2013.09.22 四季の読み語り22@北広島市

13092212436651130922124466522013.09.22
「四季の読み語り17
 *9月-わかれ」
@自宅カフェ
『猫のしっぽ』

|| これはまだ、2013年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

冒険猫のしっぽ記録

おーーっと、そしてどうやら
この日が
猫さんでの「四季の読み語り」
いまんとこのラスト回でしたねえ。

13092212516654別にこの日が最後
って決めてやったわけじゃないので
ごくいつも通りの感じで
やってましたよね。
まずは、軽食というよりしっかりランチ。

「恋愛シリーズ」の最後的テーマ、
『別れ』で締めた・なんて
まあ、よくできてます。
って締めたわけじゃないですけどね。
いろいろ状況は動くからねえ。

まっつが自分セレクトで持ってったのは
太宰治「きりぎりす」。
いきなり50分ちょいのお話でしたが
しっかり聴いていただけた模様。

思い起こせばこの作品、
読み語りソロ活動始めて間もない
2003年8月に、リクエストで読んでるんすね。
確か、初の10分以上の長さの
作品リクエストだったんだと思う。

でーも、読み語るのはそれ以来。
新鮮新鮮新鮮になってましたね。

イベントとしては
前向きな「別れ」というリリースになったので
良かったんじゃないかなと
そういうとこ、オレ考えてたのか(爆)。

13092214296658まあ1作品で
50分ですから
もう、すぐ次は
「おかしなおはなし17」。
この日は「サツマイモ」。
なんと、珍しく前日に書き上げたそうでーす(笑)。

13092214246656サツマイモって、
けっこういいんだ。
録音確認した
2017年のまっつが
なんか改めてそう思ったりして(爆)。

まあまあ、スイーツプレートを
しっかり楽しみまして、
その後は15時近くになってから
さあ、リクエストウエルカムですよー。

まずは
オーナーのままから
13092215516660銀色夏生
夕方らせん
より「Kの報告」。

わかれ…られないって、お話だったんじゃん!
ある意味、こわかったああ。

お次は、はるっちさん。
「大分前に買ったけど、ずっと読んでなかった絵本」
てことで
「長いから途中まででいいから」
てなことでスタート。

13092215516659
槙 佐知子
シャエの王女」。

ほう、今昔物語をを元にした創作なんですねえ。
なんて読んでるうち、もっと早めに
ブレーク入れようと思ってたのが
結局14分近く、全体の4割くらいをやったとこで
「続きお聴きになりたいですか?」

リクエストした当人は
「わたしはこれで先を読む気になったんで、ここでやめてもいいです」。
いやー、回りはしかしすっかり続きをお聴きになる空気。
ということで、続けました。

結局、その後25分近くかかったけど。
皆さんしっかりお聴きくださいましたよ。

いやーでもこれ、夫である大臣の
あまりに立派で泣けてくるくらいの対応とか、
今昔物語でも、ここまで書いてたのかねえ。
なんて、2017年に改めて思ったりしてる。

ちなみにリクエスターは
この15年(!)ほど前に
「ひだまり」の青田さんから
→関連ページ(ちいさなえほんやひだまりプロジェクト
お薦め絵本てことで購入したそう。

いや、いいお話でした。ホント。

13092215576661続いて北村さんから
二条千河さんの詩集
『宇宙リンゴのID』より「瘡蓋」。

二条千河さんと言えば
詩のボクシングで何度かご一緒した方。
この詩集は自費出版とのことでしたが
ご本人サイトの記載にリンクしときます。
二条河原SQUQRE内関連ページ

あー、もっと身体的な感覚から来るものだろうに
まっつのこの時の読みは、なんか
言葉のうわべをなぞって
高踏的な風情になっちゃってたかなあ。
違うなあ、などと今頃思ってたりして(爆)。

そして最後のリクエスト。
再び『夕方らせん』より「電車を待っていた人」。
これはなんかステキなお話だった。

13092216296662お客様写真
ございますよ。
あらま
これだけ
だったのね。

//
そしてえーと、この第17回の後は、
諸事情で次回が決まらないまま
今に至っておりますので、
ひとまずこの回が、現段階の最終回。

「四季の読み語り」。
それにしても、ゆったりした時間の中で
実にさまざまなリクエストを
いただく場でありました。

そしてもちろん、美味なスイーツを
楽しみまくる場でもあったのでした。
もうこの日から3年半以上経ってますけど、
「猫のしっぽ」さんはしっかり営業中。
ブログじゃなくて
FaceBookで、
おいしい写真(と、ワンちゃんたち)が
いろいろ見れますよ。
自宅カフェ『猫のしっぽ』

最近は、なかなか行けない。
けど、あーたまには
猫さんのスイーツいただきたいのぉ(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.21 四季の読み語り16@北広島市

2013.07.21
「四季の読み語り16
 *7月-いたみ」
@自宅カフェ
『猫のしっぽ』

|| これは、2013年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
んー、3年超え落ちが、
なかなか解消できないよおお。
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

「四季の読み語り」。
猫のしっぽさんのスイーツとのコラボ企画。
(これまでの冒険報告記録)

その第16回目は、
まだ「恋愛」テーマで続けてたんだけど
「いたみ」。
あえてひらがなにしちゃいましょうって
それ、もう「恋愛」どうでもいいのでは?(爆)。

そんなわけでまっつセレクトは
「恋愛」色は・・ないね的作品。
この年、著作権保護期間から明けた
小川未明作品から2つ選択したんですね。

そうそう、それぞれ
そんなにメジャーな
作品じゃなかったので、
まずは作者を伏せて
読了したのでありました。

最初は「夕焼け物語」。
ちょっと話の内容に対して
ゆっくり読み過ぎたかも。

そしてもうひとつは「月と海豹」。
こちらは母親の子への愛のお話なので
テーマにも合致してましたけど、
これも緩急、もう少しあったほうが良かったかなあ。

いずれも16分前後の作品。
未明作品は、もう少し親しんでいきたいけど
なかなか機会がありませんね。

ここで少し妄想感想タイムがありまして、
ひと息ついたらスイーツタイム。

13072114016486恒例
「おかしな
 おはなし16」は
「黒いもの」。
なんでも
「コーヒー」で行こうと思ったけど案外、
お菓子でコーヒーのものってないそうで
拡げたんだそう。

13072112596484ブルーベリーとか
黒蜜とか
出てきた。
おおー、
豪華プレート。ん?

13072114016485違った。
上はランチ。
こっちが
スイーツ
プレート。

30分ほど雑談楽しみつつの
スイーツタイムを満喫した後、
さてさてリクエストタイムです。

13072115086489最初は絵本。
「おおぐい
 ひょうたん」。
続いて
解説付きの
13072115076488童話あらすじ紹介本
『赤ずきんは
 二度生まれる』より
「しらゆきひめ」
ぐりむ。

あらすじ紹介があった後、
それより長い文章量で解説が入る構成。
みんなで「へえーーー!」。

もうひとつ、ここから
知らないお話も選びましたね。
「トゥルーデおばさん」。
こちらは解説含めて、なんか
ごまかされてるような気分でした(笑)。

その後、短歌集から作品抜粋とあとがき類
のリクエストがあり、
13072115556491締めには
「おっきょちゃん
 とかっぱ」。
おー、夏
ですねえ(笑)。

締めくくりは
忘れず(笑)谷川さんの「じゅうにつき」。
この月、7月が最後になるような順番で
読ませていただきました。
なぜか、8月始まりだと9月も楽しくなっちゃって
一方で、7月はさみしい終わりに
なっちゃったかも。

13072116066492_2お客様
写真は
ちゃんと
いただき
ましたよ。
皆様、ありがとうございましたあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.05.19 四季の読み語り15@北広島市

2013.05.19
「四季の読み語り15
 **5月〜呪縛」
@自宅カフェ
『猫のしっぽ』

あー、せっかく3年未満に
一度はなったのに、
しばらく現在未来であわあわしてて
またまた3年落ちに
いつの間に。。

取り戻すぞお!!

|| これは、2013年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

「四季の読み語り」。
猫のしっぽさんのスイーツとのコラボ企画。
(これまでの冒険報告記録)

その第15回目は、
なおも恋愛テーマとして続けてて
「未練」。
しかしここまで来ると、
「恋愛」枠もはみ出てる気もするけど(爆)。

でもって実は
この日の録音記録が残ってないのです。
録音失敗したんだったかなあ。

となると途端に報告内容も薄くなります。
写真の大盤振る舞いでお許しを(笑)。

1305191308639113051913146392開始時間
過ぎて
撮ってる
これらが
「まずは」
1305191315639313051913266394のランチ。
これって
たしか
ちまきじゃ
ないかい。

確か、自分準備作品は
中島 敦「山月記」。
まずはそれからだったはず。
「呪縛」ですもん。
(「恋愛」ではないけど…)

13051914196395その後、
恒例「おかしな
おはなし」。
テーマは
「レモン」。

13051914226396そしてプレート。
レモンづくし…
だったっけ?
そこは、
オーナーとっくの
報告ブログによると・・
と思ったら、
プレート報告ありませんでしたああ。
お互いさまで
忙しかったのねえ。

13051915056397リクエストタイムには
こんな本から2編と、
オーナーからは
米倉さまの作品も
確かいただいたはずっす。

以上。
淡白ですんませーん。

13051915506399でも、久々に盛況で
お客様写真は
忘れなかったのだ。

ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.03 四季の読み語り14@北広島市

2013.03.03
13030312416152「四季の読み語り14
 *3月〜未練」
@自宅カフェ
『猫のしっぽ』

|| これは、2013年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

「四季の読み語り」。
猫のしっぽさんのスイーツとのコラボ企画。
(これまでの冒険報告記録)

その第14回目は、
なおも恋愛テーマ続けて「未練」。
いやー、きっとみんな「恋愛」自体に
未練あるんだわ(謎)。

13030312396150スタート前に
まずはランチ。
そうでした、
この日はひな祭り
でしたね。

はい。早速おいしい想いをして
定刻の20分過ぎくらいから
「皆さんの消化にプラスになるように」と
あ、今回はボードでなくて
窓ガラスに書いてくれてた
(オッシャレー♪)
イベントプログラムを読みつつ、
ぼちぼちスタート。

この数回、テーマは恋愛周辺を
回ってばっかりで「どこが四季の読み語り?」
てな内なる声もありまして(笑)、
定番作品は、久し振りに
谷川俊太郎さんの「じゅうにつき」に戻して
まずはそれから。

お客様人数、こじんまりしてたので
あっちこっち好きなところに
居場所を決めてもらったりもしたねー。

続いてテーマに沿った
まっつセレクト作品。

探したんだよねー。
っても「未練」をテーマにした作品かどうかなんて
読んでみないとわからない。
仕方ないから「未練」というワードで
ひっかかった青空文庫収蔵作品から
中を読んでみて選んできたのが
(録音聴かなかったら忘れてたよ)
小酒井不木「秘密の相似」。

なんかミステリーっぽいタイトルでしょ。
青空にリンクしてあるので
まあ興味あったら読んでみて。

13030314566155続いてはその場リクエスト。
「まくらのせんにん
 そこのあなたの巻」
 かがくい ひろし
佼成出版社

お初でした。この作家さん自体…
と思ったけど、
「だるまさん」シリーズの
どれかは読んだことあった気がする。
(この日以前だったか以後だったかも曖昧ですが(爆))

ここでもはやスイーツタイム(笑)。
恒例、オーナーの
「おかしなおはなし14。だよね」は
ちゃんと春らしく、テーマ「ピンク」。

13030314286154ほら。
プレートも
・・画像じゃ
あんまりピンクに
見えないか。。
中にピンク入ってるんです、中にっ!(笑)

スイーツいただきながら
少しは読み終えた作品についての
雑談もいたしましたようです。

さらにこれまでを振り返る。
的な雑談もあったわ。

のんびりしてから
そろそろお帰りの方も出てきそうなところで
締めにもうひとつリクエスト来たぁ!

江國香織
「つめたいよるに (新潮文庫) 」
より「草之丞の話」。

へえええ。

さて、定番作品はもうやったんですが、
3月ということもあり、
やっぱりこれも読むことにしたんだね。
〔雨ニモマケズ〕」宮沢賢治。

録音で聴いてみると、なんだか
いつもに比べて、
何かを求める気持ちみたいなものが
強くなってめる感じです。

われ知らず、

失ったものの大きさ。


寄り添おうとしてたみたいだ。

13030315176156てなわけで終了。
お客様写真です。
お客様同士、
偶然の出会い
なんかもあったんでしたね。

はい、これも主催ブログには
とっくに報告あがってます。
「猫のしっぽブログ」この日の報告

毎度毎度、いまさらですが(爆)
ありがとうございましたっ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.12.18 四季の読み語り*特別編@北広島市

2012.12.18
『四季の読み語り*特別編
 〜クリスマススペシャル』
@自宅カフェ
『猫のしっぽ』

先月(2015年11月)中には2012年分の報告
済みそうと思ってたのに
パソコンクラッシュで、やばしやばし
数日、3年落ちしてました(涙
がんばれ、がんばれっ。
省略気味で行くぞおおおっ。

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

「四季の読み語り」報告一覧
http://mghj.air-nifty.com/mats/cat23151506/

2年ぶりの特別編。
何が特別かってえと、
まっつ、自分で読むもの用意せず
全部リクエスト対応で過ごす
ってスタイルであること。

告知→http://footmats.sapolog.com/e384167.html

前月に通常編13回目を実施したばかりだけど
おー、リクエスト大会ってことで(笑)
けっこう普段にはないだけの
リクエストをいただきましたっす。

まずはご参照ください。
とっくに公開されている
猫さんのブログ報告
http://blog.livedoor.jp/halu0618/archives/65591178.html
(わっ、わたくし呑み語りだったのですね
しかも昼寝までしてたらしい(爆))

さてそんなわけでこちらでは
121218121259391212181213594012121812215944
豪華クリスマスランチ諸々のご紹介は画像を
121218123259451212181234594612121812375947
並べるだけでそこそこに。(でもなんてクリスマスっぽい!)
121218125459481212181255594912121813565950(スイーツも
おみやげも
たっぷり
だったので
ありました。)
リクエスト内容のご報告を。

まずは「猫のしっぽ」見学をした
小学生からの感謝の手紙。
んむ、かわいい。中に
けっこうオトナな文章も。

それから一般本から
レシピブックの蘊蓄的コラムや
クリスマスにちなんだ新聞社説
リクエスターさんが
若い頃に書き写したという詩2編など。

さらにそのリクエスターさんからは
その頃のご自身の日記も
リクエストいただきました。
これが、また、なんというか
すごいものでした。
スポーツの引退を決めた日の日記。

オリンピックも目指していたという方だから
若さの中に、かなり突き詰めた意思が
感じられました。読ませてもらってむしろ感謝でした。
しかも日付が「12月18日」そして火曜日!
この日と同じだったんですね。

さらにクリスマス絵本
短編小説
上記、小学生からの感謝の手紙の追加
と読みまして
お開きとさせていただきました。

121218135859511212181551595212121816395953これらも
画像で
ざっくり
ご紹介して
おきます。

あー、おいしくて楽しかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.11.11 四季の読み語り13@北広島市

121111125757962012.11.11
「四季の読み語り13
 *11月〜胸騒ぎ」
@自宅カフェ
『猫のしっぽ』

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

「四季の読み語り」。
猫のしっぽさんのスイーツとのコラボ企画。
これまでの報告記録は
http://mghj.air-nifty.com/mats/cat23151506/です。

その第13回目は、
さらに「恋愛テーマ」続けましたね
サブテーマ「胸騒ぎ」。

12111113105798まずは
お食事
というのが
最近の
定番。

13時ややしばらくして
まずはぬるっとオープニングトーク。

そしてこの回は
冒頭に定番「〔雨ニモマケズ〕」。

そしてまっつセレクト。
「胸騒ぎ」テーマで選んだのは
坂口安吾「人生案内」でした。

「胸騒ぎ」って言葉が出てくるからって選んだんだけど
まあ、恋というか、夫婦破綻の物語だったわ。
といっても、筆致としてはむしろ落語風。
しょーもない亭主にカミさんが愛想つかすって大筋だから
それもまた落語っぽいっすよね。

そんなこともあって、
途中、時代特有なコトバが出てきたときは
話者として説明も加えてみました。
「ニコヨン」とか「ズクニュー」なんて
まあ現代では死語だもんなあ。

そこそこボリュームある作品だったので
ここで早くもスイーツタイム。
恒例「おかしなおはなし13」は「りんご」。
12111114265806もちろん
スイーツ
プレートには
あれこれ
乗ってます。

ひとここちついてリクエストタイム。
Kさんから短編集「よろず春夏冬中」
(長野まゆみ/文芸春秋)より1編。

「春夏冬中」は、「秋」がないから「あきない」。
つまり「よろず商い中」ってことなんですね。
そんな風にタイトルワークも凝ってる。

てことでKさんからは短編タイトルは
最初に言わないで。という注文。

なるほど。お客様がた、
後から聞いて、大きなため息まじりで
感心してくれましたね。
「猫にごはん」。

この作品、けど、初見にはなかなか厳しかったあ。
すぐに誰のセリフか分からないような書き方だったり
読めない漢字も、バレバレでやってましたm(_ _)m。

さてこの日はこれでリクエストも打ち止め。
話はしかし、この作品もそうだけど
安吾のやつにも戻って、妄想ポイントとか
今だったらブログランキングトップとれるかも
とか、当時トピックスでもあった
ゴーストライター話とか、いろいろにお話がめぐりました。

12111115255807お客様
写真。
控えめな方も
いらっしゃい
ました(笑)。

そうして15時半ちょい前あたりで
ひとまず会は締めくくり。
しかーし、その後もお茶タイムは
猫さんの昨今話題とかで、けっこう続いたのでありました。

はい、いつものように
猫さんとこのブログには
とっくに報告あがってます。
「猫のしっぽブログ」この日の報告
プレートメニュー説明は
チョー詳しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.09.23 四季の読み語り12@北広島市

2012.09.23
12092312405634「四季の読み語り12
 *9月〜秋の空」
@自宅カフェ
『猫のしっぽ』

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

「四季の読み語り」。
猫のしっぽさんのスイーツとのコラボ企画。
これまでの報告記録は
http://mghj.air-nifty.com/mats/cat23151506/です。

その第12回目は、まだまだ「恋愛テーマ」続けよう
ってことでサブテーマが「秋の空」。
12092312485635ちゃんと
「四季」を
感じさせる
テーマにも
なってたでしょ(爆)。

12092312505636こんなまたまた
豪華なお食事を
まずは
堪能して
いただきまして

さっそく、まっつセレクトでスタート。
岸田国士「虹色の幻想」より第一話。
これ<シナリオ>なんですね。
でも、けっこう普通に物語的に読めました。

上記で青空文庫を覗いていただければ分かるように
この第一話は、浦島太郎が下敷き。
だけどこの太郎、竜宮に行ってる間に
旅商人と離村した最初の女房はしょうがないとして
戻ってきてから結婚した女房も、
その目の前で年寄りになって
しばらくは仲良くしていたが、
やっぱりやがて行商風の男と逃げてしまう。

ね。ほら。「秋の空」でしょう(爆)。

この作品「50分はかかりそう」と始めたんですが
結果、55分強にもなりました。
ということで、すぐにティータイム。

スイーツ登場とともにオーナー筆による
12092314305640a12092314305640b恒例
「おかしな
おはなし12」。
テーマは「なし(梨)」でした。

12092314305641そして
スイーツ
プレートが
こちら。
堪能したあ。

20分ほどのご歓談の後、
まだスイーツを楽しんでもらいつつ
リクエストタイムに入りました。

まずは長田弘『詩ふたつ』。
これ、クリムトの絵との
コラボ本なんですね。

続いて、まっつ主催「夢十夜NIGHTS」
フライヤの参加者募集部分。
自分セレクトじゃないっすから。
リクエストですから。
しかも「夏目漱石風でわかりやすく」という
読み方リクエスト付きでしたよ。

続いてママさんから
こんなの初めて。
「検針結果のお知らせ」
「前半ドキドキ、後半ほっ」(読み方リクエスト)
読み終えたとき、場内に瞬間的笑いが溢れた(笑)。

そしてオーナーリクエストは
米倉利紀「i wonder if...」。
恋の唄すね。
前回やったのの続編とのこと。
おー、同じアルバム「17th / through you」に
入ってる、しかも続きで。

てなあたりでリクエストも締まりまして
エンディングは恒例の「雨ニモマケズ」ですが
この日、直筆のもののレプリカをいただきまして
それで読みました。
なんとなくいつもと違う読みだったかも。

12092315255646そんなこんなで終了。
お客様写真
いただきました。
このシリーズのいつもより
平均年令、若かったのねー。

猫さんはやっぱり、
とっくに報告載せてます。
「猫のしっぽブログ」この日の報告
実施直後の報告なので
季節感が、しっかり味わえます(爆)。
メニューも詳しい!

12092316205647ちなみに
こんなシリーズ総合的
手作りポスターも
作ってくれてるので、
今年、また再開できたらいいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.22 四季の読み語り11@北広島市

2012.07.22
12072212355376「四季の読み語り11
 *7月〜こいぶみ〜」
@自宅カフェ
『猫のしっぽ』

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

「四季の読み語り」。
猫のしっぽさんのスイーツとのコラボ企画。
これまでの報告→http://mghj.air-nifty.com/mats/cat23151506/

さて前月久しぶりに再スタートして
早くもその翌月に
この11回目をやってました。

と、ところが
すんません。これ
録音に失敗してたみたいで
記録データがありませーーん。

一応、自分で準備した作品は2点。
と、準備記録にありました。
岡本かの子「或る男の恋文書式[青空文庫]」
芥川龍之介「[青空文庫]」

どちらもちょっと変わった作品なので
青空文庫で
どうぞご一読なさってみてください。

でも写真は残ってるのだ。

12072212365377お昼は
冷やし中華に、
さらに豪華
おかずが
添えられてました。

12072214225378そしてプレートは、
ドドンとワッフル
中心に、
タルトと
ゼリーも。

1207221427537912072214285380ちなんでの
「おかしな
 おはなし11」は
「ワッフル」
だったんですな。

そんでもって
主催者リクエストは
早々に主催者ブログに
報告されてましたあ。

安房直子『南の島の魔法の話』から「青い花」。
米倉利紀『through you』から「why?-y-」。
チャゲ「嘘」。
一番上は小説、下2つは歌詞。

おっとしかし、
お客様写真は
撮り忘れたみたいだ。がーん。

次のテーマをどうしようということになり
(最初はもう「別れ」にしようって感じだったんですが、確か)
「まだ恋愛シリーズで」
って空気が続く感じになったんでした。

このときは決まらずでしたが
後に次の第12回の副題は
「秋の空」てことになったのでした。
(実施は2012年9月23日。報告しばしお待ちを)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.10 四季の読み語り10@北広島市

12061012365336120610123953372012.06.10
「四季の読み語り10
 *6月〜はつこい〜」
@自宅カフェ
『猫のしっぽ』

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

「四季の読み語り」。
猫のしっぽさんのスイーツとのコラボ企画。
これまでの報告記録は
http://mghj.air-nifty.com/mats/cat23151506/
なんですが、はい。
前回は前年9月。
以後、延期になってまして
久々の開催でした。

しかも、サブタイトルは
なんと「はつこい」。
これは正直、助かりました。
季節がはっきりした作品を選ぶのって
なかなか難しいから(爆)。
それでも、「四季の読み語り」ですけどぉぉ。

ちなみにまっつな日々の告知では、
サブタイトルに(仮)をつけたままだったああ。

実施場所も、諸事情により
「猫のしっぽ」本店開催となりました。
これまでスペシャルのときくらい。

10回っていう節目の回だからってわけでも
さらにこの日は実は「猫のしっぽ」さん、
10周年の前日だったんですが!!
そのせいでもなく、諸事情で(笑)。
以後は、こちらでの開催が基本になりましたねえ。

さて「はつこい」といえば、
あれだよなってんで、
メイン作品として用意したのが
「はつ恋」ツルゲーネフ/神西 清訳{青空文庫]。

せっかくなのでアマゾンも載せておきます。
はつ恋(新潮文庫)[Amazonページ]」

長いので全部読むのはもちろんとてもムリ。
中学生もいたので
ドロドロ部分まではいかないように(笑)
冒頭から全体の六分の一くらいを
お届けすることにしました。

それでも50分ちょいくらいあるんで、
皆さんまだお食事終わる前に
スタートしたんですね。
それでもまあ濃い話でありましたあ。

12061013075339ちなみに
これが
お食事プレート。
これもけっこうな
ボリュームでした。

続いてはママさんからのリクエストで
島崎藤村「初恋」。

その後、お客様から
「星の王子様」21章。
これはまあ「はつこい」直結はしてないけど
内容的には「かけがえのない存在」
てのがテーマな感じの章でした。

ここでプレート登場。
お昼食べたばかりだけど
皆さん、食が進みます(笑)。

そこで「おかしなおはなし10」。
お菓子づくりに使う小麦粉の違いについて。
んー、勉強になるなあ。
いろんな「小麦粉」を使ったあれこれプレートに
なんと!「初恋」というお茶が加わっています。

12061014445343「HATSUKOI」。
夏限定の
緑茶ブレンドティ
とのことです。

12061014445342そしてプレート。
いただきながら
小麦粉話にも
花が咲いて
ましたねえ。

そんなわけで、もうひとつ
自分で用意してきた「初恋」。
雑談が落ち着いた15時過ぎに、
出しました。
「初恋」国木田独歩
初恋っぽい描写は一切ないんだけどねえ。

そのままひとまず
「雨ノモマケズ」で締めへ。
この頃、音楽付きでやることが多くなってたけど
この日は久々、音楽なし。
比較的ゆっくりな読みになったと思います。

まだリクエストあれば受けることにしてたけど
以後は、再び雑談で盛り上がり
次回開催日を決めて16時過ぎに
お開きとなりました。
あー、この日もおいしかったああああ(笑)。

そして「恋愛」シリーズに
突入したのであった(謎)。

おっと猫さんは、とっくに報告載せてます。
(なんと翌日に!)
参考までに。
「猫のしっぽブログ」この日の報告

次の回のことも書いてあるんで
予習(笑)しといてください(爆)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.06.11 四季の読み語りSP@北広島市

2011.06.11
猫のしっぽ主催
10年目に突入だよ!!開店記念日イベント
『四季の読み語り*スペシャル*』
@猫のしっぽ(北広島市)

|| これは、2011年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

「四季の読み語り」シリーズ。
(猫のしっぽ関連報告)
3度目のスペシャル。
(前回は「特別編」、初回は「番外編」(笑))

はい。全面リクエスト大会です(爆)。
で、それだけでなく
このときは、初めて
「大人向けじゃない」形での実施でした。

つい前月に「7」をやったばかりなのになんでっていうと
この日が「猫のしっぽ」の10周年開店記念日だったんす。

そんなわけで記念日イベントの
そのひとつの要素として
まっつが11時からと14時からの2回
各1時間程度、リクエストをどんどん読むという
スペシャル版としての開催でした。

11時からと14時からの本編は
主に親子さんでいらして
絵本リクエストが主体。
けっこうまっすぐお子さんに向けての読み語りになり
絵いじりとかもしてました。

で、その合間時間には
出店者やお店スタッフ側からのリクエストにも対応。
ここではけっこうマニアックな小説なんかも
ありましたねー。

都合、自分で勝手にそのあたりのチラシ読んだり含め
トータル19読み語りをしましたー。

午前の部のお客様写真は取り損ね。
110611iこちら
午後の時間の
お客様です。
ありがとう
ございました。
やっぱりデータ壊れてるので
アイコン流用です。すんませんm(_ _)m

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

AMICA | closed | Clubまっつ | JRタワー | partyゲスト | semi-closed | WS・講座 | きりがたりシアター | きり紙 | くすみ書房 | こぐま座 | すぺしゃるらいぶ | どもIV | まとめ報告 | やまびこ座 | アップルガーデン | アトラクションゲスト | イベント参加 | オペレ | カエルヤ珈琲店 | ガンゲットダイマ | コラボレーション | コンカリーニョ | コンクール | シアタースポーツ | ストリート | チカチカ | チャリティ | テレビ | テンパカルテット | ニュアージュ | ネットTV | パフォマーケット | フォーラム | メディア | モンクール | ヨミガタリスト | ライブペイント | ラジオ | リクエスト | 上湧別町 | 人形劇 | 函館市 | 北広島市 | 千歳市 | 南幌町 | 即興組合 | 参加型イベント | 名寄市 | 和寒町 | 報告 | 士別市 | 夢十夜Nights | 宅ライブ | 安平町 | 寸劇 | 小樽市 | 屋外 | 展覧会 | 岩手県 | 帯広市 | 恵庭市 | 愛別町 | 投げ銭 | 斜里町 | 新篠津村 | 日記・コラム・つぶやき | 旭川市 | 映画 | 朗読会 | 札幌市中央区 | 札幌市北区 | 札幌市南区 | 札幌市厚別区 | 札幌市手稲区 | 札幌市東区 | 札幌市清田区 | 札幌市白石区 | 札幌市西区 | 札幌市豊平区 | 東京都 | 栗山町 | 業務 | | 江別市 | 深川市 | 清里町 | 温故知新音楽劇 | 湧別町 | 滝川市 | 演劇 | 猫のしっぽ | 由仁町 | 省略記録 | 真田組 | 砂川市 | 神奈川県 | 稽古 | 舞踏 | 観覧 | 記録 | 記録なし | 記録不完全 | 記録別途 | 記録準備中 | 詩のボクシング | 読み語り | 講演 | 赤れんが | 進行 | 道内ローカル | 釧路市 | 音楽 | 黒松内町