« June 2022 | Main | August 2022 »

2018.11.07 講座忘年会@中央区

45542355_1889991861086743_188236782376262018.11.07
「まっつ読み語り講座
 ・気の早すぎる忘年会」
あけぼのA&C 交流室

|| これは、2018年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

WS・講座報告一覧

ひとまずコンスタントに講座を展開したこの年、
エンジョイ講座コアメンバーの発案で
ずいぶん早い時期に「忘年会」を実施したのでした。

ご案内対象は前年とこの年の講座参加者として、
いつものあけぽのA&C交流室で実施。
会場押さえと案内連絡は、まっつが担当。

結局、何名集まったんだっけか。
まっつ含めて8名だったみたい。
45608352_1889991201086809_7263644902834018110713421220
会費1000円と何か持ち寄りってスタイル。

実施日は平日ですよ。
しかも日中昼過ぎから夕方まで。
ああ、コロナ禍の今だったら、
こんなこととてもできないよねえ。

おそらくまっつとしては、この年のあれやこれやをほぼ終えて
とはいえまだ何かと初のことがあって、
だけどようやくこの秋、一息入れられた。
そんな日だったと思う。

これ、みて。みなさんの持ち寄りがこんなにあれこれ。
18110713421219
アルコールだっていただきました。

18110713421218盛り付けてみたら
一部でもこんな感じ。
ちょっとした
仕出し並み
だよねえ。

なんだかんだあれやこれやの様々な話題は
特に記録してなかったけど、
はい、頃合いよさげな中盤あたりから
リクエスト読み語りタイムしました。

講座でまっつが読むことってそんなになくて、
参考読み程度なわけだけど、
この日は思い切り、リクエストタイムもやりました。

あら、最初はコラボってた。
田丸雅智『白妻、黒妻』を三人四人で分担読みだあ。
(「家族スクランブル」より)
しかもこれまだ飲食タイムの最中だったみたい。

まっつが下の写真のように位置づいたのは
45610264_1889991647753431_49552260943587
それからまた40分くらい
飲み食い雑談してからだった模様。

さすがに満腹でテーブル片付けたんだろうね。
リクエストを要請したら、まずはTさんから
ハモニカ文庫と詩の漫画
そこから一編。

いや、マンガなんだけど、
その序章的な読んだ部分は
マンガマンガした感じでなく、
言葉の連なりで楽しめる感じの作品でした。

続いてはKちゃんから俳句系のリクエスト。
鈴木牛後『牛の朱夏』より14句くらい。
(これは書籍情報が見つからず)

さらにここでHさんから田丸雅智作品リクエスト。
『踊茸(おどりたけ)』。
(「ショートショート・マルシェ」より)
ショートショートといいながら
20分以上の大作でした。

まだ時間あるのを確認して、もひとつ。
Cさんから写真絵本のリクエスト。
この日の時点では発刊前のものなので、
(もちろん今2022年には発売中だけど)
作品名は伏せときます(笑)。

あら。お時間になって、なんか投げ銭もいただいたみたい。
紙コップで(爆)。いや、これ投げ銭というより
会費の余剰分をいただいたのでしたっけ。

次の年の展望とか
そういう話はしたんだったかどうだったか。
講座の忘年会なら、そのくらいしろよっ。
ても、まあ、普通にまたやるものと思って
この頃は生きていわけですよ。当たり前だけど。

17時には終了。
あ、店主が参加してくれてた浪漫堂の古書販売も
この日はあったのでした。

//
読み語り講座自体は、その後2019年の春夏にやって
その後は実質開店休業状態です。
今年(2022年)の夏も見送りました。
いつ再開できるでしょう。

それはそれとして、
なんかいま(2022年7月)浪漫堂さんでは、
#浪漫堂ミステリ展てなことをやってるようです。
近々行こうと思ってまっつ。

| | Comments (0)

2018.10.26-28 大事協7出演@中央区

Flyerura2018.10.26-28
大人の事情協議会第7回公演
「ミドルエイジ,プリンセス」
演劇専用小劇場ブロック

|| これは、2018年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

これがこの年、最後の演劇出演なんだなあ。5本目。
ずいぶんやってた2018年。
しかも、たしかこの公演のオファーが
一番早かったんじゃなかったか。

最終的に出演確定したのは、年明けてすぐ。
したっけ、「センチメンタル」は
その後にオファー受けたのでしたわ。
遠征かぶらなくてよかったあ。

稽古スタートは、8月だったはずだけど、
まっつは弦巻楽団札幌を終えてから参加。
まだ弦巻遠征稽古もあったから、
その隙間日に行ってたはず。

そんなわけで最初はなんかお客さんみたいだった記憶も。
でまあ、弦巻帯広の週なんて、
帯広に向かう前日はここの稽古にいって
帰札日には、日中きりがたりのリハして、
夜はまたこの稽古に参加したらしい。
きりがたり初日の本番後も。

その週終わってやっと専念。
って専念できたの2週間だけだったってこと?
いろいろみなさんに助けていただいたってことだよね。
改めてありがとう>ミドプリメンバーズ。

では中身を…の前に、実はこれが、まっつ
ブロック舞台で演技出演の初体験っ!!
いまさらぁ?な感じですけど、マジなのでした。
18102710061003
このお誘いがなかったら、いまだに未体験だったかも…。
ありがとう、大事協さんっ!

では、今度こそ中身を。
「ミドルエイジ,プリンセス」。
七福神を基本にした【元プリンセス七福メンバー】。

引退したメンバーが非常招集されて悪の組織と戦うお話。
まあ、大事協らしく、まっすぐな勧善懲悪モノではなくて
やっぱりコメディ。参照:まっつ告知
1810241918098918102519101000舞台は
こんなに
ピンクで
立つだけで
プリンセス気分。

おや、もしかしてこれ、おそらく
1810241951099018102419530991
初めて七福が全員?そろったシーン?
右にはちゃんと敵役もいます。

まっつの役は、プリンセスたちを統括する財団の会長。
妻である、元初代プリンセスのアマテラスと基本ペア。
ゲネプロ写真で追う、まっつシーン。
Line_album_gene01_273Line_album_gene02_272
Line_album_gene03_173Line_album_gene04_153
Line_album_gene05_143Line_album_gene06_116
伊藤しょうこ氏と、ここまでしっかり
相方させてもらったのは初めてだね。
ステキな機会までありがとー。
Line_album_gene07_77
こんな見栄まで、切らせてもらったああ(笑)。

ほかに共演経験があったのは、
代表でもある長岡登美子氏くらい。
金子綾香氏とは知り合いになってたけど、
共演は初だったよね。
はっ、絡みはなかったけど、
いい味出してた三島氏とは何度目かだわ。
お初の方が半分くらいか。
劇場でお会いした方は多いけど。

わーい、こんな写真も撮ってもらってたああ。
Senshuraku_74
千秋楽ステージ前の全員集合だっ。

ああ何も気にせずできていた、この頃の打ち上げっ。
18102819491007Senshuraku_99
Senshuraku_100Senshuraku_93

メンバーの皆さん、そしてご覧くださったお客様、
いまさらながら、ありがとうございましたっ。

| | Comments (0)

2018.10.13-14 きりがたりシアター@中央区

S__160646012018.10.13-14
きりがたりシアター
 10 周 年
記 念 公 演

in 札幌市こども人形劇場こぐま座

|| これは、2018年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

(→きりがたりシアター・ここまでの記録)

さて前報告の帯広から早帰りしたのは
これが控えていたからであります。

12日の朝に高速バスで帯広を出て、
16時にはゲネやってました(爆)。
18101216000941

なんと、きりがたりシアター
1年ちょいぶりの公演だったのねえええ。
しかも札幌での自主公演は
2016年6月以来。

というよりか、なんと、あなた、この公演
「10周年記念公演」だったんですよおおお。
「10周年記念公演」(大きく)
(はい、そっちでもこっちでも改めて拍手拍手うう)

3月には日程決まってたんだわ。
そんなわけで「センチメンタル」の間を縫って
稽古したりなんだりしてたんだったよねえ(遠い目)。

さらに「記念公演」ということで
初めての夜公演も企画しちゃったんだった。

そんなわけで、セットリストはこんな感じ。

「ねずみの嫁入り」
「きり紙パフォーマンス」千陽
「楽器紹介」
「童謡メドレー」
「りずむ遊び」
「はなさかじじい」


「はなさかじじい」
「りずむ遊び」
「蜘蛛の糸」
「おはらぶし」千陽
「こきりこ節」千陽
「ワンポイントきり紙講座」千陽
「なかなおり」
「天女の羽衣」
※「千陽」とあるプログラムは、まっつは休憩タイムだったはず。
※あ、「楽器紹介」と「りずむ遊び」も表参加はしてなかったね。

その上、日曜日のラスステには、
千陽がこの年から所属したエゾンミュージック
新田さんと小室さんが、千陽パフォーマンスに
ゲスト出演して生演奏をしてくださったのだ。

そして、ああ、そうです。この公演のために
手作りマラカスをみんなで準備したんでした。
子どもたちだけでなく、大人の皆さんも
しっかり使ってくれてましたっけね。
ああ、マラカスの写真が…ないっっ!

恒例、気合い入れ!わっ、新田さんたちも混ざってくれた!
181013095809461810141027096318101410270962
やなちゃんたら、↓こんなすごいショットも撮ってくれてた。
Yana5819jpg

そのやなちゃんの舞台写真も、ご堪能あれ。順不同。
クリックすると大きくなるよ。
Yana2469jpgYana2477jpgYana2513jpg
Yana2538jpgYana2546jpgYana2590jpg
Yana2603jpgYana2673jpgYana2701jpg
Yana2755jpgYana2788jpgYana2888jpg
Yana2896jpgYana2933jpgYana2969jpg
Yana3194jpgYana3263jpg

お客さま写真も、久しぶりの4回分だあっ。
1810131159094718101314570951
1810131952095418101412070964

お開きの後は、やっぱり恒例のまるちょーで打ち上げっ!
181014141109661810141411096718101414200968
お疲れまっつは、早めに帰ったらしい…す。

| | Comments (0)

« June 2022 | Main | August 2022 »