« 2010.08.27 「寸劇〜CHANGE」@北区 | Main | 2010.08.29 四季の読み語り4@清田区 »

2010.08.28 まっつ&翠れん@江別市

319201_527306294_1large2010.08.28
まっつ&翠れん
「読み語る人・歌う人」
〜あなたがあなたに出会う日に〜
OLD-e#

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

さて、この日に本格スタートした企画
「まっつ&翠れん」。
(前史は2010.06.19にあります(笑))

「ただまっつが翠れんさんの作品を読み語る
ってだけじゃもったいない」と、
プロデューサがいろいろアイデアとか出して
刺激してくれたよねー。

その中で生まれたコラボレーション。

言葉の紡ぎ手であり、歌い手でもある
佐藤翠れんさんのコトバを
まっつが読み語り、その流れに応じた歌を
「アカペラ」で翠れんさんが歌う。
そんな基本構成になりました。

で、作品の並びや歌の選択は
翠れんさんが考えてくれた。
ぎりぎりまでよりよい選択を、と。

おいらが事前に考えたのは、
一部、一緒に読む部分の
ユニゾンやリレーの工夫と
後は、読み語り作品のセレクトくらいだったかな。

途中休憩を挟み2部各4セット構成。
両部とも、3セットを翠れん作品の読み語り+歌として
残る1セットを読み語りタイム的にしたんでした。

で、セット間のつなぎは、
2人でトーク
ってことになって
実はそれが事前には
一番の不安どころでありました(笑)。

結局、心配してたトークも
なんとなくうまく転がって、
予定時間、けっこうオーバーしてたほど。
そのせいか、お客様写真、忘れた(爆)。

翠れんさんの作品は、とてもシンプル。
だからこそ、いろんな人の琴線に
ふれる力を持っている。

そんな手応えもあって
翌2011年には
さらにスケールアップして
なんと道内5カ所ツアーまでしたのだけど
それはまたいずれ。

Ca3a2877当日、こんな衣装でした。
(わっ、おいらの顔、
ゴーストみたい(爆))
翠れんさんはともかく
おいらは果たして……

Ca3a2882Ca3a2873OLD-e#さんの
趣きある
レトロ風情に
合ってたのか
どうか。

それにしても音の響きが不思議にすてきで
いずれはまた、何かやらせていただきたい
と思っている場のひとつです。

|

« 2010.08.27 「寸劇〜CHANGE」@北区 | Main | 2010.08.29 四季の読み語り4@清田区 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2010.08.28 まっつ&翠れん@江別市:

« 2010.08.27 「寸劇〜CHANGE」@北区 | Main | 2010.08.29 四季の読み語り4@清田区 »