« 2013.01.26 《「夢十夜」Nights》7(last)@栗山町 | Main | 2013.02.02-03 オペレまっつ@中央区 »

2012年度・冬《「夢十夜」Nights》まとめ報告

2012年度・冬
《「夢十夜」Nights》
(第一期)
全体まとめ報告

|| これは2013年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

夏目漱石「夢十夜」を読む夜。

各年度総合告知
2012年度・冬「夢十夜Nights」
2014年度・冬《第二期「夢十夜 Nights」》

第一期「夢十夜Nights」は
2012年12月1日の「First Night」でスタートし、
2013年1月26日の「Seventh Night」日で終了しました。
(その他回の報告も「夢十夜Nights」からお読みいただけます)

この企画、妄想し始めたのが2012年8月くらい。
メモに「無謀企画」って書いてあるよ(笑)。

漱石さんの命日と誕生日が冬だってんで
「よし冬休み企画で考えよう」。
なんて思い立ったんだったよね。

そんな無謀をやってみようと思ったのは
フライヤにも記載したように
読み語りソロ活動がすでに10年を超えてたから。
なのでフライヤにもこっそり
【まっつの読み語りソロ活動は、実はすでに10年を超えてました チャレンジ企画】
なんてショルダー付けてました。

そこから場所の選定をぼやぼや開始。
まあこれまで使わせていただいてた
カフェ中心だよねと思いつつ、
できれば10回やれたらいいなと
けっこう選定には時間かけた。

ぼやぼやっていうけど
初回のはやしさんは9月頭には押えてるし
結局、実施できた場所の大半は
9月中に目鼻つけてたんですね。

ただ、諸事情でなかなか日程が
決められない場所もあり
136フライヤは、
ひとつ
決まるごとに
89改訂したりしてた。
大きな改訂だけで
5回くらい。

そうそう、フライヤにもパンフレットにも使ったイラストは
これ、ネット公募したんですよね。
これはもう9月に動いてた。
結局、知人からの応募しかなかったんだけど
これがなかなかいい感じで
第二期でもしっかり使わせていただきました。

なるべくいろんな人に
読み手参加していただきたい一方、
毎回同じ顔ぶれになってもつまらないと思い、
でも、有料ライヴとしての最低線は
確保しないとねということで、
読み手募集の仕方にはけっこう気を使ったつもり。

それとともに採用した
お目当ておひねりシステムと
ペイバック方式は
いろいろ考え直す必要あるなと
特に煩雑な事務作業を
スタッフに強いたところを大反省。
第二期には大きく修正しましたね。

<実施結果>
事前段階の話はそのくらいにして
実施結果もまとめてみます。

読み手・聴き手・スタッフ・まっつ含め
関わった実人数は98名。
これはスタンプカードを
ひとり1枚ずつ発行したので
ほぼ間違いなし。

もちろん複数回に参加してくれた方もいるので
延べで数えればもっと多い。

読み手参加者は、まっつ以外で
延べ30名。
実人数では28名。
結局、2度の読み手参加があったのは
その他の場でスタッフ参加もしてくれた
2名だけでした。

延べのお客様人数はというと
こちらは83名でした。
全体実人数98名から読み手実人数28名を引くと70名。
これが読み手はしてない方々の実人数なので
お客様平均リピート回数は1.19。

これが多いのか少ないのかも分からない。
リピーター割引なんかも採用してたんだけど。

まあそんなところで、後はお寄せいただいた感想をご紹介。

*+-*+-<2回以降の感想から(順不同)>
・他の人のは聞いたことがなかったのでとても新鮮な感じがしました。また何か機会があれば是非見に来たいです(20代男性)
・とにかく、こういう集いは初めてで面白く拝見しました(不明)。
・いろいろなスタイルの読みが一堂に会し楽しかったです(女性・読み手)
・いやー、面白かったです。みなさんとってもお上手でした!(40代女性)
・初めてで新鮮でした(50代男性)

・夢十夜全編、初めて聞きました。楽しかったです。ありがとうございました!(20代女性)
・それぞれの作品が個性的で、イメージ豊かで楽しかった。漱石はヘンな人だったんだろうと思う(40代女性)
・不思議な雰囲気につつまれた空間でした(50代)
・物語ごとに読み手が違うので、それぞれに個性が感じられ最後まで楽しむことができた(10代)
・演劇を見ているようで面白かったです 学生さんがどの方もお上手でおどろきました(30代女性)

・それぞれの夜に色々な特色がありよんでいてもきいても楽しかったです(男性・読み手)
・それぞれの声の響きの違いが、面白いです。好ききらいは、まあ、ありますが、違いを楽しむという面では良い企画だと思いました(40代女性)
・面白かったです!!「夢十夜」は読んだことがなく、ドキドキだったけど、十分楽しめました♪夏目漱石すごーい(40代)
・読み手、聴き手の距離が近く、緊張しましたが、とても勉強になりました。ですが、大変楽しく読むことが出来ました。有難うございました(男性・読み手)
・面白い企画ですね(50代男性)

・読み手によってこんなに伝わり方、伝え方が違うんだなあと感じました。楽しかったです(30代)
・とても聞きやすく、イメージをしながらたのしく聞かせていただきました。表現方法も様々あり、勉強になりました(10代女性)
・ショート十話というのは、とても聴きやすいものですね。いい企画だと思います(50代女性)
・話を聴きながら情景が目に浮かび、自分の夢のように感じ不思議でした(40代女性)
・読み手によってすごく個性があって勉強になった(男性・読み手)

・このような会は初めて参加しました。舞台はよくみるのですが、アットホームな感じでこっちの方がいいです(笑)。いや、舞台も好きだけど(女性)
・3回目で全ての夜の内容をだいたい知っていたが読み手が変わるだけで新鮮(10代男性)
・皆さんがどう読まれるのか、楽しみにしてきました。声質も読み方も様々で参加者でありながらワクワクできました(女性・読み手)
・何とも不思議な空間でした。しかし心地よかったです(20代)
・このような企画面白いので続けてほしいです(20代男性)

・自分の夢を文章にしたら、どうなるのかな…?と思いました(30代女性)
*+-*+-

///--///
第一期「夢十夜Night」
主催:松本言語表現実選所(MGHJ)
共催:ヨミガタリを楽しむ会(Third/Seventh Night)
   平成うるうる亭(Fourth Night)
イラスト:裕樹
スタッフ協力(敬称略):
 はるっち
 北村郷子
 川守田阿津子
協力:
 ヨミガタリを楽しむ会
 ほるちちか企画
 平成うるうる亭
 山猫座

ほか読み手参加、観覧参加の皆様
会場とさせていただいた各所、
及び、フライヤを置かせていただいた各所の皆様
さらに、応援くださった全ての方々に改めて感謝いたします。
ありがとうございました。
///--///

さて、2016年度・冬、
第三期を実施予定です。
いまの段階では
場所も何も決まってませんが、
より多くの方に参加いただけるよう
企画検討してまいりますので
どうぞよろしくっ。

|

« 2013.01.26 《「夢十夜」Nights》7(last)@栗山町 | Main | 2013.02.02-03 オペレまっつ@中央区 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72518/63290501

Listed below are links to weblogs that reference 2012年度・冬《「夢十夜」Nights》まとめ報告:

« 2013.01.26 《「夢十夜」Nights》7(last)@栗山町 | Main | 2013.02.02-03 オペレまっつ@中央区 »