« 2011.11.06 きりがたりシアターミニステ@中央区 | Main | 2011.11.23 絵本ワールド@中央区 »

2011.11.10-15 弦巻楽団#16@中央区

20111012154749e262011.11.10-15
弦巻楽団#16
「テンプテイション」
@扇谷記念スタジオ シアターZOO

|| これは、2011年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

あれ、これ、
けっこう久しぶりの
一般劇団公演参加、だったはず。

市民劇にはよく出てたし
即興組合にも関わってたけど
「一般劇団」というべき座組での出演というと
2009.08.21(冒険記録)←このときは短編企画だし
てことは、
2009.01.10-12(冒険記録)←これはどっちかというと児童劇団だし。。。

あら、もしかして
2008.06.28-29(冒険記録)のyhs以来だったのかあああ?

はい。弦巻楽団への出演は
これが初めてでした。

といっても弦巻作品は経験済み。
2007.08.15-16(冒険記録)RIP@教文。
あー↑これ再演だったのに、初演のことに
殆ど触れてない。なんでだ?
なんとか書いてたとこを探してみたけど
んんーー、

あったー、
2005.12.14-18(冒険記録)RIP@レッドベリー。

いや、その芝居のことはまた再々演の報告で書くのでいいや。

てことで、
「テンプテイション」です。

大変でした。

以上。


なんてわけにもいかないっすね。

どう大変だったかは、
伝え聴いてる方も多いと思うのですが
ちょっと時系列で。

ここまでの冒険報告をお読みくださってる方は
お察しくださっていると思いますが、
この芝居の稽古期間中に、
そうなんです。
「にんぎょひめ」再演とか
「栗山きりがたり」とか
「即興組合」とかあったわけです。

今振り返ってもよくやるなー、こいつ。
みたいに、自分でも思ってしまうくらい。
(今ならもうこんなんできないよおお、くらいの(爆))

それはそれとして
この芝居の時系列記録

9月28日 初顔合わせ(宣伝写真撮影)
10月2日 稽古開始、台本なし。
※その後、少しずつ台本が出てきて順調に稽古
10月12日頃 フライヤ出回り出す。
10月23日 まっつ、ブログに告知リリース
10月24日 台本リセット決定
10月25日 新台本出始める(本文8ページ)
10月27日 台本(本文18ページ)
10月28日 台本(本文25ページ)
10月31日 台本(本文33ページ)
11月3日 台本(本文44ページ)
11月4日 台本(本文53ページ)
11月6日 台本完結(本文75ページ)
11月9日 台本最終稿確定(本文75ページ)/同日ゲネ
11月10日 本番初日

振り返るだに、お、お、おそろしーー。

よくやったわ。

と、いい気持ちになりがちだけど
初日なんてひどいもんだった。
何しろ前日ゲネではプロンプつきまくり。
どうなるかとみんなヒヤヒヤ、
特に、まっつ。一番年寄りの上に
セリフもけっこう多い。

結局、1カ所セリフ出損ねて共演者に
助けられた程度だったけど
とにかく、それで通ったってことだけで
共演者にホッとされた・・って
なさけないねえ、何者じゃい、オレ(爆)。

まあ、そこから本番通じて
どんどん活きた芝居になってったのは
むしろ当然か。
伸びしろ多い状態の初日だったわけだからなあ。

で、振り返るに
その台本変更を生んだ最大要因は
おそらく、
もうひとつの「共演者」
杉吉 貢さんの描いた
「木」。

あの「木」の存在感が
作者をして、
新しいストーリーを
呼び覚まして
しまったんだろうと思う。

4680119決して最初の台本が書けなくて
ってことじゃなく、
「木」にインスパイアされて
新しい物語が、ぐわーんと
生まれてしまったのだろうと。

毎日どんどん成長していったこの舞台。

その中で、まっつも
そこそこいい仕事を
していったんじゃないかと思う。
日記だけど、
あんまり自分のこと書いてなくてすまん。

ひとつだけ、自画自賛を書いておく。
当時のミクシにチラリ書いてた(爆)。

本番に入ってから
「自分の無念を一番大きく思うのでなくて、
 あくまで教え子たちのことを思って
 心を動かしてください」
という演出指示を受けて
涙のこぼれどころが変わったこと。

こういう演技の組み立て直しも
実際に出来るもんなんだなあと、
自分ながら感慨深かった。

ま、自分のことはそのくらいにして(日記なのに(笑))
その代わり
感想を書いてくれてたとこを
リンク紹介します。

アートステージ市民記者 森人(モリンチュ)さん(11/10)
http://ameblo.jp/s-artstage/entry-11075094832.html

「シアターホリック」(11/11)
http://theater-holic.seesaa.net/article/234744760.html

「長い散歩」chihiroさん(11/13?)
http://nagaisanpo.exblog.jp/16701757/

「L'Appréciation sentimentale」(11/15?)
http://makottsu.de-blog.jp/theoria/2011/11/16_37cf.html

エンプロ 遠藤雷太さん(11/15)
http://blog.goo.ne.jp/endowriter/e/dd2a2c6c37b642666e49d9d840af3832

47061113471341113やっぱ、
杉吉さんの
「木」が
主演だったって
感じっ!(爆)

47231115毎回やってた
気合い入れ。
最終ステージ前は
みんな
いい顔でしたよ。

//
ところで
弦巻楽団
自分は出ませんけど
次は新作らしいですよ。

おー、もう#22になるんですね。

弦巻楽団#22「ナイトスイミング」
作・演出:弦巻啓太
【日時】11月21日(金)〜24日(月祝)
【会場】ターミナルプラザことにPATOS
詳細は劇団サイトで
>http://tsurumaki-gakudan.com/

|

« 2011.11.06 きりがたりシアターミニステ@中央区 | Main | 2011.11.23 絵本ワールド@中央区 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72518/60391154

Listed below are links to weblogs that reference 2011.11.10-15 弦巻楽団#16@中央区:

« 2011.11.06 きりがたりシアターミニステ@中央区 | Main | 2011.11.23 絵本ワールド@中央区 »