« November 2015 | Main | January 2016 »

2012.12.23 モンクール定例ライヴ14@中央区

121223121059692012.12.23
「〜「詩」を想い、
 そして 思い出す日〜 14」
 @詩とパンと珈琲
  mon coeur

なんとか2015年内に
2012年の報告を終えることができたぞっ。
次からやっと2013年だっっっm(_ _)m。

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

冒険モンクール記録

前回(SP除く)に続き、城さんの
特集セレクト詩人を追うその3回目。
「宮沢賢治」でした。

前座2名のお一人目はここでは初前座。
特集に寄って「春と修羅・序」を読んでくれました。
お二人目は前回に引き続きの再登場。
まどみちおさんの作品を披露してくれました。

この時点までに店内に来た人、
まっつ・オーナー・はるっちも含めて
みんな眼鏡だったみたいす。
そんなこともあるんだね。

さてそして本編に入るのですが、
モンクールさんが3周年を迎えた時期でもあり、
自然とこのイベントの始まりを思い出すトークから
となりましたね。

グランドオープン記念で実施した初回には
特に継続的にやろうということでもなかったんですが
それがなんだかそれぞれの想いが重なって
ここまで続いてきたという感慨にも
ちょいとふけってしまいそうに(笑)。

■「宮沢賢治特集」
そんなわけで継続実施が決まった第2回目と同じ
特集詩人ということで宮沢賢治を取り上げました。

実はまっつ、賢治の童話は
それ以前からよく読み語りしてたんですが
詩は〔雨ニモマケズ〕以外は、
どちらかというと敬遠してたんですね。

でもそれ以後は、けっこうあれこれ
やるようになりました。

この日、事前に届いてたリクエストは3編。

その中からまずは、かずさんリクエスト「星めぐりの歌」。
リクエスターさんが自ら縦笛で曲を吹く中
読ませていただきましたが、
終ってご本人は
「発見しました。自分が吹いてたらしっかり聞けない」
と、おっしゃってましたね(笑)。

続いてこの日はいらっしゃれなかった方から
〔あくたうかべる朝の水〕
これリクエスト理由聞くの忘れてたんだったああ。

そしてはるっちから「永訣の朝」(「春と修羅」より)。
この作品は、いつも以上にハードな読みになったみたい。

ここで当日いきなりのオーナーリクエスト。
「冬と銀河ステーション」(「春と修羅」より)。
これは前回特集した城さんセレクトにも入ってた作品でした。
「永訣の朝」の後だったので、
ことさらに優しく穏やか読んでたようです、この日のまっつ。

続いてその場で、初参加のお客様から
「手簡」(「『春と修羅』補遺」より)。
さらにかずさんからも
今度は演奏なし(笑)で〔ながれたり〕

けっこう味わい深い作品が
次々出てきます。おそるべし賢治。

そんなわけで以前読んだことのあるものから
まっつセレクトもやっちゃいました。
「岩手軽便鉄道の一月」(「春と修羅 第二集」より)
「岩手軽便鉄道 七月(ジャズ)」(同上)
そして、たぶんまっつが最も回数多く読んでる詩
〔雨ニモマケズ〕

けっこうたっぷり特集やった感ありましたねえ。
ここで休憩はさみました。

おっとその直前に、賢治詩の英訳版を
ちらっと引用紹介したら
休憩中、その話題で予想外に
盛り上がってましたね。

そして後半、フリーリクエストタイム。
だけど賢治の、今度は詩ではなく、童話から
一部というリクエストが相次ぎました。

銀河鉄道の夜」より、女の子が語る蠍の話部分。
そして同作品より「鳥を捕る人」冒頭部分。
さらに前座でも登場した「春と修羅・序」と
賢治特集っぽく続きました。

そしてこの後からフリーっぽくなります。
まずは自作詩2編のご本人リクエスト。

かずさんからは茨木のり子著
「詩のこころを読む (岩波ジュニア新書) 」より
阪田寛夫(さかたひろお)さんの「葉月」。

これは「わたしの動物園」という阪田さんの詩集から
採られたようです。
リクエスト理由が
「山下達郎のクリスマスイブの雰囲気だから」
ってことでしたが
関西弁で、なまらおもしろかったっす。

かずさんはもうひとつ「賢治の「雨ニモ」に対して重吉のこれ」。
ってことで八木重吉〔こういう暮らしができたなら〕。

どんどんリクエストは多彩になっていきます(笑)。
サイモン&ガーファンクルの「アイアムアロック」日本語訳とか
松岡修造の「名言」とか、
ラングストンヒューズ「助言」とか
年末らしい、大江千里「ありがとう」まで。

それでも城さんの「琥珀色」で締めると
ちゃんといつものモンクールライヴって空気で終るのが
なんともいい時間だよねえ。

12122315045971皆さん、
最後まで
ありがとう
ござい
ましたっ。

//
さて「「詩」を想い、そして 思い出す日。」
次回は年明け、2016年1月10日。
なんと26回目ですよ。(終了後には新年会も予定)
[告知ページ]:http://footmats.sapolog.com/e444169.html

特集詩人は「野口雨情」。
FBイベントページで、なんちゃって研究もちょいとしてます。
https://www.facebook.com/events/1202144479832817/

それにしてもまだ11回分も
報告未了ってことじゃないの。
追いつくのか、いつか(爆)。
いずれもがんばりまっつ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.12.21 《「夢十夜」Nights》3@南幌町

52012年度・冬
《「夢十夜」Nights》
- Third Night
@ギャラリー茶房 つめくさ

|| これは2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

夏目漱石「夢十夜」を読む夜。

各年度総合告知
2012年度・冬「夢十夜Nights」
2014年度・冬《第二期「夢十夜 Nights」》

2012年最後の実施は南幌町でした。
場所は、ギャラリー茶房 つめくさ。
いろんな手作り雑貨や衣料品も展示販売してました。

大正生まれのママさんが
おひとりで切り盛りしてて
あんまり大人数は対応できないところ
懇意にしてる方を通して
こんなイベントをやらせていただきました。

とってもゆるりとした居心地のいい場所で
読み手の皆さんも、
それぞれ読みやすいあちこちで読んでましたね。

読み手参加は
第一夜 西野 紀美子さん
第二夜 菜畑 可名さん
第三夜 遠藤 たかさん
第五夜 穂山 直子さん
第九夜 はるっちさん
でした。

それぞれに味わいのある女性陣の中で
まっつ担当は前半一編、後半4編と
大きく片寄ったのでしたねえ。

自分担当分のトピックスとしては
第四夜で「神さん」をこの日は
「おかみさん」ではなく「神様」の方で読んでみたんですよね。
けっこう朗読経験のある方が多かったので
あえての選択したんでしたが、
違和感だけが残ったかもしれない。

それも含めていつもと変えてみよう意識が働いて
(継続して来てくれてる方もそこそこいたので)
第七夜の「囃子歌」なんかいつもと違うメロディーにしちゃって
あんまり安定感がなかったかも。

第八夜で「いらっしゃい」を2声にしたのもそう。
そのせいでこれもあんまり安定してなかったみたい。

などなど全体に不安定感のある過渡期的な
よく言えば少々実験的な感じになってたようです。

ちなみにまっつが読むのに使ってる書籍は
金井田英津子さんの画の入った
パロル舎刊「夢十夜」。
めくりになる文章量なども適度で
ほかにも使ってる方もいて
終了後、この日はけっこう話題になりましたね。
中身の挿絵は特に見せずに読んでるわけですが。

また「これだけスタイルの違う読み手が並ぶのもおもしろい」
というような感想などもあり、イベントとしての
手応えの感じられる時間も過ごせました。

けどああー、
この夜も一切写真を撮ってなかったああああ。

(※なお「ギャラリー茶房 つめくさ」さんは
その後、都合により閉店しています。
お世話になったママさんは昨年ご逝去。
まっつとしても「きりがたりシアター」に使う
衣装を作っていただいたりと
大変お世話になっていたのでした。
親しくお話する機会はこの日くらいでしたが
これからも見守っていただければと思っております。
合掌。)

//
この報告、各期ごとに全日程の報告終えたら
全体に渡る報告まとめも必要だなあ。
うん、がんばる。と、毎回書いておく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.12.19 《「夢十夜」Nights》2@豊平区

121219181159552012年度・冬
《「夢十夜」Nights》
- Second Night
Cafe Estrada

|| これは2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

夏目漱石「夢十夜」を読む夜。
「夢十夜Nights」。

<終了分告知>
2012年度・冬「夢十夜Nights」
2014年度・冬《第二期「夢十夜 Nights」》

2012年度の第二夜は
豊平区のエストラーダさんで
開催させていただきました。

この夜からは最大5名の
読み手希望者を募っての実施です。
半分を参加者に選んでもらい
残りの夜をまっつが読むという趣向です。

ということでこの夜は
以下のようなプログラムとなりました。
<記載のない「夜」はまっつソロ>

第一夜 はるっちさん + まっつ
第二夜 金澤 翔さん
第三夜 小野寺 舞さん(演劇集合体マキニウム(当時))
第六夜 山内 紀子さん
第九夜 北村 郷子さん

19時にスタートして
遅れていらっしゃるお客様もいるようなので
ゆっくりめの進行。
前半第五夜終了で、ほぼ20時となっていましたね。

いろいろな声で語られるのも
やっぱりおもしろいと思った次第。
中にはご自分で効果音を用意する方もいらしゃいましたねえ。

20時40分過ぎには全編読了。
けどなんかその後、つい事務作業とかがいろいろで
感想戦のようなことをパビッと
できなかったのが一番の反省点ですね。
全編をみんなで共有したという感じを
損ねてしまった気がします。
これも「おひねりシステム」を
第二期には採用しなかった理由でした。

まあしかし、自分ひとりで読んでるときと違って
他の人の読みを受けて
次の夜の読み方が変化するような
そんな経験にもなりました。

みなさんおつかれさまでした。
あわわわ、参加者一同写真がないどころか
お客様写真も、この夜は撮り忘れてたのでしたああ。

//
この報告、各期ごとに全日程の報告終えたら
全体に渡る報告まとめも必要だなあ。
(忘れないように毎回書いておく)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.12.18 四季の読み語り*特別編@北広島市

2012.12.18
『四季の読み語り*特別編
 〜クリスマススペシャル』
@自宅カフェ
『猫のしっぽ』

先月(2015年11月)中には2012年分の報告
済みそうと思ってたのに
パソコンクラッシュで、やばしやばし
数日、3年落ちしてました(涙
がんばれ、がんばれっ。
省略気味で行くぞおおおっ。

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

「四季の読み語り」報告一覧
http://mghj.air-nifty.com/mats/cat23151506/

2年ぶりの特別編。
何が特別かってえと、
まっつ、自分で読むもの用意せず
全部リクエスト対応で過ごす
ってスタイルであること。

告知→http://footmats.sapolog.com/e384167.html

前月に通常編13回目を実施したばかりだけど
おー、リクエスト大会ってことで(笑)
けっこう普段にはないだけの
リクエストをいただきましたっす。

まずはご参照ください。
とっくに公開されている
猫さんのブログ報告
http://blog.livedoor.jp/halu0618/archives/65591178.html
(わっ、わたくし呑み語りだったのですね
しかも昼寝までしてたらしい(爆))

さてそんなわけでこちらでは
121218121259391212181213594012121812215944
豪華クリスマスランチ諸々のご紹介は画像を
121218123259451212181234594612121812375947
並べるだけでそこそこに。(でもなんてクリスマスっぽい!)
121218125459481212181255594912121813565950(スイーツも
おみやげも
たっぷり
だったので
ありました。)
リクエスト内容のご報告を。

まずは「猫のしっぽ」見学をした
小学生からの感謝の手紙。
んむ、かわいい。中に
けっこうオトナな文章も。

それから一般本から
レシピブックの蘊蓄的コラムや
クリスマスにちなんだ新聞社説
リクエスターさんが
若い頃に書き写したという詩2編など。

さらにそのリクエスターさんからは
その頃のご自身の日記も
リクエストいただきました。
これが、また、なんというか
すごいものでした。
スポーツの引退を決めた日の日記。

オリンピックも目指していたという方だから
若さの中に、かなり突き詰めた意思が
感じられました。読ませてもらってむしろ感謝でした。
しかも日付が「12月18日」そして火曜日!
この日と同じだったんですね。

さらにクリスマス絵本
短編小説
上記、小学生からの感謝の手紙の追加
と読みまして
お開きとさせていただきました。

121218135859511212181551595212121816395953これらも
画像で
ざっくり
ご紹介して
おきます。

あー、おいしくて楽しかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2015 | Main | January 2016 »