« 2011.03.11 東日本大震災 | Main | 2011.03.25 チャリティイベント参加 »

2011.03.13 モンクール読み語りライブ

2011.03.13
Ca3a3793「〜「詩」を想い、
 そして 思い出す日〜
 スペシャル」
@詩とパンと珈琲 mon coeur

|| これは、2011年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

前報告の続きっぽく。

それでも
この13日
ライブの会場に
プロデューサと
歩いて向かってたときの
なんというか
そう、やっぱり「覚悟」というしかない
そんな想いは
もう正確ではないかもしれないけど
覚えている。

さてでも
その前の経緯から。

実はこの日のライブは
予定段階から
「スペシャル」と銘打ってたんですね。

【「詩」を想い、そして 思い出す日。】
〜すぺしゃる☆バージョン〜

何がスペシャルかって
ここまでの7回は
営業日の土曜に開催してたんですが
それだとやっぱり慌ただしくて
オーナーや城さんが
落ち着いていられない。てことで

この日は初めて
定休日の日曜に
しかもパーティスタイルで
それも投げ銭でなくて
定額制にしてやろうということで
事前告知もしてたんすね。

とかいいつつ
わっ、この頃、ちゃんとブログ告知してないっ!
「ヨミガタリを楽しむ会」の告知と
後はメルマガでの告知だけっすね。

「ヨミガタリを楽しむ会」旧サイト
http://yomigatari.daa.jp/
の下の方に載ってます。
確か個別記事のみに入る方法もあったんだけど
・・・あ、分かった。
これだああ。→公式告知

しかし前報告にあるように
ギリギリのところで考え考え
結局、
投げ銭チャリティライブとして
基本は予定の内容で
しかしプラス何かをということにして
実施したのでした。

当日、現場にプロデューサと向かっていくときの
なんか覚悟感のようなものは
前述したように今でも覚えているわけです。

別に悪いことをするわけでもないのに
そんな覚悟が必要なことって
ある意味では
これからの日本には
どんどん多くなっていくのかもしれない。
負けない魂を鍛えなくては。
(今これを書いている13.12.08の2日前に
{特定秘密保護法案」が成立しやがった)
[↑アップは12.10になっちゃったけど
このへん書いてたのは12.08なのですm(_ _)m]

正しいと思うことをやるために
乗り越えなくてはいけない
心理的圧迫やらなにやらが
これからどんどん増えていきそうな気がしてならない。

ちっぽけなことだったけど
それをあの時に少しでも体験できたのは
大きなことだったように思う。

さて、そんなこんなで現地入り。

開始予定は14時だったんだけど
接客が意外に大変になって
オーナーや城さんが着席できるまで待って
多分20分くらい遅れてスタート。

パーティスタイルで準備してたので
パンだけでなく、この日のシェフをかって出た
必殺料理人?ナオくんの
スペシャルメニューも食べ放題。
Ca3a3800Ca3a3801(写真はもう
終盤になっての
ものなので
ほとんど売り切れ。
料理も大人気!)

本編前に今日の経緯と趣旨を
プロデューサが説明。
スペシャルらしく、まっつも自己紹介からスタート。
この頃流れていたCMのこととかも言ったりね。

それから進行の説明。
その中で、特別企画として
皆さんに少しずつ言葉を書いてもらう
というお願いを提案。
「この日の気持ちをそれぞれが残して
 それを最後に読み語ろうと思います」

読み語りは、まず城作品から。
いつもは特に解説なしで彼女の作品をやってたんだけど
この日は、作者自らのちょっとした説明付きで進行。
うん、確かにスペシャル(笑)。

「生まれる日」が、
店内に飾ってある城さんの絵を
イメージした作品ということで
併せて翌々日からスタートする
やまメさんの個展も紹介。
本人からウクレレライブのこともリリース。

Ca3a3796個展作品は、
こんな風に
もう掲示されての
店内だった
のでした。

冒頭コーナーでの城作品は
「生まれる日」
「パリ七区」
「黒猫に捧げる詩」
「夢をみる事のない森の中」
「狼」(夜の風の中-)
いずれもこれまでのイベントに
登場した作品ですが、
それぞれに書いたときの状況等の話があり
そこからいろんな話題に転がる時間帯も流れ
最初の作品の読み始めから
最後の作品の読み終りまで約20分。

ここで最初の小休止。
ナオくんを紹介し
「本日のメニュー」を彼から説明。
ついでに自分の出演芝居の告知もしてた(笑)。

そして第2コーナーは
ここまでやってきた特集詩人作品の
さらにピックアップセレクト三編。

ランボーの中也訳「感動」
城「感動っていうんじゃないんですよね」と訳に突っ込み。
後は、中原中也「月夜の浜辺」
宮沢賢治「永訣の朝」

なぜかこのコーナー最後は
オーナーからのリクエストで
締めました。

しばらく雑談タイムになって
それから後半はオールリクエストタイム。
リクエスター自作詩から古い詩
著名人の旅エッセイや
雑誌掲載のやまメちゃん紹介記事も。

関連してのエピソードなども
リクエスター他から
あれこれ飛び出てきましたね。

おっと、そんでここで特殊コーナー。
まっつ作品を初めてモンクールで初披露。
照れくさいもんでしたわ(爆)。

そして最後のコーナー。
城作品、後半。
既出作品として解説付きで
「狼」(悲鳴をあげながら)
「ヌード」
「階段」と続き、その後は
おー、新作も出てきたんでした。
「リボン」
「幾夜」。

で、皆さんのこの日の気持ちを
綴ってもらった作品については
締めを城さんに書いてもらうことにして
その前にこのライブのテーマ作品でもある
「琥珀色」。

なんかまだ書き上がってないみたいなのでと
ここで宣伝タイムも設けてますね。

城さんの「できましたー」との声を受け
「2011年3月13日」
これはYouTubeにあげたのを
下に置きます。

Ca3a3802お客様写真撮影が
16:30過ぎ
たくさんの方々に
最後までご一緒して
いただきました。

ありがとうございました。

投げ銭収益は実経費を除いて
日本赤十字社を通じ
「ヨミガタリを楽しむ会」として
震災募金とさせていただきました。

いや、ほんと、
「2011年3月13日」の
皆さんの言葉が
とってもステキでした。
ありがとうございましたっ。
いまさらですが(爆)。

|

« 2011.03.11 東日本大震災 | Main | 2011.03.25 チャリティイベント参加 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2011.03.13 モンクール読み語りライブ:

« 2011.03.11 東日本大震災 | Main | 2011.03.25 チャリティイベント参加 »