« January 2016 | Main | March 2016 »

2013.01.26 《「夢十夜」Nights》7(last)@栗山町

13012617196083130126211760912012年度・冬
《「夢十夜」Nights》
- Seventh Night
@カフェふあり

|| これは2013年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

夏目漱石「夢十夜」を読む夜。

各年度総合告知
2012年度・冬「夢十夜Nights」
2014年度・冬《第二期「夢十夜 Nights」》

第一期「夢十夜Nights」、
最後の実施は
栗山町でした。

読み手参加は
第一夜 金岩 和恵さん(かないわ商店)
第四夜 出村 鴻さん(栗山リーディングサービス・とらいあんぐる/おはなしボランティア「栗の子」)
第七夜 本間 奈美江さん
第八夜 長沢 正子さん(栗山リーディングサービス・とらいあんぐる)
第九夜 石山 曜子さん(カフェふあり)
でした。

そうなんです。
会場の店主も読み手参加してくれたのです。
飲食準備とか、けっこうお客様いらしてたので
忙しく働いてもいらっしゃったあげくに(笑)。

130126204260851301262042608613012620436087ほら当日メニューに
こんな軽食やら
スイーツやら
いろいろたくさんご用意くださったんすよ。
特に杏仁豆腐は大人気でしたねえ。

なので読む前は、サーヴあれこれと
働いてた店主。
あ、本間さんもサーヴスタッフ
しつつの参加でした。
先にお礼を言っておきましょう。
ありがとうございました。

そんな面も含めて
まずは読み手参加者紹介からスタート。
13012617596084はい。まっつ以外は
全員女性でした。
読み手
集合写真も
あるのですよ。

さて、この日のまっつの読みですが
地の文が、やっぱり他の方たちと比べて
モノローグ風。
演劇テイストが入ってるんだよね。

聞き返して目立った印象でいうと
第三夜の小僧が、なんかこの日は
やたら挑戦的だったこと。
いつもよりやや小僧スタンスを立ててた感じっすね。
なので怖さは少し減ったかも。

子ども向けのときにはこういう線で
少し人間的な扱いにするのもアリなのかも。
いや、この日はお子さんなんて
いませんでしたけど(汗)。

ほかにも第五夜で価値判断ニュアンスを
入れ過ぎてたり
第六夜は、やりたかったんでしょう、
江戸風味な語りスタンスにしてみたり
それなのにゆっくりだったり。

と、なんか新しい方向を
少し手探りしつつ、
しかしあんまり成功してないような
そんな感じだったようでしたねえ。

13012620516088終了時の
お客様写真。
けっこう皆さん
楽しんで
くださったみたい。

その後さらに、そのままふありさんで、
13012622176093第一期全体
打ち上げ的な
感じも含み
呑み会もさせて
いただきました。

皆さん、ありがとうございました。

//
さーて、この次は
第一期のまとめ報告を書かないとね。
はい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.01.19-20 宮古市支援活動参加@岩手県

2013.01.19
『2012読書ボランティア レベルアップ講座』
第4回 プロが教える読み聞かせのコツ
@宮古市図書館

2013.01.20
「めんこいわらし座」第12回(1月)公演
読み語りライヴ
@そけい幼稚園2階ホール

|| これは2013年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

2013年のこの時期には
(財)札幌市青少年女性活動協会さんの
( http://www.syaa.jp/syaa/ )
東日本大震災支援活動に関与させていただき、
宮古市におうかがいしました。

「宮古市こども支援事業」って括っていいのか
主催は別の事業体だったりするようなんだけど
自分的には活動協会さんからのご依頼と
認識しているので、こんな表記でご報告します。

<初日>
千歳空港を朝7時台に飛び立って
13011908426045いわて花巻空港に
到着したのが
だいたい
8時40分頃
でした。

そこから宮古市まで車移動で
そっちの方が時間かかるのね。
市内に入り
あちこちにまだ残る
大震災後の様子を見せていただきつつ
1301191242606013011912296057昼食後に
現場
図書館
入り。

『2012読書ボランティア レベルアップ講座』
13011912306058すでに読み聞かせ経験の
ある方たちへの講座
ということで
何に焦点あてようかあれこれ考えてみたんですが
自分のやってることの根っこにある
やっぱり「コミュニケーション」意識を軸の
プログラムを用意して出向きました。

前半は「講習」ということで
中島児童会館での初心者講座でもやってる
コミュニケーションゲームを体験していただきました。

・あいさつゲーム
・「順番に並べ」
・拍手送り

とやってきて
さすがに意識の高い方たちなので
さらに
・お話3ショット

そこまでのゲームは
「読み聞かせ」に何の関係があるの?
って感じもあったと思うんですけど
皆さん、けっこう楽しんでくれてました。

そこにこの「お話3ショット」を入れることで
一気に、コミュニケーションと「お話を伝える」ことが
結びつくんですね。

4チーム編成で
出てきたお話は
「大きなかぶ」「シンデレラ」「大きなかぶ」「かさじぞう」
でした。

同じ「大きなかぶ」も、案外違う絵が生まれて
それもまた楽しかったりするんですよね。

ここでいったん講習は休憩して
階下の絵本コーナーで
お子さんたちのいる場で
まっつの読み語りを実演。
これを観ていただいて
講座としてのデモンストレーションの
代わりとしたんですね。

せっかく絵本のたくさんある場所なので
その場リクエストでやらせていただきました。
30分ちょっとくらいで4冊読みました。

元の部屋に戻って、
残りの時間は座学スタイルで
「おはなし会で絵本を読むときの注意点」を。

あらかじめ用意されていたポイントが
「下読みのしかた」
「ドラマを盛り上げる方法」
「発声のしかた」

具体的にどう迷ったりしているのか
聞き取りもしながら
普段、自分が意識しているところを
かいつまんでお話させていただきました。
残った時間はその場での質問コーナー。

13011916126062時間が来て、
講座参加の皆さんの
写真を
いただき
ましたよ。

終了後、
「何が正しいのか迷ってしまうのが、ちょっと晴れました」
なんて感想をおっしゃってくださる方も
いらっしゃいました。

少しでも役立つことをお伝えできたのなら
幸いです。ありがとうございました。

*-+-*-+-*-+-*
<二日目>
「めんこいわらし座」第12回(1月)公演
めんこいわらし座については
こちらのブログに
誕生時の記事が掲載されていますので
ご参照ください。
★ いい顔・笑顔 人形劇の会 ブログ該当ページ

まっつが出向かせていただいたのは
通常メイン会場の
「宮古市総合福祉センター
 2階地域活動センター」ではなく
13012009106065もっと
お子たちに
近い
「そけい幼稚園
 2階ホール」。

お子たち中心なので
こちらはお客様写真
撮ってないんですよねえ。
なので何人くらい来てらしたか
記憶もあんまりないぃぃぃぃ(爆)。

大人と合わせて30人くらいだったのかな。
13012009546066こういう客席で
幕裏のステージは
使わずでしたから、
そのくらいの
規模だったと思います。

お初の方がほとんどだろう
ということで
自分で用意した作品を前後に組んで
途中に少しだけリクエストタイムを
入れてみました。

用意したのは
ともにオリジナル脚色版の
「三匹の小ぶた」と「ブレーメンの音楽隊」。
それとせっかくの岩手ということで
締めには大人の皆さんに向けて
宮沢賢治「(雨ニモマケズ)」も読ませていただきました。

途中のリクエストは3つ。
1冊フルの絵本と
学童雑誌や児童用図鑑の一部という
なんかレアなリクエストが来ましたよ。

最初はなんか
珍しい読み方のせいか
とまどう空気も感じられたんですけど
最後は皆さん、満喫して
お帰りいただけたようです。

お見送りの際には
10組くらいの方々と
言葉を交わしたり
してたみたい(録音記録による)。

終了後は、また空港まで車でお送りいただき
この日のうちに札幌に戻ったのでありました。

//
到着時に回って見せていただいた
各所には、
まだまだ大震災から2年弱で
被災したままの場所等が
けっこうありました。

それでもおそらく心の中には
いろんな想いをかかえつつも
明日に向かって
お話を楽しもうという
そんな方々(お子たちも含め)との
まあホントに、一期一会的な時間でしたが
少しでも何かが残せていたら
うれしいことであります。
ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.01.18 《「夢十夜」Nights》6@西区

2012年度・冬
《「夢十夜」Nights》
- Sixth Night
@フリースペース&喫茶 AMICA

あー、ついに3年落ち。。。
追いつけるかなあ。

|| これは2013年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

夏目漱石「夢十夜」を読む夜。

各年度総合告知
2012年度・冬「夢十夜Nights」
2014年度・冬《第二期「夢十夜 Nights」》

第一期「夢十夜Nights」、
札幌市内最後の実施は
西区でした。

あれこれな企画を度々やらせていただいてる
フリースペース&喫茶 AMICAさん。
フリースペース部分は使わず、
喫茶スペースで、のんびりお聴きいただく
趣向となりました、

読み手参加は
第一夜 大橋 千絵さん
第三夜 北村 郷子さん
第五夜 日高 和泰さん
第八夜 金路 陽子さん
第九夜 田中 瑞枝さん
でした。

この夜のまっつ登場は
あまり片寄りもなく、
第六夜と第七夜が連続したくらいでしたね。

毎回ほぼ同じ進行にしてましたが、
まずは読み手参加者をご紹介。
参加理由やご自分の読むことにした夜の
選択理由などもお知らせしてるんですね。

この夜は、多彩なメンバーになり
けっこうお客様も多方面から。
まっつの存じ上げない方が
半分以上を締めてましたね。

なのでご紹介も、以前からの知り合いについては
若干、まっつとの関係とかにも
触れたりした感じになりましたかね。

この日の自分の読みは
またまた、なんか変えようとして
ちょっとしくじってることが
やや目立つ感じだったみたい。

それでも第二夜の和尚が
これまでにない貫禄のある
風情になったりしたのは
ちょっと収穫。

後半戦になってワタクシ落ち着けてるんですかね、
13011821046037この日も
ちゃんと
お客様写真
いただき
ましたよ。

あー、でも…読み手集合写真は
撮ってないんじゃんorz

皆さん、ありがとうございました。

//
この報告、各期ごとに全日程の報告終えたら
全体に渡る報告まとめも必要だなあ。
うん、がんばる。と、毎回書いておく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2016 | Main | March 2016 »