« 2011.01.22 モンクール定例ライブ7@中央区 | Main | 2011.02.19 温故知新音楽劇6@士別市朝日町 »

2011.02.12-13 温故知新音楽劇6@西区

110212onko2010.02.12-13
故きを温ねて新しきを知る音楽劇
@生活支援型文化施設コンカリーニョ
「旗ヲ出スベカラズ〜琴似フラグステーション」

|| これは、2011年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

そして2011年最初の演劇出演は、
やっぱり琴似音楽劇でした。

2006「とんでんがへし
2007「蝶よ、花よ
2008「オシャレな果実
2009「明治琴似村冒険譚〜未来からきたお手紙がかり
2010「噂、湯カゲン、イイかげん
を引き継ぎまして
この年は「旗ヲ出スベカラズ〜琴似フラグステーション」。
鉄道のお話でした。

主催コンカリーニョの→公式告知

そしてこの年から
脚本が、すがの公さんになったのでした。

前年11月後半から稽古を始めたんですけど
あたしゃ、その頃から五十肩に悩まされてまして
その上、なんと仰せつかった配役が
片腕の男。
しかも旗を振る…。

+*+*+*
【振り返ってまとめてみた、覚蔵視点の非公式あらすじ(笑)】
舞台は、その片腕の覚蔵が、
愛馬を引き連れて登場するシーンから始まります。
そこへ西南戦争に出征していた息子が死んだ
との知らせを女房お琴が伝えにきます。
それも
戦死ではなく、病死。
「犬死にではないか」。

そして三年後、鉄道開通の日。
琴似を通過していく汽車…。

覚蔵には不安があった。
お琴の食欲が尋常でない。
どんどん横に広がっている…。
女房まで失うのじゃないか。

途中あれこれすっとばして
終盤、
喧嘩友達でもある漢方医・仁斎に
「お琴さん、、、腹に子供がいるぞ。」
と聞いて、困惑する覚蔵。

だって40代後半の高齢出産ですもんねー。
そりゃ大変だ。

覚悟を決めたその時に
お琴が危篤との知らせが…。
どうする、どうする。
札幌のタケさんに見てもらえばなんとかなるはずだ、
だがどうやって連れていく?
こりゃ、汽車止めるしかないんじゃないか。

てなわけで、町の人総出で
琴似に止まらない汽車を止めるぜって
クライマックスを迎えるわけです。

あらすじ以上。
+*+

こんな話が軸となり
そこに女盗賊たちやら警察役人、
元祖・鉄道オタク、テッちゃんの恋
とかが絡まって
いつものように
歌ありダンスあり
笑いあり涙ありの
大人数芝居でありました。

Ca3a3645衣装がちゃんと時代を
感じさせて
くれたのもまた
いつもながら
すばらしかったね。

Ca3a3638Ca3a3640でもって、はい。
片腕まっつは
こんな感じ
でした。

あんまり写真撮ってるゆとりがなくて(片腕だし(爆))
Ca3a3664by1Ca3a3665by2はい、
これは初日
開演直前の
バックヤードの様子。
ごく一部の人たちしか
撮れなかった、ごめんなさあい。

|

« 2011.01.22 モンクール定例ライブ7@中央区 | Main | 2011.02.19 温故知新音楽劇6@士別市朝日町 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2011.02.12-13 温故知新音楽劇6@西区:

« 2011.01.22 モンクール定例ライブ7@中央区 | Main | 2011.02.19 温故知新音楽劇6@士別市朝日町 »