がおいしそうに
これ、読み出す前から始まってて、10秒くらい黙って
その間から笑いとれてましたぜ。

最後は翌日の家守綺譚ライブの宣伝かねて、
梨木香歩/作「家守綺譚(新潮社)」[Amazonページ]
冒頭1編の途中から4分ほど読んで終了。

騙り読みがなかなか派手な動きになると
Ca250121途中からでもひっかかって
止まってくれる人あるもんですねえ。
高校生が多い日でした。
もっといたのだけど。
ありがとうございました。

とかなんとか書いてるけど、その後、
もう2回もやってんだよな、パフォマーケット。
そこに至るのはいったいいつだあああ。
気長にお待ちくださいませませ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2007.3.16オーディション

2007年3月16日
パフォマーケット・オーディション

テーマソングで登場。けど音源が間に合わず
アカペラで(笑)。

用意した3つの順番を拍手できめる。
なんと「騙り読み」が一番人気っ。
まずは騙り読みから入る。
パフォマーケットへの応募依頼の手紙文。
審査員から「ジェット・ストリーム風」ということで。
なんか、だんだんはずれていくので
3行ほどでとめる。
とめたのがなまら受けた。

次はまた拍手で選択。やや大きめだった
「三匹の小ぶた」を先に。
そして最後は、札幌では初読み語り
谷川俊太郎/作「みみをすます(福音館書店)」[Amazonページ]より「みみをすます」。

けっきょくパフォーマンス時間だけで20分近くになっちゃった。
本来は15分設定だったのね。よく不合格にならんかったよ。
というか、谷川さんの作品途中でとめるわけにもいかんもんね、
というのが周囲にも働いたか。
「小ぶた」が最後だったら、止められたかもね(笑)。

ま。しかし、賞には至らず。

それはそれとして、
去年のオーディション[冒険内リンク]は、なんまら緊張したのだ。
あ、あんまりその緊張したことについては書いてないね。
なんつーか、今世紀に入って最大の緊張ってくらいだったのさ、去年のオーディション。

それに対して今年は、そんなでもなかった。
なんとなく、構成が見えてきたからかもしれない。
実際のところは、昨年のパフォマーケットレギュラーも
苦戦続きだったんですけどね。

オーディションではけっきょく
あんまり違いを示せなかったけど、
けっこう構成的なとこで、あんがいいけるのかも。とか
思ってたから、緊張しなかったのかも。
(だからってタイムオーバーするなよ>おれっ)

Ca250091Ca250092タイムオーバーした引け目で
お客さま写真も
遠慮しちゃったので
終了して審査待ちの間の
空のステージと
この日の出演者一覧を載せておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/13ステラ

今年、まっつとしては最後のステラ・パフォマーケット。
いろいろ苦しんできた現場だけど、
最後はやっぱり楽しみたいなと、
自選モノもそこそこそろえて、いざ。

出番はトイシアターさんの後、音組さんの前。
(作品名リンクからはアマゾンで注文できます)

<1回め>
まずは、みつこさんからのリクエスト、
某ライブチラシを
「猫がぬくぬくしているが、中盤から御主人が帰ってきて喜ぶかんじで」
喜ぶ猫がいまいちしっくり見つからず、力技で飛び回ってしめる。

続いて、たまごさんからリクエスト初見読み。
10分で読めるお話 一年生(学習研究社)」より、
神谷丹路・再話『とらよりこわいほしがき 韓国のお話』
なかなか、わくわくわはははモノのお話でした。

その後は自分セレクト作品。
1年をふりかえる意味で、ヨミガタリストとなった大きなきっかけである
宮沢賢治リスペクトということで、
「注文の多い料理店」序文。

引き続いて、読んでいいよ許諾いただいてて
ステラでも、何編か読ませていただいたことのある
佐藤國男さん「山猫博士のひとりごと(北水)」より
「すきとおったほんとうのたべもの」。
國男さんは版画家。
賢治の童話絵本をけっこう出している。
昨年函館で、御本人の前でこのエッセイ集の一節を
ヨミガタリさせていただいたら、
ずいぶん喜んでくださったのでした。

061013011回めはここまで。
最近になく記念撮影まで
残ってくれる人多くあり。
Kirigamist千陽ちゃんも
ありがとっ。

その後、2回めまでの間、
サイドコーナーで座ってくれた方がいたので
自選で新美南吉「うぐいすぶえをふけば」
さらに長めの新美南吉「名なし指物語」を途中まで読んだら
もう自分の番が迫ってきて、残りは次のサイド回しに。
------

<2回め>
この回は、子ども向け定番と騙り読み特集という感じにしました。
まず、短かいお話の中で一番やっている「ねずみの嫁入り」楠山正雄。

そして騙り読みは、ネタにする回数が一番多かった「日本国憲法前文」。
これを、
  1.「優勝チームビールかけ」のインタビュアー風/リクエスター・みつこさん
  2.おいしそうに(「好きな数字」お客さまセレクトで10事例から選択)
  3.がんこ親父風(同上)
このときは、後半は文の途中でもころころ3種を交替させたので、
かなりマニア向け? だったかも(笑)。

最後に再び小さい子向け童話として新美南吉「きょねんのき」。

061013022回めのお客さま写真。
半分はヨミガタリ体験
お初の方っ!のはず。
そういうのってのが、
なんかうれしかったす。

その後また3回めまでの間は
サイドコーナーで新美南吉「名なし指物語」の続き。
これ結局、トータル30分近かったのね。
でも実は未完なんですねえ。
続きが知りたいよおおお。
聞いてくれた人もそう思ったようです。
そして、こちらのコーナーでの締めくくりは
宮沢賢治「雨ニモマケズ」。
------

<3回め>
この回は、今年の新機軸をフィーチャということで
この夏に御本人から読み許諾いただいた
谷川俊太郎さんの詩集を取り上げてみました。
谷川俊太郎「世間知ラズ(思潮社)」より
「世間知ラズ」「倉渕への道」「夕立の前」

そして1点リクエスト初見読み。
アンデルセン(大塚 勇三・訳)「絵のない絵本(福音館文庫)
より「第二十六夜」/リクエスター・満月さん

06101303それとこの回、最後、ステラでは初、
Kirigamist千陽ちゃんとのコラボが実現。
読んだのは、新美南吉「かにのしょうばい」。
写真右奥の白いのが、
千陽ちゃん作「たぬきの毛を切るカニ」。

------------
以上、けっこう充実したラインナップの中
やっぱり少人数対象展開。
でも、こんなふうにしっかり聴いてくださる方々を
来年は少しでも増やしていけるよう、
もう少し楽しませる工夫も加えつつ、
でもやっぱり原点は、この日ちゃんとあった楽しむ感覚…
それを忘れずにのぞみたいと思います。
ありがとうございました。

とりわけ、コラボまでしてくれた千陽ちゃんに多謝。多謝。
来年もよろしくねっ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

9/22ステラ

あら、この週、ちょっとクローズな会もあったのは省略すると
前レポに引き続いてステラだったのね。

実はこの日は、前日急に腰痛が走って、
ギリギリまで様子見してたのだった。

でも、残る回数少ない今年のステラ。
こんなときにしかできなかことをやろうと決意。

ヘッドセットマイクをやめ
スタンドマイクで、椅子に座って
2回のステージそれぞれで1つずつの絵本を読む。

しかもあまりお客さまとアイコンタクトせず、
体で聞いてくれてる感覚を感じながら進める
かなり、いわゆる「読み聞かせ風」。
でも、そういうやり方したら、
むしろ普段のヨミガタリスタイルよりも
演劇やってるときの感覚に近かったっす。
そうかー、これもありだなあ。

ちなみに読んだ絵本は、ともにけっこう大人向け。
いずれも著者許諾をいただいてる作品ですが、
考えてみたら、しっかり読むのはお初。
あー、わずかな人数の方にしか聞いてもらえず、
あーー、もったいないっ。

1回目「紅玉」
新日本出版社
後藤竜二・文
高田三郎・絵
戦後間もないころの、
りんご園でのできごと。
「よみがえれ、えりもの森」
新日本出版社
本木洋子・文
高田三郎・絵
一度は消え果てた
えりもの森を再生した
人々のお話。

で、最後のステージは辞退してこの2回で終了しました。
わずかながらもしっかり聞いてくれた方々、ありがとうーー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

9/15ステラ

フラットなままやってたら
だんだん厳しくなってきたステラ、パフォマーケット。

集中して聞ける状況じゃないから、
ここに聞きにくるきにはなかなかなれない。
とか、気に入ってくれてる人にも言われてるしな。

ちょいといろいろ考えなくては。

そんなトライアルシリーズと自分勝手に位置付けて、
この日は「詩」を用意してのぞんだ。
ちょっと長めの詩。無謀かどうか。

覚和歌子さんの




「ゼロになるからだ」(徳間書店)より
「鬼の素」
長い。
1ステめは途中で切り、
2ステ、3ステで
読破するという始末。

聞いてくれた人は
しっかり聞いてくれたみたいだが
ごくわずか。

でもね、
自分では読んでいて
どんどんおもしろくなっていった。


ほんと、おもしろいよ、この作品。
いずれ、しっかり
聞いてくれる環境の中で読まなくては
成りゆきながらも許諾をくれた覚さんにも
この作品にも申し訳ない。

そんな決意とともに
この作品と出会えました。
(実は前日購入したばかりで、
下読みできずの慌ただしさだったのでした。
あーーー、ごめんなさいm(_ _)m)

ほかには
「化粧品のチラシ/日本語を覚えようとしているアメリカ人風」
リクエスター・みつこさん
が1回めのステージであったほか、
サイドコーナーでは
ながいよるのおつきさま」(講談社)の
お持ち込みリクエストもありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

8/25ステラ

今月は、たった1回のステラパフォマーケット。
いや、おいらが1回ってだけでなく、パフォマーケット自体として「たった1回」。

そんな貴重な(?)日、男鎌田くんの次、という順番を務めさせていただく。
もう最近の男鎌田くんの人気はうなぎのぼりで、
そのテンションに引き寄せられてくる人々の多いこと多いこと。

で、それを受けてのおいらのステージは
地味に感じられるんだろね、
コトバのパフォーマンスでは、なかなか
道行く市民をひきとめられない。

でも今年はこのまま音を使わずにいく。
その中で、何か、少しでも可能性のあることを見つけたいから。
その上で、来年は、音を使おう。身体と音とのシンクロの中から
ちょと、可能性を探ってみよう。コトバの。
はい。それは来年の課題ってことで。

さて、けれどもそういう半ストリートの中でも
あえておいらを盛り上げてくれよーとしてくれる感を
常連さんたちでかもし出してくれた。

いっぽう、おいら自身は
さすがに新美南吉さんのシリーズばかりでも申し訳ない感じでしたので
最近許諾を得ました谷川俊太郎さんの詩と
それとジョンイト的に、北原白秋訳の「まざあ・ぐうす」を手に臨んだのでした。

そんなわけでの1ステめは、
------
まずいきなり騙り読みリクきましたっ、それも立続け3連発、うそっ!?

1.ティッシュ広告(携帯電話)
「おいしそうに」
リクエスター:ツカモトさん

2.ギャラリー展覧会チラシ
「お客さんが来るように(印象に残るように)」
リクエスター:まやさん

3.ファーストフード店チラシ
ジェットコースターにのってる人風
リクエスター:みつこさん

一段落したところで、
自選で用意の作品読み。

谷川俊太郎作「ことばあそびうた」(福音館書店)より
『ののはな』『やんま』『き』『かっぱ』『いるか』
(使用テキストは集英社文庫「谷川俊太郎詩選集1」)
そして
同「世間知ラズ」(思潮社)より『世間知ラズ』

さすがに、しっとり人生系のは、半ストリートのここでは
うまく伝わってく感がなさげなので、スイッチしてもひとつの自選もの

北原白秋訳「まざあぐうす」より
『マザア・グウスの歌』
『これ、これ、こいきな』
『数学』
『こまどりのお葬式(とむらい)』

意外にコトバ遊びものも、
ステラの雑然とした雰囲気の中では伝わりにくいのだと感じた。
06082501
1回めお客さま写真。
も少しそこそこお客さんいらしたのだけど、
おさまってくれたのは、これだけ。
千陽ちゃんさんきう、出演者なのにっ

そして2ステめ。
今度は北原白秋訳「まざあぐうす」からスタートする。
かなり有名だよね『十人のくろんぼの子供』から始めて、
(有名な割に北原訳は、なんかなじみのないものだった(シツレイm(_ _)m))
『天竺ねずみのちびすけ』
『木のぼりのおさる』

そのくらいやってたら、お客さま側でもホットになったのか
騙り読みリクエスト、ぼっ発。

まずは
「薬の処方箋」を“つやっぽく”/リクエスター:コタロウさん

続いて
“男鎌田くんの写真のような男の色気で”「ヨミガタリスト説明文」を。
リクエスター:みつこさん

途切れたところで
自選
谷川俊太郎作「ことばあそびうた」(福音館書店)より『さる』『かぞえうた』
同「21」(思潮社)より『-今日のアドリブ- ひげ』
(使用テキストはいずれも、集英社文庫「谷川俊太郎詩選集1」)

半ストリートのこの場で、この日、
セレクトした詩作品の中で一番手ごたえあったのは、
『-今日のアドリブ- ひげ』でした。
後のは、なんかスペースステージでやるときの確かなてごたえが
あんまり感じられませんでした。
それって、なんだろ。

060825022回め、お客さま写真とりそこね。
代えて、撤収直前にもらった
左から
千陽ちゃんのおともだち
千陽ちゃん
そして、チュウゲンちゃん。

来月は15日と22日に登場予定。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

7/14ステラ東コンコース

珍しく、そんなにひさしぶりでもないステラ。暑い日でした。
で、3ステやったのですけど、
毎回、そんなに大人数が残ってはくれてなくて
お客さま写真はありませんm(_ _)m。
でも、なかなか画期的なこともやりました。
そんなわけで、今回から、記録整備を待っててもしょうがないので、
なるたけ読んだ作品紹介もここでしちゃいます。

そんなわけで、
1ステめは、早速お持ちよりリクエストから。
きつねとたぬきのばけくらべ」作・松谷みよ子/童心社/リクエスター:コンタちゃん
続いて自選作品で新美南吉「らくだ」をやった後
(自分が使ってるのとは違うけど、「新美南吉童話大全」というのも今は出てるんですね)、
なんとしめくくりに騙り読み
「某インターネットサービスの注意事項−女子高生風」リクエスター:みつこさん。

そして2ステめ。
ここでダイナマイトあさの氏を迎え、ウクレレ伴奏付きの読み語りを
ステラで初めてやれましたっ。
とゆーか、前回、千陽ちゃんとのコラボができなかったので、
とにかくステラでのコラボとして初。あさの氏とストリートでやるのも
前週の「すすきの」を雨で中止にしたので、やっぱり初。
初ものづくしの中、
このコラボ予告を踏まえて持ってきてくれたという
たあんきぽおんきたんころりん」(たんたん たのしい うたづくし)文・長谷川摂子+絵・降矢なな(福音館書店)/リクエスター:たんたんちゃん。
なんと見開きで1つの「歌」が載ってる絵本でした。
といっても曲まで書いてあるわけでなく、そこは即興。
ダイナマイト氏の入りを受けて、あれこれ展開。そこそこ受けた。
これは確かに音の力があったればこそ。
でも全部やるには時間足りず途中で終了。時間あったら次回ステージでということにして、
直前にいただいてた指輪職人チュウゲンさんからの
騙り読みリクエスト「イベントチラシ−ロボット風」リクエスター:チュウゲンさん
おおっ。もう時間だああ。騙り読みも音があると違うねえ。

3ステ
この日最後のステージは、小説のお持ちよりリクエストでスタート。
キノの旅」時雨沢恵一(メディアワークス)より「レールの上の三人の男」/リクエスター:あまのさん
一部だけといっても、けっこうボリュームあり。
10分ちょいとやったところで一度中断して、この日ぜひやりたかった憲法の騙り読みを挿入。
使ったのは前文。事前にリクエストいただいておいた
「ラップ調・プロレスリンクアナ風・怪談風」リクエスター(順に):男鎌田さん・音組うらべさん・おばけちゃん
で読む。ウクレレも冴え渡・・ったはずっ。
もう少し時間あったので、その後「キノの旅」の続きを。
けっきょくステージタイムではやっぱり残してしまったので、
さらに引き続き、サイドコーナーでリクエスターオンリー向けで章の最後まで読破。

相変わらずおいらの時間への人々の滞留は進まないけど、
すこーしだけ、常連さんだけでなく、ステラで出会って
こうして「読んでほしいもの」を持ってきてくれる人が出てきているのはうれしい。
次回は8月25日。ぜひぜひお持ちよりをっ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

6/30ステラ

はい。暑かったねえ。男鎌田くんが特に・・
ではなくて、けっこう夏の風情なステラでした。
1回めはちょいと新美南吉「にひきのかえる」やった後、
知り合いからの騙り読みリクエスト。「臓器提供意思カード」をラップ調で。
この「ラップ調」選択には、今日初めて作ってみた
「騙り読みリクエストカード」の裏面、最近の例を参照して決めてくれたもよう。
参考例なのに、このように、ここから選択になってしまうのはうれしいのだが、さみしい。
(とゆーか、最近、騙り読みって、むしろレアになってるのね。じつは)
騙り読みの後には、常連さんからの、お持ち寄り作品リクエストの一期一会読み。
「ふうせんクジラ」わたなべゆういち作/リクエスター・くじらさん

06063001そんな1回め終了後。おやおや、
めずらしく、そうさ。男鎌田くんとか
千陽ちゃんも、入ってくれたあ。
千陽ちゃんがおいでおいでしてるのは、
上手側にお客さん、他にもいたからよん。

さて、実はこの1回め、危うく遅刻しそうだったのだ。
しかも、ネタのひとつ「日本国憲法」を忘れてきて、
1回め終わってから取りに戻りました。
(けっきょく今日は使わなかったのだけどね(爆))

そして2回めステージ。
今度もまずは新美で攻めようかと思ったら、いきなりしっかりまたまた常連さんから
お持ち寄り作品リクエスト。一期一会読み。
「ともだちくるかな」内田鱗太郎作/リクエスター・きつねちゃん
あれ。これ。でも、どこかで一度、お持ち寄りリクエストで読んだ記憶が。
いつだったかなあ。はい。たまにこんなこともあります。一期一会の2回め。

その後、ちっちゃい子がいらっしゃったので、
「絵本とかがいいかなあ」といったら、そんな空気だったので
まっつが持ってきてる絵本から選択してもらいまして、
まっつ手持ち本からリクエスト「かっぱがついてる」村上康成作/リクエスター・はるさきちゃん
これで、けっこうお時間いっぱいでした。
村上さんの作品は、読んでいいいよ許諾いただいてるのでした。

06063002そんな2回めの終了後風情。
あー、なんか午後ののんびり気分
という感じが、いいっすねえ。
こんなラフな感じで聞いててもらえたら
それでいいんだよなあ。

その後、サイドには一度もお客さんこなかったけど、
けろぴよ工房さんに似顔絵描いてもらったり、
なんとなく芥川作品とか新美作品とか宮澤作品とかの
未読モノをトライアルで読んでたりしました。

そして3回め。これ、写真ないんですけど。
なんかけっこうバラバラしてたんですけど。
でも、常連さんでもない、全部違う方から
次々とお持ち寄りリクエストがきましてね。
ちょっとびっくりするくらいにうれしかったです。

・お持ち寄りリクエスト一期一会読み「タイヨウのうた」天川彩作/リクエスター・ゆうたろうさん/20ページ前後の3ページくらい
・お持ち寄りリクエスト一期一会読み「夕映」伊東静雄詩集「反響」より/リクエスター・信さん
・お持ち寄りリクエスト一期一会読み「謎のメールレストラン」怪談レストラン編集委員会/リクエスター・ちのちゃん/冒頭から20ページくらいまで(絵もあるので、そんなにいっぱいいっぱいではなかったわ)

ちょっと今回から、読んだ作品記録もこのブログでクリアしておこうと思いまして
一期一会お持ち寄り作品リクエストも明示していくことにしました。
素敵な作品ばかりです。よりしっかりご紹介していくように心掛けます。m(_ _)m

ほんとは3ステめ、千陽ちゃんとコラボも仕込んでたんですけど、
出る幕なし。

たはは。これはいずれまたの機会にということで、
次回、ヨミガタリストまっつのステラ登場は7月14日(金)の予定ですのでよろしくっ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

AMICA | closed | Clubまっつ | JRタワー | partyゲスト | semi-closed | WS・講座 | きりがたりシアター | きり紙 | くすみ書房 | こぐま座 | すぺしゃるらいぶ | どもIV | まとめ報告 | やまびこ座 | アップルガーデン | アトラクションゲスト | イベント参加 | オペレ | カエルヤ珈琲店 | ガンゲットダイマ | コラボレーション | コンカリーニョ | コンクール | シアタースポーツ | ストリート | チカチカ | チャリティ | テレビ | テンパカルテット | ニュアージュ | ネットTV | パフォマーケット | フォーラム | メディア | モンクール | ヨミガタリスト | ライブペイント | ラジオ | リクエスト | 上湧別町 | 人形劇 | 函館市 | 北広島市 | 千歳市 | 南幌町 | 即興組合 | 参加型イベント | 名寄市 | 和寒町 | 報告 | 士別市 | 宅ライブ | 安平町 | 寸劇 | 小樽市 | 屋外 | 展覧会 | 恵庭市 | 投げ銭 | 斜里町 | 日記・コラム・つぶやき | 旭川市 | 映画 | 朗読会 | 札幌市中央区 | 札幌市北区 | 札幌市南区 | 札幌市厚別区 | 札幌市手稲区 | 札幌市東区 | 札幌市清田区 | 札幌市白石区 | 札幌市西区 | 札幌市豊平区 | 東京都 | 栗山町 | 業務 | | 江別市 | 深川市 | 清里町 | 温故知新音楽劇 | 湧別町 | 滝川市 | 演劇 | 猫のしっぽ | 由仁町 | 省略記録 | 真田組 | 砂川市 | 神奈川県 | 稽古 | 舞踏 | 観覧 | 記録 | 記録なし | 記録不完全 | 記録別途 | 記録準備中 | 詩のボクシング | 読み語り | 赤れんが | 進行 | 道内ローカル | 釧路市 | 音楽 | 黒松内町