2012.08.12 投げ銭リクエストライヴ@恵庭市

2012.08.12
12081212565496ヨミガタリストまっつの
「投げ銭読み語り
 リクエストライブ」
@喫茶りぼん
ずっと告知で「ライブ」という表記してたんで
しばらく「ライヴ」と「ライブ」が混在しますがお許しを。

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

この年の夏、シリーズ的に実施した
投げ銭リクエストライヴの第2弾は
ずっと機会とか場所を探っていた
恵庭市となりました。

なにしろ恵庭のお芝居に
ずっと参加させていただいてましたからね。

でもこの年は
決まったのがけっこう遅かったので
お芝居関係者は
ほとんど来ていただけなかったなあ。

それでも豊平区より
お客さん多かった(爆)。
それも現地で折衝他をしてくださった
万田凛さんのおかげです。
ホントにありがとうございました。

ライヴは、その凛さんの前座からスタート。
ここ喫茶りぼんは
ママさんが盲導犬ステラとともに
過ごしているお店でもあることから
犬と少年のつながりを描いた絵本
ずーっと ずっと だいすきだよ」を
読んでくれました。

それから、紹介されてまっつ出番。

リクエストライヴですけど
恵庭市で、ヨミガタリストまっつは
そんなに知られてるわけじゃないので
まずは自己紹介代わりに
注文の多い料理店・序」をお届け。

どうなるかと思ってたんだけど
旧知の知り合いから(読み語りは初めて)
いきなり「釣り新聞」のエッセイのリクエストきまして
それも「田原俊彦風」(爆)。
これは超「なんちゃって」になりましたけど(笑)。

続いて絵本「シンデレラ」が若い子から。
それがシャルル ペロー原作物とはなってるんだけど
なんか王子どうでもいいって感じの教訓付きで
けっこう衝撃的(笑)。
シンデレラ−小さなガラスの靴」でしたね。

その後、蠍座リーフの挨拶文や
ホラー映画紹介文、
さらに北海道盲導犬協会月刊紙に掲載された
りぼんのママ・本田さんと盲導犬ステラ号について
書かれた記事などを
リクエストいただきました。

これでもう1時間半くらいになりまして
(何しろ「シンデレラ」が30分超の大作でした!)
ひとまず締めて、ステラ号も一緒に
1208121524549912081215265501お客様
写真と
さらに
記念
写真。

12081215585504投げ銭代わりに
こんなにあれこれ
新鮮野菜を
もってきてくださった
方もいたのでありました。

その後、関係者からの別途リクエストとかも
確か読んだんだけど
そこの記録はないのでした(爆)。

//
恵庭市では
会場は別でしたが
2014年にも
またやらせていただきました。

ちなみにステラ号、今は引退したそうです。
(「広報えにわ2014年9月」に
7月11日付けで報告されてた!)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.08.03-05 『ファンタジックウーマン』@恵庭市

Fantagic2012.08.03-05
サンデープレイプロジェクト
えにわ夏のミュージカル 2012
『ファンタジックウーマン』
@夢創館

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2009年以降は「サンデープレイプロジェクト」という
団体名で続けてきた、えにわ夏のミュージカル。
2008年「オービータウンは大騒ぎ」、
2009年「くれないの翼
2010年「星に祈りを
2011年「アメイジング グレイス
とやってきて
この年は、なんと
街のフリースペース的な場が舞台。

会場もこれまでの市民会館から
内容に合わせて夢創館になって、
まあその分、ステージ数は
初めての5ステ。
みんなよくがんばったもんだ。

あらすじ
「お芝居の舞台は、ある小さな町の
 歴史的建造物を再利用した老朽公共施設『弁天館』。
 この弁天館は設備も貧弱、利用者も少ない。
 安い使用料だけが取り柄のイベント施設。

 ここで練習している女バンドの前に、
 ある日突然横須賀から現れた
 『ファンタジック・ウーマン』。
 その日を境にメンバーが、弁天館が、
 町の人たちが、だんだん優しく、元気に変わってゆく。

 どこにでもある人と人との出会い。
 出会いの中で変化していく人間たち。
 しかし小さな変化はこの町にキシミを生み、
 キシミが軋轢へ、そして事件が起こる」

まっつは登場2シーン、
セリフ3つほどのチョイ役。
2010年と同様、
自分より背の高い男子の父親役でした(笑)。
前年とは違って
善意の大人(ただし小心者(爆))でしたぜ。

そんな私でも
夢創館入りした22日以後は
お休み2回程度。
だんだん出来上がっていく
舞台を連日眺めておりました。

12072219335384120723202153851207242049538712072617265390上段
22日23日24日26日
12072720235393120729161153981207302058540212073120145416下段
27日29日30日31日

1208012132542312073120555417突然現れた
マリに導かれ
ライヴを実現。
しかし使い方を
非難される。

1208022130543112080316315440サンプロ
おなじみの
面々が
脇を固めて
おりましたよ。

12080411555450こちら、まっつの
出番直後の
怒り沸騰シーン。
エンディングの
直前でもあります。
ちなみにつかみかかってる青年が、
まっつの息子役でございました。

あらすじにもあるように
お話の軸はガールズバンドなんだけど
12080412275452メインバンドは
中高生と
大人で
構成して
ました。

が、これに加えてラストシーンに登場する
12080513195461小学生3人中心の
バンドが
また
なかなかの
もんだったす。
わずかな時間だけだったけど
かなり聴かせてくれたんですねー。

1208051720546512080520125468楽ステ直前に
撮ることになった
集合写真と
全ステ終了後の
「お手を拝借」。

12080412505454この年も
わたくしお花を
いただきました。
ありがとー。

あーそれとけっこう個人的に
力注いだのが前説アナウンス。
影アナでやったんだけど
ちょいと遊んでみた。
出番少ないと
そういうところでがんばっちゃうのだ(爆)。

しっかり原稿も書いたんだけどなあ。
残ってないや。

※[追記]冒頭で影セリフの別の役もやってたの忘れてた。
//
サンデープレイプロジェクト
夏のミュージカルは、この年で終了。

その後、翌13年3月に「卒業公演」を実施して
活動を終了しました。

その後、参加者の一部が劇団を結成。
劇団ZOOとして活動継続中。
SPP元締めだった任さんも
影に日向に助力しているようですよー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.23 「アメイジング グレイス」@中央区

2011.09.23
北海道立道民活動センター「かでる2・7」主催
開館20周年記念事業
Ca3a4499サンデープレイプロジェクト(SPP)
『アメイジング グレイス
 〜住吉町銀座マーケット物語〜』
@かでるホール
(写真は開演直前
幕内での気合い入れ)

|| これは、2011年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

サンデープレイプロジェクト」。
この年は、恵庭公演(報告)だけじゃなく、札幌公演もしたのでした。

その告知はこちら
http://footmats.sapolog.com/e246916.html

実は当初からスケジュール上の予定で
恵庭と札幌では、主役女優が変わったんですねえ。
その影響とともに、改善点などもあって
けっこう準備中は「同じ公演」というより
「再演」的な色合いがけっこうある感じの
稽古になってたといううっすらした記憶が
当時の記録類見てて、少し甦りました。

Ca3a4486☆舞台は、年季の入った市民市場。
 売り上げが下がる一方の
 マーケットを盛り上げようと
 立ち上がった
 4家族の長女たち。

というあらすじなんですが
参加者の大半が女子という条件もあって
マーケットをやってるのは
親も子も、すべて女子。

そこへ恋の相手とか
地上げを狙うやつとかとして
男優が出てくるから
おー、これ意外に逆に分かりやすい(笑)。
男はけっこうみんな二役とかやってました。

でもね、作品のテーマはもう少し奥深くて
最初と最後は、主役も含め「4家族の長女」たちの
学校の先生である(だった)男性教師のシーン
だったりしたんですよ。

そんな中でのワタクシの役回りは
基本、地上げ担当の不動産屋。

マーケットを盛り上げようと
イベントを仕込む「4家族の長女」たちの動向を知って
ばかな奴だよねー、電源をショートさせて
中止に追い込もうって
夜中に暗躍するという…(笑)。

そのくせ、独り身になってる
総菜屋の女主人に実はベタ惚れっつー
まあ、なんともちゃっちい悪役なのでした。

そんでこんな小道具。
Ca3a4497夜中に暗躍するための
懐中電灯。
結局実現したイベントのときに
恋する相手にもってく
花束。
感電してチリチリになった
アフロヘア(爆)は、写ってないか。
ポリバケツのふたは…直接は使ってないな確か。

さて、ちなみにこの札幌公演用の告知で
ワタクシが書いてたのは
「☆ほぼ小学生たちだけでポップに歌い踊るシーン、かっこイイ!
 ★おばちゃんズの華麗な(?)シング&ダンスシーンも絶妙っ
  ☆まっつ、なんと2役!? しかも1つは恵庭と別だったりして。
★劇中ショーで、ロックンロール大炸裂っ!
 ☆ハイレベルなシンガーチームも登場!?
  ★笑わせといてホロリとさせる「任」マジック、今回も×△■◎
   ☆タイトル「アメイジング グレイス」の大合唱は必聴!!!!」
というまとめ(笑)。

いやいや、そうなの。
ちゃんとミュージカルだったんですよ。
そういえばチラシには
「打倒ライオンキング!」とも書いてあったっけ(笑)。

え。「恵庭と別の役」?
わ、わからん。。なんだ。
あ、そっか。
冒頭シーンでの職員会議で
今度は校長役をやったんだったか。
恵庭では、平教員でしたが。
んー、うっすらと
そんなこともあったような気がしてきた(爆)。

//
SPPは、翌年2012年に
最後の「夏のミュージカル」。
さらに2013年3月に
ミュージカルではないお芝居公演を打って
「卒業」したのことであります。

でも参加関係者の一部は
劇団ZOO」を立ち上げて
活動を続けています。

もちろん個々には、さらにいろんな
演劇系や音楽系の活動を
続けてたりするのであります。

一昨日(14.08.06)、そんな恵庭に
2014夏の投げ銭読み語りリクエストライブツアー」で
行ってきました。
SPPでご一緒させていただいた方々ほか
予想以上の方々にお楽しみいただきました。

考えてみたら8月は
例年SPPのあった時期。
8月は恵庭から離れられない・・・かも(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.08.13-14 「アメイジング グレイス」@恵庭市

サンデープレイプロジェクト
えにわ夏のミュージカル2011
『アメイジング グレイス
 〜住吉町銀座マーケット物語〜』
@恵庭市民会館大ホール

|| これは2011年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2009年以降は「サンデープレイプロジェクト」という
団体名で続けてきた、えにわ夏のミュージカル。
2008年「オービータウンは大騒ぎ」、
2009年「くれないの翼
2010年「星に祈りを」と続けてきて
この2011年は、市場(いちば/マーケット)が舞台になりました。
だけど「アメイジング グレイス」。

すごいよね、このミスマッチ感が。
「いちば」に「アメージンググレイス」だもん。
なんてっても「任」節。
作・演出は、そうです任泰峰。

で、まっつと言えば
前年の「普通な人」からまた一転して
お得な役回り。
と、あ、もう一役やってた。

最初の登場は、正論の言えない
現実主義の先生たちのひとり。
これはまあワンシーンのみ。

その後は、
ここを地上げして
跡地にコンビニを作ろうとする不動産屋。
っていう、任芝居ではおなじみの
ドジな悪役。

この芝居では、その
ドジ炸裂シーンもありまして
悪役なのに、ひとりだけの
シーンまでありましたからねえ、
たっぷり遊ばせていただきましたよ。

//
Ca3a4306最初のシーンは
「職員会議」。
幕開けスタートなので
こんな風に待機。
(写真は舞台現地稽古)

Ca3a4310Ca3a4328こんなマーケットが主舞台。
本番が近づくにつれ
だんだん細かく
装飾されていきます。

Ca3a4335Ca3a4341まっつの
先生衣装と
もひとりの
衣装
風体(爆)。

Ca3a4343マーケットには
いろんな人が
集います。
そんなところも
大勢で
Ca3a4344Ca3a4342体現して
いきます。
もっといました。
何人分もやった
人もいたね。
Ca3a4349Ca3a4351おまけ。
まっつの小道具たちと、
いつもありがと
ほれたろうさん
//

高校生たちが中軸となったこの舞台は
翌月、9月には
かでる開館20周年記念事業として
札幌公演も果たしました。
もう少し詳しい内容は
その9月報告で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.14-15 「星に祈りを」@恵庭市

0012010.08.14-15
サンデープレイプロジェクト
えにわ夏のミュージカル2010
「星に祈りを」
@恵庭市民会館大ホール

|| これは一昨年2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2008年にスタートした「えにわ夏のミュージカル」。
→前々年「オービータウンは大騒ぎ」に続き、
前年「くれないの翼」からは
サンデープレイプロジェクト」という
プロジェクト実施となっての2年目。
前々年のほぼ主役から
前年の敵役に続いてのこの年
まっつは、普通のお父さん役でした。

初めて自分より
大きい息子を持ちまして、
その将来を心配しつつ
しかしその真剣さを理解していくという
そんな役どころでした。

D100054805072220はい。
これが
このときの
家族
です。

自分の出番は2回。
しっかり出たのは
ほぼ最終シーンのみで
せいぜい5分そこそこ。
全体の20分の1くらいってとこでしたか。

あ、そうそう。
役柄としては
歌や踊りのかかわるシーンに登場してないので
この年は、歌も踊りも
まったくしなかったんじゃなかったっけ。

<あらすじ的なもの>
Ca3a278408131425Ca3a278208131411_2舞台の軸は、
不景気の中でも
誠心誠意な
仕事を続ける
東京の町工場。

Ca3a277908131402Ca3a274208011022中心となるのは
そこで暮らす
なんとまあ
多彩な
五人姉妹。

いじめや非行、虐待という
現代的な問題も盛り込みつつ
姉妹の夢や希望、ほのかな恋をちりばめ
「家族」のあり方を問うお芝居でした。

Ca3a279608131529Ca3a281008131937いろんな
タイプの
家庭や
人々が
出てきました。

あ、最後は「梅ちゃん先生」にもあったような
エピソードで締めくくられました。
Ca3a271907202030新幹線どころか、
なんとNASAから
直接担当者が
部品発注に来るのでした。
おおーーっ。

Ca3a282308142025初日終了後の記念写真。
松本の横に
NASA担当者役の
温水さんもいます。
(ガイジーンやってました(笑))

//
サンデープレイプロジェクト
「えにわ夏のミュージカル」は
その後2011年12年と実施して
まっつはどちらも出演しました。

で、5年終わって後の今年2013年は
お休みとなるようです。

でも、ミュージカルじゃない
冬の公演は健在。
まっつは出演しませんが、
作・演出は夏と同じく
一貫して任泰峰。
3月9日(土)・10日(日)公演とのことです。
サンデープレイプロジェクトをご参照ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.08.08-09 「くれないの翼」@恵庭市

|| これは一昨年2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2008年にスタートした「えにわ夏のミュージカル」。
→前年「オービータウンは大騒ぎ

この年からは「サンデープレイプロジェクト」という
プロジェクトによる実施となりました。
略称「SPP」または「サンプロ」(笑)。
恵庭市民会館での上演でした。

前年作品では、ほぼドラマ部分の主役を
やらせていただいたのですが、
この年は、絶賛明朗快活悪役首脳という…
なんと落差のあるキャスティングでしょう。

主役級より、なんて楽しいことでしょう(爆)。

この年も任さん、すごい挑戦をしました。
手作りの斜面舞台を持ち込んじゃったのです。
その製作にだいぶ時間かけてましたよねえ。

劇場入りの日、
高低差のある舞台の一部で
ちょいと足を踏み外して
微妙に打撲、突き指しました。

Ca3a1550んー、なかなか
手強い舞台設計
だったですよ。
高低差だけでなく
斜め舞台。

お話テイストは、ま、戦隊モノ。
クライマックスが
女子高生「埴輪エンジェルス」vs「サタンブラック」一味。

中高生にアクションを
しかもミュージカル仕立てでやらせてんだから
すごいもんです。

Ca3a16021「埴輪エンジェルス」
翼たち4名は
困った人を見て
見ぬふりできない
正義感のある女子高生。

Ca3a1612裏サイトで標的にされてる
詩織が心配。
実は、詩織の父親が
市長選に立候補するのを
阻止するために、
汚い大人たちが、
詩織を精神的に追いつめようと
標的にしているのであった。

Ca3a1634なんて汚い大人たち。
でも、手先に使われる
大人もまた
家庭を守るために
必死なのだった。

やがてその手口の不自然さに気づく翼たち。

だが追いつめられた詩織は
ひとり命を落とそうとする。

Ca3a15842一命をとりとめた
詩織の病院を
後にした
「埴輪エンジェルス」
の手元に
汚い大人たちが相談する様子の録音された
携帯電話が偶然届く。

Ca3a15782Ca3a1565警察に届けようとする
彼女たちの前に
悪の手先たち、
そして親玉が
立ちふさがる。

エンジェルズたちの味方
スパイラルマン(翼の祖父が変身)が
助けようとするが
ついに証拠の携帯電話は取り上げられてしまう。

と思ったら、
スパイラルマンが
機転を効かせて、すり替えていたのであった。

こうして悪の教育関係者たちは逮捕され
おじいちゃん(スパイラルマン)は、
「褒めてくれないの?翼」と決めポーズ
そのじいちゃんに張りセン決めて
翼の、翼の街の、またいつもの朝が始まるのであった。

なんて感じのお話でしたよ。

Ca3a1576Ca3a1593まっつは、「悪の教育
関係者たち」のボス役。
録音されてしまった
密談の様子。
右が衣装。

Ca3a1621sbちなみに
戦いシーンにはこんな衣装で登場。
わ、これは。。あれですか、あれ。
ん、なにってさ。
そうですサタンブラックです。

のびのびやりすぎて
足の突き指までしちゃったって感じでした(爆)。

--
さて、すでに翌2010年も2011年のSPPも
恵庭での上演は終了。まっつ連続出演中です。
その後はケガとかしてないぞ(爆)。
しかもなんと明後日、2011年9月23日(金祝)には
札幌公演があるのです、そちらもよろしく。
http://footmats.kitaguni.tv/e1832754.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.20 情報図書室まつり@恵庭市

2009.02.20
情報図書室まつりゲスト@恵庭市立松恵小学校

|| これは一昨年2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

もう2年近く前になってしまいました。
ごめんなさい。
この日は、
恵庭市立松恵小学校の情報図書室まつり
Ca3a0701「本のとびら」に
ゲスト出演
させて
いただきました。

Ca3a0698s1こんなプログラムも
掲げていただき
まっつは
最初の登場。

「三匹の小ぶた」、
ひだのかな代「りんごりんごろりんごろりん」
には、タイトル直後から
ノリノリで受けてくれて
手応え充分。
新美南吉「てぶくろをかいに」も
しっかり聴いてくれました。
(「りんごりんごろりんごろりん」は復刊ドットコムにて
復刊リクエスト中→リクエスト)

まあ、学校公演は、子どもたちが
リラックスしてる場合が多いので
受けは予想以上のことが多いけど、
この学校では、反応はそれ以上。
本の楽しみ方を知ってる感じだったんですね。

その後、ボランティアのお母さんたちによる
学年別お薦め本の紹介と抜粋朗読、
スライドシアターなどが続きました。
さらに、しおりづくりの時間などもあり
いろんな形で本に親しむような仕掛け。
図書ボランティア「おはなし松えもん」が主催の
企画でした。

こうした情報図書室の活動で
本好きな子がいっぱいだから
あんなにしっかり反応してくれたんだなあと
後から納得しました。

Ca3a0699終了後には
「給食」もいただきまして
お礼にスタッフ向けに
リクエスト本をひとつ。

Ca3a0704スタッフの皆さん。
いまさらですが
ありがとう
ございました。

201001001後日、
こんな楽しい装丁の
感想文集なども
お送りいただきましたよっ。

Ca3a0698あ、ところでさすが恵庭です。
この日いた方には、
大人子どもともに
後日または過日、まっつと
恵庭芝居で共演した人が何人もいたのでありました(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.16-17 オービータウンは大騒ぎ

2008.08.16-17 恵庭市民ミュージカル@恵庭市

|| これは昨年2008年の今頃についての報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

わお。09年、第2回「えにわ夏のミュージカル2009」は
もう明日と明後日8月8日(土)-9(日)です。

Ca3a0057これは08年実施の
第1回
「オービータウンは大騒ぎ」
の報告記録です。

といっても、当時は翌年に第2回があるなんて
誰も思ってなかったんですけどねえ。

(編集完了09.08.29)

Ca3a0079Ca3a0075貧しいけど、
のどかで平和な
オービータウン
お祭りシーンから。

Ca3a0058Ca3a0067いろんなダンスが
歌声とともに
舞台を
彩りました。

Ca3a0073Ca3a0089舞台の軸となる
イラナー一家。
初日と2日目で
キャストが違いました。

Ca3a0064Ca3a0066もう一つの軸が
この柱。
動き回って
舞台を転換します。
右が徹底的に仕込まれた
柱操作の、中学生たち!

Ca3a0094Ca3a0074大人組も
男衆も
色んな味を
出してました。

09年はいよいよ今週末っ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2008.07.07 まっつおはなしライブ

2008.07.07(月) 図書カーニバル@恵庭市立和光小学校

|| これは昨年2008年の今頃についての報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

ああっ。まだ1年以上後になっての報告ですm(_ _)m。

Ca3a0020さて、学校に到着しますと
まず、こんな手作りポスターがっ!
おおー、ゲストというより
メインではないですかっ。

Ca3a0021さらに体育館にも、
こんなウエルカムがっ。おおーーっ。
ホントにメインパフォーマンス
として盛り上げてくださってます。

始まりまして、まずは2曲ほどみなさんで歌ってました。
011その後に、お母さんたちの
リコーダーチーム
『ベリーサラダ』の演奏。
みんなしっかり聴いてます。

いきなり自分がやるより会場の空気を感じられて
とってもいい感じで、いよいよまっつの出番。

いちおうマイクテストもしていたのですけど、
リクエスト用に用意いただいたものも
まっつセレクトも、絵本が多めだったので
なるべく拡散しないように、肉声で実施することに。

まずは「ねずみのよめいり」
続いてひだの かな代 作
りんごりんごろりんごろりん(新風舎)[Amazonページ]」と
定番作品をお読みしてホットになったところで、
リクエストターイム。

図書ボランティアの方々に、厳選していただいたものから
さらにお子さんたちに選んでもらって、絵本を2冊。
知ってる絵本な子も多いはずなのに
思いっきり楽しんでくれました。

それから、まっつのお友達の作品
(正しくは「お友達のお兄さんの作品」なんですが)
「なかなおり」を読んで少し落ち着いた空気にして、
谷川 俊太郎・作/和田 誠・絵
これはのみのぴこ(サンリード)[Amazonページ]」
でしめくくらせていただきました。

終止、しっかりいろんな反応してくれるので
いつも以上に、アドリブが多くなってしまいました。

Ca3a0023図書ボランティアの皆さん
(あ、司書さんもいるっ)
おつかれさま。
そしてありがとうございました。

017撮っていただいた
まっつのパフォーマンスの様子。
たまには、載せてみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.07恵み野中

この日は、恵庭・恵み野中学校の
「よみかたりの会」にお招きいただきました。
なんとこの日が初めての第1回ということで
スペシャルゲスト的な出演でした。

計画した司書さんによると「10人ききにくるかどーか」
とのことでしたが、フタを開けてみると
生徒さんたちだけでも60人以上、
ボランティアのお母さんたちや
先生方を加えると、80人超な感じの大盛況でした。

まずはまっつデモンストレーションで読み語り。
この後、図書委員たちによる紙芝居披露があるということで
その参考にもなればと、
司書さんからの当日リクエストで、紙芝居スタイルの、
『なぜ、かがみもちをかざるの?』を読みました。
★参考大型本
脚本・解説:千世 まゆ子・絵:鈴木 びんこ
なぜ、かがみもちをかざるの?(童心社)」[Amazonページ])

そして用意した、芥川龍之介「蜘蛛の糸」[青空文庫ページ]。
中学生にはジャストフィットだろうと思ったのだが
「知ってる人」の声かけには、わずかな反応。
若い皆さん相手だったせいか、かなり速めの読みになりましたねえ。
笑いもたくさん出た「かがみもち」よりは、
ちょいと拍手量は少なかったかも(爆)。

最後に図書委員の皆さんによる
紙芝居披露があり、終了後アドバイス。
その時間、他の人たちはいなくなると思ってたのに
けっこう残ってたんですね。

なので、短時間だったこともあり
突っ込んだアドバイスはしにくくて
やる気につながるようなコメントを残してきたつもり。
役に立ったかなあ。

最後に最後には、なんと
騙り読みのリクエストまで
司書さんからのご提案で披露することになりました。
北海道立消費生活センター「だまされないための十か条
10項目あるので
読み方リクエストは2ついただく。

1.責任もってと司書さんにひとつ
「トイレにいきたい、あと10分で漏れそうな(大)ときのおじいさん」
2.もうひとつ確かこの文書を出してくれた先生から
「眠たくて眠たくてしょうがない幼稚園児」
やっぱり騙り読みが一番受けました(笑)。

(この2.の先生と後々共演することになるとは
この時は思ってもみませんでした、お互いに。)

Ca250337記念に図書委員の
皆さんと
一緒に写真。
仕掛人の
司書さんもいらっしゃいます。

ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

AMICA | closed | Clubまっつ | JRタワー | partyゲスト | semi-closed | WS・講座 | きりがたりシアター | きり紙 | くすみ書房 | こぐま座 | すぺしゃるらいぶ | どもIV | まとめ報告 | やまびこ座 | アップルガーデン | アトラクションゲスト | イベント参加 | オペレ | カエルヤ珈琲店 | ガンゲットダイマ | コラボレーション | コンカリーニョ | コンクール | シアタースポーツ | ストリート | チカチカ | チャリティ | テレビ | テンパカルテット | ニュアージュ | ネットTV | パフォマーケット | フォーラム | メディア | モンクール | ヨミガタリスト | ライブペイント | ラジオ | リクエスト | 上湧別町 | 人形劇 | 函館市 | 北広島市 | 千歳市 | 南幌町 | 即興組合 | 参加型イベント | 名寄市 | 和寒町 | 報告 | 士別市 | 夢十夜Nights | 宅ライブ | 安平町 | 寸劇 | 小樽市 | 屋外 | 展覧会 | 岩手県 | 帯広市 | 恵庭市 | 愛別町 | 投げ銭 | 斜里町 | 新篠津村 | 日記・コラム・つぶやき | 旭川市 | 映画 | 朗読会 | 札幌市中央区 | 札幌市北区 | 札幌市南区 | 札幌市厚別区 | 札幌市手稲区 | 札幌市東区 | 札幌市清田区 | 札幌市白石区 | 札幌市西区 | 札幌市豊平区 | 東京都 | 栗山町 | 業務 | | 江別市 | 深川市 | 清里町 | 温故知新音楽劇 | 湧別町 | 滝川市 | 演劇 | 猫のしっぽ | 由仁町 | 省略記録 | 真田組 | 砂川市 | 神奈川県 | 稽古 | 舞踏 | 観覧 | 記録 | 記録なし | 記録不完全 | 記録別途 | 記録準備中 | 詩のボクシング | 読み語り | 講演 | 赤れんが | 進行 | 道内ローカル | 釧路市 | 音楽 | 黒松内町