« 2016.01.10 モンクール読み語りライブ26@中央区 | Main | 2016.02.20 きりがたりシアター@留寿都村 »

2016.01.23-30 弦巻楽団#23@西区

16hurrylove2016.01.23-30
札幌演劇シーズン 2016年冬
弦巻楽団#23
「ユー・キャント・ハリー・ラブ!」
@生活支援型文化施設コンカリーニョ

|| これは、2016年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2007.08.15-162007年の再演までは
RIP公演でしたが、
2013年再々演以降は弦巻楽団として上演、
これは再々々演で、まっつ主演最後の公演となりました。
(以後も弦巻楽団で #29・#34 と
永井秀樹(青年団)さん主演で上演してます)

初演と再演の間は2年半
再演から再々演までは5年、
そしてそれからこの再々々演まではまた2年半。

しかもあーた、
この公演は一気に全10stだよ。

2005/12 レッドベリー6st
2007.08.15-16 教文2st
2013.09.27-29・10.02 コンカリ5st/帯広1st
2016.01.23-30 コンカリ10st

稽古は前年12月に入ってからでした。
まっつ以外は全員新キャスト。そっかあ。
みんなのほうが大変だったんじゃないか。

この公演のキャストのうち
札幌にいるメンツは
まっつ以外、みんな
再々々々演・再々々々々演にも出てる。

このときも基本的に台本は変わらず。
160121194215941309251542y6671舞台は前回と
同じ。
いわば、
コンカリ仕様。
左今回・右前回。

出演した最後の一連だから
ざくっとした記憶はもちろんある。

でも、一気に10ステやった各ステごとの記憶や
途中途中の細かい経緯は
もう20.04.21現時点ではないなあ。

おお。まっつな日々にそれなりに経緯があるぞ。
次はそこから掘り起こしておこう。

初稽古予定は12/11金
でもその前になんかあったんじゃないか。

そうだ、シーズンとしての動きの方が
早かったんじゃないか。
確定打診は前年年明け早々、
でも腹案としてはさらに前年、2014年夏には
芽生えてたみたい。
さすが演劇シーズン、単独公演とは違って
いろいろ早めのスケジュール展開でしたね。

ということで、9月にはもう、
ひとりずつピックアップされての
合同告知用の撮影がありました。

16winterseason15092817471411これね。
出来上がりと
待ち時間中の
まっつ単体。
衣装同じでしょ。

そこで撮られた写真が
ポスターになってJR駅にはられたり
チカホをでっかく飾ったりしたんだったよね。
わお、自分でそれ写真に撮ってなかったわ。
「一生に一度の」ことなのにぃ(笑)。

Countdownendoh1511262022147111/26に
初顔合わせ。
シーズン
カウント
ダウン用の撮影。
これも、自分の残してなかったので、
遠藤版。それとなるみ版撮影現場です。

1512112317150515121421551522初稽古が
12/11で、
全員そろった
初は12/14。
右がそのとき。

1512142058151815122420241552稽古場の
ほとんど
いっぱい
いっぱいが
演技エリア。

151227203215654日連続稽古ってことで
ばりばりやった年末。
最終日27日にはもう半立ちながら
初通しになってたんですね。
まっつ以外はみんな初出演なのに!

1601052158157116010922041572年が明けたら
あとは本番まで
一直線。
稽古場から
広い場所に移動も。

16011312021589おっと、そうそう。
キックオフイベント
なんかもありました。
1月13日チカホ。
何やったんだっけ。

そして1月23日(土)から30日(土)までの8日間、毎日、
日によって2ステの日もあっての計10ステ、
走り抜けたのでありました。

お客様延べ数1300人超だったとのこと。

togetterがあるよ。
ttps://togetter.com/li/929633
んむむ。いまさらながら、すごい芝居だったんだなあと
自分のことじゃないように思う。

そしてその後の永井さん奥坂公演も
計3回観てるからなあ。

でも、まっつ奥坂も、
なんか多分、体のちょっと外の、
このへん、うん、そう、このへんとかに
いまも、なんとなくいる気がする。

ほんとにたくさんの方々にご覧いただきました。
何度となく観てくださったり、
それとそうですわ、差し入れを
連日、どんどんいただきましたっ。

画像はとっといてあったので
久しぶりに再確認してみたら
どれもかぶってない多品種の差し入れに
改めて感謝の気持ちがちょちょぎれたよ。
どれかだけ載せるのも申し訳ないので
画像掲載は省略。

16012321101597あ、そうだ。
でもひとつだけ。
この紫のバラの花束。
送り主、
不明でした。
実は、いまでもまだ、正体は解明されてないのだ。
ここ読んだら、名乗り出てくれないかなー。

ああ、あとこれ、「日々のロミジュリ」載せておこう(笑)。
16012717281604160127214716051601281616160616012915541616
これ、劇中で板書したものを、終わってから撮影。
後半だけしかないわ。左から27日昼・同夜・28日・29日。

16012416461600オフショットを
もうひとつ。
2日目楽屋模様。
差し入れパンを
抱える乙女たち。

さてと、
これまでこわくて計算してなかったんだけど
もうお役ごめんの気楽な気持ちで
とある1ステについて
上演時間中のどの程度自分が舞台上にいたか
測ってみた。

もちろん分かってはいたものの
登場しての第一声から
最後の暗転まで約95分、約5700秒のうち
奥坂教授は約4700秒、実に82%の時間
舞台上にいたって計算になりました。

改めてとんでもないわあと、
再認識したところで、この項、終わり。
みなさま、改めてありがとうございました。

|

« 2016.01.10 モンクール読み語りライブ26@中央区 | Main | 2016.02.20 きりがたりシアター@留寿都村 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2016.01.10 モンクール読み語りライブ26@中央区 | Main | 2016.02.20 きりがたりシアター@留寿都村 »