2013.6.22-23 再演「にんぎょひめ」@東区

130622181964372013.6.22-23
第1307回札幌市民劇場
竹内実花 + ヨミガタリストまっつ
舞踏に言葉が響くとき
   〜にんぎょひめ
@札幌市こどもの劇場やまびこ座

|| これは、2013年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

初演2010年11月報告↓
http://mghj.air-nifty.com/mats/2013/07/20101113-14-281.html

再演2011年10月報告
http://mghj.air-nifty.com/mats/2014/09/20111015-16-560.html

この2011年の再演告知に載せた
初演時の感想の方が
いろんなことを知らせてくれてるかも。

再演2011年10月告知↓
http://footmats.sapolog.com/e246938.html
ここからリンクしている
やまメちゃんのご紹介もステキですよ。

そこから2年置いての
再々演「にんぎょひめ」。
公演名としては
「にんぎょひめ〜舞踏に言葉が響くとき」
と演目をタイトルメインにおいたのでした。

再々演13年6月告知↓
http://footmats.sapolog.com/e395641.html

はい。このときは
札幌市民劇場にエントリーされたんすねえ。

記憶としては、再演時に比べこの時は
語りまっつも比較的見える舞台になったって覚えがある。
見える灯りにしてくれたんだよね。

そのおかげか、あるいは逆かわかんないけど
全体的に語りの寄り引きのメリハリに
もっと大胆な幅をつけてた気がする。

後はすっとぱすけど
この再々演を終えたときには
「さらに次が見えた気がした」っていう
そんな感覚を掴んだ覚えがある。

それが何だったか、んーよく想い出せない。
まっつが見えたとか見えないとか
そんなところのことではなかったはずだなあ。

13062120396435■ゲネ時の
■舞台の様子。
■照明マジックで
■海底が
■広がる。

たぶん、舞台上での二人の
交感のことだったと思う。
ひめが海の泡になって消えていくときの
消えていくひめと
見守る語り手との間に。。。

つまりその場にいる、
実花・まっつの間に
何かが生まれたような
それがステージごとに
はっきりしてったような
そんなことだったと思う。

13062313256441■シンプルな
■舞台装置。
■「ハコタくん」たち。
■重さ補強が
■半端なかった。

そのへんにも関わると思うのだけど
もし次やるとしたら
まっつも語らず、
ひめもそこにいるだけ。
そんな時間を
もう少し増やせる気がしてる。

13062315266442終演後に
撮っていただいた
記念写真。
ずいぶん
にこやか(笑)。

//
この再々演からもう3年経っちゃいました。
今のところまだ「次」の話はないのだけど
来年か再来年、落ち着いた状態のときに
やれたらいいなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.10.15-16 再演「にんぎょひめ」@東区

45622011.10.15-16
アンコール上演
竹内実花 + ヨミガタリストまっつ
舞踏に言葉が響くとき
   〜にんぎょひめ
@札幌市こどもの劇場やまびこ座

|| これは、2011年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

初演報告↓
http://mghj.air-nifty.com/mats/2013/07/20101113-14-281.html

上記報告は2010年に実施した
「やまびこ舞踏会」の報告なんですが
まあ、ずいぶん淡白ね(笑)。

それよりこの2011年の公演告知に
参考に載せた
初演時の感想の方が
より(今回の報告よりもかも(爆))
いろんなことを知らせてくれてるかも。

この公演の告知↓
http://footmats.sapolog.com/e246938.html
ここからリンクしている
やまメちゃんのご紹介もステキですよ。

てな感じで、周囲の期待も盛り上がった
再演「にんぎょひめ」。
公演名としては
「舞踏に言葉が響くとき〜にんぎょひめ」
となりまして、
前年の「やまびこ舞踏会」では
初日夜の1ステ限りであった
「にんぎょひめ」のみを
2日間3ステージ、お届けしたのでありました。
(併演小作品もなし)。

あー稽古段階でいろんなことあったはずなんだけど
そのあたり、あんまり記録がないっす。
多分、一番変わったのは照明。
4570だけど出演者二人の
というより、
まっつの実花ちゃんに対する
寄り添い方も、
けっこう変わってたと思う。

あー、このあたり
すでに2013年に再々演してるので
なんとも明確な記憶も残ってないのだけど、
初演時、まだ即興性の悪い面、
お互いを図ってしまって迷うようなところが
この再演では、ほとんど消えていたんじゃないかな。

初演後には「勝った負けたじゃないけど、なんか負け気分」
みたいなこともどっかに残してたのが
このときの感覚では、ほぼなかったもんな。

とはいえ、この報告書くのに
チェックし直して逆にびっくりした。
手元に残っている初日昼夜2ステージの映像を比較したら
なんと6分近く時間が違う。約1割。

その場で生まれる何かに委ねる感覚は
ちゃんとあったってことだ。

最後に演者とともに、
いや、ある意味それ以上に
舞台を千変万化させてくれた
高橋正和氏の照明マジックを
ご紹介しておきます。
(2日目本番前のシュート時の画像)

45741 4575 4576
4577 4578 4579
4581 4582 4583

4567そしてこのときの
シンプルな
舞台装置
「ハコタファミリー」

4595お客様写真ないので
関係者集合写真
公式を撮る直前の
オフショット。
ひとりだけこっち向いくれた(笑)

//
で、先にもう2013年もやってのことも
書いておいちゃうけど、
この2011年は、「お互いやったね!」という感じで
終わったって感じでした。

それが、2013年の再々演は
「さらに次が見えた気がした」っていう
そんな感覚を掴んで終えたのです。

それが何かは、どっかに書いたかなあ。
今は置いといて、
きっといつかまた「その次」を
演るときが、来たらいいな。
いや、来るんじゃないかな。
うん、来てほしいな(爆)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.13-14 やまびこ舞踏会@やまびこ座

2010.11.13-14
札幌劇場祭(TGR)参加公演
「やまびこ舞踏会-舞踏に言葉が響くとき」

|| これは2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

前年、初共演した後、
秋には再度共演した
舞踏家・竹内実花さんとの
再々度の共演。

プロデューサの意向で
オリジナルな脚色も加えた
メイン2演目
プラスαという構成でした。

初日は「にんぎょひめ」+無題の詩
2日目午前午後は、
別の無題の詩+「きのまつり」新美南吉+「美し姫と怪獣」。

この「やまびこ舞踏会」
この年の札幌劇場祭サプライズ賞をいただいちゃいまして
(賞品も何もない名誉だけの賞ではありますが)
以後、「にんぎょひめ」のみ
翌2011年に再演。
さらに今年2013年6月に再々演してます。

たぶん、まだ可能性を感じてるので
きっと実花まっつ、やるんじゃないかなあ。

てなわけで、こんな程度の省略報告で終わります。

あ、お客様写真はないのでその代わり。
Ca3a3223Ca3a3229初日終演後の
二人と、
今も
必須道具の
「ハコタくんたち」

Ca3a3221_2Ca3a3228この年だけこんな
舞台装置も使いました。
左「にんぎょひめ」
でのしつらえ。
右「美し姫と怪獣」
でのしつらえ。

Ca3a3232そして
「姫と怪獣」
での
舞台セット
全体。

再演以降は、ハコタくんたちのみを使用してるから
こいつは幻の舞台装置といっていいかな。
(薔薇は、「にんぎょ」では使ってません(笑))

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.28 まっつBOOKing first-2

2009.11.28 まっつBOOKing first 2ステージめ
@札幌市こどもの劇場やまびこ座

|| これは、2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

そしてまっつBOOKing first
初日・夜のステージ報告です。
まっつ with 竹内実花
「読み語りと舞踏のコラボレーション」。

前報告のTrio-Tとは真逆、
この2009年に初めて共演→(09.08.01)させていただいた
舞踏手・竹内実花とのステージでした。

上記報告にもあるように
8月には「負けた」感が強くて
このまっつBOOKingでは、
そうはならないようにと
かなり力が入ってしまったようです。

「勝負じゃないんだ」ということを
心底分かったのは終わってしばらくしてから。

さらに、
Trio-Tでは音楽が読み語りを立ててくれたように
視覚的存在でありつづける舞踏手を
むしろここでは、読み語りが立てていくべきであること。
そんなことが「分かった」のは、
翌2010年に再び共演させていただいてからでした。

2それでもこの年
芥川龍之介「杜子春」
宮澤賢治「水仙月の四日」
2_2(写真上「杜子春」リハ
下「水仙月」本番)
そして「ことば」ふとがみたけると、
全く風情の異なる3つの作品でコラボレートできたからこそ
その翌年があったんだと思う。

ホントにそう思う。

///
竹内実花→舞踏家・竹内実花

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.08.01 夏の夜の儚がたり@AMICA

|| これは一昨年2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2006年にスタートした
「夏の夜の儚がたり」シリーズ第3弾

といっても毎年新しく作品発掘してもらって
続けてきた感じですね。

なので毎回、なんか趣向とかも違う。

さてこの年は、
同じテーマのなんと2作品、
和物と中華物聞き比べ。
しかも2作品目は
試演的に舞踏とのコラボにも挑戦したのでした。

当初はソロでやる方向で
作品選択してもらってたのですが、
最初のチラシ作ってもらった
後だったと思う。
途中で、コラボ案が急浮上。

09yumegatari622なので
最終チラシのクレジットも
実花さんは
「友情出演」。
写真は彼女だけ
だけど(笑)。

そのおかげで客足もこれまでになく伸びて
初のAMICAフリースペース使用となりました。

1作品目は、30分弱ソロでお届け。
告知した「円朝の牡丹燈籠」
もう一作品とともに
田中貢太郎の筆によるもの。

Ca3a1541舞台が少し広かったので
ついつい、私、動く。
2作品目に対抗するような
気持ちがあったかも。
落語出自の作品なら、
移動までしなくてもきっと良かったんだろう。

そして舞台転換ありのため
休憩挟んで2部は「牡丹燈記」。
お話冒頭しばしから、
竹内実花が登場。

おそらく誰も見たことのない
コラボライブだからか
30分強の上演後、
拍手が1分くらい続いてた。

Image300knでも、即興とはいえ
いや、だからこそ、
この日のまっつは、
竹内実花に
ひたすら
「負けたーーっ」と感じてたのでしたね。
(上の画像はKNさんからいただきましたm(_ _)m)

Ca3a1542終演後、
しばらくAMICAに
いてくれた人達。
イベントご覧いただいて
ない方もいるのだが、
えいっ、載せちゃえっ。おかげさまです、みんなほんとに。

--
そしてそして、後からあれこれ
いろんな方の感想聞くにつれ、
「負けた」と思う自体が
姿勢として違ってたんだと
気づくのはまだまだ先のこと(爆)。

この年の秋の「まっつBooking」にて
別作品での1発勝負ガチコラボの経験をさらに経て、
昨年、札幌劇場祭にての「サプライズ賞」に至り、
今年10月には昨年作品のうちの「にんぎょひめ」を
再演することになってます。

今年の「実花まっつ」こそ、
ぜひたくさんの方にご覧いただきたいです。

--
ところで「夏の夜の儚がたり」シリーズは
2010年もAMICAで実施。
今年はそのシリーズと銘打ってないけど
それに代わる形で、9月10日(土)に
AMICAで「」という
小松崎 健さんのハンマーダルシマー演奏との
コラボライブを実施することになりました。

何かが産まれる「AMICAライブ」。
こちらも多くの方々のご来観をお待ちしてます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

AMICA | closed | Clubまっつ | JRタワー | partyゲスト | semi-closed | WS・講座 | きりがたりシアター | きり紙 | くすみ書房 | こぐま座 | すぺしゃるらいぶ | どもIV | まとめ報告 | やまびこ座 | アップルガーデン | アトラクションゲスト | イベント参加 | オペレ | カエルヤ珈琲店 | ガンゲットダイマ | コラボレーション | コンカリーニョ | コンクール | シアタースポーツ | ストリート | チカチカ | チャリティ | テレビ | テンパカルテット | ニュアージュ | ネットTV | パフォマーケット | フォーラム | メディア | モンクール | ヨミガタリスト | ライブペイント | ラジオ | リクエスト | 上湧別町 | 人形劇 | 函館市 | 北広島市 | 千歳市 | 南幌町 | 即興組合 | 参加型イベント | 名寄市 | 和寒町 | 報告 | 士別市 | 夢十夜Nights | 宅ライブ | 安平町 | 寸劇 | 小樽市 | 屋外 | 展覧会 | 岩手県 | 恵庭市 | 愛別町 | 投げ銭 | 斜里町 | 新篠津村 | 日記・コラム・つぶやき | 旭川市 | 映画 | 朗読会 | 札幌市中央区 | 札幌市北区 | 札幌市南区 | 札幌市厚別区 | 札幌市手稲区 | 札幌市東区 | 札幌市清田区 | 札幌市白石区 | 札幌市西区 | 札幌市豊平区 | 東京都 | 栗山町 | 業務 | | 江別市 | 深川市 | 清里町 | 温故知新音楽劇 | 湧別町 | 滝川市 | 演劇 | 猫のしっぽ | 由仁町 | 省略記録 | 真田組 | 砂川市 | 神奈川県 | 稽古 | 舞踏 | 観覧 | 記録 | 記録なし | 記録不完全 | 記録別途 | 記録準備中 | 詩のボクシング | 読み語り | 講演 | 赤れんが | 進行 | 道内ローカル | 釧路市 | 音楽 | 黒松内町