« 2012.06.17 チカチカ12年6月@中央区 | Main | 2012.07.22 四季の読み語り11@北広島市 »

2012.07.15 モンクール定例ライヴ12@中央区

12071512115368120715180353702012.07.15
「〜「詩」を想い、
 そして 思い出す日〜 12」
 @詩とパンと珈琲
  mon coeur

|| これは、2012年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

冒険モンクール記録

この第12回からしばらく、
城さんのセレクト詩人を
足跡的に再度追うことになりました。

その初回は「中原中也」。
続くかどうかも分からない第1回目のとき、
城さんに選んでいただいたのが
この中也とランボー。

しっかり続くイベントなら
2人もいっぺんに扱わなかったのにね。

なんて声も聴こえてきそうなだけに
はい、まずは中也オンリーで
ということになりました。

前座2名は、いずれも自作詩でしたね。
これは特集しばりはしてないのでいいんです。

そして本編スタート。
さてまずはこの会の趣旨をお伝えして
いつもと違えて
テーマ「琥珀色」からスタート。

城理美子基金についても軽く触れて
その後は「中原中也」特集。

初回に城さんがセレクトしてくれてた作品と
皆さんから事前にいただいた作品で進めていきましたよ。

まずは「山羊の詩-初期詩編」より、
「サーカス」(城さんセレクト)
「朝の歌」「夏の日の歌」「春の思ひ出」(Yさん)

続いて「山羊の詩-みちこ」より、
「汚れつちまった悲しみに」(城さん)
「無題」(Sさん)

さらに「山羊の詩-秋」より、
「生ひ立ちの歌」(Hさん)

そして「在りし日の歌」より、
「青い瞳」「「頑是ない歌」(城さん)
「在りし日の歌-永訣の秋」より、
「言葉なき歌」「月夜の浜辺」。

ここで休憩入り。休憩直前にいらしたお客様も数名。

後半も中也特集が続きました。
オーナーが当日リクエストくれるんだもん。

「生前発表詩篇」より
「ある女の子」「夜空と酒場」
「早大ノート」より「(七銭でバットを買って)}
「草稿詩篇(1933年〜36年)」より「夏過けて」
「早大ノート」より「酒場にて(初稿と定稿)」
「草稿詩篇(1933年〜36年)」より「別離」

以上はモンクールにある書籍使って読んだはず。
手元にはないので、文字とか正確じゃないかも。
だって文庫版とか青空文庫とかには
載ってない作品ばかりだったので。
その分、とっても新鮮でした。

※「夏過けて」は、その場で読み方が分からず
適当読みしてしまいました(笑)。
今になって調べてみた(15.04.12)。
「夏過けて(あけて)」と読むそうです。
参照/「中原中也・全詩アーカイブ

フリーのリクエストタイムになっても
最初は中也作品でした。
「山羊の歌-少年時」より「妹よ」(Kさん)

それから自作詩リクエストが2名計6編。

で、締めのリクエストが
なんとオーナーからの
斎藤茂吉の「ふさこに宛てた茂吉の書簡」より
「昭和11年11月24・25・26日」と「11月29日」。
「うわー(大笑い)」って終わったのでした(笑)。

12071515175369最後まで
皆さん、
まことに
ありがとう
ございました。

なんか今回の報告は
淡白な進行報告になっちゃったな。

//
さて、2015年も
「〜「詩」を想い、そして 思い出す日〜」
着実に歩を重ねていますよー。

次回は7月19日予定。
なんと迎えて24回目。
特集は初めて取り上げる「八木重吉」となってますので
事前リクエストなんかもぜひぜひよろしくー。

|

« 2012.06.17 チカチカ12年6月@中央区 | Main | 2012.07.22 四季の読み語り11@北広島市 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2012.07.15 モンクール定例ライヴ12@中央区:

« 2012.06.17 チカチカ12年6月@中央区 | Main | 2012.07.22 四季の読み語り11@北広島市 »