« 2012.09-10 某所WSほか@各所 | Main | 2012.11.12 ソルピ ライヴ寸劇参加@中央区 »

2012.11.11 四季の読み語り13@北広島市

121111125757962012.11.11
「四季の読み語り13
 *11月〜胸騒ぎ」
@自宅カフェ
『猫のしっぽ』

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

「四季の読み語り」。
猫のしっぽさんのスイーツとのコラボ企画。
これまでの報告記録は
http://mghj.air-nifty.com/mats/cat23151506/です。

その第13回目は、
さらに「恋愛テーマ」続けましたね
サブテーマ「胸騒ぎ」。

12111113105798まずは
お食事
というのが
最近の
定番。

13時ややしばらくして
まずはぬるっとオープニングトーク。

そしてこの回は
冒頭に定番「〔雨ニモマケズ〕」。

そしてまっつセレクト。
「胸騒ぎ」テーマで選んだのは
坂口安吾「人生案内」でした。

「胸騒ぎ」って言葉が出てくるからって選んだんだけど
まあ、恋というか、夫婦破綻の物語だったわ。
といっても、筆致としてはむしろ落語風。
しょーもない亭主にカミさんが愛想つかすって大筋だから
それもまた落語っぽいっすよね。

そんなこともあって、
途中、時代特有なコトバが出てきたときは
話者として説明も加えてみました。
「ニコヨン」とか「ズクニュー」なんて
まあ現代では死語だもんなあ。

そこそこボリュームある作品だったので
ここで早くもスイーツタイム。
恒例「おかしなおはなし13」は「りんご」。
12111114265806もちろん
スイーツ
プレートには
あれこれ
乗ってます。

ひとここちついてリクエストタイム。
Kさんから短編集「よろず春夏冬中」
(長野まゆみ/文芸春秋)より1編。

「春夏冬中」は、「秋」がないから「あきない」。
つまり「よろず商い中」ってことなんですね。
そんな風にタイトルワークも凝ってる。

てことでKさんからは短編タイトルは
最初に言わないで。という注文。

なるほど。お客様がた、
後から聞いて、大きなため息まじりで
感心してくれましたね。
「猫にごはん」。

この作品、けど、初見にはなかなか厳しかったあ。
すぐに誰のセリフか分からないような書き方だったり
読めない漢字も、バレバレでやってましたm(_ _)m。

さてこの日はこれでリクエストも打ち止め。
話はしかし、この作品もそうだけど
安吾のやつにも戻って、妄想ポイントとか
今だったらブログランキングトップとれるかも
とか、当時トピックスでもあった
ゴーストライター話とか、いろいろにお話がめぐりました。

12111115255807お客様
写真。
控えめな方も
いらっしゃい
ました(笑)。

そうして15時半ちょい前あたりで
ひとまず会は締めくくり。
しかーし、その後もお茶タイムは
猫さんの昨今話題とかで、けっこう続いたのでありました。

はい、いつものように
猫さんとこのブログには
とっくに報告あがってます。
「猫のしっぽブログ」この日の報告
プレートメニュー説明は
チョー詳しい。

|

« 2012.09-10 某所WSほか@各所 | Main | 2012.11.12 ソルピ ライヴ寸劇参加@中央区 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2012.11.11 四季の読み語り13@北広島市:

« 2012.09-10 某所WSほか@各所 | Main | 2012.11.12 ソルピ ライヴ寸劇参加@中央区 »