« January 2013 | Main | March 2013 »

2010.10.10 さっぽろ家庭読書フォーラム

0012010.10.10
「さっぽろ家庭読書フォーラム」
2日目
@札幌市民ホール

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

09年10月はこんなイベント参加から。

そうそう、この年は「国際読書年」ということで
それにちなんで実施されたイベントでもありました。
M秋になってやっと
「読書年」がらみの
お仕事がやってきた
という次第ね。

それにしても
「市民ホール」だぜ。
広いぜ。
前身の「札幌市民会館大ホール」では
読み語りとしては、ただ1回
テンパかTrio-Tでの上演経験があるのだけど
いつやったんだか記録がなくなってて分からない。
誰か教えてください(笑)。
さて記録はなくても記憶は残っている。
客席の遠さと、音の返しの遅延にやられて
なんか「うまくいかなかった」という・・ネガティブな記憶が。

テンパの一員でもある山家ちゃんとのコラボで
このときやれたのは。
その意味でも、良かったね、今回。
我々にしては、かなりしっかり
練習を繰り返して臨んだしねえ。

さて当日は、
まずはひとりで登場して
「蜘蛛の糸」芥川龍之介の冒頭部分を
「まっつの普通」「落語風」「怪談風」と
読み方を変えてお届けし、
「怪談」に向けてお耳の準備運動していただく。

お子さんが対象の中心なので
いきなり怖くさせるのもどうかと
こんな構成を入れてみたのでしたねえ。

そしていよいよ本編。
山家ちゃんを呼んで
彼の即興ヴァイオリンの音色とともに
メインプログラム「怪談レストラン」から
計4作品を読んでいきました。

このシリーズ、今や小学生には絶大な人気を誇るんだそうで
ま、「怪談」といっても、小学生向けだから
分かりやすい中、そこそこいろんなタイプの作品がある。

諸事情で、一番人気の「松谷みよ子さん」作品は
選べないってことで、他の方々の作品から
そんないろいろタイプを選んで
山家ちゃんと遊びやすいような流れにしてみたのでした。
んー、しっかり考えた構成だったぜい。

で、しかも最後には、
純粋「怪談」で終わるのも後味いまいちと思って、
(けっこう人の生き死にがかかわるから、怪談て)
なんと、新美南吉さんの「あし」を
「怪談風」の読み方、かつ
やっぱり山家ちゃんの怪談風効果音(音楽)で
お届け。

どうなることやらと思いつつ、
一緒に楽しんでくださいって祈りつつでしたが、
オチの部分で初めて明るい音楽が流れたあたりに、
けっこう広い客席のあちこちで
Ca3a3025ほっとしたような
笑いも起きたので
こちらもホッと
したのでした。
終了後の客席です。でかっ

なんとこれもあなた
なぜかYouTubeに
動画があります。
最後の「あし」ね
http://www.youtube.com/watch?v=09y0K2wJI7M

終了後の締めくくりには
司会進行の方から、あれこれ質問も受けたんですけど
山家ちゃんの見てた譜が、
楽譜ではなくてテキストだったことに
びっくりしてましたね。

「怪談レストラン」のキャラクター
Ca3a3023「お化けギャルソン」も
撮影会もあるってことで
出没してました。

それと、ロビー周りでは
くすみ書房さんの出張販売などもあり
その他にもあれこれ
ホントに「読書」三昧のイベントでしたよね。
またやったらいいのになあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09その他

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

この2010年9月には
他にも読み語りするチャンスがありました。

Ca3a2947ひだのかな代さんの
出版記念パーティで
新作と
前作を
読ませていただいたり。

これ何故かYouTubeに載ってます。

「にこにこぎゅ」
http://www.youtube.com/watch?v=6PUG55eG5nM

「にこにこぎゅっ〜おとうさんのて」
http://www.youtube.com/watch?v=GEf55lve8_k

いずれも
スタンドマイクと書画カメラのコラボ読みでしたわ。

Ca3a3004月末近くには
ボストンクラブに
朗読ライブを
拝見に
いったら
いきなりコラボに引っ張り出されたり。

そうそう
ひっそり
読み語り講座のトライアルなんかも
この2010年9月にはやってたのでした。

あっ、全部中央区だっ(爆)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09.25 モンクール定例ライブ5@中央区

Ca3a29932010.09.25
「〜「詩」を想い、 そして 思い出す日〜 5」
@詩とパンと珈琲 mon coeur

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

モンクール定例ライブの5回目。
(これまでのモンクール報告)

さて、もう2年半も前のことですが、
モンクールライブは
この回から、新しいことを始めました。

前座制度です。

この前後でお試し的に
「読み語り講座」なんかもやってて
「読みたい」人が、ぼちぼち出てくるように
なってたのね。

そんなこんなで、彼らにも場をと思って考えてみたら
なんかモンクールライブが一番うってつけだろうと思い至り
「投げ銭対象外」として5分枠×2を設けた次第。

さて、この回の記録なんですが、
またまたMD不調で、まだ2回開催だったんだけど
早い回のみ録音記録あり。

前座参加者は2回合わせて
パフォーマー1名・弟子(笑)2名・学生1名でしたね。

2回とも城さん作品を幾つかやってから
城さん選定の特集詩人コーナー。
この日は「萩原朔太郎」でした。
録音記録のある1回目に
城さんはこうおっしゃっていました。
「賢治や中也よりも読んでいて、
 影響受けてて似てるなあと思う詩人」。

その後はリクエストコーナーとなって
両回とも城理美子「琥珀色」で締めたはずです。

<1回目読み語りリスト>
・城理美子作品
「イニシャル」「バルコニー」「狼」
・萩原朔太郎「月に吠える」より
「殺人事件」「蛙の死」「猫」「さびしい人格」
・同「青猫」より「恐ろしく憂鬱な」
・同「蝶を夢む」より「蝶を夢む」

その場リクエスト
・既成詩作品2件
・参加者詩作品1件
・既成小咄1件
・雑誌記事「小学生の作文風に」
でした。

Ca3a29941回目の
お客様写真。
城さんもいて
両回前座の面々もいる。
純粋なお客様は…。

Ca3a2995こちらリクエストで
読んだ雑誌。
モンクールさんが
取り上げられていたのでした。
てか、まっつについても言及してくれてましたね。

<2回目読み語りリスト>
録音記録はないんですが、事前準備の段階で用意されたうち
1回目に読まなかった下記を読んだはず。
・城理美子作品
「金色の猫」「別れの言葉」
・萩原朔太郎「月に吠える」より
「地面の底の病気の顔」「悲しい月夜」
「およぐひと」「恋を恋する人」
・同「青猫」より「艶めかしい墓場」
・同「蝶を夢む」より「腕のある寢臺」
・同「純情小曲集」より「旅上」

その場リクエストは
残念ながら録音失敗したので、分からないのです。

Ca3a29982回目は
ずいぶんと
にぎやかに
なったので
ありました。

ありがとうございました。

//
さてこのイベントまだまだ続いております。
次回は早くも15回目となりまして

****
「モンクール読み語りライブ
〜「詩」を想い、そして 思い出す日。 15」
http://footmats.sapolog.com/e387525.html
■2013年3月24日(日)開場12時頃/開演13時
場所:詩とパンと珈琲 モンクール(011-611-3747)
   北3条西18丁目2-4 北3条ビル1F(南向き)
料金:投げ銭
特集詩人:ロルカ・城理美子
補足:リクエストタイムあり。
開演15分前くらいから前座タイムも(投げ銭枠外)。
****

第4回で取り上げた「ロルカ」と
城理美子さんが
特集詩人となってます。

またライブ終了後、城さんの一周忌直後でもあるため
「詩と酒と薔薇の会」を会費500円 + 持ち寄りで
実施する予定になってます。そちらだけでも歓迎っす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »