2013.09.27-29・10.02 弦巻楽団#18@西区,帯広市

Web弦巻楽団#18
「You Can't Hurry Love!」
2013.09.27-29
 @生活支援型文化施設コンカリーニョ
2013.10.02 クローズド
 @帯広市民文化ホール 大ホール

|| これは、2013年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2007.08.15-16再演までは
RIPとしての公演でしたが、
それから久々の再々演は
弦巻楽団の公演として上演されました。

ブログ告知

弦巻楽団には
#16「テンプテイション」
にも出演させていただきまして
これは、だから、おー、2回目かあ。

再々演なんで、テンプテイションのような
ギリギリな状況には
ならなかったわけですが(笑)、
けっこう試行錯誤もあったみたい。
何せ6年ぶりですから
一から出直しな感じでは
ありましたよね。

自分でも、一層体力の衰えを自覚しつつですから
そういう身体との相談のしつつ
稽古の日々でした。

7月末に初稽古。7月1件
9月頭初通しに向けて8月7件
9月札幌本番。9月11件
(リンクは「まっつな日々」件数は各月のこの芝居関連投稿)

演出と出演者全員が揃っての稽古は
8月20日が初だったんすね。

13092515426671でもって、まあ
舞台がですね、
ステキに一新。
円形のアクティングスペースが
設定されましてね、
あー、確かに、あのミュージカル的なプロローグには
これ、やってみたらむしろふさわしいと思えたもんでしたねえ。

130925195366761309271853668413092718556688客席と
違う
角度から
の眺めも
どうぞ。

1309291602670013092916066702そして
札幌公演の
記念写真。
出演者のみと
スタッフ勢揃い。

13100112116715しかもこの時、
札幌公演の後、
帯広まで行ってるんですわ。

高校の演劇鑑賞行事。
ってやつだよね。
帯広の2高校の生徒さんたちに
ご覧いただいたのですよ。

やー、こういう芝居を
学校行事で観られるなんて
なんて幸せなんだああと
実は思ったりもしてました。

13092517056673そういやキャストは
7年前からは
まっつ以外、一新したんでした。
これはリハ前、まっつ全身。

もう体感記憶は
残ってないのだけど、
当時のメモによると
札幌5ステの中で
なんか入り切れなかったステ(2)や
逆に奥坂暴走気味だったステ(4)とか
あったみたい。

帯広はそういうメモもなし。
1310012134673113100121346732てんでせめて
ゲネ前の
出演者の
様子を。

1310021252674813100212036745ついでに
帯広本番直前の
出演者集合写真と
客席から観た舞台も
お載せしとく。

あーでも再演の後は、これ以上歳とったら
体力的にムリ。
とか思ってたのだけど、
この再々演をやってみて、
「年相応のやり方はある」
そんな手応えは確かにあったんだな。

//
そんな「ユーキャント」(または「ハリラブ」)は、
その後、2016冬「演劇シーズン」に
登場いたしました。
こちらのブログ告知

ちなみにこの作品、その後
演劇シーズンの「レパートリー作品」てのに
なったらしく、
早くも2018冬に再登場するそうです。

で、まっつはそちらは出演せず、
おおー、初めて「観る」ことができるのです。
なんとも今から楽しみなのであります。

**
いやーしかし3年半も経つと
報告というより、なんか
あちこちちらばった雑記録のまとめ
でしかないなあ。
もっと追いつかなきゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.06.08-09 温故知新音楽劇8@西区

2013.06.08-09
故きを温ねて新しきを知る音楽劇
@生活支援型文化施設コンカリーニョ
「シャッポおじさんの写真館」

|| これは、2013年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

はい。

これまでの6回は
2006「とんでんがへし
2007「蝶よ、花よ
2008「オシャレな果実
2009「明治琴似村冒険譚〜未来からきたお手紙がかり
2010「噂、湯カゲン、イイかげん
2011「旗ヲ出スベカラズ〜琴似フラグステーション
2012「シャッポおじさんの写真館

一度に見たい場合は
温故知新音楽劇

前作・前々作に続きこの年も
脚本はハムプロジェクトのすがの公さん。
事情により2月開催から6月開催に変わったんでしたね。

特筆すべきは…んー、齋藤ちずが
NPOコンカリーニョ理事長職務に追われていて
演出を人に任せたことですねえ。

それも…まっつに、だよ。

そんなわけで、いろいろ四方八方に
ご迷惑をかけつつの迷走演出となったのでありますが、
演出が誰であろうと、住民劇のスタッフは強固で
なんとか、これまでの蓄積をけがすことのない
ものにはなったんでありますよ。はい。。

そんなわけで、この回の報告はあっさり終わります。

****
故知新音楽劇「桑の実の色づく頃には」
 コンカリーニョのある琴似・八軒地域の歴史を取材し創作、子どもから大人まで西区にお住まいの皆様が出演する温故知新音楽劇。
 この年の舞台は昭和19年の琴似。代々、神社を守ってきた宮司の文彦には最近、悩みがあった。娘・政子がどうやら恋をしているらしい。噂好きの妻・カヨが探ってきたところによると、相手はなかなかの好男子、娘婿に不足はなしと思いきや、その男・五郎はキリスト教の信者であった……。
 琴似のとある神社を舞台に繰り広げられる父と娘の攻防。戦時中の暗く貧しい時代、健気に元気に恋をした、札幌琴似版ロミオとジュリエット!

【作】すがの公
【演出】松本直人
【音楽】橋本幸

【日時】6月8日(土)14:00・18:00
      9日(日)13:00
****

いくつか現場写真くらいは
載せておきましょう。

と思ったけど、
そうだったああ。
慣れない演出の立場に精一杯で
ほとんど写真撮ってない。

かろうじて
踊る皆さんと
おなじみ
福田舞台さんによる
舞台背景。

これだけじゃあんまり淡白っすね。
13022414156135おー、
なんとか
見つけた
初稽古の日
の模様。

//
そしてなんだかんだで
今年もあります、温故知新音楽劇。
演出は前回から再び、齋藤ちずが務めてますのでご安心を(笑)。
なんて書いてたんですが、
この報告リリースする前に大好評お開きしちゃいました。

まっつは、目立たぬ役で目立ちましたか、ね(爆)。

それでもけっこうタフだったんすね。
終了後1週間経って、
まだ体調戻りません。喉いてえええ。

***
温故知新故きを温ねて新しきを知る音楽劇
「Must Go On! マスト・ゴゥ・オン! −コンカリーニョ誕生秘話−」
【演出】 斎藤ちず
【脚本】 渡辺たけし
【音楽】 橋本幸

【日時】6月25日(土) 13:00 / 18:00
    6月26日(日) 11:00 / 16:00

詳細:公式告知
***


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.11.24-25 シアタースポーツ@西区

2012.11.24-25
さっぽろアートステージ札幌劇場祭参加
即興組合第15回本公演
「シアタースポーツ」
@ターミナルプラザことにパトス

|| これは2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

これまでの即興組合関連報告(→冒険内・即興組合)

即興組合第15回本公演は
第13回公演報告以来の「シアタースポーツTM」でした。

このやり方、
きちんと国際的なライセンスを取得して
実施しているんですね。
そのあたりは上記「第13回公演」報告で
お読みください。

さて、1年ぶりのこの「シアタースポーツ」でも
まっつはMC参加したのであります。

で、なんでだろ、記録的なものが
ほとんど手元にないっっっ。
前週にきりがたりシアター
でもって、翌週からは
新企画「夢十夜Nights」のスタートを控えてた、
そんな慌ただしさのせいでしょうか。

すんません、そんなわけであんまり
報告らしいことができません。

ネット上では
「即興組合」のFBイベント
メンバー表が載ってくらいです。

あー、でもメンバー表を見て思い出したあ。
MCやりつつ、けっこうこのときは
プレイ参加することも狙ってて、
で、1回くらいは確か参加したんですよ。

けど、どういう演目のときか忘れたけど
道外ゲストプレーヤーが
下手側客席で観客巻き込みに入ったときがあったんす。
そこで「ああここで誰かお題言って乗り込めばいいのに」
的なことを思いつつ、あーじぶん上手奥にいるから
ちょっと距離ありすぎだよなあ
と思ってるうちに終ってしまったのでした。

今思えば、セリフだけでも投げていたら
回りがしっかりそれを受けてくれてたんだろうな、
あー、自分の至らなさよ!!と
思うばかりであります。

あ、インプロを知らない人には
なんのこっちゃでしょうし、
逆にちゃんとやってる人に言わせれば
「そんな後悔いつまでもひきずんなや」
でしょうが、
つかず離れずで周辺にいるまつつにとっては
大きな大きな後悔であり、かつ、
即興性を活かしたパフォーマーとしての
大きな糧にもなったのでありました。

なんかすんません、
あんまり本編のこと書かない報告になってしまった。

せめて関連画像を。

1211241226588412112412275885こちら
初日の
スタート
ミーティング
の様子。

121124130058861211241657588712112512545897各ステとも
このように
メンバーチェキが
会場入口に
掲げられる
のでした。
左初日昼・中央初日夜・右、楽ステ。

1211241713588912112513225898開演前の
衣装付き
集合写真。
左、初日夜。
右、楽ステ。

1211242055589112112417145890スッピン
舞台と、
照明・舞監の
基軸スタッフ
フィーチャ。

//
さて、その即興組合は
今週末に第20回本公演を迎えます。
今回は「シアタースポーツ」ではなく
「ロングフォーム」といって
即興で長編劇を組み立てていくタイプの公演とのこと。

筆致で分かるように
今回は、まっつ参加してません。
でも、しっかり観にいく予定なのであります。
楽しみだあ。

*-*-*
即興組合第20回本公演
サイ‐プレイ
日時 2015年10月31日(土)14時〜/19時〜
      11月 1日(日)14時〜
料金 前売1500円(日時指定)
当日1800円
会場 マルチスペース・エフ
中央区南9条西3丁目 彩木ビル4F
公式告知:http://sokkumi.gozaru.jp/20th/
*-*-*

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.08.30 「実録!? - HTB深夜開拓魂」#8@HTB

2012.08.30オンエア
12081712295517「実録!?」
#8「油に火を灯せ
  〜クレーム処理コンサルタント
  倉田満治」
HTB

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

この日は久々に
ローカルだけど出演TV番組がオンエアされました。

あら、テレビ出演て2009年以来だったの?
あーそういやCF出演とかは
報告どきを逸して、冒険ブログには載せてなかったね。
話逸れるけど、CMナレーション出演とかも
なんか載せてなかったねえ。

そんなわけで珍しく
報告もするテレビ出演(笑)。

当時、作・出演とも札幌の演劇人を、
全面的に採用してやってた深夜枠のドラマ。
くどくど説明するより
局サイトで、ご確認ください(笑)。
実録!?

上記にあるように基本コンセプトは
「ドキュメンタリーを装ったフィクション」。
まあ、昨今、N◯Kさえドキュメンタリーで「やらせ」してる
とかってことになると、まあ色々考えさせられます(笑)。

けどしっかり「フィクション」であることを伝えつつ
ドキュメンタリー風の番組作るっていうのは
ひょっとするとテレビ界の方々にとっては
制約を最も小さくする手法でもあるのかもねえ
なんて今にして改めて思ったり。

まっつは#8に出演。
シナリオ担当yhs・南参さんから
ご紹介いただいてのことでした。
でもって
撮影終了後、ナレーションも
やらせていただくことになったのでした。

その経過を
「まっつな日々」の記事で少し紹介。
12.08.17/ナレ録りでした。
12.07.31/ドラマ撮りでした。

12073110155412おっと、曽我ちゃん(yhs)とは
これが初共演でした。
エレキ君(yhs)とは、
多分yhs客演のとき
少しからんでたはず。
12073110365413制作スタッフさん
たちとも
記念写真
いただきました。
ありがとうございました。

いやー、いま思ってもなんか
とっても楽しい現場だったなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.08.03-05 『ファンタジックウーマン』@恵庭市

Fantagic2012.08.03-05
サンデープレイプロジェクト
えにわ夏のミュージカル 2012
『ファンタジックウーマン』
@夢創館

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2009年以降は「サンデープレイプロジェクト」という
団体名で続けてきた、えにわ夏のミュージカル。
2008年「オービータウンは大騒ぎ」、
2009年「くれないの翼
2010年「星に祈りを
2011年「アメイジング グレイス
とやってきて
この年は、なんと
街のフリースペース的な場が舞台。

会場もこれまでの市民会館から
内容に合わせて夢創館になって、
まあその分、ステージ数は
初めての5ステ。
みんなよくがんばったもんだ。

あらすじ
「お芝居の舞台は、ある小さな町の
 歴史的建造物を再利用した老朽公共施設『弁天館』。
 この弁天館は設備も貧弱、利用者も少ない。
 安い使用料だけが取り柄のイベント施設。

 ここで練習している女バンドの前に、
 ある日突然横須賀から現れた
 『ファンタジック・ウーマン』。
 その日を境にメンバーが、弁天館が、
 町の人たちが、だんだん優しく、元気に変わってゆく。

 どこにでもある人と人との出会い。
 出会いの中で変化していく人間たち。
 しかし小さな変化はこの町にキシミを生み、
 キシミが軋轢へ、そして事件が起こる」

まっつは登場2シーン、
セリフ3つほどのチョイ役。
2010年と同様、
自分より背の高い男子の父親役でした(笑)。
前年とは違って
善意の大人(ただし小心者(爆))でしたぜ。

そんな私でも
夢創館入りした22日以後は
お休み2回程度。
だんだん出来上がっていく
舞台を連日眺めておりました。

12072219335384120723202153851207242049538712072617265390上段
22日23日24日26日
12072720235393120729161153981207302058540212073120145416下段
27日29日30日31日

1208012132542312073120555417突然現れた
マリに導かれ
ライヴを実現。
しかし使い方を
非難される。

1208022130543112080316315440サンプロ
おなじみの
面々が
脇を固めて
おりましたよ。

12080411555450こちら、まっつの
出番直後の
怒り沸騰シーン。
エンディングの
直前でもあります。
ちなみにつかみかかってる青年が、
まっつの息子役でございました。

あらすじにもあるように
お話の軸はガールズバンドなんだけど
12080412275452メインバンドは
中高生と
大人で
構成して
ました。

が、これに加えてラストシーンに登場する
12080513195461小学生3人中心の
バンドが
また
なかなかの
もんだったす。
わずかな時間だけだったけど
かなり聴かせてくれたんですねー。

1208051720546512080520125468楽ステ直前に
撮ることになった
集合写真と
全ステ終了後の
「お手を拝借」。

12080412505454この年も
わたくしお花を
いただきました。
ありがとー。

あーそれとけっこう個人的に
力注いだのが前説アナウンス。
影アナでやったんだけど
ちょいと遊んでみた。
出番少ないと
そういうところでがんばっちゃうのだ(爆)。

しっかり原稿も書いたんだけどなあ。
残ってないや。

※[追記]冒頭で影セリフの別の役もやってたの忘れてた。
//
サンデープレイプロジェクト
夏のミュージカルは、この年で終了。

その後、翌13年3月に「卒業公演」を実施して
活動を終了しました。

その後、参加者の一部が劇団を結成。
劇団ZOOとして活動継続中。
SPP元締めだった任さんも
影に日向に助力しているようですよー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.11.10-15 弦巻楽団#16@中央区

20111012154749e262011.11.10-15
弦巻楽団#16
「テンプテイション」
@扇谷記念スタジオ シアターZOO

|| これは、2011年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

あれ、これ、
けっこう久しぶりの
一般劇団公演参加、だったはず。

市民劇にはよく出てたし
即興組合にも関わってたけど
「一般劇団」というべき座組での出演というと
2009.08.21(冒険記録)←このときは短編企画だし
てことは、
2009.01.10-12(冒険記録)←これはどっちかというと児童劇団だし。。。

あら、もしかして
2008.06.28-29(冒険記録)のyhs以来だったのかあああ?

はい。弦巻楽団への出演は
これが初めてでした。

といっても弦巻作品は経験済み。
2007.08.15-16(冒険記録)RIP@教文。
あー↑これ再演だったのに、初演のことに
殆ど触れてない。なんでだ?
なんとか書いてたとこを探してみたけど
んんーー、

あったー、
2005.12.14-18(冒険記録)RIP@レッドベリー。

いや、その芝居のことはまた再々演の報告で書くのでいいや。

てことで、
「テンプテイション」です。

大変でした。

以上。


なんてわけにもいかないっすね。

どう大変だったかは、
伝え聴いてる方も多いと思うのですが
ちょっと時系列で。

ここまでの冒険報告をお読みくださってる方は
お察しくださっていると思いますが、
この芝居の稽古期間中に、
そうなんです。
「にんぎょひめ」再演とか
「栗山きりがたり」とか
「即興組合」とかあったわけです。

今振り返ってもよくやるなー、こいつ。
みたいに、自分でも思ってしまうくらい。
(今ならもうこんなんできないよおお、くらいの(爆))

それはそれとして
この芝居の時系列記録

9月28日 初顔合わせ(宣伝写真撮影)
10月2日 稽古開始、台本なし。
※その後、少しずつ台本が出てきて順調に稽古
10月12日頃 フライヤ出回り出す。
10月23日 まっつ、ブログに告知リリース
10月24日 台本リセット決定
10月25日 新台本出始める(本文8ページ)
10月27日 台本(本文18ページ)
10月28日 台本(本文25ページ)
10月31日 台本(本文33ページ)
11月3日 台本(本文44ページ)
11月4日 台本(本文53ページ)
11月6日 台本完結(本文75ページ)
11月9日 台本最終稿確定(本文75ページ)/同日ゲネ
11月10日 本番初日

振り返るだに、お、お、おそろしーー。

よくやったわ。

と、いい気持ちになりがちだけど
初日なんてひどいもんだった。
何しろ前日ゲネではプロンプつきまくり。
どうなるかとみんなヒヤヒヤ、
特に、まっつ。一番年寄りの上に
セリフもけっこう多い。

結局、1カ所セリフ出損ねて共演者に
助けられた程度だったけど
とにかく、それで通ったってことだけで
共演者にホッとされた・・って
なさけないねえ、何者じゃい、オレ(爆)。

まあ、そこから本番通じて
どんどん活きた芝居になってったのは
むしろ当然か。
伸びしろ多い状態の初日だったわけだからなあ。

で、振り返るに
その台本変更を生んだ最大要因は
おそらく、
もうひとつの「共演者」
杉吉 貢さんの描いた
「木」。

あの「木」の存在感が
作者をして、
新しいストーリーを
呼び覚まして
しまったんだろうと思う。

4680119決して最初の台本が書けなくて
ってことじゃなく、
「木」にインスパイアされて
新しい物語が、ぐわーんと
生まれてしまったのだろうと。

毎日どんどん成長していったこの舞台。

その中で、まっつも
そこそこいい仕事を
していったんじゃないかと思う。
日記だけど、
あんまり自分のこと書いてなくてすまん。

ひとつだけ、自画自賛を書いておく。
当時のミクシにチラリ書いてた(爆)。

本番に入ってから
「自分の無念を一番大きく思うのでなくて、
 あくまで教え子たちのことを思って
 心を動かしてください」
という演出指示を受けて
涙のこぼれどころが変わったこと。

こういう演技の組み立て直しも
実際に出来るもんなんだなあと、
自分ながら感慨深かった。

ま、自分のことはそのくらいにして(日記なのに(笑))
その代わり
感想を書いてくれてたとこを
リンク紹介します。

アートステージ市民記者 森人(モリンチュ)さん(11/10)
http://ameblo.jp/s-artstage/entry-11075094832.html

「シアターホリック」(11/11)
http://theater-holic.seesaa.net/article/234744760.html

「長い散歩」chihiroさん(11/13?)
http://nagaisanpo.exblog.jp/16701757/

「L'Appréciation sentimentale」(11/15?)
http://makottsu.de-blog.jp/theoria/2011/11/16_37cf.html

エンプロ 遠藤雷太さん(11/15)
http://blog.goo.ne.jp/endowriter/e/dd2a2c6c37b642666e49d9d840af3832

47061113471341113やっぱ、
杉吉さんの
「木」が
主演だったって
感じっ!(爆)

47231115毎回やってた
気合い入れ。
最終ステージ前は
みんな
いい顔でしたよ。

//
ところで
弦巻楽団
自分は出ませんけど
次は新作らしいですよ。

おー、もう#22になるんですね。

弦巻楽団#22「ナイトスイミング」
作・演出:弦巻啓太
【日時】11月21日(金)〜24日(月祝)
【会場】ターミナルプラザことにPATOS
詳細は劇団サイトで
>http://tsurumaki-gakudan.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.11.05-06 シアタースポーツ@中央区

2011.11.05-06
即興組合第13回本公演
『シアタースポーツ』
@マルチスペースF

|| これは、2011年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

これまでの即興組合関連報告(→冒険内・即興組合)

公式参加は2008年(冒険内報告)以来の即組本公演でした。
が、上の報告内でチラリふれていた
「シアタースポーツ」の
クローズドなWS公演には
2010年12月に
参加してたのでありました。

で、2011年秋。
ようやく札幌で日の目を見た
「シアタースポーツ」でした。
これは歴史的な公演ですよね。

なにしろ、ライセンスがあって
承認されないと「シアタースポーツ」sf
名乗れないのです。
2008年に「日本で4番目に」
そのライセンスを取得したのが
我らが即興組合。
(そう、国際的なライセンスなのだ!!)

でもって、上記のワークショップ公演等を経て
あれこれ組み立てて実現に至ったんですね。
(いやさらにそれ以前から中軸組合員は、
いろいろ下地を作ってた)

そんなわけで
「満を持しての(?)シアタースポーツです。」
というのが、このときの
宣伝文句のひとつでした(笑)。

と言っても、まっつは
即興組合員ながら
そういった企画準備段階には参加せず
必要なときだけ顔出すぜ
というスタンスでごめんなさい(爆)。

でもね、このインプロ(即興)精神は
少しずつでも広がって欲しいと思っているので
しぶとく、だけど薄く(スンマセン)
参加し続けているのであります。

と、なんか事情説明ばっかになりましたが
この2011年「シアタースポーツ」。

東京でバリバリ活動している
インプロプレイヤーもお迎えしたのでした。

そのへんは
即組のブログでどうぞ
http://sokkumi.blog69.fc2.com/blog-entry-12.html

あ、むしろこっちか、詳しい報告は。
http://sokkumi.blog69.fc2.com/blog-entry-13.html

これら↑観ていただければ
まっつが何やったかも分かると思うけど
はい、MCです。
この初回は、
それで精一杯でした(爆)。

そんなわけで、出演者の姿自体は
上記、即組ブログで観ていただくとして
こんなおまけショットを載せておきます。
毎回、出演者をチェキって
Ca3a4640Ca3a4660ボードに貼って
飾ってたんす。
あ、初日夜の分、
撮り忘れてたああ。
(左初日昼・右楽日)

//
その後、
即興組合主催でのシアタースポーツは
2012年・2014年と
札幌で実施されてます。

即組はしかしその間、
それ以外の本公演でも
新たな「即興演劇」の流れを
札幌に作り続けています。

まっつは参加しないのですが
次回、即興組合本公演は2014年10月です。

そのへんは
即興組合公式サイト
で、チェックしてくれっ。
↓こんな予定とのことですよ。
【次回公演のお知らせ】
第18回本公演『(仮)プレイ』開催決定!
(2014年)10月18日(土)・19日(日)
マルチスペース・エフ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.09.23 「アメイジング グレイス」@中央区

2011.09.23
北海道立道民活動センター「かでる2・7」主催
開館20周年記念事業
Ca3a4499サンデープレイプロジェクト(SPP)
『アメイジング グレイス
 〜住吉町銀座マーケット物語〜』
@かでるホール
(写真は開演直前
幕内での気合い入れ)

|| これは、2011年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

サンデープレイプロジェクト」。
この年は、恵庭公演(報告)だけじゃなく、札幌公演もしたのでした。

その告知はこちら
http://footmats.sapolog.com/e246916.html

実は当初からスケジュール上の予定で
恵庭と札幌では、主役女優が変わったんですねえ。
その影響とともに、改善点などもあって
けっこう準備中は「同じ公演」というより
「再演」的な色合いがけっこうある感じの
稽古になってたといううっすらした記憶が
当時の記録類見てて、少し甦りました。

Ca3a4486☆舞台は、年季の入った市民市場。
 売り上げが下がる一方の
 マーケットを盛り上げようと
 立ち上がった
 4家族の長女たち。

というあらすじなんですが
参加者の大半が女子という条件もあって
マーケットをやってるのは
親も子も、すべて女子。

そこへ恋の相手とか
地上げを狙うやつとかとして
男優が出てくるから
おー、これ意外に逆に分かりやすい(笑)。
男はけっこうみんな二役とかやってました。

でもね、作品のテーマはもう少し奥深くて
最初と最後は、主役も含め「4家族の長女」たちの
学校の先生である(だった)男性教師のシーン
だったりしたんですよ。

そんな中でのワタクシの役回りは
基本、地上げ担当の不動産屋。

マーケットを盛り上げようと
イベントを仕込む「4家族の長女」たちの動向を知って
ばかな奴だよねー、電源をショートさせて
中止に追い込もうって
夜中に暗躍するという…(笑)。

そのくせ、独り身になってる
総菜屋の女主人に実はベタ惚れっつー
まあ、なんともちゃっちい悪役なのでした。

そんでこんな小道具。
Ca3a4497夜中に暗躍するための
懐中電灯。
結局実現したイベントのときに
恋する相手にもってく
花束。
感電してチリチリになった
アフロヘア(爆)は、写ってないか。
ポリバケツのふたは…直接は使ってないな確か。

さて、ちなみにこの札幌公演用の告知で
ワタクシが書いてたのは
「☆ほぼ小学生たちだけでポップに歌い踊るシーン、かっこイイ!
 ★おばちゃんズの華麗な(?)シング&ダンスシーンも絶妙っ
  ☆まっつ、なんと2役!? しかも1つは恵庭と別だったりして。
★劇中ショーで、ロックンロール大炸裂っ!
 ☆ハイレベルなシンガーチームも登場!?
  ★笑わせといてホロリとさせる「任」マジック、今回も×△■◎
   ☆タイトル「アメイジング グレイス」の大合唱は必聴!!!!」
というまとめ(笑)。

いやいや、そうなの。
ちゃんとミュージカルだったんですよ。
そういえばチラシには
「打倒ライオンキング!」とも書いてあったっけ(笑)。

え。「恵庭と別の役」?
わ、わからん。。なんだ。
あ、そっか。
冒頭シーンでの職員会議で
今度は校長役をやったんだったか。
恵庭では、平教員でしたが。
んー、うっすらと
そんなこともあったような気がしてきた(爆)。

//
SPPは、翌年2012年に
最後の「夏のミュージカル」。
さらに2013年3月に
ミュージカルではないお芝居公演を打って
「卒業」したのことであります。

でも参加関係者の一部は
劇団ZOO」を立ち上げて
活動を続けています。

もちろん個々には、さらにいろんな
演劇系や音楽系の活動を
続けてたりするのであります。

一昨日(14.08.06)、そんな恵庭に
2014夏の投げ銭読み語りリクエストライブツアー」で
行ってきました。
SPPでご一緒させていただいた方々ほか
予想以上の方々にお楽しみいただきました。

考えてみたら8月は
例年SPPのあった時期。
8月は恵庭から離れられない・・・かも(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.08.13-14 「アメイジング グレイス」@恵庭市

サンデープレイプロジェクト
えにわ夏のミュージカル2011
『アメイジング グレイス
 〜住吉町銀座マーケット物語〜』
@恵庭市民会館大ホール

|| これは2011年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2009年以降は「サンデープレイプロジェクト」という
団体名で続けてきた、えにわ夏のミュージカル。
2008年「オービータウンは大騒ぎ」、
2009年「くれないの翼
2010年「星に祈りを」と続けてきて
この2011年は、市場(いちば/マーケット)が舞台になりました。
だけど「アメイジング グレイス」。

すごいよね、このミスマッチ感が。
「いちば」に「アメージンググレイス」だもん。
なんてっても「任」節。
作・演出は、そうです任泰峰。

で、まっつと言えば
前年の「普通な人」からまた一転して
お得な役回り。
と、あ、もう一役やってた。

最初の登場は、正論の言えない
現実主義の先生たちのひとり。
これはまあワンシーンのみ。

その後は、
ここを地上げして
跡地にコンビニを作ろうとする不動産屋。
っていう、任芝居ではおなじみの
ドジな悪役。

この芝居では、その
ドジ炸裂シーンもありまして
悪役なのに、ひとりだけの
シーンまでありましたからねえ、
たっぷり遊ばせていただきましたよ。

//
Ca3a4306最初のシーンは
「職員会議」。
幕開けスタートなので
こんな風に待機。
(写真は舞台現地稽古)

Ca3a4310Ca3a4328こんなマーケットが主舞台。
本番が近づくにつれ
だんだん細かく
装飾されていきます。

Ca3a4335Ca3a4341まっつの
先生衣装と
もひとりの
衣装
風体(爆)。

Ca3a4343マーケットには
いろんな人が
集います。
そんなところも
大勢で
Ca3a4344Ca3a4342体現して
いきます。
もっといました。
何人分もやった
人もいたね。
Ca3a4349Ca3a4351おまけ。
まっつの小道具たちと、
いつもありがと
ほれたろうさん
//

高校生たちが中軸となったこの舞台は
翌月、9月には
かでる開館20周年記念事業として
札幌公演も果たしました。
もう少し詳しい内容は
その9月報告で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.27 「寸劇〜CHANGE」@北区

Detail14_20102010.08.27
札幌弁護士会 主催
司法修習生の給費制維持を求める市民集会
寸劇「CHANGE-変身-」
(NPO法人コンカリーニョ制作)
@札幌エルプラザホール

|| これは一昨年2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

この年この月には、こんな寸劇もやったでした。

「司法修習生の給費制」についての
意義や経緯については、
札幌弁護士会の関連声明などを
お読みください。

それはそれとして、稽古時間があまりない中、
初共演だった方とかもいつつ
なかなか濃密な時間を過ごしましたねー。

脚本は、弁護士会の方によるもので
当然、専門用語とかバシバシ。
それをクリアするために、
稽古にも同席していただいたんでした。

Ca3a2871共演者と演出で
終了後に記念写真。
お疲れさまでした。
(本物の弁護士さんは
写ってません(笑))

まっつ、なかなか役作りしてるじゃん(笑)。
お疲れさまでしたー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

AMICA | closed | Clubまっつ | JRタワー | partyゲスト | semi-closed | WS・講座 | きりがたりシアター | きり紙 | くすみ書房 | こぐま座 | すぺしゃるらいぶ | どもIV | まとめ報告 | やまびこ座 | アップルガーデン | アトラクションゲスト | イベント参加 | オペレ | カエルヤ珈琲店 | ガンゲットダイマ | コラボレーション | コンカリーニョ | コンクール | シアタースポーツ | ストリート | チカチカ | チャリティ | テレビ | テンパカルテット | ニュアージュ | ネットTV | パフォマーケット | フォーラム | メディア | モンクール | ヨミガタリスト | ライブペイント | ラジオ | リクエスト | 上湧別町 | 人形劇 | 函館市 | 北広島市 | 千歳市 | 南幌町 | 即興組合 | 参加型イベント | 名寄市 | 和寒町 | 報告 | 士別市 | 夢十夜Nights | 宅ライブ | 安平町 | 寸劇 | 小樽市 | 屋外 | 展覧会 | 岩手県 | 帯広市 | 恵庭市 | 愛別町 | 投げ銭 | 斜里町 | 新篠津村 | 日記・コラム・つぶやき | 旭川市 | 映画 | 朗読会 | 札幌市中央区 | 札幌市北区 | 札幌市南区 | 札幌市厚別区 | 札幌市手稲区 | 札幌市東区 | 札幌市清田区 | 札幌市白石区 | 札幌市西区 | 札幌市豊平区 | 東京都 | 栗山町 | 業務 | | 江別市 | 深川市 | 清里町 | 温故知新音楽劇 | 湧別町 | 滝川市 | 演劇 | 猫のしっぽ | 由仁町 | 省略記録 | 真田組 | 砂川市 | 神奈川県 | 稽古 | 舞踏 | 観覧 | 記録 | 記録なし | 記録不完全 | 記録別途 | 記録準備中 | 詩のボクシング | 読み語り | 講演 | 赤れんが | 進行 | 道内ローカル | 釧路市 | 音楽 | 黒松内町