2021年まとめ報告@各所

2107141822_image3227|| これは、2021年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m


2020年分の最後の報告が、
2020年まとめ報告@各所」で、
2023年10月6日リリース。

そして2021年分、最初の報告は
2021.02.25 ミニ乱歩會@ツイキャス」で、
2023年10月9日リリース。

それから、あらま、2ヶ月で、21年度分まとめ報告だあ。
いかに何もできずにいた年度か、分かり易いよねえ。

この年分の報告件数は、このまとめ含めて6本だもんなあ。
コロナ禍初年度の前年13本からでも、半減以下だわ。
2年連続して半減してるってことは、前々年の4分の1ってことよ。

まずは恒例(爆)【未報告事項】
[定時任務系]
<通年>
・札幌マンガ・アニメ&声優専門学校 非常勤講師
・北海道文教大学 非常勤講師
<4-7月>
・北翔大学講義 非常勤講師(前期)
[随時系]
<2-3月>
・某全国展開養成所で代講計3回
<9月>
・某全国展開養成所(別団体)で代講計1回
・大学劇団WS1回
<14月・11-12月>
・朗読ネット個人クリニック1回。

---
【活動まとめ】配信除く。報告未掲載分には※マーク
[舞台出演系]
なし

[講座系]
なし

[メディア出演系収録と放送]
Visualsネオラジオドラマ 三国志
オーディション及び収録。放送は
⇨まっつ出演回等については
 まっつな日々「告知|メディア」

[読み語り]
・SMG授業リクエスト※
・朗読ワークショップ参加してなんか読んだ※
・ミニ乱歩會(配信)
・俊カフェ賢治(配信)
・北翔大学授業内デモ※
・SMGオーキャン「サマースクール」※
・俊カフェゲリラ

[演出]
・SMG卒業公演3演目のうちの1演目「天使よ、この命は誰のもの?」※☆

[その他]
・CMナレーション2本※

<トピックス>
☆「天使よ、この命は誰のもの?」は、
 まっつ、久しぶりの演出でした。
 2018年以来。そのときも実は同じ作品。
 その年は公開公演だったので
 ちゃんと告知したり報告すべきだったか。
 でもなんかきっかけがうまく取れずで、
 公開報告等してませんでした。
 
2112101518_3379 といいつつ、この年2021年は、
 コロナ禍で
 一般公開公演ではなかったんでした。
 まああくまで記録報告ということで
 記載しておきます。
(実は2023年末、また久しぶりに演出するのですわ。
 今度は違う作品ですけど、一般公開公演ですっ)

【観覧鑑賞まとめ】冒険報告してません。
[リアル観覧]あらこちらは、前年よりかなり増え戻っていたようです。
芝居系/座・れら、SMG最終公演、人形劇フェスティバル2021年さっぽろ冬の祭典、OrgofA(配信)、劇団新劇場、プロト・パスプア、北翔4年、北翔3年、劇団Lobo、団体名忘却(配信)、SMG夏公演、B-stage、劇団 words of hearts、yhs、SMGショートショート、劇団四季、SMG卒公、劇団きいろ
朗読語り系/植田研一ひとり語り(配信)、福村由美子(ギャラリー束洋)、石橋玲マンスリー(岩本珈琲)
トーク系/覚和歌子ライブ(俊カフェ)
展覧系/なし
映画系/「ドライブマイカー」「サウンドオブメタル」

[ネット観覧等]演劇については上記に交えた。
ドラマや映画のネット鑑賞は略。
//
以上

ご依頼、ご観覧、ご支援、
その他、気にかけてくださった方々に、改めて感謝。
ありがとうございました。
これからもどうかよろしくお願いいたしまっつ。

| | Comments (0)

2021下半期 まっつ配信活動@ネット

|| これは、2021年下半期についての報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、主に青空文庫のデータです。

そしてあっという間に、下半期配信まとめ。
わお。この年の下半期、一般的ライヴは
ゲリラしかなかったってことね(泣。

じゃあ配信充実させたかというか、
なんかこのころ、目の前に聞き手がいないことに対して
やたらとフラストレーションためてたみたい。

どうも乗り気になりにくくて、
上半期ほどやってなかったんですねえ。

「青空そっと…」2回(第19〜20回)(上半期は6回)。
01
・第19回/小説「豊島与志雄 球突場の一隅」四章あるうちの一章のみ・第20回/詩「宮沢賢治 春と修羅」「序」から「谷」まで10編。

「この歌詞そっと…」1回(第18回)(上半期は8回)。
02
・第18回/4曲(OK)

「青空もっと…」2回(第9〜10回)(上半期は5回)。
6
・(いずれも童話)宮沢賢治2(第8回作品の続きの中と下)

まっつ自選の「まっつセレクション」1回(上半期は3回)
・小川未明1(小説)+小酒井不木1(小説)

以上。見事に上半期からガクッと減りました。

それが継続的な流れになるかと思いきや…
2022年のことは、またその報告のときに。

参考:
青空をそっと…聞いてくれ 記録簿
(その日のツイッタートレンド語検索で該当した青空文庫収蔵作品読み語り)
この歌詞(うた)をそっと…聞いてくれ 記録簿
(その日のツイッタートレンド語検索で該当した歌詞読み語り)
青空を、もっと聴いてくれ 記録簿
(事前リクエストによる青空文庫収蔵作品読み語り)
青空、まっつセレクション 記録簿
(まっつ選択による青空文庫収蔵作品読み語り)

//
ちなみに自分でも忘れそうになるけど、
ネット配信読み語りについては
いつでも投げ銭大歓迎ですっ。
とりあえず、投げ銭方法1(ofuse)案内をご参照あれ。

| | Comments (0)

2021上半期 まっつ配信活動@ネット

|| これは、2021年上半期についての報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、主に青空文庫のデータです。

あら、もう上半期配信まとめ。
この年、予定そのものが減って
リアルライブは壊滅状態だったんだわね(涙;。

その代わりといっちゃなんだが、
この半期は、かなりライヴ配信していたんだねぇ。
前年に本格開始したものの、
後半にはかなり頻度下がってしまい、
そのまま消えていくかもと思ったりもしたけど、
そこそこ持ち直した。うん。

「青空そっと…」6回(第13〜18回)
(20年は上半期9回に下半期は3回)。
01
・第13回/エッセイ系「福沢諭吉 学問の独立」一部ほか・第14回/案内系「夏目漱石 『三四郎』予告」エッセイ系「中谷宇吉郎 寺田先生の追憶 ――大学卒業前後の思い出――」一部・第15回/エッセイ系「芥川龍之介 文芸鑑賞講座」一部・第16回/「永井荷風 十日の菊」一部・第17‏回/「牧逸馬 運命のSOS」一部・第18回/エッセイ系「徳冨健次郎 みみずのたはこと」一部

「この歌詞そっと…」8回(第10〜17回)
(20年は上半期5回、下半期4回)。
02
・第10回/3曲(3NG)]・第11回/4曲(OK)・第12回/2曲(OK)・第13回/2曲(2NG)・第14回/3曲(2NG)・第15回/3曲(2NG)・第16回/3曲(2NG)・第17回/2曲(OK)

「青空もっと…」5回(第4〜8回)
(20年は下半期のみ3回)。
6
・(いずれも小説童話)江戸川乱歩1+坂口安吾1+宮沢賢治2+小酒井不木1

ほかにも番外で
まっつ自選の「まっつセレクション」3回
・宮沢賢治1(童話)+宮本 百合子1(エッセイ)+「日本国憲法」一部(半分ほど)

さらに「青空の、外もずっと…」
Photo_20231116203601
・鈴木牛後1(エッセイ)
なんていう許諾作品の配信ライヴもやってました。

結局、この後はまたぐっと減るんだけど、、
それについては、次の下半期でコメントしまっつ。

参考:
青空をそっと…聞いてくれ 記録簿
(その日のツイッタートレンド語検索で該当した青空文庫収蔵作品読み語り)
この歌詞(うた)をそっと…聞いてくれ 記録簿
(その日のツイッタートレンド語検索で該当した歌詞読み語り)
青空を、もっと聴いてくれ 記録簿
(事前リクエストによる青空文庫収蔵作品読み語り)
青空、まっつセレクション 記録簿
(まっつ選択による青空文庫収蔵作品読み語り)
青空の、外もずっと星盛り 記録簿
(青空文庫外から許諾いただいての読み語り)

//
ちなみに自分でも忘れそうになるけど、
ネット配信読み語りについては
いつでも投げ銭大歓迎ですっ。
とりあえず、投げ銭方法1(ofuse)案内をご参照あれ。

| | Comments (0)

2020まとめ報告@各所

2020まとめ報告@各所
2002152251_2250m

|| これは、2020年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2019年分の最後の報告が、
2019年まとめ報告@各所」で、
2023年3月25日リリース。

そして2020年分、最初の報告は
2020.01.18 千歳市民ミュージカル@千歳市」で、
2023年3月30日付リリース。

それから6ヶ月ちょっとで20年を終えられそう。
やはりコロナ禍になって、やったこと自体が
少なくなった年だから、早い早い。
とはいえまだ2年10ヶ月遅れ。
まだ、笑われちゃうレベルですよね。がんばろう。

この年分の報告件数は、このまとめ含めて13本かあ。
前年が多め年(30本)であったにしても、さすがに半減は
いかにもコロナ禍ってことだったよなあ。

まずは恒例(爆)【未報告事項】
[定時任務系]
<通年>
・札幌マンガ・アニメ&声優専門学校 非常勤講師
・北海道文教大学 非常勤講師
<4-7月>
・北翔大学講義 非常勤講師(前期)

いつもの年なら、これで素通りだけど、
いやあ、大変でしたコロナ対応。

開講時期はそれぞれバラバラに遅れるし、
うち2件は、いきなり初のオンライン講義になったり、
そもそも実技科目のつもりだから、
「えー。どうやってやればいいの???」状態。

その上、うち1件は、人数規模もでかくて
出席確認だけで従来比30倍の手間だったり…
ほかにももろもろ困難多く…、
6月はあれこれ処理しながら、
パソコンの前で、ホントに叫びっぱなしでした泣。

さらにその後は叫ぶ余裕もなくなって…。

その学校は、いまはもう担当してないのです。
他の学校も、まあやっぱり大変ではあったけど、
そういう叫びには至らなかったので、
誤解いただかないためにも、ここに書いておきます。

今も続けている学校とは、ともに困難を乗り越えた気持ちでいます。

[随時系]
<1-3月・10月>
・某全国展開養成所で代講計8回
<8月>
・大学劇団WS2回
<3-4月・11-12月>
・朗読対面個人クリニック計11回。

---
【活動まとめ】配信除く。報告未掲載分には※マーク
[舞台出演系]
・千歳ミュージカル・yhs(札幌・大阪)
[講座系]
・春期講座
[メディア出演系撮影]
・登別PV
・香港ドラマ「二月廿九」※
 前年12月、札幌収録部分に銭湯の番台役で2シーン合わせて30秒ほど登場。山野さんとのツーショット。
[読み語り]☆についてはここで補足的報告入れるかな。
・SMG授業リクエスト※
・星新一4
・クローズド※(これは裏詩と薔薇だね)
 いっちゃえばネット呑み会。けっこうタフに指定詩人のリクエストもらって読み語ったわ。
・字展5・俊カフェ賢治2・ほしのポケット(まとめ報告)・やまびこ座リクエスト・樂♪together
ひだのかな代さん出版バーティ※
200916_hidano_party コロナ禍ながら、果敢なパーティありました。最新刊を読み語りリクエストいただいたと思うのだが、ひとり読みでなく、みなさんを巻き込むスタイルで展開したはず。
[舞監]
・冬の祭典「氷の魔女と太陽の子ら」※
2002151040_2252
[その他]
2002150023_2251・oton取材※
 なんか久々に舞い込んだ
 取材紹介でした。
 だけど、この年はやっぱり
 依頼業務は激減しました。

【観覧鑑賞まとめ】冒険報告してません。
[リアル観覧]
芝居系/北翔2年、SMG最終公演、新劇場73・マキニウム「ウ」・怪獣「笑う花」・北翔4年・北翔3年・SMG秋公演・北翔2年・北翔1年・北翔4年・北翔3年
朗読系/俊カフェ功さん
展覧系/ひだのさん東急ネコ展・スカーツ「ことばのいばしょ」
映画系/テネット

[ネット観覧等]冒険報告してません。
・たぶん何件か見てたり、参加したりしてる。
難しいな、この報告の境界線。ネット観覧とかどうしよう。
まあそのへんは、日々ブログでも最近ほぼスルーだしな。
ごめんなさい。そこまで全網羅はできないや。

・とりあえず印象深かったものだけ記憶のために残しておく。
「羊と鋼の森」(Amazon 1月)
「カメラを止めるな!リモート大作戦!」(YouTube 5月)
「MIU404」(Tver一部8月)
「緊急事態宣言」(Amazon 9月)
「Black Box」(Amazon? 11月)
「12モンキーズ」(Amazon 12月)
「エリジウム」(Amazon 12月)
//
以上です。次に進むぞ、次にっ。待ってろ、2021年!

| | Comments (0)

2020下半期 まっつ配信活動@ネット

|| これは、2020年下半期についての報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

あら、もう下半期分。やっぱこの年、
リアルライブは少なかったんだなあ。

「青空そっと…」上半期9回に対して下半期は3回。
「この歌詞そっと…」上半期5回、下半期は4回。
5月スタートでわずか2ヶ月の上半期に比べると
かなり減りました。

でもその代わり、
「青空もっと…」という別枠をスタートさせたんですね。
これはあらかじめのリクエストに応えるスタイルでした。
10月初回で各月1回ずつ、コンスタントにやってたのかああ。

雑談系の「まっつラジオ」は1回。

参考:
「青空をそっと…聞いてくれ 記録簿」
「この歌詞(うた)をそっと…聞いてくれ 記録簿」
「青空を、もっと聴いてくれ 記録簿」

そんなわけで、2020年下半期は、
<ツイキャスライヴ>
・「青空そっと」4回/エッセイ2・小説2。(うち完読エッセイ1件あり)
・「歌詞」4回/3+1+2+3=9曲(こちらはすべて完読。うちコード見つからない1回のぞき3回分は、一時公開してました)
・「青空もっと」3回/小説1+2+2(太宰1・夢野久作4と、かなり偏ったなあ)
・「まっつラジオ」1回
の実施でした。

ちなみに現在は公開してないけど、
「青空もっと」初回のサムネ用に作った画像。
1_20230918150901
結局サムネとしては載らずだったかなあ…。
しかもこれも配信失敗があったのだったって、
……すっかり忘れてた。

//
きっと当時は、「やれることはあるはず」、
確かそう思って、探っていたんだと思います。

それは、今もかもしれない。けど、
今年(2023年)は、年度跨いでからは…
あらあら、一度も配信してないのかああああ。

少しはなんかしましょうよ、まっつぅ(爆)。

ちなみに自分でも忘れそうになるけど、
ネット配信読み語りについては
いつでも投げ銭大歓迎ですっ。
とりあえず、投げ銭方法1(ofuse)案内ご参照あれ。

| | Comments (0)

2020上半期 まっつ配信活動@ネット

2020上半期 まっつ配信活動@ネット

|| これは、2020年上半期についての報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

これ、とりあえずまとめておくわ。
2020年。そうです、コロナ禍実質スタートの年。
なんだかんだ慣れないながらも、
ネット配信活動にもトライしたのですよ。

そんなに本格的参戦ではなかったけど、
ひとまずこの時期にやってたことをまとめておく。
もう公開してないことのほうが多いけどね。

3月から、講座展開にZOOM導入などしたのは報告の通り。
でもね、リアルライブもなかなか実施できなくなったので、
あれこれ試したりしてはいたのですよ。

そのうちYouTubeライブ配信的にやったことは
独立して報告することにしたほうがいいかと思ってるのだが、
いや、その切り分け、いまいち理屈づけられない(汗;

ひとまず並べてみよう。
20年5月7日が記念すべきツイキャス第一回。
「青空をそっと…聞いてくれ」初回。
Aozora_sotto
まだやり方も定めずに始めてしまって、
その場で検索「5月」を入れて出てきた
宮本百合子「わが五月」を途中までお届け。約5分。
作品読みは2分半くらいでした。

そんないい加減なとこから始めて、
まあその後もいい加減にやってますね。

5月中にこの「青空そっと…」は第7回まで進み、
<ツイッタートレンドワードで青空文庫を検索する>
というやり方もほぼ確定。

さらに同様スタンスで歌詞を検索して読むという
「この歌詞(うた)をそっと…聞いてくれ」も
Konouta
この月だけで5回もダダダッと、実施してたのですわ。

そして6月は、なんか一段落してしまったか
「青空そっと…」を2回実施したのみ、あらら。

さらにすっかり忘れてましたが、
「青空をそっと…聞いてくれ」初回
YouTubeでお聞きいただけるようにしてたのでした。

参考:
青空をそっと…聞いてくれ 記録簿
この歌詞(うた)をそっと…聞いてくれ」記録簿

ああ、そして、これもここでご報告しておこう。
オンライン公演として実施した
ホシノポケット 朗読公演」(2020年6月13日)。
Hoshipoke
アクシデント等諸事情もあって、
当日、急遽無料公演となったのでした。

まっつは冒頭5分弱の登場だけですが、
2023年5月現在も公開されてます。

まっつな日々ブログの公演告知データ

そんなわけで、2020年上半期は、
<ツイキャスライヴ>
・「青空」9回/エッセイ5・小説4(完読できたものはなかったはず)
・「歌詞」5回/3+2+2+2+2=11曲(こちらはすべて完読。ながらコード見つかってしばらく公開できたのは第4回と第5回のみでした)
・「ラジオ雑談」1回
の実施でした。

| | Comments (0)

2019年まとめ報告@各所

|| これは、2019年の報告です。
|| 書籍名からのリンクは、版元データまたはAmazonデータです。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2018年分の最後の報告が、
2018年まとめ報告@各所」で、
2022年8月17日リリース。

そして2019年分、最初の報告は
2019.01.19 マキニウムまつり出場@東区」で、
2022年8月22日付リリース。

それから7ヶ月ちょっとで19年報告を終えられそう。
けっこう「今」に近づけた。とはいえそれでも3年3ヶ月遅れ。
まだまだ手を緩められないなあorz。

この年分の報告件数は、このまとめ含めて30本。
けっこう多めな年ではあったなあ。

まずは恒例(爆)
【未報告事項】
<通年>
・札幌マンガ・アニメ&声優専門学校 非常勤講師
・北海道文教大学 非常勤講師
<4-7月>
・北翔大学 非常勤講師(前期)
<2月>
・データバックスタイルクリニック1件
<3月・11月・12月>
・某全国展開養成所で代講各1
<3-4月>
・朗読対面個人クリニック各月1回計2回実施。
<4月>
・「愛しのはんかくさい人」を囲む会@ひだまり
 にて、青田さんのご指名で、
 「愛しのはんかくさい人物語
 青田さんの項の最後、
 P103「青田正徳のここがはんかくさい」部分を読み語り。
1904011837_1499190401naofb1903230026_hankakuchirashi
 関連:ちいさななえほんやひだまりプロジェクト
<7月>
・読み語り講座生による自主朗読会に、オブザーバー参加。
1907311340_1706ちょっとしたアドバイスくらいは
したけど、基本、同席者として
楽しんだ。
仕事では読めないものも
読んでみたのだった。
(会場となったラボラトリー・ハコ)

///
【活動まとめ】
[舞台出演系](読み語り除く)
☆一般演劇出演は…なしっ。
 ステージ数は前年比0%
☆人形劇舞監兼務操演出演が1演目4ステージ
・2月/冬の祭典「セロ弾きのゴーシュ」
☆インプロ系MC出演が2ステージ(ほかに審査員2ステ)
・7月/即興組合27「シアタースポーツ」
 そのへん入れても、前年比20%弱ですわね。

[読み語り系]
ソロ、きりがたりシアターなどのコラボ、劇場もクローズドも含めて22st(前年比微増)。
※上記4月、7月、及び忘年会は含まず。

[講師系]
・読み語り自主講座実施日が10日間(前年と同)。
・朗読対面個人クリニックが4回(前年比大幅減)。
・学校等のクローズドなものはノーカウント(上記「未報告事項」参照)。

[メディア系その他]
・12月に翌年公開ドラマの撮影あり。この1件のみ。

///
[観覧鑑賞まとめ】
一方、観覧鑑賞は…
芝居系がトータル35件、朗読系は14件(いずれも前年とほぼ同)
一部は「まっつな日々」の「観覧・鑑賞に掲載。この年も感想はしっかりとは書けなかったみたい。

映画とかドラマなどメディア系や、
音楽系・展示系の鑑賞については省略。
(一部は上記「観覧・鑑賞」に載せてます。)

//
どう分類していいか迷うこととかで、
カウントに入れてないのもあったりするけど、
精査はしないで、次は2020年に入ります。

コロナ禍がスタートした2020年、
なんか表記の仕方も
再検討しないとならないかもだわね。。

| | Comments (0)

2018年まとめ報告@各所

2018年全体をまとめつつ、
ここまでに報告した以外の、バフォーマンスした機会やら、
(この年分はクローズドも記録報告したのであんまりないけど)
あ、そうだ、パフォーマンス以外のお仕事についても、
まあざっくりまとめて報告します。

|| これは、2018年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2017年分の最後の報告が、
2017年まとめ報告@各所」で、
2021年12月19日付リリース。

そして2018年分、最初の報告は
2018.01.21 定例ライブ34@中央区」で、
2021年12月26日付リリース。

それから8ヶ月弱で18年分を終えますね。
報告件数は、このまとめ含めて29本。
17年分は23件だったから、数も増えつつ遅延短縮できてる。
まだ3年8か月弱の遅れだけど。ちょっと、ほっ。

まずは恒例(爆)
【未報告事項】学校名って、載せるの初めてかも。
<通年>
・専門学校札幌マンガ・アニメ学院非常勤講師
<1-3月>
・某全国展開劇団で2クラス10回分連続代講。
<3-12月>
・朗読対面個人クリニック、年間8回実施。
<4-7月>
・北翔大学講義非常勤講師(前期)
<4-12月>
・北海道文教大学非常勤講師(新規)
<6-7月>
・北海道文教大学スキルアップ講座講師(2回)
<9月>
・某全国展開養成所で代講1回
<10月>
・俊読オープンマイク参加。
※俊カフェで実施。まっつ参加は初日10/20。
18102013170980
※けっこうユニークなことやったと思うんだけど、残念ながら選外でした。
<12月>
・某全国展開劇団で代講1回。
・専門学校札幌マンガ・アニメ学院(現・札幌マンガ・アニメ&声優専門学校)卒業公演で演出担当(授業)
※「きりがたりシアター」では演出役もやってるけど、それ以外で担当したのは5年ぶりだったんだねえ…(遠い目)…。授業の一環としての担当だったので、感覚はだいぶ違いました。まあまあ無難によいとこまで持っていけたと思いますわ。

///
【活動まとめ】
[出演系]
一般演劇出演は5演目計24ステージ
・3月温故知新音楽劇「札幌開拓ワンダーランド」3st。
・6月「林檎園日記」2st。
・7月yhs「きつい旅だぜ」(サプライズちょい役出演)2st。
・8月演劇シーズン弦巻楽団「センチメンタル」10st。
・9月弦巻楽団「センチメンタル」大阪公演3st・苫前公演1st。
・10月弦巻楽団「センチメンタル」帯広公演クローズド含め2st。
・10月大人の事情協議会「ミドルエイジ,プリンセス」4st。
ステージ数は前年比8倍。とにかくよくやったわ。

あ、前年入れてなかったけど、
人形劇出演もあったのでした。
・2月人形劇フェスティバルさっぽろ冬の祭典「長ぐつをはいたネコ」8st
これを足すと32st。

・読み語りはソロ・きりがたりシアターなどのコラボ等、劇場もクローズドも含めて17stでした。

[講師系]
・読み語り自主講座実施日が10日。
・朗読対面個人クリニックが8回。
・学校等のクローズドなものは、内容的に多岐にわたるのでノーカウント(上記「未報告事項」参照)。

[メディア系その他]
・あらららら、今気づいたけど(2022年8月)映像やCMナレーション等のメディア出演は…この年、ひとつもなかったみたいだあああ。

[観覧鑑賞まとめ】
一方、観覧鑑賞は…
どうやら芝居系が有無料系含んで33本。
その他朗読系も13本もあったらしい。
…ホントか? そんな余裕あったのか?
精査してはいないけど、どうやらだいたい間違いないみたい。

そういうあれこれ観てるくせに、
この年、感想らしい感想は、ほとんど残してないや。
さすがに忙しかったんだわね。
観たのに「まっつな日々」の「観覧・鑑賞に載せてないのもあるし、
書いてても一行のみとか多すぎ(爆)。

映画とかドラマとか、音楽系・展示系は省略。
映画館でみてたりテレビで見てたり
さらにはネットで見てたり、あれこれ数え方が難しすぎる。
(一部は上記「観覧・鑑賞」に載せてます。)

//
さすがに画像ネタは少ないわ。
でもまあ、これ以上の精査はしないで、
次は2019年に入りますよ。
コロナ禍前の最終年。どんなことやってたかな。

| | Comments (0)

2017年まとめ報告@各所

2017年全体をまとめつつ、
ここまでに報告した以外の、
仕事外でバフォーマンスした機会やら
あ、そうだ、パフォーマンス以外のお仕事についても、
まあざっくりまとめて報告します。

|| これは、2017年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2017年分の最初の報告は、
1月冒頭の《「夢十夜」Nights 第三期》5-6回」で、
2021年4月3日付リリース。

それから8ヶ月ちょいで17年分を終えられたってことは、
少しは遅延を縮めたってことっす。

ということで先に
【未報告事項】
<2月>
・「探偵はBARにいる3」撮影。
この年12月に封切られた映画作品に出演したのでありました。
松田龍平さんとの共演で2シーンに登場。
<3月>
・前年7月に撮影のNHKドラマ『絆〜走れ奇跡の子馬〜』オンエア。
役所広司さん、新垣結衣さんとの対面シーンでした。
<7・8月>
・某大学で演技系ワークショップ講師2回。
<8月>
・某交通系企業の啓発ビデオ出演撮影。
<8・10月>
・某全国展開劇団養成クラスで朗読系代講2回。

<9月>
Makiniumtweet0909・「マキニウム残暑祭り」に
飛び入り出演。歌う。
やっぱりノー準備で
ひっかかりまくり
でしたわ(汗;自分のうたなのに(爆)。

<10月>
17102221450289・ひだのかな代さんの「受賞記念バーティ」でリクエストいただき受賞作品「うまれるまえのおはなし」を、僭越ながら初読み語り。ついでにこれは自分からお願いして、ひだのさん作品「りんごりんごろりんごろりん」も読ませていただく。

<11月>
・「つなぎ屋フィナーレ」で谷川修太郎さん作品をコラボ読み語り。コラボしてくれたのは、この日初めてお話したモノノケさんでした。
1711251740038117112519450388

<12月>
・何やら読み語り講座系の人たちで、まっつの還暦祝いの会を開いてくれてそこでしっかりリクエスト対応読み語り。講座メンバーもあれこれ読んで、なんかにぎやかで楽しい時間だったわね。
17120219150409Member10gccollagepkg-2
Presentgccollagepkg-217120221430412
Mats17120222310413

・恵庭市公報ビデオ撮影
・テレビ北海道「検証・拓銀破たん20年〜今伝えたいこと〜」放映

///
【まとめ】
一般演劇出演は2演目計3ステージ
・11月NIN企画「けんず きみが傍にいた時代」2st。
・12月蘭越演劇実験室 2017公演「蘭越幻燈観光ツアー」1st。
ステージ数は前年比7分の1。まあでもこれが通常進行かな。

読み語りはソロ・きりがたりシアターなどのコラボ・ジョイント等。劇場もクローズドもぜーんぶ含めて23回でした。

自主講座実施日が14日。
学校等のクローズドなものは入れてません。

一方、観覧鑑賞は
どうやら芝居系が有料29本、無料系含むと35本か。
ずいぶん見たなあ。
その他朗読系は7本くらい。

基本、やるより見る年だったのだねえ。

さあ、とっとと2018年に入るぞ。4年経つと記憶はかなり消えている。そうならないくらいの遅延まで、早く追いつくぞ。

| | Comments (0)

2017年5月〜7月 読み語り講座通算第五期@中央区

05kouza_chirashil2017.05.17〜07.12
ヨミガタリストまっつ の
「読み語り講座」
2017第一期(通算第五期)
隔週水曜日全5回
あけぼのA&C 交流室

|| これは、2017年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

WS・講座報告一覧

年度始めの期を「第一期」と表記してたんですが、
春期・夏期の学校休み期間以外に実施できたのは
実はこの期が最後でした。

翌年から学校業務が増えたため、以後は春期と夏期しか
稼働できなくなったんですね。

まあ無理のない範囲でと考えて、
この期は隔週水曜日実施にして全5回。

設定は「エンジョイ講座」と「チャレンジ講座」のみで
オプションは前提にしませんでした。(告知)
→エンジョイ16時-18時
→チャレンジ19時-21時半

そんなわけでこの回の報告は、
とみちゃんレポートもあったので
さらにあっさり。

//
【5月17日】
エンジョイ→チャレンジ

この日のエンジョイは4名参加。
他に1名の見学者ありでした。

2名ずつ対戦‏?は、「童話vs.小説」。
4人とも物語系をもってきてたんですよね。
エンジョイとみちゃんレポートをご参照あれ。

そうなんだわ。セリフ多めの物語が多かったので
セリフ読み分けについて、けっこうしゃべったなあ。

声色変えまでしなくても、スタンスの違いが
聞こえるようにはしたいね、というようなこと。

モブキャラの扱い方も追求されて、
自分ではそんなに意識せずにいたんだけど
指摘されて自覚したのだった。
主役的に聞こえないような声づかいをしている。と。
なるほどぉ。

/
チャレンジは2名様。
余裕で2セットやって早めに終わりました。
絵本と、ご自分で訳したという翻訳小節。

絵本は初めてという方に対しては
絵の扱いなども含め、間の使い方がポイントになり、
翻訳のほうもその点が軸になりました。

//
【5月31日】
エンジョイ→チャレンジ。

この日のエンジョイは5名。
前半は全員対応で回してもらいました。
登場したのは、絵本・童話2点・小説・詩集。

対決?は、詩と絵本だったのね。
こちらもとみちゃんレポートあります。

/
そしてチャレンジは…お得感満載な(笑)おひとり様。
小説で2セットと、さらに詩で1セットやって
1時間半強で終了となりました。

//
【6月14日】
エンジョイ→チャレンジ

この日のエンジョイは回し読み段階で6名。
てなわけで冒頭から2チームに分けての
平常スタートとなりました。

登場したのは、絵本・小説3・エッセイ2。

対決?は、エッセイと小説(ですね、一応)。
この回もとみちゃんレポートあり。

↑には書かれてないけど、2チーム制でやってて
練習中は相手方チームの声も聞こえるから
よくも悪くもその影響を受けるようなこともあったみたい。

ジャズ風小説が耳に聞こえてきたら、
そりゃ影響受けちゃうよねえ。

/
チャレンジは、この回もおひとり様。
小説で1セットを時間広げてやった後、
参考になればと、まっつも読んでみた。
全部じゃないけど。

まっつのデモが模倣意識を生んで
かえって邪魔になる可能性もあって、
そんなにこの方式はとらないのだけど、
今回の受講者さんは大丈夫な段階だったので
やってみました。

まっつとしては初読みの
「Kの昇天」梶井 基次郎。
半分弱を参考に…と思ってはじめたのだけど
結局、中断後、最後まで読んでました(笑)、
むしろ後半のほうを本気で(爆)。

伝えたのは地の文の扱い。
一人称小説の地の文は、説明文になってても
ある意味、当人の反芻でもあること。

セリフは得意な人だったので
地の文をセリフに少し近づけてもよいのでは
っていう示唆をしたつもり。

その後、別作品でもう1セット。
「どう聞かせたいか」という話になった。

あら、結局、休憩含めて2時間になってました。

//
【6月28日】
エンジョイ→チャレンジ

エンジョイはこの期最大、
いやここまでの最多人数を更新して7名。
これもとみちゃんレポートあり。

登場したのは、小説3・詩群2・エッセイ1・絵本1

恒例対決?は、小説と詩でした。
7名参加を記念して、この期唯一の写真撮ってました。
講座やりながらだと、つい写真撮る余裕なくなるんですよね。
17062816480075

/
チャレンジは、久々複数で2名。
やっぱり人の読みを聞く時間も大事だわ。

小説がいくつか登場したほか、絵本では
まっつがセリフの一部担当という形式でもやってみた。

お初の方がいたので、久々に原点的なことも指摘。
たとえば
「地の文でびっくりと書いてあったとして、
 声にするときにどんなびっくりか示せたら
 聞き手は聞く気になりますね」
みたいなこと。

「朗読」ではその「びっくり」の傾向を
聞き手の想像に任せるスタイルもあると思うけど、
「読み語り」的には、そういうとここそ読み手の
腕のみせどころだと思うんだよね。

前者を求める人に押し付けるつもりはないけど。

3セットずつやって2時間少々で終了としました。

//
次はラストの7月12日なのですが、その前に
【7月1日】
Gakkohsai_flyertopあけぼのA&Cに集う
さまざまなグループが
そのパフォーマンス等を
披露する
「あけぼの学校祭」に
エンジョイ講座の面々と参加しましたっ。
17070113350076

ほかにも参加してたんだけど、その人たちのときは
まっつも出てたんで撮れなかったのだあ。

//
【7月12日】
エンジョイ→クリニック→チャレンジ

2年目第一期(通算第五期)最終回。
エンジョイは5名だったので、回し読みは全体で。
持ち寄りネタは、小説・詩・エッセイ2・童話。

この日のレポートもありますよ。とみちゃんレポート
(この回のレポートには、まっつが細かいコメントもしてる)

対決?チーム戦は、童話vs.詩だった模様。

/
チャレンジ。の前に
臨時で、エンジョイ後すぐクリニックも入ったこの日。

公演間近という、お2人での絵本分担読みに
主に「声の演技指導」という内容となりました。

/
そしてチャレンジは2名。

小説と絵本。3クールずつ程度だけど、
時間の使い方はちょっとフレキシブルにしてたな。

//
と振り返ってみて、2021年のまっつ自身驚いた。
この2017第一期、学校休業ではない期間の実施だったが、
実施日には、昼過ぎまで専門学校の授業があったのだった。

それやってからの講座で、特に最終日は
タフでしたねえ。忘れてた(爆)。

結局、その後は春夏だけの実施になって
この期が最後の通常期ってことになりました。

そして講座自体、2020年春期の通算第11期を最後に
コロナのせいでできてません。

オンライン講座も考えてみたんだけど
やっぱりそれだと違うんだなあ。

いつ復活できるんだろう。
というか、再開する意味はまだ残ってますか、
いまだ訪れぬアフターコロナの世界よ。

| | Comments (0)

その他のカテゴリー

AMICA closed Clubまっつ JRタワー partyゲスト semi-closed WS・講座 あけぼのA&C きりがたりシアター きり紙 くすみ書房 こぐま座 すぺしゃるらいぶ どもIV まとめ報告 やまびこ座 よみがたりシアター アップルガーデン アトラクションゲスト イベント参加 オペレ オンライン カエルヤ珈琲店 ガンゲットダイマ ゲリラライヴ コラボレーション コンカリーニョ コンクール シアタースポーツ ジョイント ストリート チカチカ チャリティ テレビ テンパカルテット ニュアージュ ネットTV ネット配信 パフォマーケット フォーラム メディア モンクール ヨミガタリスト ライブペイント ラジオ ラボラトリー・ハコ リクエスト 上富良野町 上湧別町 乱歩會 人形劇 俊カフェ 函館市 北広島市 北見市 千歳市 南幌町 即興組合 参加型イベント 古本浪漫堂 名寄市 和寒町 報告 士別市 壮瞥町 夢十夜Nights 大阪市 宅ライブ 安平町 寸劇 小樽市 屋外 展覧会 岩手県 帯広市 恵庭市 愛別町 投げ銭 斜里町 新篠津村 日記・コラム・つぶやき 旭川市 映画 朗読会 朗読劇 札幌市 札幌市中央区 札幌市北区 札幌市南区 札幌市厚別区 札幌市手稲区 札幌市東区 札幌市清田区 札幌市白石区 札幌市西区 札幌市豊平区 東京都 枝幸町 栗山町 業務 江別市 深川市 清里町 温故知新音楽劇 湧別町 滝川市 演劇 猫のしっぽ 由仁町 留寿都村 登別市 省略記録 真狩村 真田組 石狩市 砂川市 神奈川県 福島県 稽古 舞踏 苫前町 苫小牧市 蘭越町 観覧 記録 記録なし 記録不完全 記録別途 記録準備中 詩のボクシング 読み語り 読書会 講演 赤れんが 進行 道内ローカル 釧路市 長沼町 音楽 黒松内町