« March 2017 | Main | May 2017 »

2013.09.22 四季の読み語り22@北広島市

13092212436651130922124466522013.09.22
「四季の読み語り17
 *9月-わかれ」
@自宅カフェ
『猫のしっぽ』

|| これはまだ、2013年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

冒険猫のしっぽ記録

おーーっと、そしてどうやら
この日が
猫さんでの「四季の読み語り」
いまんとこのラスト回でしたねえ。

13092212516654別にこの日が最後
って決めてやったわけじゃないので
ごくいつも通りの感じで
やってましたよね。
まずは、軽食というよりしっかりランチ。

「恋愛シリーズ」の最後的テーマ、
『別れ』で締めた・なんて
まあ、よくできてます。
って締めたわけじゃないですけどね。
いろいろ状況は動くからねえ。

まっつが自分セレクトで持ってったのは
太宰治「きりぎりす」。
いきなり50分ちょいのお話でしたが
しっかり聴いていただけた模様。

思い起こせばこの作品、
読み語りソロ活動始めて間もない
2003年8月に、リクエストで読んでるんすね。
確か、初の10分以上の長さの
作品リクエストだったんだと思う。

でーも、読み語るのはそれ以来。
新鮮新鮮新鮮になってましたね。

イベントとしては
前向きな「別れ」というリリースになったので
良かったんじゃないかなと
そういうとこ、オレ考えてたのか(爆)。

13092214296658まあ1作品で
50分ですから
もう、すぐ次は
「おかしなおはなし17」。
この日は「サツマイモ」。
なんと、珍しく前日に書き上げたそうでーす(笑)。

13092214246656サツマイモって、
けっこういいんだ。
録音確認した
2017年のまっつが
なんか改めてそう思ったりして(爆)。

まあまあ、スイーツプレートを
しっかり楽しみまして、
その後は15時近くになってから
さあ、リクエストウエルカムですよー。

まずは
オーナーのままから
13092215516660銀色夏生
夕方らせん
より「Kの報告」。

わかれ…られないって、お話だったんじゃん!
ある意味、こわかったああ。

お次は、はるっちさん。
「大分前に買ったけど、ずっと読んでなかった絵本」
てことで
「長いから途中まででいいから」
てなことでスタート。

13092215516659
槙 佐知子
シャエの王女」。

ほう、今昔物語をを元にした創作なんですねえ。
なんて読んでるうち、もっと早めに
ブレーク入れようと思ってたのが
結局14分近く、全体の4割くらいをやったとこで
「続きお聴きになりたいですか?」

リクエストした当人は
「わたしはこれで先を読む気になったんで、ここでやめてもいいです」。
いやー、回りはしかしすっかり続きをお聴きになる空気。
ということで、続けました。

結局、その後25分近くかかったけど。
皆さんしっかりお聴きくださいましたよ。

いやーでもこれ、夫である大臣の
あまりに立派で泣けてくるくらいの対応とか、
今昔物語でも、ここまで書いてたのかねえ。
なんて、2017年に改めて思ったりしてる。

ちなみにリクエスターは
この15年(!)ほど前に
「ひだまり」の青田さんから
→関連ページ(ちいさなえほんやひだまりプロジェクト
お薦め絵本てことで購入したそう。

いや、いいお話でした。ホント。

13092215576661続いて北村さんから
二条千河さんの詩集
『宇宙リンゴのID』より「瘡蓋」。

二条千河さんと言えば
詩のボクシングで何度かご一緒した方。
この詩集は自費出版とのことでしたが
ご本人サイトの記載にリンクしときます。
二条河原SQUQRE内関連ページ

あー、もっと身体的な感覚から来るものだろうに
まっつのこの時の読みは、なんか
言葉のうわべをなぞって
高踏的な風情になっちゃってたかなあ。
違うなあ、などと今頃思ってたりして(爆)。

そして最後のリクエスト。
再び『夕方らせん』より「電車を待っていた人」。
これはなんかステキなお話だった。

13092216296662お客様写真
ございますよ。
あらま
これだけ
だったのね。

//
そしてえーと、この第17回の後は、
諸事情で次回が決まらないまま
今に至っておりますので、
ひとまずこの回が、現段階の最終回。

「四季の読み語り」。
それにしても、ゆったりした時間の中で
実にさまざまなリクエストを
いただく場でありました。

そしてもちろん、美味なスイーツを
楽しみまくる場でもあったのでした。
もうこの日から3年半以上経ってますけど、
「猫のしっぽ」さんはしっかり営業中。
ブログじゃなくて
FaceBookで、
おいしい写真(と、ワンちゃんたち)が
いろいろ見れますよ。
自宅カフェ『猫のしっぽ』

最近は、なかなか行けない。
けど、あーたまには
猫さんのスイーツいただきたいのぉ(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.09 チカチカ13年9月@中央区

130918154566262013.09
チカチカ☆パフォーマンス☆スポット
14@チカホ北4条広場と告知してたけど
  北3条だったみたい。
18@チカホ北4条広場

|| これは、2013年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 2017年現在、まっつはチカチカ登録しておりません。
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

この9月も2回参戦。
8月、物語のほうが受けが良かったんで
リクエストが来ないとき用には
宮沢賢治「よだかの星」と「どんぐりと山猫
を用意して現地入りしましたねえ。

まっつな日々告知

<9月14日>
この日も北4条…と告知してたんだけど
どうやら北3条になったんですね。

1回目14時40分過ぎあたりから
「どんぐりと山猫」。これ20分近くかかるので
スタート案内は早回し。
でも物語自体は、しっかり早回しにせずにクリア。
数名の拍手いただいた…はずが

13091415166615お客様
写真に
入ってくれたのは
この方
おひとりのみ。

13091415176616シェアした
パフォーマーは
鼻笛の互久楽さん。
きれいな音色の中
こちらは休憩して

2ステめは15時40分過ぎから「よだかの星」。
13091416086618この時は
ほら、
お客様写真まで
こんだけ
残ってくれました。

ちゃんと聴いてくれる人がいると
やっぱノリ具合が違うなあ、わし。

<9月18日>
この日は正真正銘、北4条広場。
ここでも「よだかの星」で1ステめスタート。
やっぱり読み始めは14時40分過ぎ
なんだけど、この回は
ほとんど止まってくれる人もなく
お客様写真なし。

2ステめは、はいはい。
15時20分過ぎから。
知り合いにお越しいただきまして
リクエスト受けた。
おにのめん」。
落語絵本なんだけど
落語風にあえてしなかったみたい。
物語風に進めてたねえ。

他のパフォーマーまだ来てなくて
もひとつリクエストもらって
そのまま続けてました。
くわずにょうぼう」。
終えて16時20分くらい。
ここで次の互久楽さんが来たので終了しました。

最後の絵本やってるときは
数名、止まってくれてたみたいなんだけど
お客様写真には至らずでしあああ。

1309181540662513091816046627はい。
リクエスト
絵本の
写真は
撮りました。

//
両日とも、終わって夜には
芝居の稽古が待ってたしなあ。
バフォーマンス自体は
決してそうじゃなかったけど
その前後は、ちょいとやや落ち着けずでいた
感じはあったかもm(_ _)m

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.09.07 「銀河鉄道を巡る冒険」@中央区

130907m2013.09.07
「宮沢賢治
 *銀河鉄道を巡る冒険」
 @北海道文学館

|| これは、2013年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

2011年、西区アミカで実施して以来の
「銀河鉄道を巡る冒険」。
内容のあらましについては
上記アミカでの報告をご参照のほどを。

1309071720658913090717506591道立文学館
ロビー。
普段は左状態の
ところを
右のようにセッティング。

前回の反省を踏まえ
全体文章量を減らした上で
のぞんだんですね。
(文字数にして15%くらい減)

ただこれ原構成者に
そのゆとりがないということで
プロデューサの判断による構成整理でありました。

イベント的には適量な感じになり
余裕のある展開が可能になって
音楽だけのブレイクタイムも盛り込みました。

なので、
「矢継ぎ早の言葉たちへの集中力を
 ずっと強いられるのが辛かった」
という
前回いただいたご指摘については、
かなり低減対応できたはず。

ただねー、
ブレイクタイムを設けたのは
正解だったと思うのだけど、
まっつったら、それをブレイクタイムと
知らせる意味も込めて、
あえて休憩っぽく過ごしたりしてたんだよね。

聴き手にとっては分かり易くて良かった
かもしれないけど、
パフォーマーとしては
リセットし過ぎちゃったかも。

この日も結果、「延々」といえるほどの
拍手もいただいたし
好評だったことは間違いないんだけど
前回感じたような
「現場での進化」みたいなものまでは
起きなかったように思う。

ちゃんと蓄積したモノを
ブレイクの間も支え続けていられたら
もう一歩違うところに届いたかも。
とも思ったり。

そんでまあ、そんな結果だから
一部分カットしたことの是非も
なんとも判断つかない、しようがないなあ。

なんて、今更思いつつつ
それでもやっぱり
タフな作品だったと思うのでありました。

あーなんか健さんの音について
ここまでなんも書いてない。

多分、文学館ロビーに響くその音色が
あまりに自然に場を包んでくれてたので
このときはむしろ
そこで息をするように
声を載せていた
って感じだったんだろうと思う。

共にお客様に向かうというよりも、
後方にいて、まっつとお客様の
両方を包み込んで響いていた感じ
だったんじゃないかな。

その分、まっつは
お客様とのやりとりに専念気味だったかも。

もちろん
曲調に読みが促される面は多々あって
録音で改めて聴いてると
その選択は、やっぱ健さん、さすがだわ
という具合になってる。

きっとやってるときは
そう意識せずに読んでたのね、この日は。
初演のときは、そういうところも
かなり意識的に聴きながらやっていて
そのへんがまた変化したところだったように思う。

終了後は、すぐ退場。という段取りだったので
13090720326594正面からの
お客様写真は
撮れず。代わりに
直後の様子を
上階から。

あああーーーー!
ここで初めて気付いた!
前回2011年の報告に
「お客様写真、撮ってないじゃんm(_ _)m」って
書いてますけど、
撮ってたんですよ。ホントは。
そのときの録音の最後の方まで確認したら、
ちゃんと撮ってた。
撮ってたのに
のに
のに
データが残ってなかったという…ことだったああ。

いったいどうしたんだろう。
そしてなんで報告書いてたときに
それに気付けなかったんだろう。謎謎謎
今回のことじゃないオチで
締める。ちゃんちゃん。

//
というのじゃしょうもないので
この回実施直前くらいに
「日々」に書いてた文章を紹介。
「宮沢賢治*銀河鉄道を巡る冒険」を巡って1
「宮沢賢治*銀河鉄道を巡る冒険」を巡って2

中1日で書いた2つの文章だけど
連載的でもないし、なんでひとつにまとめずに
しかも2の方は告知からもリンクせずに
放置気味に置いてるのか、
今となってはもう覚えてない。けど
そのとき感じていたことは
けっこう素直に書いてる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.18 モンクール定例ライヴ17@中央区

2013.08.18
13081812446541「〜「詩」を想い、
 そして 思い出す日〜 17」
 @詩とパンと珈琲
  mon coeur

|| これは、2013年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

冒険モンクール記録

引き続き城さんのセレクト詩人を追う
その…6回目ってことか。

この日は前座さん、ちゃんといらっしゃいました。
確か、7月末にはもう決まってたみたい。

ひとりは、憲法を伝える本の
かみくだいた説明部分。
もうおひとりは、歌詞でしたねぇ。

//
さて特集詩人は「立原道造」。
第6回(2010.11.20)の城さんセレクト詩人でしたね。

リクエストそのものは
全て、当日になって出てきたんすよ 。
なのでまっつ、順番もあまり吟味せずの
進行となったのでありました。

まずは『優しき歌 2』(リンク青空ページの中程からの作品)より抜粋リクエスト。
「1 爽やかな五月に」
「4 夢のあと」
「7 また昼に」
「10 夢見たものは‥‥」
(数字は、本来いずれもローマ数字)。

合唱曲になっているとの指摘もあり。
そうなんですね、道造の詩は
コンパクトな14行詩(ソネット)が多いので
歌詞として扱いやすいらしいんでしょうね。
〝優しい〟詩も多いしね。

お、けど、いの一番のリクエスターであった
プロデューサからは
「耳で聞いて初めて
 こういう詩だったんだあ
 って分かった」
とのお言葉もいただきました。

13081813546544続いて高橋オーナーから。
まずは無題作品
「(ガラス窓の向こうで)」。
あっという間に終わって
お客様、キョトン。

4行詩でした。

後から調べたんですけど、
これは『さふらん』という
シリーズ詩?の最初の篇のようです。

その後も「青空文庫」には載ってない作品ばかり。
「問答」「冬」「唄」「葬送歌」と続く。

なんでしょう、1篇ごとに
けっこう客席から感想とかけっこう出てくるね。
求めてないのに。自由だ、この日のお客様。
やっぱ分かり易いからかな、道造作品。

さらに「予後」「午後に」と
オーナーリクエストを読んでいきました。
あ、でも「予後」はお店のお客様からの
伝言リクエストだったらしい。
この日は来てなかったけど(笑)。

ここで道造リクエスト途切れたので、一端休憩。
以上のうち、城さんセレクトのときにも読んだのは
「7 また昼に」だけだったみたい。

//
10分くらいの休憩の後、
後半、まずは城理美子作品から入りましたよ。
詩集『夜の森』よりプロデューサから「夏の散歩道」、
続いてオーナーから「夜の森」「やま」
そして「暮れ残る夏のあおいあおい空」。

なんとなく場内から
「道造の詩とイメージが近い」というような声が。
(いや、ちゃんとそういう感想が出たわけではないのだけど
 オーナーの言葉とかにみんなうなずいてた。はず(笑))

続いてフリーリクエストコーナー。

金子みすゞ童謡集』ハルキ文庫より2篇。
13081814556545「男の子なら」
まっつが女の子に
見えてきた、
なんて感想あり(笑)。
さらに「月の光」。
直感的にこの場で選んでくれたんですね。
確か、お初のお客様。ありがとう。

続いては前座もやってくれた方から
井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法』講談社
「四:憲法前文を読む」
初めに筆者による憲法紹介文があり
そこから「日本国憲法前文」に続く
という一節。

「前文」は「全文」じゃないよ。とかの説明に
場内から笑いも出る。そんな軽いスタンスで
しっかり読みましたよ。
騙り読みじゃなく「憲法前文」を読むのは
久し振りだったんじゃないかな。
大事な文章です。

お次は…なんてったらいいんだろう。
エッセイになるのかなあ。
『草場一壽先生の観音力カード』だそうです。
リクエスターによると。

13081814556547その10番。
どういう番号か
よく分からないんだけど
リクエスターに
適用されたカードらしい。

カードそのものに書かれた文と
それとは別に、他の人が占いとして書いた文と
2種を、ゆっくり読みました。

なんかじんわり来た感じ。
男性から「前回もおみくじ読みましたよね。
そういうのもいいなあと思った」との声も。

さらに当時、モンクールで委託販売中の
13081814566549私家版詩誌。
いろいろいじりつつ
そこから1篇。
まあちょっと
名称は省略しときます。

さ、ここで小説系のリクエスト。
佐野 洋子『嘘ばっか』講談社文庫より
「ありときりぎりす」。

前後にはリクエスターさんから
本の内容押しの紹介があったり
「これ、おもしろいんですよぉ」。
それに吊られてか、作者について
それぞれが知ってることの情報交換したり…。
自然に読書会っぽい雰囲気も生まれてました。

13081814566548とまあ、ここで
リクエストは
ネタ切れってことで
締めに入ろうとしたら…
「さっきの歌って」。

え、あ、そうそう、朔太郎の「唄」をやったとき
時間があったら、じゃ歌ってみるとか言ってたんだわ。
忘れてると思ったのにぃ…。
なんて言ってたら
「エアギターで」。だと!?

なんてことでプロデューサとまっつは
さっきの詩を探し出す。

そしたらその間に
佐野洋子さんのもひとつくらい聞きたいね。
と、他の人たちは選択し出してたみたい。

朔太郎「唄」見つかり、
エアギターで歌う。
1分ちょいの即興歌。
・・これが拍手歓声15秒超え。
この日ここまでで一番の大ウケでした(爆)。

おやここで、新たなリクエスト
イベントチラシ「しあわせな雰囲気で」

軽い空気になってたんで
まあまあいい感じで宣伝にもなったんじゃないかなあ。

と、先ほどの佐野洋子からもう一篇選択組から
「赤ずきん」か「白雪姫」のいずれかをってきた。
場内の拍手で決めて

「赤ずきん」。
これが、これがまた、大受けの上に超が付く大好評。
拍手歓声が…なな、なんと30秒も続きました。
「まつもと劇場!」の声まで。
びっくらこいただ。

その空気をピッとさせて締めるべく
城理美子「琥珀色」で終了しました。

13081815186550お客様写真
忘れませんでした。
この日は
けっこうお初の方が
いらっしゃったのね。

終了後も『嘘ばっか』は
話題沸騰でしたね。
このときの次の18回、
2013年11月の日程は
ほぼその場で決めてました。

//
あー、3年以内に報告掲載できずだったあ。
また引き離されてるぅ。3年8ヶ月遅延。
少しでも追いつかないととは思うのだが。
もう新年度始まっちゃいました。
どうなる2017年度!

さて、ちなみに今年度最初の「詩を想い・・・」は第32回
特集詩人がまだ確定公表できないので
告知もしてないけど、日にちは決まってます。

「モンクール読み語りライヴ
〜「詩」を想い、そして 思い出す日。 32」
■2017年6月4日(日)開場12時頃/開演13時
料金:投げ銭
特集詩人:しばしお待ちを。確定したら下記詳細告知で発表します。
   第2部:ほぼフリーリクエストタイム
現在ブログ予告

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.08.17 夏の夜の儚がたり番外@西区

20130817m2013.08.17
「夏の夜の儚がたり
 〜番外編、
 というかpetitというか」
アミカ

|| これは、2013年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

「夏の夜の儚がたり」というのは
「夏のアミカで怖い話でもやりましょ」という
ほるちちか企画
主催によるシリーズ。

2006年から2010年まで、毎年夏、
ずっとアミカさんでやらしていただいてたのね。

2011年・12年はこのシリーズ開催は
ありませんでしたが
2012年8月17日には、
琴似で初の投げ銭リクエストライヴもやってたんすね。
という具合に、夏のアミカでは、
けっこう定番でやらせていただいてた次第。

そのへんはAMICA関連冒険報告を参照ください。
(あー、修正したのに何故か手稲区のがここに入ってしまってるm(_ _)m)

で、この年は、
久々に「夏の夜の儚がたり」
としてやろうということになり
前年の投げ銭リクエストライヴの
「リベンジも」ってことにして
初の二部制。
前半にプロデューサセレクト作品をやり
後半は「なんでも来い」の
投げ銭リクエストライヴを実施したのでした。

まずは<第一部>。
牡丹燈記」田中 貢太郎。
2009年のこのシリーズでも
取り上げた作品なんですが
その際は、初の舞踏とのコラボだったんだけど
なんかコラボとしても
読み語り自体としても
なんか消化不良だった記憶があったんすよね。

コラボの方は、その後、
「にんぎょひめ」などで
かなり進化できたと思えてるんだけど
プロデューサに提示されて
自分でも「そういえば読み語りとして未消化だったわい」と
決めたのでありました。
さてさて、その首尾やいかに(笑)。

もう3年半以上経っちゃったので
リアルな身体記憶はないのだけれど
録音で聞き返してみたら、
いろいろ工夫してたんでした。

これ、何しろ中国のかなりの古えが舞台。
前回は、そのあたりうまく伝えられないんで
変に硬い印象になっちゃってたんですね。

で、今回は、
特に導入段階っていうのは
どんな時代のどんな場所かの提示になってるんで
そこらあたりは、多少解説も交えて・・
と思ってスタートしました。
おかげでけっこう柔らかい印象で進められたなあ。

と思ったら、
遅れてきたお客様がいらしたので
その冒頭途中で一端中断。

リスタートは落ち着くまでお待ちして
そのお待ちいただく時間に
改めて年代の説明や
ポイントになる古い漢語の意味など
先に伝えておいて始めたのでした。

そんな感じで
やっぱりお客様をお話の世界に
入りやすくしておくことができたんで
非常にやりやすかったように思います。
今聴いても、なかなかリアリティ
産み出せてたと思うっす。

<第二部>
そして休憩後はリクエストライヴ。
前年は、アミカでのリクエストライヴは
初めてだったので
ほとんどライヴ目的のお客様いなかったし
半ば押し売りのように
リクエストもらったりもしてましたねえ。

が、この年は多少は違ったあ。
ちゃんとリクエスト持参で来てくれました。

まずは店主からエッセイ。
13081720116537『そんなに、
 変わった?』
酒井 順子
より一編。

ひとつ読み終ったところで
もうおひねり、とんできた!

あらかじめ感想も書いて
最後にお出しいただけるよう
折り紙を各席にお配りしてたんです。

したら投げる気満々の空気でポーン。
投げ銭入れでキャッチしましたよ。

さあ、そしてお客様からの
フリーリクエストも飛び出てきたあ!

この年6月に発行されたという
13081720106534「ランチ
 サポート
 大通」より
 〝某店のもりそば〟
読み方リクエストは「感動的に」。

へえ、こんな本あるんだあ
と、もうそこに感心しちゃいつつ読む。
んー、なんかいまいちだったみたいm(_ _)m
終わってあれこれコメントしたり
話を本の方にもってったり
アフターフォローして
盛り上げようとしてるもん、わたくし。

続いては、
13081720106535星新一
『エヌ氏の遊園地』
講談社文庫より、
「うらめしや」。
ショートショートかと思いきや
意外に長かった。
落語台本なんだそうで、会話中心に出来てる。
けっこうしっかり展開できたぞ。
(あら、講談社文庫版ってアマゾンにないんだあ)。

で↑これがけっこう
ボリュームあったので(25分くらい)、
次で最後にってことでプロデューサから
13081720116536立原えりか童話集
『青い羽のおもいで』
角川文庫より、
「古い白樺の木」。

初見なのに、まっつ
最初から雰囲気づくり間違ってないのは
自分でもどうしてなんだろうと思うよ(笑)。
しっとりゆっくりとした味わいが
ぴったりだったねえ。
う、同じ歌が繰り返されるのを
ちょっとズルしてしまいましたが(爆)。

ここでも投げ銭、飛んで来た。
星新一のときにも
飛んで来てたんじゃなかったっけ。

あー、リクエストいっぱい来たんだけど
13081720046533はい。お客様
関係者、
全部でこれだけ。
もったいない
ホントもったいない。

初見リクエストものなんて
再びリクエストでまた出会うことなんて
滅多にないわけで、
もっとたくさんの方に
聴いてほしかったと
つくづく思う。

琴似には知り合いもいっぱいいるのに
ちょっとしか来てくれなくて……
なんかこの後、琴似では
やりそびれてたりしますねえ。

それにしても星新一作品は
読みやすい。いずれっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2017 | Main | May 2017 »