2013.03.23 投げ銭ジョイント@手稲区

2013.03.23
Photo【灯の刻夜会 in じょじょ】
ウクレレと 弾き語りと
 読み語りと あなたと…。
@玄米ごはん・カフェ じょじょ
出演:
ダイナマイトあさの(ウクレレ歌謡)
松本直人(ヨミガタリスト)
板谷みきょう(弾き語り)

|| これは、2013年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

この日は、実にひさしぶりの手稲区でした。
13032317376217かつての「某所」
というのが
実はここ、じょじょ。
それ以来だから
5年ぶり。

みきょうさんとも
2009年1月以来のようで4年ぶり。

一方、ダイナマンとはこの月、2回目(笑)。
そんなこと、なかなかないのにね。

確か事前に3人で集まったりしてなくて
打合せっぽいことも当日だったはず。

雑談のうちに定刻だけど
まだお客様待とうということで
ちょっと遅れてスタート。

スタートあいさつはみきょうさん。
メンバー紹介もしてくれました。

13032319156222皮切りは
ダイナマイトあさの。
この日は
30分の持ち時間で
4曲と1メドレー(4曲)。

//
続いて、まっつ。
何読もうかけっこう直前まで悩んでたみたい、自分(笑)。
でもって、出番真ん中なんで
13032319466224絶対忘れる
と思って、
登場時点で
先にお客様写真を
いただいてる(爆)。

まずは芥川「蜘蛛の糸」。
自己紹介の意味も含めて
冒頭部分を
「ダイナマイト風」
「サスペンス風」で読んでみせてから
通常読みでやりました。
いつになく速度アップしている感じ。

で「リクエストを」の声に
応えてくれたのがダイナマン。
次に予定しているという公演の案内。
読み方リクエストは「みきょうさんを意識して」。
みきょう風にしたつもりだけど、
録音聴いてみても・・・よくわかんない(笑)。

後はどうも出てきそうにないので
(そう思ってたから悩んでたんだよね)
自分リクエストで
丁度展示中の「星のつぶ、土のかけら展」。
陶芸家IKUNOさんの作品展だったんですが、
13032318306218そのウエルカム
メッセージを
お許しを得て
読ませて
いただきました。
(読み方リクエスト求めたけど「お任せ」ってことで)

そして、ダイナマン呼んで
Earthでいい感じだった
「(雨ニモマケズ)」をウクレレとのコラボで読み
2自分コーナーを
締めくくらせて
いただきました。
その時の画像、
みきょうさんのブログから。

//
締めはみきょうさん。
4曲ほどなんだけと、後半2曲には
朗唱というか、長めの語りを枕にしての唄入り。
13032320336225けっこうずっしり
来ました。
唄だけよりも、
ぐんとメッセージ性が
高まるなあ。
展示中の陶芸作品の向こうに撮ってみました。

そしてオーラスは、
3人で1曲をコラボ。
歌詞読みも入れつつ
まっつも唄ったりしたのでした。
//

このライヴ、言い出しっぺはダイナマンだそう。
でもイベントタイトルや告知画像は
みきょうさんの提案製作。

まっつは一番何もしてない。
結局、お客さまも自分、呼べなかったしなあ。
手稲はなかなか縁がなくて。
(いまさらながら、いい場を御両名とじょじょさんに感謝です)

13032318476220おっと忘れて
ならないのが
なんと、当日、
じょじょ内に
桜が咲いてたこと。

13032321216226そして打ち上げ。
虫の話でずいぶん
盛り上がった
らしい(笑)。
あたしゃ話より
おいしいごはんで呑み過ぎたっぽいけど。

じょじょさんプログの告知記事
みきょうさんブログの素早い報告記事

たいへんおいしい時間を、
みなさま、今更ですが
ほんとうにありがとうございました。

//
そういえば、喉の調子が悪かったという
みきょうさん。
「リベンジ」は、そろそろでしょうか(笑)。
それとも、もう達成されたのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.13手稲区某所

2008.01.13手稲区某所ご本人主催の「誕生感謝祭」

思い起こせば(になっちゃってますが)
この日のセミオープン・パーソナルパーティというような場での
読み語りが、2008年の皮切りでした。

このライブ、83歳になるというご本人主催の「誕生感謝祭」。
まっつも、ご本人からのご依頼によるゲスト出演という形でした。

いろんなお知り合いや、主役の噂をききつけて
初めて顔を合わせるという方など
Ca250299sゆるやかに、
しかしパーソナルな雰囲気の中
いろんな手料理の
持ち寄りも集まり、
めちゃくちゃ
ゴージャスなテーブルでした。

さて、主役やつないでくれた方、現場のオーナーには
事前にお会いしていたのですが、
その他ほとんどの方とはお初のまっつ。
ご用意した作品は
宮澤賢治「注文の多い料理店・序」
新美南吉「てぶくろを買いに」
宮澤賢治「山男の四月」。
この「山男」を読み終わると
Ca250303sどこからか
「六神丸」が
おおー、登場。
ほんとにあるんですねえ、
びっくり。

最後に、これはまっつからのプレゼント読みということで
谷川俊太郎さんの「みみをすます」を、
戸外の雪の風情も借景しながら読ませていただきました。

その後、もうひとつ、
パーソナルなお手紙をご本人からのリクエストで初見読み。
これは録音記録なし。
演奏などの出し物もあって
楽しく過ごした最後のあたりで
お読みしたのではなかったかと思います。

素敵な時間に参加させていただいてありがとうございました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.11.03曙図書館

2007.11.03
オペレ & まっつ@手稲区曙図書館

Ca250253札幌市内図書館から
初のお招き。
もっともオペレさん主軸の
オファーなので
メインは人形劇の
1時間弱。

まずは「三匹の小ぶた」
ふとがみ訳からスタート。
オペレkyoさんのブックパネルとのコラボで
基本、まっつがオオカミ役。
リハで合わせていくうちに、右手が手人形になりました。

続いてはオペレ、07年新作「いどのおはなし」
井戸ネタな4つの有名昔話を
オペレ流味付けでやる短編集ね。
オオカミとブタとヤギ、3匹がいい味出してるんだ。
っても2人で操作してんだけどね。人形劇って不思議。

続いてはまっつ定番
かさいまり/作・村上康成/絵「ぴっけやまのおならくらべ(ひさかたチャイルド)」[Amazonページ]ソロ
(2008年度は上演凍結中)。
もう1本、プログラム外の追加で
新美南吉「きのまつり」[青空文庫ページ]。
こっちはしっとり系ということで選んだんだけど、
小さい子には微妙だったかも。
でも、大人の方々には、けっこう豊かなものをお届けできた気がする。

最後はオペレ作品「りゅうになりたかったへび」。
わたくしも人形操演で参加。主に「へび」をやってました。

お帰りに小龍を持ってお見送りしたら、
けっこう子ども達、かわいいーとかって
さわっていく。人形には持ってかれますねえ。

ところで、
冒頭「まっつ知ってる人」に手を挙げてくれたのは
6〜7人。オペレの半分くらいだった。まだまだっ。

オペレ&まっつは2008年秋にも予定あります。
こちらもお楽しみに。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

AMICA | closed | Clubまっつ | JRタワー | partyゲスト | semi-closed | WS・講座 | きりがたりシアター | きり紙 | くすみ書房 | こぐま座 | すぺしゃるらいぶ | どもIV | まとめ報告 | やまびこ座 | アップルガーデン | アトラクションゲスト | イベント参加 | オペレ | カエルヤ珈琲店 | ガンゲットダイマ | コラボレーション | コンカリーニョ | コンクール | シアタースポーツ | ストリート | チカチカ | チャリティ | テレビ | テンパカルテット | ニュアージュ | ネットTV | パフォマーケット | フォーラム | メディア | モンクール | ヨミガタリスト | ライブペイント | ラジオ | リクエスト | 上湧別町 | 人形劇 | 函館市 | 北広島市 | 千歳市 | 南幌町 | 即興組合 | 参加型イベント | 名寄市 | 和寒町 | 報告 | 士別市 | 夢十夜Nights | 宅ライブ | 安平町 | 寸劇 | 小樽市 | 屋外 | 展覧会 | 岩手県 | 恵庭市 | 愛別町 | 投げ銭 | 斜里町 | 新篠津村 | 日記・コラム・つぶやき | 旭川市 | 映画 | 朗読会 | 札幌市中央区 | 札幌市北区 | 札幌市南区 | 札幌市厚別区 | 札幌市手稲区 | 札幌市東区 | 札幌市清田区 | 札幌市白石区 | 札幌市西区 | 札幌市豊平区 | 東京都 | 栗山町 | 業務 | | 江別市 | 深川市 | 清里町 | 温故知新音楽劇 | 湧別町 | 滝川市 | 演劇 | 猫のしっぽ | 由仁町 | 省略記録 | 真田組 | 砂川市 | 神奈川県 | 稽古 | 舞踏 | 観覧 | 記録 | 記録なし | 記録不完全 | 記録別途 | 記録準備中 | 詩のボクシング | 読み語り | 講演 | 赤れんが | 進行 | 道内ローカル | 釧路市 | 音楽 | 黒松内町