« April 2015 | Main | June 2015 »

2012.08.17 投げ銭リクエストライヴ@西区

2012.08.17
ヨミガタリストまっつの
「投げ銭読み語り
 リクエストライブ」
アミカ
ずっと告知で「ライブ」という表記してたんで
しばらく「ライヴ」と「ライブ」が混在しますがお許しを。

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

そしてこの年の
投げ銭ライヴシリーズ最終回は
いろいろお世話になってますアミカ。

しかも昼夜2回設定。。。
だったけど、営業中のスタンスで
普通のお客さんも少し巻き込んだりしたものの
「昼に親子がやってきて
 夜は大人でにぎわう・・・」
なんてことはありませんでしたorz

最小人数に近い形で
リクエストを読んでは
雑談に花が咲くという
なんつーか、枠のない感じになりましたよ(爆)。

でも基本、リクエスト三昧。

まずは15時スタートの回。
早速のリクエストは
「トラのじゅうたんになりたかったトラ」。
16495525シュールなのかと
思いきや
けっこう
ハートウォーミング。

続いてはオーナーから。
「ブルッキーのひつじ」と
すぐに続いて「私の船長さん」。
どちらも谷川俊太郎さん訳の
1648552416485524_2絵本でした。
ほっこりして、
しんみりして
あったかい感じ。
んー、じわじわと浸っていたい世界。

16495525_2続いて
江國香織さんの
短編集
「つめたいよるに」
より「コスモスの咲く庭」。

16425521それからお店に
あった絵本から
「きょうというひ」。
荒井良二さんの作品です。
リクエストで2006年にも読んでた作品。
世界は深い。絵本おそるべし、改めて。

続いても絵本「くまとやまねこ」
16425521_2喪失感から
立ち上がるくま。
うーん、
これも深い。

ここで新たな知人客きて
「なんにも持ってきてない」というので
先般の「つめたいよるに」より選んでいたたき
「デューク」。
おー、もうホントに少人数だもんだから
じわりと来ましたね。

12081716405520はい。
この昼の部の
お客様写真
一応、
あるのだよ。

//
そして夜だ。
これも
すっかりこじんまりとした状態で
最早ライヴというより
トークタイム。

そんなトークの中からリクエストが出てきて

ここでいきなり漫画ああ。
18345527「きのう何食べた」
いやー、
漫画は失敗経験が
多いので
おそるおそるかと思いきや
言葉数多いせいか
ふむふむ、けっこういい感じじゃん。
途中いきなりレシピになるのは
さすがに録音の音だけで聴くとわからん(爆)。

そしてオーナーリクエスト。
「整形前夜」から2編。
「言葉の迷宮、低次元バージョン」と「変、になる」。
18345527_2これ、エッセイです。
歌人・穂村弘さんの。
言葉へのこだわり。
半端なくおもしろい。
共感できるとこ多々。でしたな。

1936552920265530このへんから
呑みがたりに
なっちゃったの
ですが(笑)
「きみが住む星」「花咲小路四丁目の聖人」の
一部を読んでたみたいです。

それぞれいろんなことが想起されて
おもしろい。
うん、世の中には、なんてたくさんの
おもしろい日本語があるんだあ!

日本語読みます、ヨミガタリストまっつ。
こういう風にいろんな作品と出会えるのがいいね。
余裕があれば、こんな少人数でも
もっとやってみたいけど。
なかなかそういうとこにいけずにいる今日この頃です。

いや、こんなことやらせてくれた
アミカさんには、ホント感謝感謝、
いまさらながらでありますが(爆)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.08.16 投げ銭リクエストライヴ@北区

2012.08.16
12081618485510ヨミガタリストまっつの
「投げ銭読み語り
 リクエストライブ」
@みんたる

ずっと告知で「ライブ」という表記してたんで
しばらく「ライヴ」と「ライブ」が混在しますがお許しを。

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

この年の投げ銭ライヴシリーズ
第3弾は、みんたるでした。

これがねえ、大盛況だったんですよ。
と言っても、この日は
みんたる、みかよさんの
誕生日だったから。
まっつ目当てというより
お祝いにかけつけた方々が
優しく、ついでに
ウエルカムしてくれたって感じ。

12081619045511みかよさんには
こんな花束も
届いてたもんなあ。

まあしかし、こんな芸人に
よくそんな日のライヴを
任せてくれたもんです。
みかよさん、改めてありがとうございました。

ということで
リクエストリストを。

19時スタート予定が
続々お客様来るもんだから
注文対応など、みかよさんの一段落を待って
10分過ぎくらいにスタート。

まずは誕生お祝いとして
まっつセレクト
谷川俊太郎さん「みみをすます」でスタート。

その後はリクエスト三昧。
まずは新聞のコラム来ました。
こういうの久々です。
読み方リクエストもらったような
もらってないような感じだったのですが
「真摯に」読みました。

続いて、とあるイベント企画の打合せ文。
リクエスターIさん。
私信だけどいいのか?
「力強い感情込めて」「こっちはあっさり」。
あ、ライヴ告知の方を「力強く」で
打合せファックス文書を「あっさり」だそう。
読んだ締めに、まっつの一言
「なんかIさんへのラヴレターみたい」で
場内、笑いと拍手。

Img_1235撮ってもらった
この写真は
たぶんそのときの
「力強い感情」
込めたやつ(笑)。

続いてジョニーさんのイベントチラシを
「ジョニーさん風に」。
本人からのリクエストじゃないけど
本人そこにいるのに(爆)。
やりましたけどね。
これも歓声と拍手をしっかり受けましたよ。

続いても告知。この日、告知大人気。
「癒し系で」という読み方リクエスト。
「スピリチュアルカウンセリング」のご案内でしたね。

次は数少ないお子さんのお客様からリクエスト
豊平区でも出てた
大久保テイ子さん『はたけの詩』より
「ごぼう&だいこん」。
ホントにお子が選んだのかなあ。
笑いと感嘆と拍手もらいましたっ。

続いて「気功案内」。
「気功的に。好きなように」という読み方リクエストですよ。
なんだそれっ。えいやっ。

そして絵本きました。これもお子さんから。
「ちょっとだけ」。しっとりしましたねえ。

こんなのも来るんだ。
「誕生日大全」より、みかよさんの誕生日
つまりこの日、8月16日部分。
なんかけど、けっこう突っ込みどころ満載だよ。

次はなんと、みかよさんへの手紙ですって。
書いたご本人からリクエスト。
いいなー、こういうのもやりたかったことのひとつ。
読み終ってから、みかよさんにまっつがお届けしたので
拍手がずいぶん続きましたよ。

それから『だけどくじけない』より。
これは釧路出身の写真家さんが
東北の子供達の言葉と笑顔を織りなしたもの。
その中から8人の言葉を
セレクトリクエストいただいて読みました。
笑いも出たけど「すごい」の声も客席からあり。
12歳の「わたしは絶対、福島という名前をあきらめません。」
の締めは、心に染みたなあ。

再び告知系。展覧会の案内。
読み方リクエストは「お任せ」。
真摯に読むことをセレクト。

さらにほかにも
最近開店したお店のコンセプト部分とか
唄の歌詞とかも出ました。

およそ1時間20分ほど
12081620375513多種多様な
リクエストの
出たライヴ。
楽しかったです。
みなさま、
ありがとうございました。

12081620545514おまけ。
終わってからいただいた
みんたるの
しっかり和食ごはん。
うまかったあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.08.12 投げ銭リクエストライヴ@恵庭市

2012.08.12
12081212565496ヨミガタリストまっつの
「投げ銭読み語り
 リクエストライブ」
@喫茶りぼん
ずっと告知で「ライブ」という表記してたんで
しばらく「ライヴ」と「ライブ」が混在しますがお許しを。

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

この年の夏、シリーズ的に実施した
投げ銭リクエストライヴの第2弾は
ずっと機会とか場所を探っていた
恵庭市となりました。

なにしろ恵庭のお芝居に
ずっと参加させていただいてましたからね。

でもこの年は
決まったのがけっこう遅かったので
お芝居関係者は
ほとんど来ていただけなかったなあ。

それでも豊平区より
お客さん多かった(爆)。
それも現地で折衝他をしてくださった
万田凛さんのおかげです。
ホントにありがとうございました。

ライヴは、その凛さんの前座からスタート。
ここ喫茶りぼんは
ママさんが盲導犬ステラとともに
過ごしているお店でもあることから
犬と少年のつながりを描いた絵本
ずーっと ずっと だいすきだよ」を
読んでくれました。

それから、紹介されてまっつ出番。

リクエストライヴですけど
恵庭市で、ヨミガタリストまっつは
そんなに知られてるわけじゃないので
まずは自己紹介代わりに
注文の多い料理店・序」をお届け。

どうなるかと思ってたんだけど
旧知の知り合いから(読み語りは初めて)
いきなり「釣り新聞」のエッセイのリクエストきまして
それも「田原俊彦風」(爆)。
これは超「なんちゃって」になりましたけど(笑)。

続いて絵本「シンデレラ」が若い子から。
それがシャルル ペロー原作物とはなってるんだけど
なんか王子どうでもいいって感じの教訓付きで
けっこう衝撃的(笑)。
シンデレラ−小さなガラスの靴」でしたね。

その後、蠍座リーフの挨拶文や
ホラー映画紹介文、
さらに北海道盲導犬協会月刊紙に掲載された
りぼんのママ・本田さんと盲導犬ステラ号について
書かれた記事などを
リクエストいただきました。

これでもう1時間半くらいになりまして
(何しろ「シンデレラ」が30分超の大作でした!)
ひとまず締めて、ステラ号も一緒に
1208121524549912081215265501お客様
写真と
さらに
記念
写真。

12081215585504投げ銭代わりに
こんなにあれこれ
新鮮野菜を
もってきてくださった
方もいたのでありました。

その後、関係者からの別途リクエストとかも
確か読んだんだけど
そこの記録はないのでした(爆)。

//
恵庭市では
会場は別でしたが
2014年にも
またやらせていただきました。

ちなみにステラ号、今は引退したそうです。
(「広報えにわ2014年9月」に
7月11日付けで報告されてた!)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.08.10 投げ銭リクエストライヴ@豊平区

2012.08.10
1208101838548512081019225487ヨミガタリストまっつの
「投げ銭読み語り
 リクエストライブ」
@Cafe Estrada[エストラーダ]
ずっと告知で「ライブ」という表記してたんで
しばらく「ライヴ」と「ライブ」が混在しますがお許しを。

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m
|| 作品に付けているリンクは、青空文庫またはAmazonのデータです。

おー、投げ銭リクエストライヴとしては
2010年10月東京以来だったのかああ。

と言っても、チカチカも基本リクエストウエルカム
だったんですけどね。
スペースにての「投げ銭リクエストライヴ」が
およそ2年ぶりだったのね。
(まあ「モンクール定例」にもリクエストタイムありますけど(笑))

この年は「ツアー」とまでは呼ばずに実施。
告知はこんな感じ→まっつな日々・告知
チラシも作ってました。→共通フライヤ

もっと多くの場所を考えたんだけど
4カ所でしたね。
さてその1本目。

豊平区エストラーダさんでのライヴは
2009年のツアー(当時の報告)以来。

自分で用意したのは「夢十夜」のみ。
お子さんもいたので
どうかなと思いつつ
お客さんにお伺いしたら「どうぞ」てんで
まずは夏目漱石『夢十夜』より「第四夜」。
ときどきお子さん向けに
情景描写の説明も挿入してみた。

その後はしっかりリクエストタイム。

まずは少年からのリクエスト
三びきのやぎのがらがらどん」。
12081020565489gara何度かリクエストで読んでる作品ですけど。
途中、セリフ声の選択に失敗して
言い直したら、それもウケた。
人数少ない分、超アットホームな雰囲気でしたねー。

で、少年の親御さん、ご近所とのことで
もっと家からリクエスト持ってくるとおっしゃって
出かけられたので(笑)、
その間に、大人向けタイプのリクエストを受けました。
川上 弘美『あるようなないような
より「水に浮かぶ桜」。

ここで戻ってらした親御さん(ホントに速っ)。
お持ちになった中から
お子さんの選択で
ベッドのしたになにがいる?」。
これは、まっつ初めて。
登場人物の絵いじりとかもしつつ読んだけど
12081020565489bedリクエストしたお子さんは
もうよく知ってるからでしょう、
あんまりノッて来なかったなorz

続いては札幌在住作家さんの作品。
波多野 三香「栗鼠と魚の恋物語」から
第二章を。不思議な作品です。

それからまた少年タイムにいたしまして
内田 麟太郎「ごめんねともだち」。
12081020565489gomennこれはけっこう
少年ともやりとりしながら
絵解きもしましたねえ。

続いては詩集。
大久保テイ子「はたけの詩」より
「開いたとこを」的リクエストで(笑)。

「ひねしょうが」
お子さんが「は?」。聴いてはいる。
続いての「まくわうり&きゅうり」は
タイトルからお子さん、大笑い。
さらに「いんげんまめ」など
どういうものかの説明も
お客様と一緒になってやったりした。

「いちご」「にら&しばくさ」「はくさい」。
各編長くて20秒くらい。
けど、かなりウケてましたよね。

そして最後は
おちゃのじかんにきたとら」。
12081020565489tora何もかもテーブルの上のものから何から
食べ尽くすとら。
これも、まっつ初体験の作品。
なかなかシュールな展開でしたが
みんなで一緒になって楽しめましたねえ。

1時間程度のつもりでしたが
なんだかんだで盛り上がって
12081020555488気付けば
8時50分ころ。
お客様写真を
いただいて
終了しました。

お子さんが
「また来年、違うの持ってきてあげる」。
そんなことを言ってくれましたよ。

//
翌年は実施できなかったんですけど、
その次の2014年には実現しました。
今年もやれたらいいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2015 | Main | June 2015 »