« July 2022 | Main | September 2022 »

2019.01.19 マキニウムまつり出場@東区

190119202213332019.01.19
マキニウム冬まつり2019
@studio Mk-Boo!
(演劇集合体マキニウム稽古場)

|| これは、2019の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

マキニウムさんの
「お祭り」に、えっ、これ4回目の参加出場?
それも3年ぶり?ホントか?
違ったあ。前回りリースはこれで、それが3回目。
前回参加報告

だけど、2017年9月にも参加してて、
それはなぜか「17まとめ報告」に入れちゃってたので。
正しくは、1年半ぶり5回目の参加でしたわ。。

結局、例によって例の如く
まったく練習も準備もせずに参加しました。

ギターも借りて、さらに今回は
翌日に読み語りライブが控えてもいたので
念の為、マイクもお借りしました。

全4曲。20代の頃のオリジナル曲。
ちゃんとタイトルついてないのもあって仮題ですが
「青いびんせん」
「ラビリンス」
「古い台本」
「つかれた顔して」
3曲目だけ、当時所属してた劇団の先輩の作詞。

マキニウムにくるときくらいしかギター触らないので(爆)、
もうこれで指が限界でした。
という以前に、アルベジオとか当時のようには
ぜんぜんできないでやんの。

写真撮ってもらってたあああ。
Dxr7ysvv4aq6h4i
いまさらですが、ありがとうございましたあ。

| | Comments (0)

2018年まとめ報告@各所

2018年全体をまとめつつ、
ここまでに報告した以外の、バフォーマンスした機会やら、
(この年分はクローズドも記録報告したのであんまりないけど)
あ、そうだ、パフォーマンス以外のお仕事についても、
まあざっくりまとめて報告します。

|| これは、2018年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2017年分の最後の報告が、
2017年まとめ報告@各所」で、
2021年12月19日付リリース。

そして2018年分、最初の報告は
2018.01.21 定例ライブ34@中央区」で、
2021年12月26日付リリース。

それから8ヶ月弱で18年分を終えますね。
報告件数は、このまとめ含めて29本。
17年分は23件だったから、数も増えつつ遅延短縮できてる。
まだ3年8か月弱の遅れだけど。ちょっと、ほっ。

まずは恒例(爆)
【未報告事項】学校名って、載せるの初めてかも。
<通年>
・専門学校札幌マンガ・アニメ学院非常勤講師
<1-3月>
・某全国展開劇団で2クラス10回分連続代講。
<3-12月>
・朗読対面個人クリニック、年間8回実施。
<4-7月>
・北翔大学講義非常勤講師(前期)
<4-12月>
・北海道文教大学非常勤講師(新規)
<6-7月>
・北海道文教大学スキルアップ講座講師(2回)
<9月>
・某全国展開養成所で代講1回
<10月>
・俊読オープンマイク参加。
※俊カフェで実施。まっつ参加は初日10/20。
18102013170980
※けっこうユニークなことやったと思うんだけど、残念ながら選外でした。
<12月>
・某全国展開劇団で代講1回。
・専門学校札幌マンガ・アニメ学院(現・札幌マンガ・アニメ&声優専門学校)卒業公演で演出担当(授業)
※「きりがたりシアター」では演出役もやってるけど、それ以外で担当したのは5年ぶりだったんだねえ…(遠い目)…。授業の一環としての担当だったので、感覚はだいぶ違いました。まあまあ無難によいとこまで持っていけたと思いますわ。

///
【活動まとめ】
[出演系]
一般演劇出演は5演目計24ステージ
・3月温故知新音楽劇「札幌開拓ワンダーランド」3st。
・6月「林檎園日記」2st。
・7月yhs「きつい旅だぜ」(サプライズちょい役出演)2st。
・8月演劇シーズン弦巻楽団「センチメンタル」10st。
・9月弦巻楽団「センチメンタル」大阪公演3st・苫前公演1st。
・10月弦巻楽団「センチメンタル」帯広公演クローズド含め2st。
・10月大人の事情協議会「ミドルエイジ,プリンセス」4st。
ステージ数は前年比8倍。とにかくよくやったわ。

あ、前年入れてなかったけど、
人形劇出演もあったのでした。
・2月人形劇フェスティバルさっぽろ冬の祭典「長ぐつをはいたネコ」8st
これを足すと32st。

・読み語りはソロ・きりがたりシアターなどのコラボ等、劇場もクローズドも含めて17stでした。

[講師系]
・読み語り自主講座実施日が10日。
・朗読対面個人クリニックが8回。
・学校等のクローズドなものは、内容的に多岐にわたるのでノーカウント(上記「未報告事項」参照)。

[メディア系その他]
・あらららら、今気づいたけど(2022年8月)映像やCMナレーション等のメディア出演は…この年、ひとつもなかったみたいだあああ。

[観覧鑑賞まとめ】
一方、観覧鑑賞は…
どうやら芝居系が有無料系含んで33本。
その他朗読系も13本もあったらしい。
…ホントか? そんな余裕あったのか?
精査してはいないけど、どうやらだいたい間違いないみたい。

そういうあれこれ観てるくせに、
この年、感想らしい感想は、ほとんど残してないや。
さすがに忙しかったんだわね。
観たのに「まっつな日々」の「観覧・鑑賞に載せてないのもあるし、
書いてても一行のみとか多すぎ(爆)。

映画とかドラマとか、音楽系・展示系は省略。
映画館でみてたりテレビで見てたり
さらにはネットで見てたり、あれこれ数え方が難しすぎる。
(一部は上記「観覧・鑑賞」に載せてます。)

//
さすがに画像ネタは少ないわ。
でもまあ、これ以上の精査はしないで、
次は2019年に入りますよ。
コロナ禍前の最終年。どんなことやってたかな。

| | Comments (0)

2018.12.14 「おはなしたいむ」@某児童会館

181214143212862018.12.14
「おはなしたいむ」
読み語りライブ
@札幌市内某児童会館

|| これは、2018年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫または実施公演のデータです。

こちらもクローズドで実施の
お呼ばれ読み語りライヴ。

対象は、1年生から6年生まで
何人くらいいたかなあ、写真撮ってないので
うろおぼえだけど、20人、いや30人くらいは
いたんじゃないかな。

「おはなしたいむ」っていう行事名は
なんともまあ、まっつにうってつけじゃないの。

なんて思いながら、
学年幅が広いというので
まずは持参した「おはなし」2作品から
選んでもらうことにして、
「ブレーメンの音楽隊」に決定。

みんなホームの気楽さもあるからか
けっこうツッコミ入れてくるくる。
もちろん声で手伝ってもらったけど、
それ以外にもビビッドな反応をたくさんありがとう。
その分、こっちもエネルギーつかったみたい(笑)。

続いては、担当の方に
ピックアップしてもらった絵本に
持参絵本も混ぜ込んで、
合わせて4作品から選択リクエスト。

最初は圧倒的支持で
おしりたんてい ププッ レインボーダイヤを さがせ!

まあ、読もうと思ったらいくらでも読むとこがあって、
絵いじりもするわ、絵解きもあるわで
本編後のニュース部分はそこそこ省略したけど、
20分超える大作でした。
かなり会場とやりとりたくさんしたよ。

続いては、残る3作品から選んでもらって
1から100までのえほん」。

これまたけっこう、探したり数えたり、
一緒になって楽しむ系の絵本だったので、
やっぱり時間使って楽しみました。
これも10分近くになりました。

そんなわけでもういい時間。
「もっと読めるかと思ったけど、ここまで」。
1時間近くで3作品って、かなりレアケースかも。
18121416031287
選ばれた2作品だけ、写真撮っといたんでした。

締めくくりには、担当さんからの
「楽しかったっていう人。感想なんかお話できる人いるかな」
の問いかけに、かなりの人数が手をあげて、
あてられた数名が、生の感想を言ってくれたのだ。
「動き」や「演技」のことにもふれてくれてて、
高学年の子にも好評だったようで、よかったわあ。

残念ながらお客様写真はございませんが、
みなさん、ありがとうございましたあーー。

| | Comments (0)

2018.11.16 小学校お呼ばれライブ@恵庭市

181116091512612018.11.16
読み語りライブ
@恵庭市某小学校
(クローズド開催)

|| これは、2018年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫または実施公演のデータです。

この年の秋は、こんなクローズド開催もありました。
学校へのお呼ばれって…いつ以来?
え、2010年3月以来なの? うそっ。
てゆか、2010年のは大人向けじゃないの。

子供向けでの学校お呼ばれは
2009年以来だったのかああ。

あ、でも幼稚園があったわ。
2014年8月ツアーの初日。クローズドだけど載せてた。

おっと、2013年12月には
中学校にお呼ばれもあったのに。
これは冒険で報告してなかったわ。

クローズドのお呼ばれは、
ほとんど報告してないんだった、かつて。
だけどそれで結局、記憶からも消えてるんだよね。
それはよくない。
ほら、2010年7月に小学校でやってたよ。

ということで、クローズドのものも
以後、記録として残しておくことにする。

さて、この日のオファーは
「45分ずつ3コマで、1・3・5年生対象」。
つまり別プログラムで3回ということでした。

それぞれ2点ずつ、こちらから持ち込んで
後の時間はやっぱりリクエストタイムにしてもらいましたよ。
あ、ちがった。持ち込んだ「お話」やって、
先生方に選択してもらった絵本に
まっつ持参絵本まぜてのリクエストタイムにしたのでした。

結果、お読みしたのは

<1年生>
お話「さんびきのこぶた」。

以下は絵本4点から選択で。
18111609071258

トップは「100かいだてのいえ」まっつは、お初読み。
知ってる子が一番多かったみたいで、大ウケ。
先取り反応もよかったわ。

続いて、「ウシバス」お初。知ってたけど(笑)。
こちょこちょ ももんちゃん」これも、知ってたけどお初。
りんごりんごろりんごろりん
まっつ持参↑作品まで回ったあ。
結局、全部クリアしてちょうどお時間。

<3年生>
お話「ブレーメンの音楽隊」から。
声のお手伝いもいただいたよ。

それから絵本。4作品から最初に選ばれたのは
ふまんがあります」。これお初じゃなかったけど、
子供たちからの共感反応が、なかなか楽しかったわ。
18111609081259

もうひとつ、できた。
ぼくら ちきゅうじん だいひょう!」お初
と、時間的にあとひとつ。
ぴっけやまのおならくらべ
まっつ持参本が競り勝ったあ。

<5年生>
こちらもお話から。
ちょっと微妙かとも思ったけど、
蜘蛛の糸」から始めました。
思った以上に集中して聞いてもらえました。

残り時間は、やはり絵本からのセレクト。
また4作品から選択してもらったのだけど、
それがあ〜た「算数の呪い」が支持圧倒。
18111609081260
これがかなり中身が濃くて
回答も考えてもらったり、
お互い満喫しながら、しっかり進めたら、
なんと25分もかかって、それでほぼお時間。

でももうちょいと時間ありとのことで、
持参した「これはのみのぴこ」もやって
にこやかな空気で終えました。

はい、お客さま写真は、もちろんありません。
18111609151261
各学年の子たち、同じ教室に
入れ替わりで来てくれたんですけど、
こんなデコレーションをしてくれてたのでした。
なのに、絵本じゃない作品から始めて…失礼(笑)。

ありがとうございました。

| | Comments (0)

2018.11.11 定例ライブ37@中央区

181111120512442018.11.11
「〜「詩」を想い、そして 思い出す日〜 37」
 @詩とパンと珈琲 mon coeur
2021年6月より、釧路新店舗情報になっています!!

|| これは、2018年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

これまでの冒険モンクール記録

この回は再び「ジャック企画」。
このシリーズイベントの中でも、
多くの回に参加してくれて、
鋭く「詩」について多くを教えてくれた
裕樹ちゃんにコーディネートしていただきました。

この日に前後して、裕樹ちゃんが現地開催中の
「私の好きな本の表紙を描いてみたくなった」展
      〜私の愛した詩人たち〜
に連動した企画となりました。
1811113456_n1811111600_n
参考:FBライブ告知FB個展告知まっつライブ告知

詩人・イラストレーター・人形作家…と
マルチに活躍する裕樹ちゃんだけに、
個展との連動は、何重にもいろんなことを
感じさせてくれましたねえ。

まずはびっくり、冒頭コーディネータ説明挨拶を
「文章にしてあるので読んで」ですとっ(驚。
こんなの初めて(爆)。

それでも個展紹介に始まり、読みの途中で適格な補足が
本人から入りまして、ああ、こういうスタイルも
おおありだと思った。
1811111784_n
そこからは裕樹作品(本の表紙)紹介があり、
裏側に載せた裕樹ちゃんなによる作品詩人紹介文を読み、
その後、その詩集に載る作品を読み語る。
そんな流れにおおむねなりました。

まずは『コクトー詩集』堀口大学訳から、
コクトーというより堀口大学の紹介先行でしたね。
作品は「朝の鐘」と「野ばら」。

続いては「立原道造」。作品はソネットに着目して。
あ、ここでは「ソネット」説明文も読んだんでした。

作品は『暁と夕の詩』より「眠りのほとりに」、
これはソネット。
もう一点は、なんと四行詩。

いきなり違う読み方が降ってきて、
この時、出典など現場では伝えず読んでた。
未刊詩集『さふらん』より「忘れていた」でした。
(青空文庫に載ってなかったので、この日の音声をどうぞ)

次に「室生犀星」。略歴部分読んで、
裕樹ちゃんの詩人解説があって、
ひとつめ『抒情小曲集』より
「小景異情 その二」これは現場では
タイトル読まなかったわ。
そして遺作と言われる「老いたるえびのうた

その後は、町田康「メシ喰うな!」
(『メシ喰うな!』より町田町蔵名義歌詞)、
そして、谷川俊太郎「これが私の優しさです」
(『これが私の優しさです』より)と、
現存する方の作品が登場。

詩の最後は萩原朔太郎。
作品は『月に吠える』より
「ばくてりやの世界」と「およぐひと」。

そして第一部締めくくりは、裕樹ちゃんによる「詩講義」。
と言いますか、この会「詩を思う」会なのに
あんまり「詩って何か」語る人はいなくて
だいたいそんな疑問が出てきたときは
裕樹ちゃんが参加してたら、だいたい語ってくれてたのね。

それをこの日は、しっかりやってもらえたのでした。
なるほどぉぉぉ。こういう話が聞けてほんと良かった。

その中でも読みを振られて読んでますね、まっつ(笑)。
草野心平「河童と蛙」。
(出典書籍不明・ググると教科書掲載などあり。参照あれ)

さらに『詩的レトリック入門』北川透を紐解いて、
第4章抜粋引用。

そんでもって、あ〜た、裕樹ちゃん自身も
こっから先はフリーハンドで読ませたいものを投げてきたあ。
中原中也『山羊の歌』「初期詩篇」より「サーカス」。
あ、これ2回読んでる。
見に来た人でまずやって、次に支配人版。

講義の締めでは「散文詩」にもふれて
「区切りとか内在律を感じながら読むと
 面白く読めます」(裕樹)
そして「まっつさんはどう」とふられたので
「声にはまた文字と違う区切りの扱い方法があるので、
 そういうの考えるのが楽しい」(まっつ)

この日はやっぱ、裕樹ちゃんの「詩の講義」が一番残ったね。

//
休憩はさんで第2部。
まずは前座2名。はるっちの詩の朗読に
18111115031245もうお一方は、お初の、
みさとDXさん、
なんとアカペラのシャンソンでした。
しかもご自分で日本語歌詞を
つけたとのこと。

それもあって、その後しばし
「詩」と「詞」についてのやりとりあり。
これもまた会にふさわしい。

が、ばつっと切ってリクエストタイム。
まずはEさんから『オレンヂ色のコマ』より
サトーハチロウ「オムレツのうた」。

続いてYさんから、萩原朔太郎「旅上」
(『純情小曲集』より)。
Kさんからの『現代詩手帖2018年11月号』より
柴田千晶「別海」。俳句とその背景ストーリー。

そしてそこで、Mさんから絵本
ルリユールおじさん」いせ ひでこ。
なんと絵解きもけっこう必要だったので
灯りで絵が影になる心配もしたりと、
18分かけた大作でした。おもしろかった。

まだあったリクエスト
冬野もゆ「詩人が亡くなった日2」(未出版作品)
さらに裕樹ちゃんから手作り架空本、
「住んではいけない」のご当人自作紹介文。

そしてMさんから今度はリクエスト。
自作詞。「ミケ」。

最後もMさんから、ねこつながりの絵本
ネコヅメのよる」。
なんか随所で皆さん、大笑いしてました。

いろいろ作品出てきました。
皆さん、一部から引き続き、深くもあり
また、楽しくもある1日だったようです。
何名かは途中でお帰りになりましたが、
18111116041247
ありがとうございましたあ。

| | Comments (0)

2018.11.10 図書館まつり@枝幸町

181110114312312018.11.10
枝幸町立図書館主催
「第5回図書館まつり」
枝幸町立図書館

|| これは、2018年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫または実施公演のデータです。

前年にきりがたりシアターでお伺いした枝幸町へ再び。
なんと「図書館まつり」にお呼ばれでした。

はい。本がたくさん並んだ中での
18111013151235ライブでしたよ。
「図書館児童室」
ですって。
なかなか落ち着く
場所ですよね。
でも、にぎやかにもなりそう(笑)。

まずは、ひとつだけ用意したお話
「ブレーメンの音楽隊」を披露、
声での参加もしてもらいました。

その後は、図書館さんにセレクトしてもらった絵本に、
まっつ持ち込みのものをちょと混ぜて、
挙手で選んでいただくリクエストスタイル。
この年、お呼ばれ公演は
だいたいそのスタイルで定着してたんでした。

最初の4つは…うまく別れてなかったあああ。
セレクトいただいた本は全部、皆さんにご紹介したよ。
表紙とタイトルだけではあるけれど。
1811101427123818111014281239

このうちまずは4つからの選択。
最初に選ばれたのは「さんまいのおふだ」でした。
お話としてはまっつ知ってるけど、
この絵本で読むのは初めて。
逃走劇の疾走感を出しすぎたかも(笑)。

続いては別の4つ。そこで選ばれたのは
「おばけやしきなんてこわくなーい」。
これはお初の絵本でした。かなり絵いじり絵解きして、
やりとりしながらの進行になったわ。いいよねえ、絵本って。

続いてまだ取り上げてなかったひとつに
ここまでで数名の手が上がってた計4つから選択で、
シンプルタイトルの「どん!」。これもお初。
短いんだけど、リズム読みで
ずいぶん笑ってくれる子とかいたなあ。

まだ時間ありってことで、残った3つから。
「まねきねこ だいさくせん!」
これまた全然知らない絵本でした。
前後のクイズも一緒に考えてみたりして、
しっかり楽しみました。

18111014311240ここでお時間。
艦長さんが
担当の石塚さんとの
ツーショットを
撮ってくださった。

町外の方もどうぞ。なイベントだったこともあり、
お客様写真もいただいたのでした。
18111014271237
わー、みんないい顔してくれてるじゃない。
遠巻きの大きなお子さんたちも、
ありがとうございましたあ。

18111015191241帰りには、枝幸町の産品を
お土産にセレクト。
なんかまだ
いろいろあったなあ。

そういや、昼食は…これを食したのでした。
18111012251234
なかなかたっぷり具だったのだ。

枝幸町さん。またねー。

| | Comments (0)

« July 2022 | Main | September 2022 »