« December 2019 | Main | February 2020 »

2015.08.30 読み語りコラボライヴFD9@西区

2015.08.30
Office SOMEIRO presents
unit シラフヤルカ
「Forgetten Dreams」
〜 その街の地図は、
  未来の記憶にのみ描かれる 〜
Cafeふらっと

|| これは、2015年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m


2011年3月10日に初演し6月に再演した
「Forgetten Dreams (作/荒木田真穂)」。
初演報告

その後2014年に3回実施して、
この回は、この年2015年の4回目、
通算9回目の上演でした。
前回通算8回目報告

さて場所はというと、まっつはお初の
Cafeふらっと さん。
イベント歓迎というカフェさんですが、
音楽系、とりわけクラシックギターの方々にとっては
「聖地」とも称されているらしいっす。

なにしろシラフヤルカには
ギターの佐藤洋一さんがいますから、
その推しで実施となった次第です。

ということで、いつもは真穂さんのしきりで進めるところ
この日は最初から洋一さんの軽妙トークで展開。

お客様もギター愛好家のかたが多く、
まずはの洋一さん演奏コーナーも、
こだわりの選曲とのことでした。

それで空気を和らげてもらった上で、
真穂さんとまっつ、自己紹介。
ちょっと襟を正した感じになってたなあ。

とはいえすぐに本編入り。
この日はそんなビジター気分もあってか、
録音確認した限りでは、
けっこう初心に戻った読みだったように思える。

水凪さんは、すこしの警戒心と強くない精神を
たずさえている感じ。でも腰のひけた人ではない。
明るさはあるけど、抜けた明るさではなくて、
見るべきものは見えてる人。

所長は、この日けっこう中年だったな。
堂々と50代かも。

この日も休憩はさんで後半。
ポップではないけど
分かりやすい展開になって終えられた感じでした。

お客様写真。
いただきました。
いまさらですが
ありがとう
ございました。


そして充実の打ち上げもすぐにやったのだ。

//
以上FD報告でした。
これでこれまでの上演記録は全て完了。
9回までだったのね。

このときからでももう4年半経ってるけど、
福島はまだまだ先が見えないようです。
この、カルデニアの街での出来事も
まだなお、示唆するところはあるではないだろうか。

| | Comments (0)

2015.08.19 投げ銭読み語りライヴ@恵庭市

2015.08.19
投げ銭読み語り
リクエストライヴ
えにわ市民プラザ・アイル

|| これは、2015年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。


ツアー的にはしなかった夏の投げ銭リクエストライヴ
この年のもう1本は、こちら。
前年8月に大盛況だったアイルさんで、再びの実施でした。
当時の告知告知

恵庭市の広報にも載せていただいたおかげで
この年もなかなかの盛況でした。

そうはいっても大事なのがリクエストの有無。
そこでまず確認してみたら、
おおっ、けっこうお持ちくださってた。
てなわけで安心スタート。

まずは、実施に多大なるご協力をくださった
マンダリンさんの前座からスタート。
かわいい絵本を読んでくださいました。

さてそこからのリクエストは
Sさん/旅行記
Kさん/こどもの詩集
Iさん/※アイル通信8月号の騙り読み/「楽しく(Iさん)」&「ハードボイルド(他の方)」(「騙り読み」というのは、まっつ造語で情報系の文章や言葉を読み方リクエストに沿うように読むスタイルです)
S2さん/絵本

これでもう1時間超えてしまったけど、
「まだリクエストあります」ってことで一旦休憩。
1時間もやれば終わっちゃうかと思っていたのだけど
これはうれしい誤算でしたわ。

アイル特製コーヒーや
おかしやパンの販売もありました。
(180円と告知していたコーヒーは
150円にしていただいてたんですね)
購入する方には購入いただいて、
あらでも2分ほどで休憩終えてた。

そして
Yさん/詩
I2さん/小噺
K2さん/絵本
Y2さん/写真集の解説部分。

今回はほぼ大人の方々だったせいか、
しっかりどっしりなリクエストも多く
終了時間は
20時を過ぎて
いました。
最後までの
お客様。
改めて、最後までありがとうございました。

| | Comments (0)

2015.08.03 投げ銭読み語りライヴ@豊平区

2015.08.03
投げ銭読み語りライブ
(親子向け)
Cafe Estrada[エストラーダ] (豊平区)

|| これは、2015年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。


投げ銭リクエスト読み語りツアー。
ツアーとしてやるまでのエネルギーが
この年あたりはなかったんだなあ。

それでも夏のいい時期に
何にもやんないのもなあと思って
まずはこちらで「親子向け」で
やらせていただきました。告知

そうだ。前年親子向けがとっても好評だったから
それだけはやっとこうと思ったんだった。

到着が遅れてる方がいたんだけど
あんまり待たせてもなあと思ってちょっとふったら
お子たちが、しっかりリクエスト用意してた。

なんか去年と違う。
成長してるんだなあと、勝手に感無量。

でね、じゃんけんでリクエスト順決めようって
自分たちで進めてくれた。

そんなわけで最初のリクエストはTくんから。
けっこう長そうなので「どのへんまで?」と確認したら
「ここまで」って、ちゃんと答えてくれる。

ところが…!

これがすごい大作。というか
大人向けといってもいい作品だったのです。
絵本は絵本、なんだけど…
それでも僕は夢を見る

なんか深いお話だったよ。
確かTくんは、このときまだ
小学校低学年じゃなかったっけ。
冒頭の「夢はいつもぼくを裏切る」
という一節からして
「わかるの?」とか聞いちゃったよ、
リクエスターに。

で、も、これで途中で飽きることもなく
聞いてくれてたんですね。
というか、それ以上に、大人たちが
最後まで聞きたい気満々になってる。
のがわかったので、完読しちゃいました。
なんと20分ちょっと。読み応えあったわー。

ここで自己紹介。
そしてこの日のシステムアナウンス。
投げ銭で、なんでもリクエストいただいて読むんです。って。
なんの説明もせずに始めてたのでした。

で、さきほどじゃんけんで譲った
Yくんからのリクエスト。
かぼちゃひこうせんぷっくらこ」。

こちらはしっかりファンタジー。
でもいささかシュールなとこもあって
大人も子どもも楽しめる作品でしたね。

さらに大人からの絵本リクエスト。
メチャクサ」と、
その大人が持ってきた中から、Hくんが選んだ
もっとおおきな たいほうを」。

この続いた絵本3作品もそれぞれ10分前後の
しっかりストーリー展開のもので、
てんで、なかなかのボリュームだったんだけど、
最後にもうひとつ、まっつ持参の
おばけのマールとおかしなとけいだい」。

これは7分くらいで、この日読んだ中では
一番短かったな。けど、マールの説明から始めたら
小学生たち、
ガガッと前に出てきて
かぶりつき状態に
なってくれたよ。
こんな感じ。

これでお開き
といたしまして
お客様写真、
ちゃんと
いただきましたあ。
マスターにもちゃんと入ってもらってたわね。

この日は感想も書いてもらったんだった。
「いろんなやくのひとのこえにあわせて
 よむのがすごかったです」
「きょう、おもしろかった」
「今日はじめて参加しました。
 子どもたちとのかけ合いが
 楽しくていっぱい笑いました!
 シブーイ声がとても良いです!」

どうも、ありがとうございましたっ!
//
こういう投げ銭読み語りリクエストライヴ
大好きなんだけどな。
その形での次の予定は、いまんとこ(2020.01.01)ないんです。
お呼びいただけたらうれしいなー。

| | Comments (0)

« December 2019 | Main | February 2020 »