« October 2021 | Main | January 2022 »

2018.01.21 定例ライブ34@中央区

180121122804902018.01.21
「〜「詩」を想い、そして 思い出す日〜 34」
 @詩とパンと珈琲 mon coeur
  (2021年6月以後、釧路新店舗データ)
  そしてこれは、札幌時代のイベントです。

|| これは、2018年の報告で、モンクール旧店舗でのものです。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

これまでの冒険モンクール記録

この回は、前回好評だった「ジャックシリーズ」再び。
この回のジャック主は、俊カフェの古川奈央さん。

当然ながらセレクトいただいた作品は
ほぽすべて谷川俊太郎作品。

膨大な谷川作品からどうセレクトするのかも興味深かったけど、
それに加えて、奈央さんは谷川さんご当人と
何度も直接対面しているだけに、
単に書籍類からだけではない谷川さんの様子が
作品それぞれに対するコメントに伴って
どんどん出てくるのが
まあとにかく、濃い時間でした。

迎え撃つ?まっつは、いつ何が来てもいいように
特に構えずにいようとしてはいたのだけれど、
26907802_1794772613867284_82775119865949奈央さんのお話に
どんどん
引き込まれていて
さらに構えなく
読んでいたような気がする。

少しだけでも細かく書き出すと、
なんかあっという間に果てしないことになりそうなので
第一部の奈央さんコーナーは、
(「第一部」といいながら途中に休憩が入ってトータル2時間弱でした)
セットリストの紹介でお許しあれ。

<奈央さんまとめ。作品リスト。>
*三好達治さん『二十億光年の孤独』への序文
*二十億光年の孤独(同タイトル)
*41 空の青さを見つめていると(62のソネット)
*62 世界が私を愛してくれるので(62のソネット)
05*家族(絵本)

*鳥羽1(旅)
*除名(落首九十九)
*2 武満徹に(夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった)
*11 (夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった)
10*私の家への道順の推敲(定義)

*ののはな(ことばあそびうた)
*いるか(ことばあそびうた)
*わるくちうた(わらべうた)
*ゆっくりゆきちゃん(わらべうた)

ーーー休憩ーーー

15*母を売りに(対詩)

*みみをすます(同タイトル)
番外「(えてしてどかんは・・)」(「よしなしうた」巻頭詩/奈央さん読み)
*ゆうぐれ(よしなしうた)
*さようなら(はだか)
*墓(女に)
20*泣いている天使(クレーの天使)

*なんでもおまんこ(夜のミッキー・マウス)
*百歳になって(シャガールと木の葉)
*自己紹介(私)
*自販機(あたしとあなた)

註;*のすぐ後ろがタイトル。()内は出典詩集名。

//
さてそれでもリクエストお持ちの方もありそうなので
第二部もやりました。

前座2名にご登場いただいてから、
26814500_1794772647200614_5510629999924026814678_1794772697200609_85705190368620
(KさんとRさん。確かお二人とも前座初登場じゃなかったか)

けっこう多彩なリクエストをいただき、
・エッセイ抜粋1件
・自作詩1件
・絵本1件
・コント台本1件。
そして城さんの「琥珀色」で締めました。

//
第一部くらい詳細に書こうとも思ったのだけど、
奈央さんジャックはあまりに好評で
この翌年にも再度実現したので、
しっかり書くのはその時にしよう。

いやーしっかし、おもしろかったなああ。

俊太郎さんの詩をたくさん声にしていると、
なんか自由な気分が立ち上がってくるのが不思議。
と、いうのは記録を聴き直しての
今(2021年)の感想ですけどね(笑)。

久々、二枚組のお客様写真でしめくくり。
1801211605049218012116040491
みなさま、ありがとうございました。

| | Comments (0)

2017年まとめ報告@各所

2017年全体をまとめつつ、
ここまでに報告した以外の、
仕事外でバフォーマンスした機会やら
あ、そうだ、パフォーマンス以外のお仕事についても、
まあざっくりまとめて報告します。

|| これは、2017年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2017年分の最初の報告は、
1月冒頭の《「夢十夜」Nights 第三期》5-6回」で、
2021年4月3日付リリース。

それから8ヶ月ちょいで17年分を終えられたってことは、
少しは遅延を縮めたってことっす。

ということで先に
【未報告事項】
<2月>
・「探偵はBARにいる3」撮影。
この年12月に封切られた映画作品に出演したのでありました。
松田龍平さんとの共演で2シーンに登場。
<3月>
・前年7月に撮影のNHKドラマ『絆〜走れ奇跡の子馬〜』オンエア。
役所広司さん、新垣結衣さんとの対面シーンでした。
<7・8月>
・某大学で演技系ワークショップ講師2回。
<8月>
・某交通系企業の啓発ビデオ出演撮影。
<8・10月>
・某全国展開劇団養成クラスで朗読系代講2回。

<9月>
Makiniumtweet0909・「マキニウム残暑祭り」に
飛び入り出演。歌う。
やっぱりノー準備で
ひっかかりまくり
でしたわ(汗;自分のうたなのに(爆)。

<10月>
17102221450289・ひだのかな代さんの「受賞記念バーティ」でリクエストいただき受賞作品「うまれるまえのおはなし」を、僭越ながら初読み語り。ついでにこれは自分からお願いして、ひだのさん作品「りんごりんごろりんごろりん」も読ませていただく。

<11月>
・「つなぎ屋フィナーレ」で谷川修太郎さん作品をコラボ読み語り。コラボしてくれたのは、この日初めてお話したモノノケさんでした。
1711251740038117112519450388

<12月>
・何やら読み語り講座系の人たちで、まっつの還暦祝いの会を開いてくれてそこでしっかりリクエスト対応読み語り。講座メンバーもあれこれ読んで、なんかにぎやかで楽しい時間だったわね。
17120219150409Member10gccollagepkg-2
Presentgccollagepkg-217120221430412
Mats17120222310413

・恵庭市公報ビデオ撮影
・テレビ北海道「検証・拓銀破たん20年〜今伝えたいこと〜」放映

///
【まとめ】
一般演劇出演は2演目計3ステージ
・11月NIN企画「けんず きみが傍にいた時代」2st。
・12月蘭越演劇実験室 2017公演「蘭越幻燈観光ツアー」1st。
ステージ数は前年比7分の1。まあでもこれが通常進行かな。

読み語りはソロ・きりがたりシアターなどのコラボ・ジョイント等。劇場もクローズドもぜーんぶ含めて23回でした。

自主講座実施日が14日。
学校等のクローズドなものは入れてません。

一方、観覧鑑賞は
どうやら芝居系が有料29本、無料系含むと35本か。
ずいぶん見たなあ。
その他朗読系は7本くらい。

基本、やるより見る年だったのだねえ。

さあ、とっとと2018年に入るぞ。4年経つと記憶はかなり消えている。そうならないくらいの遅延まで、早く追いつくぞ。

| | Comments (0)

2017.12.09 演劇公演ゲスト参加@蘭越町

Flyer2017.12.09
蘭越演劇実験室 2017公演
「蘭越幻燈観光ツアー」
@蘭越町民センターらぶちゃんホールほか

|| これは、2017年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

いやー、これ、なんとも説明が難しいゲスト参加をしました。

参加は俳優としてではなく、
「読み語りパフォーマー」としてだったんですよね。
役者さんたちのアクティングとともに
テキストを読む形で本編に参加して、
なおかつその後に、お時間いただきパフォーマンスした。という。

そもそも本編自体が「ツアー」と名付けられているように
町民センター周辺を、あちこち移動しながら展開されるもの。

まっつも自分の出番以外の時間帯は
お客様に随伴して移動してました。
おやつタイムなんかにも確かちゃっかり参加してたはず。

うまく説明できないので
いまも残っているこの公演のFBイベントページ
ご参照ください。

自分は地元民じゃないけど、
どうなんでしょう、こういう試み。
地元の人にとっても、
再発見のツアーにちゃんとなってたんじゃないかと思う。

記録があんまりないので
まっつの朝からのひとりツアーとして
再構成してみる(爆)。

1712090803042117120910290423朝8時には
小樽で乗り換え。
10時半に
蘭越駅に到着。
もう真っ白だった。

公演スタート地点の「らぶちゃんホール」は駅から徒歩1分。
1712091032042417120910500425

前週の公開リハには参加できなかったので
その後、昼休憩をはさみつつ、全体をなぞって移動しつつ
あれこれ渡辺たけし演出から指示をうけたはず。

17120915360428で、15:20に開演。
開演直前の会場入り口と
開演直後の場内。
出番は先なので
写真撮ってた。

移動しての次の現場は、洋品店。店内売り場で
展開するお芝居を「目撃する」っていう時間。
1712091601042917120916020430
16時あたりには、今度は居酒屋さんですね。
ここでおやつタイムになったんじゃなかったか。

そして次がまっつの出番のあった「花一会図書館」。
ああ、現場だったので写真撮ってなかったわ。

本編中のテキストを読んでシーンが一段落したら
ガイドさんが、まっつミニライヴを紹介してくれて
はい。読みました。何読んだんだったかなあ。
記憶に残ってないのが残念。
たしかリクエストもらったんじゃなかったかな。

その後はまた最初のホールに戻って
そこで結末づいてツアー演劇は終了。

はい。移動の際には、ちゃんとガイドさんがいて
蘭越町の歴史も伝えつつ、お芝居では23世紀の蘭越が描かれる。
そんな趣向でした。

ゲストとしてはほかに日本舞踊家やギタリストもいて
そのパフォーマンスも、自分も楽しんだはず。だが…
ああこれも写真撮ってないいいいorz。

結局、あと撮ったのは打ち上げだけ。
作品をたけしさんと共作した中西勇気さんに
なんと、蘭越の地酒を注いでもらったりした。
1712091954043317120919540434
でもそんなに長居はできなくて、20時過ぎには帰路に。

17121000060436札幌到着は
24:00を回ってたという
個人的には、
朝7時から24時までの
ツアーでした(笑)。

ちょっとの出番しかなかったけど、
うっすらながらも、なんか楽しかった感覚は残ってる。
ありがとうございました。いまさらながら(爆)。

| | Comments (0)

« October 2021 | Main | January 2022 »