« February 2022 | Main | April 2022 »

2018.07.12 大人のための昔話@恵庭市

180712172006892018.07.12
【ヨミガタリストまっつの
 本当は怖い 大人のための昔話】
えにあす 1階ホール
主催:恵庭市立図書館・恵庭市教育委員会

|| これは、2018年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫または実施公演のデータです。

この年5月のイベントでもお邪魔した えにあす で、
今度は、同館内にも分館のある
図書館さんの主催イベントとして
お呼びいただいたんですね。

イメージポスターは、これ。わかりますか。
5月にお聞きいただいた「赤帽ちゃん」を
フィーチャーしてくれたんですね。
MukashibanasipMukashibanasif
よく見ると、女の子の袖口に「おおかみ」。こわっ。
5月にやったばかりなので、この日は読まなかったけど。
こんなていねいな準備までいただき感謝感激でした。

主催者サイドからの注文は
「大人向けに」「怖い話」を。
1時間半弱設定の中で、あれやこれや考えたのが
アンデルセン「しっかりもののスズの兵隊」楠山正雄 訳
グリム「白雪姫」菊池寛 訳

そして5月の実施イベント中は冒頭のみの披露になった
楠山正雄「かちかち山」。

そんなプログラムを準備して臨んだのでした。

楠山文体は、かなり慣れていたからよいとして
菊池寛はどうかなあと、実は事前に思ってました。

きりがたりシアターでやった
2012年5月「しらゆきひめ」2012年11月「しらゆき」
のときは、それぞれ対象年齢層に合わせ
いずれにしても子供向けの
オリジナル翻案だったので、
グリムの怖さは残してなかったんですね。

それに対して菊池寛訳は、しっかりグリム。
悪役・女王を、最後、「死ぬまでおど」らせちゃう。

でも菊池寛訳、思ったより読みやすかったです。

改めて振り返ると、
三作品とも、そんなふうに最後は
主要登場人物が「消されて」しまうお話でした。
ニュアンスはだいぶ違っても、
そりゃあ「怖い話」ですわ。

三作品合わせて、読んでる実時間だけで78分。
まあ、予定時間のほとんどを読んでたんですね。

それでも最後の「白雪姫」の前には
少し休憩を入れて、えにあす内セイコーマートさんから
ご提供いただいたコーヒーを、ちょいといただきました。
ごちそうさまでした。

コーヒー画像はないけど、お客さま写真はいただきました。
18071219590691
しっかりお楽しみくださり、ありがとうございました。

//
今回の報告に合わせて、少し以前を振り返ってみたら
公共施設等主催にお呼ばれしてのソロアクトは
え、そうなの、2014年5月「やまびこ座チャリティ」以来…なんだあ。

きりがたりシアターで、あちこちけっこうやってたから
もっとやってる気になってたけど、そうでもなかったああ。

図書館に限定してのソロアクトっていったら、
2012年3月「釧路図書館」以来だったんだあああ。
そんなにやってなかったとは、逆にびっくりした。

図書館さんとは親和性あると思うんだけどなあ、まっつ。
もっといろんな図書館さんで
使い倒してくれたらいいのに。

今月の新着作品の一部を紹介引用として読んだり、
なんなら、その場で選んでもらって
読むってのもありなんですが…。

さすがに投げ銭というわけには、
いかないんだろうけど。

| | Comments (0)

2018.07.06,08 シークレットゲスト@西区

1807yhsflyerura2018.07.04-08
yhs結成20周年記念公演 其の弐
39th PLAY
「きつい旅だぜ」

ターミナルプラザ ことにパトス
 (22.03-07改修工事休館中)
中日と楽日に、
シークレット日替わりゲスト出演。

|| これは、2018年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

この年でした、これ。
日替わりシークレットゲストという
なんともワクワクしてしまう役回り。

そりゃやったことは忘れてないけど、
辿ってはじめて時期を思い出した。

なにしろシークレットなので
事前告知ができなかったから、
ブログには最終日終了後
一言書いただけ。

この公演、後に東京に行く組と大阪に行く組の
ツーセットで展開してて、札幌では両方を上演。
それぞれに一回ずつ出演したのでした。

出番は確か1分ちょいくらいで。
ひとりと会話するだけなんだけど
あのタイミングで出てくるというのが
なんとも絶妙な役。

会場入りするときから、なんか不思議な緊張感があって、
それだけでもなかなか楽しめたのでありました。

あれこれチェックしてみたら
オファーいただいたのは6月下旬。
前の芝居の本番直前だったのだったあ。

公演記録データに「ゲスト」で名前残してもらってる。
いまさらですが、ありがとうございましたm(_ _)m。

(左)自分初日は開演後到着。(右)楽日開場前セット自撮り
1807061910067818070813170684

Img_20220327_164630_kitsut記念Tシャツは
宝物…というか、
むしろ
何かと
勝負服的に
使わせて
もらってまっつ(^^;。

| | Comments (0)

2018.06.23-24 「林檎園日記」出演@中央区

Chirashi12018.06.23-24
久保栄作品上演実行委員会 主催
「林檎園日記」
@北翔大学北方圏学術情報センター
 ポルトホール(当時。現在は「多目的ホール」)

|| これは、2018年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

この年、2本目の演劇出演は
札幌出身で演劇界の巨匠と言われた
久保栄(Wikipedia)」の作品、
実際に札幌・平岸にあった林檎園をモデルに
書かれた「林檎園日記」でした。

没後60年を記念して
主に北翔大学舞台芸術分野の先生方によって
実行委員会が立ち上げられたんですね。

そして、同大学教員や学生、卒業生を中心に
キャスティングされ、
非常勤講師のまっつも
お声をかけていただいたというわけです。

現在、公式サイトはすでに消滅していますが
クラウドファンディングページが残っており
(22.03.22時点)、
久保栄没後60年 「林檎園日記」を上演!
経緯も含めた応援要請文が閲覧できます。

まっつブログ告知も参照できます。

この作品、全編まともにやったら4時間近くになるらしい。
さすがに現代的事情から、その長さは現実的ではなく
せめて2時間半にはしようと、
大幅に短縮する途上から稽古は始まりました。

と、ドキュメンタリー風に書いていくと
どんだけになるかわからないので、あっさりいこう。
最終的にはなんとか2時間15分くらいになったはず。

といってもカットしたシーンはなく、
ほぼセリフを間引いていっての短縮。
原作を尊重し、展開にメスは入れなかったのでした。

ときは昭和15年「中日事変の頃」。
ところは平岸にかつて並んでいた林檎園の一家で、
その家のみが終始舞台。
お話の内容は、まあざっくりいうと没落林檎園の顛末。

ほぼ出来上がった段階の舞台の様子がこちら。
180619183106711806191831067018061918300669

そしてまっつの役は、
没落果樹園の一家と近しい別の林檎園の主。
ときどき出てきて、真っ当なことを言う役回り。
しかしその想いは最後まで通じないという…。

まっつとしては、
自分が生まれる前に書かれた戯曲作品に
本格的に取り組むのは、
ほぼ始めてだったんじゃないかなあ。

削ったとはいえ、言葉はほぼ原作通り。
体を通る感覚がかなり違うかと思いきや
現代と違う言葉や事柄や生活のきまりごとは
いろいろあるけど
そんなには違和感はなかったように思う。

演出の森先生含め、座組のメンバーは
顔見知りは多いとは言え、
かつて同じ劇団にいた城島イケル氏と
一緒のシーンがなかった田中さん・なるみさんを除き、
絡む人たちはほぼ皆さん初共演だったなあ、そういえば。

そういうお初のわくわくもあって
楽しんでやれた芝居だったと思う。

でも初日だったか、それでも
のぼせ上がっていたのでしょうか、
妙な失策をやらかした記憶がある。
ここで明らかにはしないけど(笑)。

終演後の集合写真を載せておきます。。
20180624shuugou_1
関連展示として「久保栄回顧展」も実施されてました。
1806191823066718061918240668
当時の実際の平岸付近の様子も興味深いものでした。

//
もう4年近く前のことだけど、
凛と背中を伸ばして座る姿が美しかった
主体林檎園の当主の母役、小山由美子さん。
それまであまり存じ上げてなかったけど、
素晴らしい役者さんと思ったのでした。

その後、親しくやりとりする機会もないままでしたが、
昨2021年に訃報をいただいて愕然。

詳細は存じ上げてないのだけど、
いずれまたの機会があればと思っていたこともあり
残念でなりません。ここで改めて、
ご冥福をお祈りいたします。

| | Comments (0)

2018.06.03 定例ライブ36@中央区

180603120406552018.06.03
「〜「詩」を想い、そして 思い出す日〜 36」
 @詩とパンと珈琲 mon coeur
2021年6月より、釧路店舗情報です!!

|| これは、2018年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

これまでの冒険モンクール記録

この日のモンクール店頭ラインナップ。ああ、懐かしやあ。
18060312110656

この回も通常スタイル。
とはいえ、初めての詩人を扱うのは、久々。
モンクールオーナーお薦めの
尾形亀之助を取り上げました。

まっつは、この企画があるまで
まったく知らなかったわ、亀之助。

さてまずは前座から。
ひとりめは歌集からの選択で、
歌をばらして詩に編んだ作品とのこと。
もうおひとりは中原中也の詩を2点。

いい具合に雰囲気を作ってくれました。

そして本編は、オーナーの軽い亀之助紹介から。
写真見せる。かっこいい(笑)。

そうして読み語り最初は「詩」ではなく、
それにまつわる亀之助の文章から。
私と詩」。短い詩が多いというお話。

へえーと思いながら聞いてもらったが、
実際、そうとうに短いのだ。

まずは『色ガラスの街』より
「煙草」「雨」「九月の詩」…ホントに短いっ。

続いて『雨になる朝』より
「十二月の昼」「昼」
もひとつ「昼」←これなんて俳句よりみじかっ!
「白に就て」「白(仮題)」←3行あるともう長く感じたり…。
「お可しな春」「秋色」

というくらい作品に接してから
(と言っても最初の作品からここまで10分かかってないけど)
オーナーによる亀之助しっかり紹介。

働くこともなく、爺さんの残した財を
親子二代で食い潰した人らしいのだけど、
当時の文学仲間からは
いわば金づるみたいな存在に見られていたらしい。

その後再び『色ガラスの街』から
連作っぽいという3篇
「一日」「彼は待つてゐる」「私は待つ時間の中に這入つてゐる」
おおっ、これでも長く感じるぅぅ。

この3つの順番は、原典詩集の編集とは違い、
オーナーの出会った『美しい街』という
別編集された詩集での掲載順なのでした。

そしてさらに、やや長めの作品。
『色ガラスの街』から「明るい夜」。
『障子のある家』から
「三月の日」「五月」「秋冷」。

締めくくりは、再び詩ではなく、
『障子のある家』の「後記」の一部、
「泉ちやんと猟坊へ」。へえ、こんなこと考えてもいた人なんだあ。
と、ちょっと印象が変わったんじゃないかな、みなさん。

なんだかどうも、ふわふわしてたような
でもきっとそれが、なんだかおもしろいような。
そんな時間が流れてた気がします。

「まだまだいろいろ亀之助。またいつか」という
オーナーのコメントで第一部は終了。

亀之助関連本。右端に「美しい街」。
18060315110660手前の「小説」は、
まっつが参考資料として
借りてたもの。
こんな小説にも
なってる人だったのね。

さて、この日も実は少年がひとり参加してくれていて、
序盤では、短い亀之助の詩をすぐに復唱し
明るい雰囲気を作ってくれていたのでした。

さすがに途中で飽きたらしく、
コアメンバーのひとりが少し離れた場所で
絵本を読んであげてたりしたみたいですわ。
ありがとう、かなずちゃん。

//
第2部。まずはまっつ関連の宣伝から始めたら、
そこに、リクエストか。と思いきや
「朗読したい」あ、自分で読みたいって人が登場。

そんなイレギュラーから始まったリクエストタイムですが、
その後は、自作詩、翻訳家エッセイ、さらに自作詩。
ちょいと長いけど「キレのいいとこまで」という自作小説。

これ、けっきょく15分弱、半分くらいまで読みました。
「札幌文学第87号」に載った作品。
そんな作家さんにご観覧いただいてたとは
リクエストがくるまで分かってませんでしたが、
とてつもなくびっくりうれしかったです。

まだお時間ありってことで、
前座してくれたおひとりめから、
「わたしと同じところを」とのリクエスト。
これも珍しいリクエストパターンでした。

自分で目にしてみたら構造が分かった。
それぞれ、タイトル、短歌、そして背景的エッセイ文
という流れだったんですね。

というところでいい時間になったので、
すでに決まってる次回のご案内をして終了。

せっかくなのでリクエスト本(一部テキスト)を載せよう。
1806031512066218060315130663
ああ「琥珀色」読み忘れた会だったあああ。

でも、お客様写真は忘れませんでしたよ。
18060315080658
少年は残念ながら、もう帰った後だったみたい。

| | Comments (0)

2018.05.26 イベント参加読み語り@江別市

2018.05.26
18052614350652ブクスト×ヨミガタリストまっつコラボ企画
ビブリオバトル&投げ銭リクエスト読み語り
日時:5月26日(土)14:00〜16:00
@大麻銀座商店街 古書店ブックバード2階
(20.02.29に同店は閉店。現在は北海道ブックシェアリングの「学校図書館づくりサポートセンター」となっているそうです)
■主催:大麻銀座商店街ブックストリート

|| これは、2018年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

ここでまたまた、特殊な形のイベント参加。
長く続く「大麻銀座商店街ブックストリート」
の「ビブリオバトル」。
そこに登場しました。
この日が第32回目だったようです。

参照:まっつ告知

180526haruchiといってもバトルに
参戦したのではなく
終了後、チャンプ本をその場で
読み語りさせてもらったのでした。
(撮ってもらったこの写真が
チャンプ本を読んでるところ)

この日のバトルテーマは「スポーツ」とのことで
チャンプ本には、やまださんの
時さえ忘れて (虫明亜呂無の本)」。

その中から、チャンプにご指定いただいた
「チームプレーとは何か」を読んだのです。
直後にはご当人から「ドラマを見ているようでした」
との口頭感想もいただきました。

さてその後は、予告通りのリクエストコーナー。
あ、ちゃんともってきてくれてた。

あらいさんから『はじまりの日』。
ポブ・ディランの詩を絵本にしたものだそう。

次に、まっつが配った次のまっつイベントのチラシを
(仕込みではないその場のお客様から)
「会場の情景を思い浮かべるような読み方で」と
読み方リクエストももらって、宣伝できちゃったわ。
かえってありがとうございました。

さらに進行役でもあった、たけつぐさんから、
ガルドンのながぐつをはいたねこ」。

読み終えたときに、リクエスターも「わからない」という
「PIB」の秘密が分かったりもしました。
みんなで謎を探っていくような
そんなわくわくもあったなあ。

以上、ご紹介されてから50分弱のパフォーマンスでした。
18052615390653チャンプ含めて
しっかり
お客様写真に
収まって
くださいました。
少年がひとりいたはずなんだけど、あら、隠れてたのかな…。

いまさらながらですが、ありがとうございました。

//
こんな場にも、読み語りバフォーマーは
お役に立つ(笑)のであります。
ご用があれば、ぜひお声がけください。

| | Comments (0)

2018.05.20 読みフェス@東区

180520yomifes2018.05.20
まっつマキ朗読W講座&ライヴ
「読みフェス」
@studio Mk-Boo!
(演劇集合体マキニウム稽古場)

|| これは、2018の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

こちらちょっと特殊なイベントでした。
「演劇集合体マキニウム朗読部」で
“マキニウム式”朗読法を伝えるマキさんと
読む聴くを軸とした
体験重視のエンジョイ講座を開設するまっつが、
ジョイントしてたっぷり1日
「読む」ことに耽溺していただくフェス。
まっつブログ告知

告知ご覧いたたくとわかるように
まずは<マキニウム式朗読お試し講座>があって、
ここでかなり理論的なお話が展開されました。

我田引水的にその論点をまとめると
「読みたいように読む」かつ「聞き手に届くように声にする」。
その両方が成就されることで、魅力的な朗読になっていく。はず。
ということかなと思った。

まっつは。そんなふうにしっかり分析して
論として立ててはきてなかったけど、
それって「エンジョイでやってることそのものじゃね?」とか
勝手に思ったりもしたんですね。

で、結果、それを受けた形になったのですけど、
まっつの「エンジョイ講座」で読み体験。
これ、いつものエンジョイの最高人数以上の
なんと計12名参加。
はなっから3チームで展開してもらいましたよ。

マキ時間とまっつ時間、それぞれワンシーンずつ
参加者の写真からお借りして載せておきます。
マスクまっつが写ってる左側が、マキニウムタイムです。
33059943_551223998604399_22683684703683233034486_1666647713421160_81624258910921

改めて聞いてみると、
いつも参加してくれてる人たちが
最初っからのびのびしてるのに対し
さすがにお初参加の方々は、
なんか着飾ってのスタートっぽかったね。

それが時間が進むにつれて、
マキさんの講義も咀嚼してきていったのか、
あるいはエンジョイの自由な雰囲気が浸透していったのか
発表段階では、みなさんイキイキとしてました。

その後、[まっつマキねほりハホリ対談]。
これ、単に対談でなくて、客席から
どんどん、それこそ「ねほりハホリ」
突っ込まれて展開するというものでした。

何が話せるのか事前には予想もつかなかったんだけど、
なんかおもしろかったわあ。
日頃あまり理屈で説明しないまっつとしては
(理論的に考えてないということじゃないのだが)
また違う線がつながったようにも思えたのでした。

で、最後に、あれこれの論考が一通りなされた後で
<まっつ投げ銭リクエスト読み語りライヴ>。

・小説・新聞コラム・パロディ系・そしてエッセイか。
1805201809064618052019550649本編で読んだ
リクエストの画像は
これだけしか
撮ってなかったあ。

みんなたっぷりあれこれやった後だというのに
しっかり食いついてくれました。
ライヴ時間はほぼ予定通り1時間強
でも、正味の読み時間だけで45分越えてた。

ほぼ最初から最後まで参加してくれた皆さん。
いまさらですが、お疲れ様&ありがとうございました。

その後、交流会も軽くやったはずなんですが、
そのへんは録音記録等ありません。
が、おっとメモと書籍画像が残っていた。
1805202000065118052019540648その時間にも、
この2点の
リクエストを
いただいたようです。

//
ところで、この「読みフェス」、
仕掛け人にして、
企画構成の軸となってくれたのが祈子さん。

まっつの読み語りをよく聞いてくれる一方、
マキニウム朗読会の参加者でもあることから
発案してくれたのでした。
それぞれに実りあるよい時間をありがとうございました。

この方、最近は俊カフェさんで
毎月第二木曜日に
祈子式ポエトリーリーディングWS&ライブ
てなことなどなど展開してます。
(いろんなお名前お持ちで、紐つけていいのか迷うので、
 ここでは「祈子」さんイベントだけご紹介)

併せて「マキニウム朗読部」のページにもリンクしておきます。

| | Comments (0)

2018.05.03 「昔ばなしにひたろう」@恵庭市

2018.05.03
18050312080635「昔ばなしにひたろう」
@恵庭市市民活動センター 会議室2.3
緑と語らいの広場えにあす内)
主催:絵本サークルひだまり

|| これは、2018年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

恵庭にある絵本専門店「かしわ文庫」さんに
お呼ばれしてのイベント参加。
18041216490586
同文庫店主・美奈子さん設立の
「絵本サークルひだまり」イベントに
ゲスト参画する形となりました。

参照;まっつ告知

いつもは絵本ばかりとのことで
それとは違う「昔ばなし」の読み語りを
ご自分たちの研修も兼ねて
ご依頼くださったとのこと。

そして冒頭に掲げた案内は
えにあす内図書館恵庭分館の方が
ご用意くれたものです。

そうそう、この「えにあす」
官民施設が雑居していて
なんかそれだけでわくわくな場所でした。
(告知をご参照ください)

18041216480585それとは別に、
かしわ文庫の店頭には
1ヶ月近く前から
美奈子さんが、こんな告知も
掲げてくれていました。

まあ、始まったらもう、まっつは
だいたい、いつも通りのスタンスで
進めてまいりましたわけですが。

といいつつも「昔ばなし」は
きりがたりシアターではよく取り上げながらも
ソロでやるのは久しぶり。
そんな演目を中心に選んで臨んだんですね。

まずは「おむすびころりん」。
おっと、これはソロ読みは初だったあ。
しかもきりがたり用に
オリジナルで起こした作品だから
原典が示せないや。

この日、ソロながら思ったより動いてました(笑)。

続いては「さんびきのこぶた」。
これもきりがたりシアター用に脚色したやつだった。
でもこっちはソロでも何度もやってる。
と言っても5年ぶりだったみたい。
いやー、かなりのびのびやってました。

オリジナル英語版から訳したもので
最後はこぶたがおおかみを食べて終わるという
その展開には、特に大人の皆さんからどよめきがあったね。

これでトーク含めて30分くらいになったので
いったん休憩。
休憩中は、ひだまりメンバーさんが
遊びタイムで場を温め続けてくれました。

皆さん落ち着いたあたりで早めに休憩終了。

続いては、おっとこれも
英語版からオリジナルで訳して脚色した
グリム童話より「赤帽ちゃん」でした。

2匹目のおおかみが出てくるのは
あまり日本で出回ってる「赤ずきん」にはないですよね。

さてまだお話は用意してきてたんですが、
「リクエストあったらどうぞ」の声に
お子さんから「桃太郎」の声が。

でも今手元にはないというので、
なんと、美奈子さんが「図書館から探してきます」とのこと。

到着するまで、今日は出番ないなと思ってた
楠山正雄「かちかち山」を、
「ひどい話ですが」と前置きして
適度なとこまで読もうということに。
(リンクで読めるのでどうぞどうぞ)

夕方おじいさんが帰ってくる前までを読んだのだけど、
その最後の一文が衝撃的でしたよね。

ここで「桃太郎」到着。
いくつか持ってきてもらった中から、
リクエストくれたお子さんに決めてもらって
福音館書店「ももたろう」。

予定時間はまだあるものの、
けっこう皆さんお腹いっぱいになったようで
これで締めくくりとすることになりました。

大人のほうが多めだったけど、
老いも若きも、しっかり楽しんでくれたようでした。
と、言いながら、お客様写真なしっorz。

あ、実施中を後ろから撮ってもらったがあったあ。
31755268_1650554481697150_20750705423391
これは何を読んでるときだったかな。
まっつ立膝になってめから。多分「かちかち山」?

18050315120636せっかくなので
絵本サークルひだまり
の皆さんとの
記念写真も
残しておきます。
みなさん、
ありがとうございました。

その気持ちも含め、終了後は、ひだまりの皆さんに
「かちかち山」を改めて最初から最後まで読んだのでした。
だって美奈子さんは本借りにいってて
聞いてもらえてなかったんだもん。
(けど、それは録音記録も残してなかったああ)

//
内外ともに、なかなか好評で、
「また来年も」ってお話もあったんですよ。

けど翌年は、諸事情でお流れになり
その後はもう、コロナで
とてもできる状況ではなくなって今日に至る。
のであります。

またいつかできる日が来るといいなあ。
(それはそれとしてこの年7月には、今度は図書館さんに
 お呼びもいただいたので、その報告はまた後日)

| | Comments (0)

« February 2022 | Main | April 2022 »