« July 2015 | Main | September 2015 »

2012.10.23 モンクールどさんこSP@中央区

2012.10.23
「〜「詩」を想い、
 そして 思い出す日〜 どさんこSP」
 @詩とパンと珈琲
  mon coeur

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

冒険モンクール記録

前回から10日も経たずに
実はこの日、スペシャルをやったんですねえ。
というのも、STVの「どさんこワイド」から
モンクールに取材の申し入れがあり
「せっかくだからライヴも」というので

前回時点では全く予定としてはなく
その後、19日までには決まってた模様。

いきなり23日って、人来るのかと思いきや。
来てくれました物好きが(笑)。

12102317195734いつもはこのライヴ
お休みの日に
やってますんで
珍しい
「営業中」の入口写真(笑)。

さてその取材ですが、
STVサイト内特集ページ
特集読書の秋 こだわりブックカフェ
をご参照ください。

そうです、モンクールさんが
ブックカフェのひとつとして紹介されるわけです。

ということでその趣旨からも
城さん特集で臨むことにしました。

テレビだから、なんとなくそう見えるように撮った。。。
と思うでしょう。
そうじゃないんです、
ライヴとしての時間は短めでしたが
いつも通りのスタイルで、ちゃんとやりました。
その場リクエストもね。あと、投げ銭も(爆)。

なのでちゃんと記録報告として載せておきます。

<ライヴ前>17時半ころ
まずは撮影クルーが
お店紹介部分を撮影してます。

もうこのときだいたい関係者は
集まってたのね、ライヴ観覧に
来てくれた人たちも。

そんなわけで撮影の様子を
興味津々に見たりしてました。

<ライヴ入り>18時半ころ
来店模様の絵が欲しいということで
入口から入ってくるとこから撮影、
はい、これはある意味ヤラセですね(笑)。

で、まあだいたい着席落ち着きましたら
まっつのこの日のことの説明から。
前座はなし。
特集も事前リクエストいただく時間なかったので
オーナーに一任した旨お伝えして。

さっそく始めました。
【城理美子特集】
「小さな子供だったとき」
「なくしもの」。

カメラに狙われていることも
ライヴトークとして、まっつ言ってます(笑)。
「いつもと違う目線がこのへんからあって
 ちょっと違うかも」一同笑いなどなど。

そしてこの2作品について
以前の特集回で、城さん自身が書いた文章も読み語り。

ディレクターさんから
この後の流れの中でレポーターさんが
来場する段取りで、と要請受ける。

で、いったんリクエストーコーナーにするとにして。
自作リクエスト、裕樹さん「茶色」を読み終えたところに
レポーター・雨夜さん登場。

着席していただいて
引き続き、自作リクエスト、吏卯さん「明日」。

そこで何か言いたげなレポーターさんに
お時間あげる。
<インタビュータイム>
18時50分くらいから
お客さんたちにインタビュースタート。
ここでは10分弱くらいでしたね。

ライヴに戻って
さらに自作リクエスト、冬乃もゆさん「未来」。

ここで一転して
やまメさんより、作品展紹介文の騙り読みリクエスト。
読み方リクエストは「ドラマチックに」。
なんか、途中で爆笑数回ってウケ方してました。

さらに、関係者から
まっつ出演舞台の宣伝文を
「サスペンス風に」。
これは終ったところで爆笑と拍手来ました。

さてちょっと方向性をつかんでいただけたようで
ここでディレクターさんから
「ほんとになんでもいいんですか」と確認あった上で、
レポーターさんから「メニューを」。
読み方リクエストは「じゃセクシーに」。
このリクエストだけで笑い取る、さすがレポーターさん。

まあプレッシャーも感じつつ(爆)
始めましたよ「セクシーメニュー」。
始めたところでもう、くすくす笑い蔓延。
ものともせず、そこそこでまとめる。
拍手と「すごい!」等のエールもいただきましたよっ。

ここからまた
雰囲気掴んだレポーターさんが
インタビュー再開。
もう19時10分くらいになってたみたい。

さらに大変興味持ってくださった
ディレクターさんもいろいろお客さんたちに
取材しだします。

まあ雰囲気的にはライヴは自然終了かなと思ったのだけど
さすがに自然終了はないよね、ということで
オーナーから
城さんの作品リクエスト
「うまれる日」。
そしてしめくくりに「琥珀色」。
ひとまず終了ってことで、もう19時40分回ってたみたい。

と思ったらディレクターさんが
まだなんかあると思ったのか
「まだリクエスト来るんじゃ」とフる。

そしたらオーナーが
城さん、女子高生時代の作品と
日記をリクエストしてくれました。

20時回って
取材のほうも十分となったようで
おー、ちゃんと自然終了でなくて
12102320035736締めに入って
はい、お客様写真も
撮りましたよ。
撮影クルーは
入っませんね。

12102320055738実はレポーターさんの
雨夜くんは
旧知の間柄だったんで
記念写真も
カシャ。

テレビで紹介されたのは翌月の11月2日(金)。
ライヴの模様は
ごくわずかだけではありましたが
しっかり取材して
雰囲気を掴んでくださったディレクターさん
レポーターさんだけあって
なんか、ちゃんとした伝わり方しそうな
内容だったという記憶があります。

そんなわけで
ライヴとしても
なかなかに楽しい時間だったのであります。

//
「「詩」を想い、そして 思い出す日。」。
次回はなんと25回目。
[告知ページ]:http://footmats.sapolog.com/e439164.html
2015年10月25日(日)です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.10.14 モンクール定例ライヴ13@中央区

2012.10.14
12101412045725「〜「詩」を想い、
 そして 思い出す日〜 13」
 @詩とパンと珈琲
  mon coeur

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

冒険モンクール記録

前回に続き、城さんのセレクト詩人を
追うその2回目。

第1回目に中原中也とともに
選んでいただいたランボーです。
12101412065727ランボーオンリー
ってのは、
だから初めて。
こんな肖像が表紙の
本もあるんですね。

前座2名のお一人目は前座デビュー。
まどみちおさんの作品を選んできてくれました。
お二人目は、何度目かの登場。
実は急遽来られなくなった人の代打、
でも自作詩をしっかり読んでくれました。

この前座タイム、本編スタートの10分前
ってことにしてるんだけど、
まあそれはそうなってるんだけど
実際には、このときは本編スタート定刻に
前座が始まってますねえ(笑)。

ともかくも前座終って本編スタート。

■「ランボー特集」
まずは城さん訳のランボーから。
「センサシオン-感覚」
「マボヘム-ぼくの放浪」。
城さんが入院中に書いた絵も見ながら。
こだわりのある訳だよね。

続いてリクエストで出てきたのが
中原中也訳「盗まれた心」。
裕樹ちゃんリクエストでした。
「フランス語ってきたない。
 中也の日本語はきれい。
 でも訳は、きたなくて忠実だなと思う」
とリクエスターの解説。

さらに、なんとこの日のために
このライヴでおなじみ、冬乃もゆさんが、
ご自身で訳してきてくれたものを。
「橋」「夜明け」「ありふれた夜想曲」「戦争」。
なんかタフな内容のものばかり。
もゆさんご自身
「(訳すの)大変でした」とおっしゃってましたね。

まあ我々、なんだかんだ言って
原文じゃなくて訳で外国の詩を読んでるわけだけど
訳者によって、だいぶ違う雰囲気になるよね。
うん、これは「読み方」によっても
違う雰囲気になるのとも類比的だわね。
たまにそんなことを意識できるのもいいことだと
いまさらながら思う。

まだランボーリクエストは続きました。
中也訳「びっくりしたやつら」。
前座してくれた、かずさんから。
これがまた…ひとまず後述(笑)。

さてここで小休止して
城さん作品や、さらにその場でランボー作品
探す人がいたり
関係なく会話してる人がいたり
いつもながらのアバウトな雰囲気。

でも休憩じゃないので、
リクエストがいくつか揃ったところで再開。

城さん作品に行こうかと思ったけど
ここでさっきの「びっくりしたやつら」と同じ作品を
堀口大学が訳した「のぞきみするこどもたち」を先行。
これ、パン屋さんをのぞく子供達の様子を描いた作品なのね。

で、これがまた中也訳と大学訳、
ぜんぜん違う。
一同、「へええーーーー」と溜息つくほど
違ったんですねえ。
(ついでに、大学訳を読んで初めて、
中也訳で最後の1ページを読み落としてたことに
気付いた、まっつ。改めてそこも読みましたよ。
「いろんな人にごめんなさい」と言いつつ(爆))

ホント、訳詩は、比べて読むと、より面白い。

※※中也訳「ランボオ詩集」
  (ここに「びっくり」も「盗まれた心」も載ってます)
※※残念ながら堀口大学訳は青空文庫には見あたらず。
  「ランボー詩集」(新潮文庫)

ここで一度、城理美子作品「夢の底」。
少し城さん作品続くかと思ったら、
オーナーから
ランボー、小林秀雄訳「酩酊船」。
漢字だらけで崇高な感じなんだけど
「けっきょくは酔ってるってことなんだよね」
読み終って、そんなことコメントしてるまっつ(爆)。

で、休憩前最後は
城理美子「なくしもの」。

そういえばこの日
モンクール特製「サババケット」と初めて出会ったんでした。
けど、この休憩時間には
もう売り切れちゃってたので、
この日はお預け(爆)。
まあその後、人気商品となってるのは
皆さん、ご存知の通り。

10分くらいの休憩のつもりが
実質20分弱となり
再開は14時35分過ぎ(笑)。

フリーリクエストタイムってことで
まずは裕樹ちゃんから
「ムーンライダーズ詩集から」ってことで
「ドント・トラスト・オーバー・サーティー」新潮文庫より
「夢が見れる機械がほしい」。
オーナーも「いいよね」って。

詩って言っても、歌詞なんですよね。
歌詞ってリフレインが多いことが多いんだけど
この歌詞でも、タイトルが
終盤に6回も続きましたね。

で、ここで歌も聴いてみたんすね。
聴きながら次のリクエストの打合せも(笑)。

前座デビューしたかずさんから
たかはしけんじ「空の名前」より
「いわしぐも」と「うろこぐも」。
これ、それぞれの雲の説明をして
最後に一句で締めているという
まあ、広くいうとエッセイかな。
へえ、こんな本もあるんだ、と思えるのが
リクエストタイムのいいところ。

さらに、かずさんからリクエスト続きました。
今度は新聞の切り抜き。
「朝の食卓」から「ゆるくない夏」。
北海道弁を立て続けに使ってる文章で、
終ったとき歓声があがりましたね。
「うまーい!」という声も。

続いては、冬乃もゆさん自作詩。
ご本人からのリクエスト。
新作「未来へ」。
そして曲もついてるという「五十鈴川」。
さらに「雲を抱いて」。
彼女の作品は、いろんなところに連れてってくれる。

リクエストはまだまだ続く。

続いては携帯電話でのリクエスト。
なぐさんから。
しかも歌詞。
ケータイっていいんだけど
どこまで続くか、終るまで分かりにくいってのが
けっこう初見リクエストとしては厄介なんだよね。
みどりかわ書房「ごめんな」。

全く知らない作品、アーティストだったけど
心えぐる歌詞でしたわ。うん。
調べてみるとアルバム「みんなのうた3」に
入ってる楽曲のようですよ。

ここで多分、お初のお客様から
ご本人作品。
30数年前にお亡くなりになった
お母様への想いを綴った作品。
しんみり、でも温かい空気になりましたね。

3時15分過ぎて、まだひとつ。
じゃあこれをリクエストの締めくくりに
しましょうということで
裕樹ちゃん自作詩「やわらかさを思う」。
ほっこりしました。

締めは城理美子「琥珀色」。

12101415265732最後まで
お付き合い
くださった
お客様を
シャラン。

たまにはなんかおまけ写真。

12101412495729ライヴでは
ドリンクバー
300円なんですが
珈琲・紅茶のほかに
こんな具沢山スープも。

12101415569840001毎回ちょっとずつ
工夫があって
楽しみなスープも
このマスターの
手作りなのです。

12101416019860001ついでに
やらせ写真を
撮られた直後の
まっつも
載せておけっ(笑)

//
さて、表題では「モンクール定例ライヴ」としてますが
正式タイトルは
「「詩」を想い、そして 思い出す日。」。
次回はなんと25回目ですよ。
[告知ページ]:http://footmats.sapolog.com/e439164.html

特集詩人は
いつもの城理美子に加えて
なんと文語詩の巨匠たち
北村透谷・島崎藤村・土井晩翠ですよ。
ほぼ初挑戦。
事前リクエストもお待ちしてますよー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.10.02-07 映画ロケ@道内

2012.10.02-07
ワーナー・ブラザース
李 相日監督作品
「許されざる者」ロケ
@道内某所

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

さてこの年、この時期には
映画のロケに行ってましたねえ。
それもメジャーな映画。

全国ロードショーされた
「許されざる者」。
(参照:映画公式サイト)

日々ブログでも
公開時にちょこっと紹介したよ。

そんなわけで内容とかは上記をご参照ください(笑)。

さて、お話はまだ江戸期をひきずる明治初頭
ってことで、かつらも使ったけど、
ある程度は自毛でってことで
1210010311565712100314475664ロケまでに
髪とヒゲを
伸ばして
臨んだので
あります。

12100404135679で、現地入りしてから
さっそくこのように
前髪だけガッツリ
切られました。
なんか変な感じ。
でも後ろ側だけカツラしたんですよ。
それで全体に自然に当時の人になったのでした。

あ、その後ろカツラの写真、撮ってなかったあ。

12100408045685現場は上川地方の
ただっぴろいノッパラに
しっかり「建設」された
こんな大規模な
オープンセット。

1210040803568312100408045684


1210061030570912100610265704


1210041648569012100410355687で、自分は
飯屋の主人役。
うちの店の
外観と
内部。

しつらえだけでなく
皿やらかまどやらとっくりやら
小物たちもそうとうしっかり
当時を再現してましたよねえ。

映像っていうと
なんかテレビセットのように
表面側だけ見た目ができればいいように思うけど
こういうメジャー映画では
どっから見てもホンモノになるように
作っちゃうんですねえ。すごい。

さて最後に記念写真。原子千穂子さんと
飯屋の夫婦役だったのですが
1210051626569912100716575716二人で
東京の
役者さんと
監督さんを
挟んでます。

こちらも記念写真です。左の方は
1210071818571812100718205719衣装道具関係
スタッフさんたち。
右側は
メイク関係
スタッフさん。

気づきましたか?スタッフさんたちとの写真では
もうすっかり、まっつ短髪になってます。
出番終了後に、カットしてくれたのです(笑)。

まっつ、撮影ではセリフがあって
國村隼さんと面と向かう時間がけっこうあり
撮影待ちの間にいろいろお話ししたり
それから絡みはなかったけど
同じシーン出演の
滝藤賢一さんとは
休憩時間などにあれこれお話ししたりしたねえ。

でも佐藤浩市さんとは
ほとんどお話できんかったなあ。

それと出演シーンではなかったのに
ロケ中の一日に来てた
渡辺謙さんとも
大勢でのご挨拶くらいしかできず。

ところで、撮影ではあった
まっつのセリフ部分は、
残念ながら本編ではカットアウト。
國村さんと寄りで撮ったカット自体が
ほぼはずれてたから、なんか結果、
その他のお客役のエキストラさんたちと
あんまり変わらない出方になってたなあ。

でも50代のローカル俳優にとっても、
非常によい経験となったのでした。
10月の上川は、寒かった・・・。

映画公開は2013年9月13日。
日々ブログでの紹介に書いたように、
日本映画には珍しいハードな作り。
北海道が大陸的な感じにすごくなってて
アメリカ開拓時代との類比性を直感される。

でもって戦いが泥臭い。
我々、剣劇とか、洗練されたものを見慣れてるけど
剣と銃の戦いが非常に泥臭い。
のちうちまわるような戦い方に
士族へのレクイエムを感じさせると同時に
人と人の殺し合いは
かくも美しくないのだ
とにかく「イタイのだ」という
ある意味での美学に貫かれてた。と思う。

いくら集団的自衛権と言っても
武器を用意して供給して運ぶ以上、
それが使われることから
目をそむけることはできないはずだ。

もはや、こんな白兵戦のような戦いは
ないのかもしれないけど
それでも、傷つく側に募る怒りとか恨みとか
そういうものも含めて
共有・共感していかないと
世界には、断絶と国防費の増強競争と
そして武器屋の高笑いしか
残らなくなってっちゃうんじゃないか。

日本が戦争を止めたはずの日に。合掌

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.09.23 四季の読み語り12@北広島市

2012.09.23
12092312405634「四季の読み語り12
 *9月〜秋の空」
@自宅カフェ
『猫のしっぽ』

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

「四季の読み語り」。
猫のしっぽさんのスイーツとのコラボ企画。
これまでの報告記録は
http://mghj.air-nifty.com/mats/cat23151506/です。

その第12回目は、まだまだ「恋愛テーマ」続けよう
ってことでサブテーマが「秋の空」。
12092312485635ちゃんと
「四季」を
感じさせる
テーマにも
なってたでしょ(爆)。

12092312505636こんなまたまた
豪華なお食事を
まずは
堪能して
いただきまして

さっそく、まっつセレクトでスタート。
岸田国士「虹色の幻想」より第一話。
これ<シナリオ>なんですね。
でも、けっこう普通に物語的に読めました。

上記で青空文庫を覗いていただければ分かるように
この第一話は、浦島太郎が下敷き。
だけどこの太郎、竜宮に行ってる間に
旅商人と離村した最初の女房はしょうがないとして
戻ってきてから結婚した女房も、
その目の前で年寄りになって
しばらくは仲良くしていたが、
やっぱりやがて行商風の男と逃げてしまう。

ね。ほら。「秋の空」でしょう(爆)。

この作品「50分はかかりそう」と始めたんですが
結果、55分強にもなりました。
ということで、すぐにティータイム。

スイーツ登場とともにオーナー筆による
12092314305640a12092314305640b恒例
「おかしな
おはなし12」。
テーマは「なし(梨)」でした。

12092314305641そして
スイーツ
プレートが
こちら。
堪能したあ。

20分ほどのご歓談の後、
まだスイーツを楽しんでもらいつつ
リクエストタイムに入りました。

まずは長田弘『詩ふたつ』。
これ、クリムトの絵との
コラボ本なんですね。

続いて、まっつ主催「夢十夜NIGHTS」
フライヤの参加者募集部分。
自分セレクトじゃないっすから。
リクエストですから。
しかも「夏目漱石風でわかりやすく」という
読み方リクエスト付きでしたよ。

続いてママさんから
こんなの初めて。
「検針結果のお知らせ」
「前半ドキドキ、後半ほっ」(読み方リクエスト)
読み終えたとき、場内に瞬間的笑いが溢れた(笑)。

そしてオーナーリクエストは
米倉利紀「i wonder if...」。
恋の唄すね。
前回やったのの続編とのこと。
おー、同じアルバム「17th / through you」に
入ってる、しかも続きで。

てなあたりでリクエストも締まりまして
エンディングは恒例の「雨ニモマケズ」ですが
この日、直筆のもののレプリカをいただきまして
それで読みました。
なんとなくいつもと違う読みだったかも。

12092315255646そんなこんなで終了。
お客様写真
いただきました。
このシリーズのいつもより
平均年令、若かったのねー。

猫さんはやっぱり、
とっくに報告載せてます。
「猫のしっぽブログ」この日の報告
実施直後の報告なので
季節感が、しっかり味わえます(爆)。
メニューも詳しい!

12092316205647ちなみに
こんなシリーズ総合的
手作りポスターも
作ってくれてるので、
今年、また再開できたらいいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2015 | Main | September 2015 »