« August 2015 | Main | October 2015 »

2012.11.11 四季の読み語り13@北広島市

121111125757962012.11.11
「四季の読み語り13
 *11月〜胸騒ぎ」
@自宅カフェ
『猫のしっぽ』

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

「四季の読み語り」。
猫のしっぽさんのスイーツとのコラボ企画。
これまでの報告記録は
http://mghj.air-nifty.com/mats/cat23151506/です。

その第13回目は、
さらに「恋愛テーマ」続けましたね
サブテーマ「胸騒ぎ」。

12111113105798まずは
お食事
というのが
最近の
定番。

13時ややしばらくして
まずはぬるっとオープニングトーク。

そしてこの回は
冒頭に定番「〔雨ニモマケズ〕」。

そしてまっつセレクト。
「胸騒ぎ」テーマで選んだのは
坂口安吾「人生案内」でした。

「胸騒ぎ」って言葉が出てくるからって選んだんだけど
まあ、恋というか、夫婦破綻の物語だったわ。
といっても、筆致としてはむしろ落語風。
しょーもない亭主にカミさんが愛想つかすって大筋だから
それもまた落語っぽいっすよね。

そんなこともあって、
途中、時代特有なコトバが出てきたときは
話者として説明も加えてみました。
「ニコヨン」とか「ズクニュー」なんて
まあ現代では死語だもんなあ。

そこそこボリュームある作品だったので
ここで早くもスイーツタイム。
恒例「おかしなおはなし13」は「りんご」。
12111114265806もちろん
スイーツ
プレートには
あれこれ
乗ってます。

ひとここちついてリクエストタイム。
Kさんから短編集「よろず春夏冬中」
(長野まゆみ/文芸春秋)より1編。

「春夏冬中」は、「秋」がないから「あきない」。
つまり「よろず商い中」ってことなんですね。
そんな風にタイトルワークも凝ってる。

てことでKさんからは短編タイトルは
最初に言わないで。という注文。

なるほど。お客様がた、
後から聞いて、大きなため息まじりで
感心してくれましたね。
「猫にごはん」。

この作品、けど、初見にはなかなか厳しかったあ。
すぐに誰のセリフか分からないような書き方だったり
読めない漢字も、バレバレでやってましたm(_ _)m。

さてこの日はこれでリクエストも打ち止め。
話はしかし、この作品もそうだけど
安吾のやつにも戻って、妄想ポイントとか
今だったらブログランキングトップとれるかも
とか、当時トピックスでもあった
ゴーストライター話とか、いろいろにお話がめぐりました。

12111115255807お客様
写真。
控えめな方も
いらっしゃい
ました(笑)。

そうして15時半ちょい前あたりで
ひとまず会は締めくくり。
しかーし、その後もお茶タイムは
猫さんの昨今話題とかで、けっこう続いたのでありました。

はい、いつものように
猫さんとこのブログには
とっくに報告あがってます。
「猫のしっぽブログ」この日の報告
プレートメニュー説明は
チョー詳しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.09-10 某所WSほか@各所

2012年9月10月前後の
ちょっとバラバラな
まとめ報告

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。


9月21日
9月21日まっつな日々
には、盟友(と勝手に思ってる)
絵本作家・ひだのかな代さんの
出版記念パーティに出席して
読み語りました。

その作品「モグラのかあさん」を。
しかも投げ銭!
いい感じだったので
「りんごりんごろりんごろりん」も
投げ銭不要のアンコール的に読みました。
復刊希望のことも伝えつつ。


10月19日
には石狩教育局の
クローズドワークショップで講師。
これ、だいたい名寄と同じスタンス。
適度な人数だったので、ここでは
あいさつゲームはフルでやったっす。


そしてなんと11月
には、なんだか
確か初めてセリフのある
ちょい役で出演した(20歳か21歳くらい)
テレビドラマ「七人の刑事」が
CSで放映されたらしい。
観られる環境になかったので
日にちは正確には把握してないっす。

これ「二次使用」だからって
わざわざ連絡先探してくれたっすよ。
しかも二次使用のギャラアリで。
さすがキー局。

//
おー、という報告をあげた今日
やっぱりちょい役出演した
同じTBSの2時間ドラマが
放映されました(爆)。
「北海道警察4・密売人」(TBSサイト内)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.10.28 きりがたりシアター@名寄市

Nayorom2012.10.28
きりがたりシアター
@名寄市民文化センター
 多目的ホール

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

(→きりがたりシアター・ここまでの記録)

そしてワークショップの翌日は
メンバ合流して「きりがたりシアター」。

やりましたよ「白雪姫ほか」。

内容的にはこの年5月の
札幌こぐま座公演とほぼ同じ。
でも、照明装置はなく、
客席もずっと明るい状態になるから
場面転換もまる見えだし
特にお芝居要素の多い
メインの「白雪姫」とかどうかな
と心配したんだけど
ちゃんと楽しんでもらえましたよ、ね。

最初は「何をやるんだろう」的な空気だったのが
まずはの童謡メドレーで
千陽のきったものが出てくると
その度にどんどん反応あり。
締めの曲では場内からも自然に手拍子きてました。

続いて、まっつの読み語り
谷川俊太郎さん「いちねんせい」よりの抜粋では
<びっくり顔>にはきょとんとしてたけど
<うたってる顔>には、クスクスきましたねえ。
(この説明、知らない人には分からないですねm(_ _)m)

「わるくち」では、リピートする子とかいて
ウケる空気だんだん増殖。
「あな」はそれぞれ最後の1行で
笑いがどんどん出てきた上に
しまいには、特に笑いどころでない
『まっくらだ』でも笑い出てた、いいのか(笑)。

そしてメイン「白雪姫」。
照明効果ない中でも
けっこう場面変化は
伝わってるんですねー、
途中いきなりの「ショータイム」にも
お子さんたち、
しっかり手をあげて参加してくれました。

12102815595767お客様写真。
小さくて
見えないかもだけど
皆さん相当な
ニコニコ顔。

しっかり楽しんでいただけたのは
12102816525770こんな風に
スタッフさんたちが
笑顔で記念写真に
応じてくれたことでも
お分かりいただけますね。

大変お世話になりました。
ありがとうございましたあああ!

//
「きりがたりシアター」
次の自主公演は未定ですが
11月12月にお呼ばれしています。

一般公開イベントとなれば
また告知させていただきます。
まっつ最新告知一覧→http://footmats.sapolog.com/e246876.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.10.27 読み聞かせワークショップ@名寄市

12102711325754tri2012.10.27
ヨミガタリストまっつの
「読み聞かせ」ワークショップ
@名寄市民文化センター

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

翌日の「きりがたりシアター」公演と
併せてご依頼いただいたワークショップ。
「読み聞かせ」ワークショップとのタイトルですが
「読み聞かせ」にも通じる「読み語り」初心者向けの
プログラムで対応させていただきました。

ところがですね。
当初30名程度と考えてた参加者数が
直前になって、なんと60名超と判明!!
12102711325754そんなわけで、
当初、視聴覚研修室で
実施の予定が
多目的ホールに
なったはずです。

しかし、しかし、そんなたくさんの人数に
ご満足いただけることができるのか、
2時間でっ!

と、うろたえましたが
短縮できるところは
短縮しつつ
「お話を伝える楽しさ」に
より特化して、全員参加型を貫く
展開にしましたよっ!

全体に走った感は否めませんが
大枠としては、いつもの流れ。

まずは自己紹介、内容概略お伝えしてから
さっそくゲーム。
あいさつゲームは、さすがに
全員が全員に会うのはムリと判断し
全体の前でデモンストレーションだけやって、
もうここからグループに分けての実施。

ゲームはもうひとつ
グループでの「拍手送り」のみで
続いてそのまま同じメンバでチームになって
「お話ショット」。

よく知られている昔話などを
チームで決めて、その静止画を
自分たちの体で作るっていうゲーム。

もちろん他の人たちに当ててもらうわけですが、
演劇方向を目的にする場合は、
必ず全員参加とか、いろんな縛りを
けっこう付けるんですけど
ここでは「どのようにお話は伝わるか」ってことを
「言葉がなくても伝わる」んだって体感してもらう目的。

なので、かなり自由度高くやってもらってます。
それと時間短縮もあって
いつもなら3ショットのとこ、
2ショットということにして
やっていただきました。

そしたら、ですね。
びっくりしました。

名寄には「昔話」が3つしかない!!!

なんてことはないんでしょうが、
まるであらかじめ根回ししてたかのように
9チームもあったのに
かぶってかぶって
お話、3つしか出てこなかったっす。
名寄の皆さんは、結束が強いのか(笑)。

でも逆に、同じお話でも
チームによって見せるシーンが違ったり
同じシーンでも違う組み立てにしてたりと
「伝え方にももいろいろある」ことを
より実感してもらえて良かった面もありましたね。

そして最後に「読む」プログラム。
自由選択していただく時間はないので
こちらで用意した
新美南吉さんの幼年童話を使い、
まずはチーム内で、みんな別々のお話を
選んでもらってチェンジ読み。

「チェンジ読み」は、自主企画講座などでも、
この年あたりから採用している方法です。
→参照:12.08.08南幌講座

実施前、選ぶ下読み段階で
別の1編だけ、まっつデモンストレーションしてましたね。

その後、各チーム1編にしぼってもらい
3チーム対抗の形で
チェンジリレー読み。
中島児童会館での「読み語り講座」では
2チーム対抗でやってるあの方式です。
→参照:10.11.12中島講座

さすがに10分ほど予定時間を超過して終了。
かなり走った感じだったせいもあり
参加者お写真撮る余裕なかったああ。

それより参加した皆さんに
「急がされた感」とか逆に「暇な時間多い感」とか
残ってしまわなかったかが
ちょこっと心配だったけど
けっこう楽しんで
有意義な時間にしていただけたようでしたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2015 | Main | October 2015 »