« June 2019 | Main | September 2019 »

2015.03.13 読み語らnight1@中央区

2015.03.13
【まっつと千絵の
 読み語らnight】vol.1
 〜 まっつと千絵の
   愛のカタチ 〜
 @PROVO

|| これは、2015年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。


前年に話が持ち上がってた
盟友・大橋千絵氏とのコラボ企画。

といっても、ほぼ彼女のプランニングで
二人のツイン読みあり、生ギター伴奏あり、
さらに教え子たちの歌もあり、という
なかなか盛りだくさんなイベントでした。

当初は、日中に「体験型レクチャー」もやろうか
ということになっていたが、
意外にライヴのボリュームが増して
当日リハも入念にいこうということになり
ライヴのみでの実施としたんですね、たしか。

題して「まっつと千絵の 愛のカタチ」。

お話を、実にふくよかに広げてくれたギター演奏は
黒澤 俊彦さん。

けっこうボリュームあるお話のソロ読みの
前後に花を添えてくれたのが
若いお二人、佐々木 唯菜さん、佐々木 優菜さん。

こちら、本番1週間スタジオリハ模様と一同写真。

そして迎えた本番は、
千絵さんの挨拶、内容紹介から始まって
そうだ翌日が「ホワイトデー」だということで
この「愛のカタチ」というテーマになったんでしたね。
そんな経緯のお話もありました。

皮切り作品は、二人でのツイン読み。
長岡登美子氏のショートショート作品で、
タイトルがないので説明が難しいのですけど、
若い男女の会話展開の作品でした。

で、これ、なんか千絵さんが
しっかり若い娘として生きてたのに対し
まっつはちょっと、おっさん臭かったかもなあ。
ギターがしっかり終わりを引き取って
完結させてくれましたねー。

続いて、まっつソロ「葉桜と魔笛」。
以前にも読んだことがある作品でしたが、
ギターにしっかり入っていただいたせいか
ロングセンテンスに多少苦労してるとこも
見受けられるけれど、
全体にすごくよい作品になってると自分でも、
改めて聞いてみて思ったわ。

これ、かなりギターの力との相乗効果が生まれてる。
老婦人の語る物語なのだけど、
若いころに移るところも音色にのせて少しずつ変化してたり
逆にエンディングで老婦人に戻るところは
くっきりと明確に変化していて、
はい。2019年の今聞き直して、自分でもぞくぞく
しちゃいました。自画自賛失礼。っていや、
黒澤さん、すごい!!ってことなんですけど(爆)。

ここまで40分ほどで、いったん休憩。

休憩明けは、まずは歌。双子のツインボーカルで、
なかなか味わえない共鳴感(響音感)がありました。

そして千絵さんの「田村はまだか」。
作者の朝倉かすみさんに許諾いただいて
やや大胆に圧縮編集しての読み。

この作品、同年代男女が複数名登場しながらも
特に今回フォーカスあてたところは
今と過去とを行ったりきたりするので
なかなか手強かったはずなのだが、
さすが、千恵さん。
狙ったポイントの前後をしっかり盛り上げつつ
それぞれの人物を、くっきり具現してたわ。

そしてエンディングにギターがかぶって
それに乗って、再びボーカルの歌で締める。
わー、カッコいい!
ぜいたくな構成だなあ、脱帽。

そのへんの模様です。

締めに再び、ツイン読みで
長岡登美子氏のショートショート作品。
こちらはざくっというと
付き合ってる、やっぱり若い男女の会話もの。
男性の語りで進む。

登場人物二人の会話は噛み合ってないんだけど
でも、読み手ふたりはしっくり噛み合ってる。
って、説明しても伝わらないよね、それ。

お話終わって、そのままギターがエンディングイメージへ。
このへんもうまいなあ、黒澤さん。
盛り上がりの中で、主催・大橋千絵氏が
メンバー紹介、さらにまっつがお客様写真を要望、
そして、
ギターが
まだ鳴っている
中で、
カシャ。
わっ、けっこうなにぎわい。ありがとうございました。

このエンディング、拍手どころがたくさんで
でも、しっかり何度もみなさん
拍手してくれてたんだよねー、改めて感謝。

ありがとうございました。

//
千絵ちゃんは、次の週末に朗読劇に出演予定。
ああっ、公演公式ページがわからなーーいっ。

家族草子札幌組公演2019
「月の庭」「荷物の順番」
2019年
8/31(土)18:30〜
9/1(日)15:00〜
ウィステリアホール

| | Comments (0)

2015.03.11 読み語りコラボライヴFD6@中央区

2015.03.11
Office SOMEIRO presents
unit シラフヤルカ
「Forgetten Dreams」
〜 その街の地図は、
  未来の記憶にのみ描かれる 〜
@BUND CAFE(バンド カフェ)

|| これは、2015年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2011年3月10日に初演し6月に再演した
「Forgetten Dreams (作/荒木田真穂)」。
初演報告
再演報告

それから3年ほど置いての再々演を2014(前)年5月に実施。
再々演報告
同年中にさらにあと2回実施しました。
4回目報告5回目報告

そしてこの年、2015年の初回実施(通算6回目)は
あの3.11の日となりました。
場所は「BUND CAFE(バンド カフェ)」さん。

こちらも前回の「La RUEDA」同様
旧「第2三谷ビル」内にあったお店。
中国茶の専門店でした。

あ、いまは2018年の6月に移転して
南1条西5丁目6-3 CUTEビル 6Fにありますって。

さて、3.11の実施となったFD6。
到着遅れのお客様を少しお待ちして
5分押しくらいでスタートしました。
いや、違った。まずは挨拶前に
真穂氏のオリジナル曲、なま歌から始まったのでした。

その後、遅れたお客様をご案内してのち、
3.11にちなんでの真穂氏のご挨拶から。

その中で、今日の気持ちを皆さんに書いていただく
というのもお願いしました。

そして洋一さんのソロミニライヴとして
二曲の演奏があったあと、
三曲目「サンサーンスの白鳥」に乗せて
この回もまっつが宮沢賢治「(雨ニモマケズ)」を読みました。

ここで休憩。
その間にもう何人かがコメント書いてくださいましたね。

休憩中、もう何度か聞いてくれてる人たちを中心に
本編内容に関連した話題ですでに盛り上がっていましたが、
いよいよ「Forgetten Dreams」スタート。

前回から4ヶ月ほど経ってるせいもあってか
久々の読みに、まっつのエンジンはどんどん快調に。
あ。気がついたときには
途中再休憩をはさむことにしたところを
過ぎてしまってたのでした。

はっと気づいて、平身低頭に休憩入り。

10分ほど置いて
行き過ぎてしまうやや前あたりから再開。
あら、かえってこれのほうが
つながりよく皆さんにもご理解いただけたかも。
(言い訳です(爆))


お客様写真と
店内風景、
載せておきます。
ありがとう
ございました。

そしてこの日に書いていただいたコメントは、
「2015年3月11日」として
最後に読ませていただいたのでした。


その後、同じビル内にあった
いまはなき「OYOYO」で打ち上げたのですが、
その画像は
ないか。
あ、かろうじて
テーブル上の
模様があったわ。
改めて、みなさまお疲れさまでした。
といってもFDの報告は、まだこの後
この年、3回分も残しています。
またまたしばしお待ちを。

| | Comments (0)

2015.02.28-03.01 温故知新音楽劇9@西区

2015.02.28-03.01
故きを温ねて新しきを知る音楽劇
@生活支援型文化施設コンカリーニョ
「琴似☆八軒70'sグラフィティ」

|| これは、2015年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

はい。9回目の温故知新音楽劇報告です。

------
ここまでの8回は
2006「とんでんがへし
2007「蝶よ、花よ
2008「オシャレな果実
2009「明治琴似村冒険譚〜未来からきたお手紙がかり
2010「噂、湯カゲン、イイかげん
2011「旗ヲ出スベカラズ〜琴似フラグステーション
2012「シャッポおじさんの写真館
2013「桑の実の色づく頃には
一度に見たい場合は
温故知新音楽劇
------

前作までと脚本の担当が代わり
この回からは、渡辺たけしさん。
とともに、齋藤ちずが演出に復帰しました。

ついでに、1年半おいて再びの冬開催で、
9回目だけど10周年だったんだよね。

****
温故知新音楽劇「琴似☆八軒70'sグラフィティ」
 札幌オリンピック開催を間近に控え、開発ラッシュに沸く琴似・八軒地区。そんなことはお構いなく、八軒に住む中学生アコ、メイ、ユリの仲良し三人組は、今日も元気に琴似の不良たちとのケンカに明け暮れている。そんなアコが祖母の想いの詰まった老舗旅館のホテル化計画を阻止すべく、親の都合で転校が決まったメイ、アイドルを夢見るユリと一緒に旅館の一室…通称「開かずの間」に立て籠もった。そこで三人が見たものとは・・・

【脚本】渡辺たけし
【演出】斎藤ちず
【音楽】橋本幸
【衣裳】佐々木青

【日時】2月28日(土)14:00・18:00
    3月 1日(日)13:00
****

私めは出演陣に復帰。
主役陣は中高生が務めることとあいなりまして
大人のわしらは脇を固めたのでありましたね。

そんなわけでこの回の分は
そこそこ写真があるよ。
ビジュアルで振り返っていただきましょう。

14年10月。説明会が11日にあり、その日も含め
10月3回、11月4回のワークショップ開催。
<ワークショップ模様>

それから少しずつ脚本が出てきて
12月からは週3回ベースで稽古があり、
12月23日には脚本があらかた整い、
ほぼキャスト決定。
年明けてから本格的に稽古になった。という感じでしたね。
<12月1月模様>

1.10土には歌指導。
1.17土にはダンス振り落としがあって
1.22最終稿が来て
1.25日にはロング稽古もやっている。

<2月模様>

2月に入ると最年長キャストや最年少キャストの
稽古参加もあり、どんどん形が色がつき始めました。

<本番入りして>

初日本番前のお昼ごはん!

そして初日開場直前。

ついでに2日目のお昼。

そして、こちら記念写真。ついでに大活躍の暴走自転車も(爆)。

そうそう、前日には初日昼が売りどめになったのね。
しかも楽ステでは当日券の整理券配布なんてことにも
なったんでしたねー。

//
そしてなんだかんだで
今年(2019年)もありました、温故知新音楽劇。

まっつは、今年はですね。
まったくタッチせず、
観客として客席にいたんですが…。

***
温故知新故きを温ねて新しきを知る音楽劇
第12回公演「新・オシャレな果実」
【脚本】 渡辺たけし
【演出】 斎藤ちず
【音楽】 橋本幸

【日時】2019年
  6月22日(土) 14:00 / 18:00
  6月23日(日) 11:00 / 15:00

詳細:公式告知
***

今年(2019年)、初めて観客として拝見して…いやー、こんなに濃い芝居だったんだあ、なんてことを思ったのでありました。
わっ。今年のこと書いちゃった。でも、これ、まっつ冒険報告にはならないので、ここだけの話。

| | Comments (0)

« June 2019 | Main | September 2019 »