« 2011.08.27 まっつ&翠れん@小樽市 | Main | 2011.09.11 四季の読み語り9@清田区 »

2011.09.10 「銀河鉄道を巡る冒険」@西区

2011.09.10
「宮沢賢治*銀河鉄道をめぐる冒険」
@フリースペース & カフェAMICA

|| これは、2011年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

ハンマーダルシマー奏者小松崎健さんとの
二度目の協演。

告知時情報は→まっつな日々告知
そこにも書いてありますが、
この読み語りは特殊なものでした。

『“銀河鉄道の夜”をメインテキストに
宮沢賢治の作品や文章を、まるで星座のようにちりばめた
コラージュ様の「宮澤賢治世界」。』

大学の卒論が宮沢賢治だったという
演劇界での盟友でもある長岡登美子氏
渾身の賢治銀河世界だったわけです。

それも、まっつが読み語ることを
前提として構成してくれたのだから、まあ
これは燃えましたよ(笑)。

で。も。最初に原稿を見たときには
告知にも書いたけど
「ちょっと途方に暮れてしまった」のであります。

健さんもそうだったらしく
「最初にテキストをいただいたときは、正直、
 これにどう音楽を付ければ良いのか、困惑しました」
参照:打弦人生(健さんブログ)リハ時の記載

でも、合わせてみたら、見事にダルシマーの音色が
銀河鉄道の空気にはまったんですよねー。

それにしても
トータル、結果95分の大作。
やる方も、音楽に任せる時間、読み語りが担う時間と
工夫はしたんですが、ずっと集中してる感じ。

後でお聞きしたら、やっぱりお客様の方でも
気を休める時間がなくて、タフだったらしい。

それでも終了時には
「鳴り止まぬ拍手」という形容が
ふさわしいオベーションをいただきました。
(スタンディングじゃあなかったけどね(笑))

自分でもなんか終わり部分のことを
身体的に覚えている。

もうカムパネルラの語るコトバは終わっていて
彼の耳に入ったろうコトバが締めくくりだったんだけど
そのとき、聴いているカムパネルラとして
い続けてたら、そのコトバを聴いて
彼が、一皮むけて成長したんだよね。
んー、うまい説明になってないかもだけど。

その締めくくりのコトバというのが
「おまへはおまへの切符をしっかりもっておいで」。

かなりマニアックな
演目にもかかわらず
たくさんの方に来ていただきました。
ありがとうございました。
って、へとへとだったせいか
お客様写真、撮ってないじゃんm(_ _)m

演る方も大変だけど
いつか再演しましょうという気持ちはあり
そうそう、それは2013年に
実現したのでありました。
少し違う形にはなったけどね。

今、現在、検索などして出てくるのは
ほとんどそちら2013年のものみたいですね(笑)。

|

« 2011.08.27 まっつ&翠れん@小樽市 | Main | 2011.09.11 四季の読み語り9@清田区 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2011.09.10 「銀河鉄道を巡る冒険」@西区:

« 2011.08.27 まっつ&翠れん@小樽市 | Main | 2011.09.11 四季の読み語り9@清田区 »