« July 2013 | Main | September 2013 »

2011.02.12-13 温故知新音楽劇6@西区

110212onko2010.02.12-13
故きを温ねて新しきを知る音楽劇
@生活支援型文化施設コンカリーニョ
「旗ヲ出スベカラズ〜琴似フラグステーション」

|| これは、2011年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

そして2011年最初の演劇出演は、
やっぱり琴似音楽劇でした。

2006「とんでんがへし
2007「蝶よ、花よ
2008「オシャレな果実
2009「明治琴似村冒険譚〜未来からきたお手紙がかり
2010「噂、湯カゲン、イイかげん
を引き継ぎまして
この年は「旗ヲ出スベカラズ〜琴似フラグステーション」。
鉄道のお話でした。

主催コンカリーニョの→公式告知

そしてこの年から
脚本が、すがの公さんになったのでした。

前年11月後半から稽古を始めたんですけど
あたしゃ、その頃から五十肩に悩まされてまして
その上、なんと仰せつかった配役が
片腕の男。
しかも旗を振る…。

+*+*+*
【振り返ってまとめてみた、覚蔵視点の非公式あらすじ(笑)】
舞台は、その片腕の覚蔵が、
愛馬を引き連れて登場するシーンから始まります。
そこへ西南戦争に出征していた息子が死んだ
との知らせを女房お琴が伝えにきます。
それも
戦死ではなく、病死。
「犬死にではないか」。

そして三年後、鉄道開通の日。
琴似を通過していく汽車…。

覚蔵には不安があった。
お琴の食欲が尋常でない。
どんどん横に広がっている…。
女房まで失うのじゃないか。

途中あれこれすっとばして
終盤、
喧嘩友達でもある漢方医・仁斎に
「お琴さん、、、腹に子供がいるぞ。」
と聞いて、困惑する覚蔵。

だって40代後半の高齢出産ですもんねー。
そりゃ大変だ。

覚悟を決めたその時に
お琴が危篤との知らせが…。
どうする、どうする。
札幌のタケさんに見てもらえばなんとかなるはずだ、
だがどうやって連れていく?
こりゃ、汽車止めるしかないんじゃないか。

てなわけで、町の人総出で
琴似に止まらない汽車を止めるぜって
クライマックスを迎えるわけです。

あらすじ以上。
+*+

こんな話が軸となり
そこに女盗賊たちやら警察役人、
元祖・鉄道オタク、テッちゃんの恋
とかが絡まって
いつものように
歌ありダンスあり
笑いあり涙ありの
大人数芝居でありました。

Ca3a3645衣装がちゃんと時代を
感じさせて
くれたのもまた
いつもながら
すばらしかったね。

Ca3a3638Ca3a3640でもって、はい。
片腕まっつは
こんな感じ
でした。

あんまり写真撮ってるゆとりがなくて(片腕だし(爆))
Ca3a3664by1Ca3a3665by2はい、
これは初日
開演直前の
バックヤードの様子。
ごく一部の人たちしか
撮れなかった、ごめんなさあい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.01.22 モンクール定例ライブ7@中央区

2011.01.22
Ca3a3535「〜「詩」を想い、
そして 思い出す日〜 7」
@詩とパンと珈琲 mon coeur

|| これは、2011年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

てなわけで
やっと2011年に到達ですが
はー、リアルタイムには道遠いなあ。

この年の初ライブはモンクールから。
定例の詩のライブでした。

特集は詩人を定めず「雪」でした。
城さんが
いろいろな詩人の作品から
選んでくれたのでした。

そういうやり方からして
この回は、
新しい方向に向かう第一歩って感じでした。
もちろん事前準備いただいた
城さんの作品は
またまたほとんど新作でしたよ。

でも特集「雪」の方は
中には著作権クリアできてないものも混じっていて
基本的に当日リクエストという形になりました。

あ、そうそう。まだこの時は同日2回開催だったのです。

//
1回目
前座の後、
城さん作品でスタート。
1回目は
「ヌード」「狼」「夢をみる事のない森の中」
すべて新作でした。

テーマ「雪」の特集では
高村光太郎・伊藤整・プーシキン
そしてアルセニー=タルコフスキー
計4作品をリクエストいただきました。

さらにフリーリクエストコーナーでは
歌入り絵本(笑)とか
お客様として来てくれることも多い
裕樹さんの詩集からの詩とか
後、エッセイなども出てきました。

Ca3a3536そして終わって
しばらくしてから
気付かせてもらって
撮った1回目の
お客様たち。

//
2回目も前座あり。
城さん作品は
「夢の底」「階段」と
新作は1回5作品が限度とのことで
もう1つは、なんと中学生の頃の作品。
特集につながる意味も込めてってことで
「雪の夜、ノスタルジア」。
言われなければ中学生の作品とは
思えなかったな。

テーマ特集では、
1回目と同じ詩人セレクトながら
同じ作品はひとつだけで
計6作品でした。

そしてフリーリクエスト。
この回は、お客さま自作の
作品が3件もありました。

ほかに演劇公演チラシの騙り読みとか
小咄のリクエストもありまして
城さんから現代日本詩人の作品、
さらに解説部分含めた現代アメリカ詩人の作品も
いただきました。

Ca3a3542この2回目も
どうやら
写真忘れそうに
なったみたいだけど
撮りました。

んー、なんか淡白な報告でごめんなさい。
現場は、もっとちゃんと楽しい雰囲気だったっすよ。

---
さて、このときと同じ「雪」特集ということで
次回18回目を実施することが決まりました。

2013年11月24日(日)
ここ最近は13時スタート1回のみになってます。
いつものモンクールで
いつものスタイルで。

新たな出会いも楽しみにしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.12 その他まとめ

2010.12 その他まとめ

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

おっと、この月、即興組合に久々参加。

後、何故か、
突然、白老に伺いました。

あ、それから前月から
琴似温故知新音楽劇の稽古にも入ってましたね。

「まっつな日々」関連記事
即興組合白老温故知新音楽劇

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.12.21 四季の読み語り特別編@北広島市

2010.12.21
猫のしっぽ主催
『四季の読み語り*特別編*』
@猫のしっぽ(北広島市)

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

この年の2月に始まった
猫のしっぽさん主催の
「四季の読み語り」シリーズ。
(猫のしっぽ関連報告)

夏にも一度「番外編」として
本店開催がありましたが、
この時は「特別編」として本店実施。

副題がないのをいいことに
わたくし、リクエスト大会にしてもらいました。
夏の「特別編」と同じね。

Ca3a3434Ca3a3435まあむしろ、
まっつは
おまけ
で、主役は
超豪華な
年末クリスマス料理たち(笑)。

***
実はこの日、イベント前に
わたくし、猫さんちの息子ちゃんの
「お友達」として(?)
ご近所の小学校にデリバリもしていただきまして。

ご用意いただいた
絵本を何冊か、お子たちの前で
読ませていただいたんですね。

Ca3a3429子どもさんたちと
記念写真も。
確か
公開して
問題なかったはず。
***

さて、そして本編。
まあリクエスト大会なんですが
もう、
料理の嵐で
すっかり
メリークリスマス
な雰囲気。

録音記録したはずのMDが行方不明で
詳細記録はなし(スンマセン)。
しかもお客様の集合写真も
取り損ねましたm(_ _)m

Ca3a3432bCa3a3437bその代わり
その場リクエスト
いただいた
本たちの画像で
Ca3a3438bCa3a3440bご勘弁を。
けっこう多彩な
リクエストの
数々で
Ca3a3441bいろいろ面白かった記憶が
なんとなくだけど
ちゃーんとありまっつよーー(爆)。

///
次回本編は
2013年9月を予定しているのです。
告知は、いずれ↓よりご確認ください。
まっつな日々・予定一覧

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.12.10 読み語り&歌のLive@中央区

2010.12.10
歌い手 佐藤翠れん コトバ(詩)の個展
「〜 静かな音楽 〜」同時開催イベント
【読み語り&歌のLive】
@4プラホール

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

佐藤翠れんさんとは
この年、3回目のイベント。
出会いの経緯などは
下記をご参照あれ。

10.08.28@江別市/10.06.19@中央区
さらに以前は、上記10.06.19記事中からどうぞ。

シンプルだけど
心の襞に染み入るような
翠れんさんのコトバたち。

その言葉たちが展示された
翠れんさんによる
コトバの個展「〜 静かな音楽 〜」会場での
本格的ジョイントライブでした。

個展自体は
2010年12月8日(水)〜12月12日(日)の開催。
ジョイントライブライブは最終日前日の土曜日に
15時からと18時からの2回
それぞれ40分ずつの規模で実施しました。

基本的には、2人のフリートークがあって
まっつが翠れんさんの作品を4編読み
その流れに合う主として童謡を
翠れんさんがアカペラで歌って1セット。
両回ともすべて別の作品で、
各3セットずつの構成でした。

なので2回でトータル、
翠れん作品は24作品
翠れんアカペラ歌唱童謡等が
6楽曲でしたね。

とまあ、企画段階のプログラムがあるので
ここまでは書けるんですが
このイベントも
録音したはずのMDが、行方不明(泣)。

あー、けっこう口べたな二人だけど
トークも、なかなかいい感じに
なった記憶があるのだけど
それも定かではないのでーす。

そんなわけでそれ以上の雰囲気は
画像でご想像くださいませm(_ _)m

Ca3a3378もっと大きな作品も
あったんだけど
こんな風に
翠れんさんの
コトバたちが
並べられて
いたのでした。

319201_902142482_49large319201_902142519_176large2回目の
ライブの様子。
まっつが
読んでるときの
模様だね。

Ca3a3376Ca3a3380左が1回目の
お客様。
右が2回目。
どっちにも
翠れんさん(笑)。

翠れんさんHP
歌い手・詩人 佐藤翠れん -静かな音楽-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09.02 「アイルランドの民話」@東区

1009022010.09.02
ヨミガタリスト まっつ
×
ダルシマン けん
「アイルランドの民話」
@JACK IN THE BOX(東区)

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

ああー、実施順に報告あげてるんだけど
大事なイベントが、漏れてたあああ。

Ca3a2894まだ東区にあったときの
JACK IN THE BOXで
(これが東区時代最後のジャックライブだったはず)
小松崎健さんと、

初の本格的コラボ
やったのも、この年だったじゃないですか。

あー、なんで漏らしてたんだろうって
これもMD行方不明のせいであります。
(一度録音を聞いて時間チェックしてる記録は残っているのにぃ(泣))

タイトルは
「IRISH FOLK TALES with HAMMER DULCIMER MUSIC」
(アイルランドの民話とハンマーダルシマーの音楽)
お店主催のイベントってことになりますが
作品選択とかそのあたりは
健さんと二人で相談して決めていきました。

訳者さんにも許諾を取って
アイルランドの民話(青土社)[Amazonページ]」
から、本編で4作品、おまけのアンコールにもう1作品を
コラボ読み語りしたのでした。

ラストジャックライブということもあり
前座もあれこれあって、本編始める前に
すでに相当盛り上がってた記憶があるなあ。

Ca3a2900あー、前座がまた
圧倒的に豪華でしたよね。
健さんも入って
・・なんだっけ
バンド名(ごめんなさい)。

読ませていただいた作品は
「寡婦の息子」
「妖精の財産」
「ノックフィールナの伝説」
「トム・ムアとアザラシ女房」
アンコールに
「妖精の豚」

古い民話、ほぼそのままの作品たちだから
もう突っ込みどころ満載。
でもハンマーダルシマーの音色が
心地よくお話を進めさせてくれましたよねえ。

Ca3a2904Ca3a2905Ca3a2906健さんも
オーナーもいる
お客様写真。
ぐるり3枚
になっちった。
照明は暗いけどみんな明るい顔。

Ca3a2907打ち上げでは、なんか
呑み語りもしたような気がするけど
それは元々録音もないし
報告除外ということで(爆)。

//
健さんとは
その後も、ぼちぼちとご一緒させていただいてます。

先日は栗山町のカフェふありで
「文化・芸術を楽しむふありの会」主催の
ジョイントライブをやらせていただいたばかり。
まっつな日々・告知

次には
2013年9月7日(土)
なんと北海道立文学館で
「ほるちちか企画」主催
「宮沢賢治*銀河鉄道を巡る冒険」の
一部縮小版にての再演
(初演2011年9月・未報告でごめんなさい)
を予定してます。
まっつな日々・告知

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11 その他

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

おっと、この月にも
読み語り講座トライアルやってるやん。

それと何故か
学生映画に出演もしてた。
そのときの共演者が
現在ハムプロのかつき君と
パーソンズのまなりちゃん。

偶然のご縁で
その後いろいろ見せてもらってますが
まだ舞台その他での共演は
してませんね。
きっといつか。

関連する
「まっつな日々」の記事
学生映画読み語り講座

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.23 シャンソン読み語り@中央区

2010.11.20
「ムッシュまっつが読み語る
今まで誰も 日本語で歌わなかったシャンソン」
@ガンゲットダイマ

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

まあこの年は、
なんていろんなことやってたんでしょ。

こちらは、ガンゲットダイマさんからご提案いただいた
なんとも目新しいイベントでした。

題して「今まで誰も 日本語で歌わなかったシャンソン」。

ひとまず当時の内容告知と
追加コメントを再掲しときます。

あら「まっつな日々」では、公式告知サボってたのね。
***
内容:今まで日本語で歌われていなかったシャンソンの
   原曲音源鑑賞と日本語訳の読み語り。
   フランス語による日本文芸の小芝居も余興でお届け(爆)
■この秋、初の試みとなるイベントが登場。
□フランス場末の雰囲気たっぷりのダイマで、
 シャンソンに出会います。
■外国語曲が日本語になるとき、詞は音に乗せるために
 かなり意味を変えられてしまうことが多いんすね。
□しっかり訳した意味訳での読み語りで、
 その曲の真意を感じてくださいませ。
■余興小芝居は、なんと「・・・・」フランス語版!?
□なんとかセリフ覚えて・・と思ったが
 ムリムリムリムリ!
■途切れ途切れでわけわかんないものになるより
 テキスト持ってしっかり半立ち状態でお届けすることにしたぞっ。
□しかも日仏対比な形で!(謎爆)
***

ダイマさんの方で「訳」を外注してくれて
まずその上がりに時間がかかった覚えあり。

で、小芝居はなんだったかというと
「金色夜叉」。

この読み語り
小芝居には、
ゲストとして
弁士・ダイナマイトあさの
芝居相方・赤間らんじゃ
のお二方にも参加していただいたのでした。

ダイマ・久美子さんの司会でスタート。
まずはシャンソンの日本語訳読み語り。
流れとしては、1曲ずつ
古い音源をしっかり聞いてから
まっつが訳を読み語る。
という手順でした。

これで前半4曲やってから
お楽しみタイムに「金色夜叉」。
こちらは逆に
日本語版で1回やって内容をお伝えしてから
フランス語訳で、同じ形で演じたのでした。
あ、ただし弁士は、どちらも日本語。

その後、締めくくり的に
もう2曲を前半と同じ手順で。

1930年代の音源とか
よく探してきたもんだなあと感心したり
ジャン・ギャバンの若き歌声を楽しんだり
19世紀前半の
「わたしのおばあちゃん」のトンでる生き様に
改めて文化の違いを感じたり
ついでに、一度止めてもらったけど
階下の工事中の音が、
パリの場末感を
一層ひきたててたり(笑)。
いろいろ楽しめたひとときでした。

で、まあ、
今振り返っても
かなり手間かけた
画期的なイベントだったと思うなあ。
コンセプトもおもしろいし。

けど、集客はかなり苦戦して
事前には「次も考えよう」と言ってたけど
なかなか次の機会はなさそうです。

Ca3a3286Ca3a3281貴重な体験を
共有してくれた
お客様たちと
関係者。
あ、右は出演者。
衣装はあくまで小芝居のときのもので
シャンソンは、この恰好では読んでません(笑)。

しかし、出演者と関係者を足すと、
純粋お客様より多かったんだよなあーーーー。

Ca3a3280おまけ。
なんかまさに
「弁士」な感じの
ダイナマイト。
ハマり役だよなあ。

それはそれとして、
当時はイベント絡まなくても
ダイマに時々行けてた気がするんだけど
年々ますます、懐が厳しくなっていて
むしろ今のほうがダイマに
なかなか行けなくなったりしてたりしちゃって
んー、いかんなあ。

まあそんなこともあって
日々は続くのです(爆)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2013 | Main | September 2013 »