« March 2021 | Main | May 2021 »

2016年度・冬《「夢十夜」Nights 第三期》全体まとめ

Pamphleta2016.12.10-2017.01.27
2016年度・冬
《第三期「夢十夜」Nights》

|| これは2016-17年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

夏目漱石「夢十夜」を読む夜。

2012-13冬に第1期を実施しました。
2012年度・冬「夢十夜Nights」
そして隔年実施で
2014-15冬に第2期を実施した次第。
2014年度・冬《第二期「夢十夜 Nights」》
後の2016-17冬に、すでに第3期も実施済み。
2016年度・冬《第三期「夢十夜 Nights」》

その第三期のまとめ報告です。

これまでの報告は「夢十夜Nights」で確認できます。

<実施データ>
「夢十夜Nights」の名前通りに
10夜10箇所で実施できました。

9箇所まで決まって仮フライヤを作成。この時点では
たぶん10箇所実施を諦めかけてたかも。
Karichirashi160913

☆実施会場一覧
First Night@詩とパンと珈琲 mon coeur(現在釧路でときどき販売中)
Second Night@登録有形文化財 明治 蔵元の生家 小林家
Third Night@ラグリグラ劇場(シアター・ラグ・203)
Fourth Night@cafe'喜庵(閉店)→たんず劇場
Fifth Night@ブックカフェ風味絶佳(閉店)
Sixth Night@まちスポ恵み野
Seventh Night@Cafe'Estrada [エストラーダ]
Eighth Night@パキスタンカレー つなぎ屋(閉店)
Ninth Night@COMMUNITY HUB 江別港
Tenth Night@studio Mk-Boo!
(演劇集合体マキニウム稽古場)

11月に完成した正式フライヤ。一面はカラーで作ってもらいました。
デザインはデコユーキ展でのご協力もいただいた裕樹ちゃん。
FlyeraFlyerb

☆関わっていただいた人数
読み手/のべ54名特別参加含めて55名(同回2読みは1にした)、実人数52名/2回登場者が4名いたんですね。

聴き手(読み手及びスタッフ会場オーナー等除く)/のべ85名

スタッフ14名と特別関係者3名。うち読み手兼9がいた。

読み手がほかで聞き手だったこともあったりして、
それも覗いたトータルの実人数関与者は、まっつ含めて125名でした。
あ、これには読み手参加していないカフェオーナーは
入ってないので、それも含めると
モンクール、風味絶佳、エストラーダ、江別港でプラス4名。

ちなみに第二期(6回実施)に関わってくれた実人数は64名。
第一期のときは7回実施で98名でした。

小林家では何人のお店スタッフが聞いてくれてたかは、ちとわからない。

当日パンフレットは全回共通。
PamphletaPamphletb
これに各回の読み手お名前載せたプログラムを
お配りしました。

<まっつの読み担当総括>
まっつが読んだ回数は
第一夜…0回 第二夜…8回
第三夜…2回 第四夜…6回
第五夜…5回 第六夜…5回
第七夜…3回 第八夜…2回
第九夜…7回 第十夜…9回
のべ47夜。

第一夜が一度も当たらなかったことと、
第十夜が多かったことは自覚してたが、
第二夜と第九夜もけっこう多かったんですね。

第八夜が意外に人気あったのかあ。
1番謎な夜なのに(笑)。

<アンケートまとめ等>
まっつな日々ブログに
読み手聞き手参加者コメントをまとめてあります。
http://footmats.sapolog.com/e457207.html

<会場以外の関連サイトほか>
☆共催団体
Third Night シアター・ラグ・203
Eighth Night 紫朗読会
Ninth Night 語りひとり芝居ぐるーぷ うるうる亭
Tenth Night 演劇集合体マキニウム

☆関係団体等
ヨミガタリを楽しむ会
夢10プロジェクト
古本浪漫堂(リンクは店主のTwitter)
 ああ、触れる機会なかったけど、毎回、
 古本浪漫堂さんに、漱石関連ほかの
 古本展示販売をしていただいてたのでした。
 あ、あ、その画像は…ないっ。
デコユーキ
3ヶ所で『デコユーキ二人展「夢十夜」巡回展』を
展開していただきました。
DekoyuukimoncoeurDekoyuukikobayashikeDekoyuukifuumizekka

その作品を表紙にした各夜の冊子も展示していましたよ。
はい。まっつの手元にまだあるそれらとフライヤパンフの勢揃い。
Items

もひとつ画像入れておこう。
この期、唯一のコラボを、ほぼ打ち合わせなく
170112tunagiyaharusatsueiEighth Nightで応じてくれた
つなぎ屋マスターべんさんとの
ツーショット。
スタッフが撮ってくれてたのが
見つかりました。

この期というより、全期通じて唯一の演奏コラボだったわ。
ありがとうべんさん、あらためて。

<その他>
実施にあたっての各回個別告知ほか
各種データリンクは、
やっぱり「まっつな日々」の
ここにまとめてあります。
http://footmats.sapolog.com/e455192.html

//
なお、参考までに上記に含まれない
第一期・第二期関係サイトなども列挙しておきます。
第一期1st会場
石の蔵ぎゃらりぃ はやし(閉店)

第一期3rd会場
ギャラリー茶房 つめくさ(閉店)
第一期4th
喫茶ども
第一期6th
フリースペース&喫茶 AMICA 〜アミカ〜

第二期のみの会場はありませんでした。

第一期総合告知
第二期総合告知
第三期総合告知

以上です。
何度改めても言い尽くせないありがとうを、
ご参加くださった皆様、会場とさせてくださった各オーナー、
そして、あれこれ手間ばかりかかるこのイベントを
しっかり支えてくれたスタッフの皆さんに。
ありがとうありがとう。

| | Comments (0)

2017.01.21,27《「夢十夜」Nights 第三期》9-10回@江別市,東区

2017.01
2016年度・冬
《第三期「夢十夜」Nights》9-10回
17012118482255a01.21- Ninth Night
江別市
@COMMUNITY HUB 江別港

1608271510196701.27- Tenth Night
東区@studio Mk-Boo!
(演劇集合体マキニウム稽古場)

|| これは2017年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

夏目漱石「夢十夜」を読む夜。

2012年度・冬「夢十夜Nights」
2014年度・冬《第二期「夢十夜 Nights」》
2016年度・冬《第三期「夢十夜 Nights」》
とすでに終了しているうちの、
最終第三期全10回中の9-10回のまとめ報告です。

これまでの報告は「夢十夜Nights」で確認できます。

--
2017.01.21土【Ninth Night】江別港
(参考:この回の告知)。
共催;語りひとり芝居ぐるーぷ うるうる亭

前期はかなわなかったのですが、
第一期以来の、うるうる亭さんとの共催。

場所はお初の「江別港」。
市民活動の拠点的にも機能する
そう、街の「港」のような交流点として
2013年に「開港」した場です。

すごく現代的なしつらえなのですが、
17012118482255cなんか、この柱時計が
ずいぶんいいリズムを
刻んでくれてましたね。

読み手参加者(写真の順不同)
第一夜 冨田 夏美さん(札幌マンガ・アニメ学院 声優学科)
第三夜 岡本 芳枝さん(うるうる亭)
第四夜 山下 洋子さん(うるうる亭)
第五夜 村本 深雪さん(うるうる亭)
第七夜 川守田 阿津子さん(うるうる亭)
第九夜 北本 京子さん(うるうる亭)共催ゲスト
17012117532254

ああっ。この日はですね。
手慣れたスタッフがインフルで来れなくなって
あれこれひとりであたふたしたもんだから
お客様写真、撮り忘れましたああああ。
ああ、10回のうち、ここだけ。ざんねーん。

この日は。終わった後に
「作品について」というより
「それぞれの読みについて」
あれこれお話がはずんだ感じでした。

さすがうるうる亭さんたちだわ。
その様子くらい撮っとけばよかったあああ。
しかも店舗外観も撮ってなーーーい。
(トップのアイコンは、せめてもの店舗内メニューorz)

--
2017.01.27金【Tenth Night】Mk-Boo!
(参考:この回の告知)。
共催:演劇集合体マキニウム朗読部

そして最終第十夜。告知では
「マキニウム朗読会」とご紹介していたのですが
正しくは「マキニウム朗読部」とのことで、ここでは修正。

でも当日、参加者さんも「朗読教室」って言ったりしてたな。
もしかしてこの時、正式名称が決まった?(笑)

読み手参加者(写真の順不同)
第一夜 槙 文彦さん(マキニウム朗読部)
第四夜 渡部 照美さん(マキニウム朗読部)
第五夜 笹木 香里さん(マキニウム朗読部)
第七夜 岩瀬 真弓さん(マキニウム朗読部)
第八夜 鈴木 柊さん(マキニウム朗読部)
17012718172267
この夜のトピックスとしては
そうそう、まっつは結局、
今期一度も当たらなかった第一夜ですが、
この期初めての男声でした。

過去はどうだったかと探ってみたら、
これまでまっつ以外の第一夜男声読みは
第一期にたったお一人あっただけでした。
これ地の文は男の一人称なのにね。

それと演劇公演も実施している会場だけあり
照明も雰囲気を作ってくれました。
座れるものもハコ、ベンチとあったので
出番の多いまっつは
夜によって出方を変えてみてましたよ。

はっ。撮っていただいてたのだった。まっつ4態。
16359028_1085633624899733_1532286721_n16295935_1085633654899730_8027936_n16343564_1085633844899711_1888713101_n16402303_1085633754899720_408139669_n

最終日ということで
ご好意でお時間いただき
総打ち上げも実施。

まあ第九夜・十夜はもうまっつ担当だったので
そのへんの時間帯から打ち上げモードに
入ってたような雰囲気もなきにしもあらず(笑)。

1701272003226817012721162271
左・実施中からこんなにお菓子類。
右・打ち上げ準備中。差し入れいっぱいでしたっ。

観覧はできなかったけど
この時間にかけつけてくれた方もいらっしゃいました。
そんなわけでお客様写真は、そんな方々も含む(笑)。
17012721082270

はい。これで第三期実施各回報告は終了です。
でもせっかくなので。第三期のまとめ報告を
この後、残したいと思います。

| | Comments (0)

2017.01.10,12《「夢十夜」Nights 第三期》7-8回@豊平区,北区

2017.01
2016年度・冬
《第三期「夢十夜」Nights》7-8回
1701101659223201.10- Seventh Night
豊平区
Cafe'Estrada[エストラーダ]

1701121733223601.12- Eighth Night
北区
@パキスタンカレー つなぎ屋(閉店)

|| これは2017年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

夏目漱石「夢十夜」を読む夜。

2012年度・冬「夢十夜Nights」
2014年度・冬《第二期「夢十夜 Nights」》
2016年度・冬《第三期「夢十夜 Nights」》
とすでに終了しているうちの、
最終第三期全10回中の7-8回のまとめ報告です。

これまでの報告は「夢十夜Nights」で確認できます。

--
2017.01.10火【Seventh Night】Estrada
(参考:この回の告知)。

1stのモンクールとともに
三期連続実施のエストラーダさん。
ジャズと漱石。改めて悪くない取り合わせだと思うわ。

過去の2期では、確か
マイク使ったことはなかったと思うのだが
他で使うことが多かったのもあり。
ご好意で使わせていただいたのだった。

まっつは、「第六夜」で使ってみた。
うーん、どうだろ。
そんなにマイク効果は活かしてないけど
なんかいつになく軽みを増してたみたい。

トーク合間にまだちょいと咳こんだこともあったけど、
演目中はそんなこともなく、
ただ、このマイク第六夜は
鼻声バレバレだった。
マイクおそるべし(笑)。
写真は…ないわ。

読み手参加者(写真の順不同)
第一夜 井上 美穂さん
第三夜 齋藤 克恵さん
第四夜 白樫 弘さん
第七夜 かなずさん
第八夜 谷 織恵さん
17011018272234
ほかに、おお、お3人マイク使ったのか。
マイクなしではあり得ないようなやり方も
飛び出たんでした。ありだわ、第七夜。
17011020522235お客様から
「ずるい」って
褒め言葉も
飛んでましたね
(笑)。

--
2017.01.12木【Eighth Night】つなぎ屋
(参考:この回の告知)。
共催:紫朗読会

当時、つなぎ屋さんで定期的に朗読会をしていた
紫朗読会さんとの初共催でした。

それもさることながら、
このときのトピックスといえば、
やっぱりマスターぺんさんとのコラボ。

ディジュリドゥの響きが
「第五夜」の神代の時代を支えてくれたのでした。
べんさん、このお話がどう終わるかも
知らないでやってくれました。
「馬が走るよ、だけ聞きました」(べんさん談)

あれっ、べんさんの写真ないじゃん。

17011221352242代わり(?)に
この日いただいた
べんさんの
カレーをば。
また食べたいなあ。

読み手参加者(写真の順不同)
第一夜 詩乃さん(ことのは配達人/紫朗読会)
第二夜 虹橋 つる子さん
第三夜 薄墨 桜さん(紫朗読会)
第六夜 折子さん(紫朗読会)
第七夜 しおんさん(紫朗読会)
17011218462240

あっ、カウンターの中にいるのがべんさんだっ。
ディジュは…全然写してなかったあ。
17011221142241
そういえばこの回はいつになく、
終わった後も夢十夜の話題の花が咲いたのでした。

きっと共催の紫朗読会さんも含め
しっかりフォローしてくれた
スタッフの皆さんのおかげだと思う。

この日、風邪はすっかり抜けてたみたいでした。

| | Comments (0)

2017.01.04,07《「夢十夜」Nights 第三期》5-6回@北広島市,恵庭市

2017.01
2016年度・冬《第三期「夢十夜」Nights》5-6
1608021026189401.04- Fifth Night
北広島市@ブックカフェ風味絶佳
(店舗はお閉めのようですが、
 積極的に良本紹介などされています)
201701071218222301.07- Sixth Night
恵庭市@フレスポ恵み野内
    まちスポ恵み野

|| これは2017年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

はい。ようやく2017年に達しました。m(_ _)m

夏目漱石「夢十夜」を読む夜。

2012年度・冬「夢十夜Nights」
2014年度・冬《第二期「夢十夜 Nights」》
2016年度・冬《第三期「夢十夜 Nights」》
とすでに終了しているうちの、
最終第三期全10回中の5-6回のまとめ報告です。

これまでの報告は「夢十夜Nights」で確認できます。

--
2017.01.04水【Fifth Night】風味絶佳
(参考:この回の告知)。

読み手より少ない貴重な聞き手のうち
2名様(1名はスタッフ)が、
途中でお帰りとのことで、
とにかくお聞きいただくこと優先とし、
読み手紹介はお帰りの後、第三夜を終えてからにしたね。

読み手参加者(写真の順不同)
第一夜・青木 春重さん
第三夜・石山 よう子さん
第五夜・メイミーさん(当日決定)
第六夜・西野 紀美子さん
第八夜・TAKAさん
17010416352221
なんだか赤が目立ってたんだなあ。

そうそう、小林家の次にデコユーキ二人展「夢十夜」も実施。
3カ所目、最後の巡回地でしたね。
みんなの後に展示があるよ。
おひとりは、手に持ってるし(^^;

17010418562222そんでもって
お客様写真では
読み手が
聞き手を
上回ったああ。
(オーナーにも入ってもらったから、純粋な聞き手は……)

ちなみにこの日のまっつは、風邪模様。
トークだけでなく、読んでる最中にも1回咳してしまった。

--
2017.01.07土【Sixth Night】まちスポ恵み野
(参考:この回の告知)。

2017010714032224Ms.Iさんデザインの
瀟洒なディスプレイで
なんだか夢の世界。
こんな雰囲気ある
セットでの実施となりました。

//講座
本番に先行して、別途ワークショップというか講座を実施。

初心者ワークショップのスタイルで始めて
エンジョイ的なことをやり、
後半はもうチャレンジスタイル
という特別パターン。

この日の読み手の参加もあり、
その3名は本編で読む「夢十夜」で
チャレンジしてくれました。

しまったあ。受講生集合写真撮ってないやん。

//本編
本編は、小林家に続いてMr.Iさんご協力の
高性能スピーカー設置で、マイクあり。
あ、講座でも使わせてもらってたわ。

Kazukosanfbこの日まっつは、
第二夜をマイク使いに
したのでした。
撮ってくれた人いたあ。

読み手参加者(写真の順不同)
第一夜 石橋 玲さん(俳優・朗読家・シンガーソングライター)ゲスト
第三夜 キャサリンさん
第四夜 デコさん(アーティスト)
第六夜 いずみ のりひろさん
第七夜 ななさん
第八夜 辻村 大輔さん

他の回は、早めに集まってもらって進行説明の上、
余裕をもって読み手集合写真を撮っていたのですが、
この回に限って、先に講座を開催していたためか
読み手写真は開場直前ギリギリに。

そしたら御一名様が集まれず
(「どこ行ったあ」としばらく探した。庄太郎かっ(笑))、
2017010716562228開演5分前に撮って
卒業アルバム
欠席みたいな
ことに(笑)。

男性率が最も高い回となってたんだったわ。

2017010718562229思ったよりも
あちこちから
たくさんの
お客さまに
きていただけた。

まっつは読み中の咳こそなかったけど、
講座のときから前回よりも、目立って鼻声でしたわ_| ̄|○。

| | Comments (0)

2016年 その他まとめ報告@各所

160607174424222016年、しっかり報告しそびれ分の
ザッとした報告と全体まとめを。

あ、2015年分はまとめてなかった_| ̄|○

|| これは、2016年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2016年分の最初の報告は、
160110モンクール26
2020年4月14日付リリース。
ああ、がんばったけど、つかず離れず、
2016年分に、ほぼ1年かかったのね…。
離されなかっただけよしとしよう(爆)。

ということで
【未報告事項】
<2月>
・2年ぶりに「冬の祭典」で舞監。
 ハリラブ終わった翌週、翌々週だったんだもんなあ。
16020712391651よくやったわ、
我ながら(爆)。

舞監仕事痕跡と
足元(笑)。

<4月・5月>
・2ヶ月続けて「いいぺさ北海道」に出演。
 いずれも6月きりがたりシアターの宣伝。
16042521081754これは4月。

あ、5月は千陽と
行ったはずだが、
写真撮ってなかったあorz

<9月>
・NECO「再殺展」にお邪魔して、
 なんか読ませてもらったはずだぞ。
 何読んだかの記録は……なかったああああ。

<11月>
・エアG生出演、なんてこともありました。
16110714292129
「読み語り講座」
について
取材いただいた
のでした。

ほかに4月と9月に同物件のCMナレ録りしてる。
ああこれ、北海道対象じゃないCMでした。
あらま、メディア系はそれだけ…。

///
【報告分まとめ】
そして報告してた分のまとめ。

一般演劇出演は4演目計21ステージ
・1月弦巻楽団「ハリラブ」10st。
・6月琴似住民劇「Must Go On!」4st。
・9月GM企画「セ・ラ・ヴィ」3st。
・11月恵庭市民ミュージカル「コンビニブギ」4st。

4作品出演は、このところでいえばめちゃ多い。
まとめてなかった2015年は
前年に続き1本だけだったもの。
【参考】2014年この年その他

読み語りはソロ・きりがたりシアターなどの
コラボ・ジョイント等、
劇場もクローズドもぜーんぶ含めて
31回ね。数え方むずかしいけど、いい、それでいい。

そして本格的に自主講座もスタートさせたので
講座実施日が自主17日その他1日。
学校等のクローズドなものは入れてません。

一方、観覧鑑賞は
どうやら芝居系が8本。
その他朗読系は3本くらい。
あら前に報告した2014年よりだいぶ少ない。

基本、観るよりやる年だったのだねえ。

さあ、2017年に入るぞおおおお。
16060717442422a

| | Comments (0)

2016.12.22,28 《「夢十夜」Nights 第三期》3-4回@南区,西区

2016.12
2016年度・冬《第三期「夢十夜」Nights》3-4回
1612221910219612.22- Third Night
南区@ラグリグラ劇場
(シアター・ラグ・203)

1612282203221312.28- Fourth Night
西区@cafe'喜庵
(残念ながら2017年閉店)

|| これは2016年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

夏目漱石「夢十夜」を読む夜。

2012年度・冬「夢十夜Nights」
2014年度・冬《第二期「夢十夜 Nights」》
2016年度・冬《第三期「夢十夜 Nights」》
とすでに終了しているうちの、
最終第三期全10回中の3-4回のまとめ報告です。

これまでの報告は「夢十夜Nights」で確認できます。

--
2016.12.22木【Third Night】ラグリグラ
☆共催;シアター・ラグ・203
(参考:この回の告知)。

ゲストが多かったため、
まっつの出番が三期中で1番少なく、
たった3編読んだだけという回でしたねー。

さらにチームで挑んだ人たちもいたので
読み手人数最大の日でもありました。

そしてここではなんと、小劇場ならでは。
照明オペを即興でやってくれたのでした。
瀬戸さん(ラグ)、改めてありがとう。

読み手参加者(写真の順不同)
[ラグ=シアター・ラグ・203]
(読み手写真2枚)
1612221931219716122222302201
第一夜・大橋 千絵さん(ナレーター、俳優)招待ゲスト
第三夜・萬年 わこさん(ラグ)ホームゲスト
第五夜・平井 伸之さん(ラグ)
第六夜・岡部 智晃さん※当日名乗り
第七夜・村松 幹男さん(ラグ)
第八夜・下 愛也さん+千葉 楓さん+松浦 寧々さん
    (札幌マンガ・アニメ学院 声優学科)
第九夜・岡部 智晃さん(札幌マンガ・アニメ学院 声優学科)

16122222072199終了後の客席写真。
読み手のほうが
ちょっと
…多いかも。。
(瀬戸さん…卓付で入らず…)

そして、ラグさんのご好意で
軽く打ち上げ(忘年会?)的なこともしましたよ。
差し入れもいろいろ持ち寄りいただいたなあ。
16122222292200前回いただいた
小林家大吟醸の
1本も、はい。
開けました。
空けました!

--
2016.12.28水【Third Night】喜庵
(参考:この回の告知)。

朗読もやってる俳優オーナーのお店。
以前からやってみたかったんだけど
第三期にして初めて成就。
その後、閉店してしまったのが残念。
ほとんど行けなかったああ。

ちなみにこの日は、読み手参加枠が一枠残っていた上に、
当日読み手の病欠があって、前回とは逆に、ま
っつ1番出番多かった回となりました。

読み手参加者(写真の順不同)
16122818282210
第一夜・杉浦 貴子さん
第三夜・川村 真代さん
第七夜・しおんさん(紫朗読会)
第八夜・谷崎 尚之さん
    (喜庵マスター/たんず劇場代表)ホームゲスト

16122820572212終了後も
けっこう
夢十夜について
話の花が
咲いていましたね。

そういえば、雪が大変ひどくて
なかなかタクシーが捕まらない夜だった模様。
そりゃ、年末でしたしね。
まっつこの年の、ラストパフォーマンスでした。
(自分読んでた画像は…ないわ)

| | Comments (0)

« March 2021 | Main | May 2021 »