« August 2012 | Main | October 2012 »

2010.06.20 四季の読み語り3@清田区

Ca3a26732010.06.20
猫のしっぽ主催
「四季の読み語り3
 *6月〜雨上がりの虹〜」
@清田区M宅

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

さあて、四季の読み語り3回目。
少し定期的って感じが出てきました。
まずは看板読みからスタートして(笑)、
オープニングは、許諾いただいてる中から
加藤多一さんの「猫がくる日」(緑鯨社)より
6月っぽい2編「風ネコ」と「へろへろネコ」。

短編だけど、人生というか
「ネコ」生の多彩さを描いた作品。
なんか不思議なことが不思議でない不思議な感じ。
なかなかお薦めなのだが、
Amazonには置いてないみたい。

副題に照準を合わせたメイン作品は、
少々ボリュームがあるので後にして
ここでリクエストに。

まずは、おっとそれ来るかあ。
持ちネタでもある
まっつのお友達のお兄さんの作品
「なかなおり」。

最近の信号機事情についてちょいとしゃべって(笑)
続いてのリクエストは、
だるま森
「カリカリ砂漠のいくつかのちいさなおはなし」より
「人魚-マーメイド」。
こちらも不思議な世界だあ。

そして副題に沿って選んだ
というか、この作品選んだんで
副題が決まった・・んだったかな??な
メイン作品。
宮澤賢治「虹の絵具皿〜十力の金剛石[青空文庫]」。

「銀河鉄道の夜」を少し感じさせる作品だけど
あんまり悲しい側面は出てなくて
いろんな光とか歌とかありました。歌っ!(笑)

なんかこの日は
ここまでの流れも含めて
ファンタジックな空気になってたから
いい感じになった気がする。

あー、2年以上経ってしまって
その日の空気がちゃんとは思い出せなくてすんません。

それから「おかしなおはなし3」。
猫のしっぽさん渾身のお菓子についての
ステキなエッセイ(だよ。うん)。
この日は「タルト」。

このおはなしでティータイムに入るので
Ca3a2675もう茶飲み話は、
ほとんどスイーツ
のことばかり。
豪華なんだもん
仕方ない。
これがこの会の恒例だって思えた3回目でした(笑)。

たっぷりスイーツを
だいたい楽しんだ後は
さらにリクエストタイム。

前日に読ませていただいた翠れんさん作品を
前日のプロデューサが持ってきてくれてたり
だるま森さん上記短編集から
もう一編、読ませていただきました。

そして締めくくりは定例に選んでいた
谷川俊太郎「みみをすます(福音館書店)」[Amazonページ]
より「じゅうにつき」。

猫さんがブログに書いてくれてるんだけど
(猫のしっぽ「報告&お知らせ」)
「今まででいちばん好きかも」
だったそうです。

善し悪しは別として
そんな風に、やっぱりけっこう
毎回違うものが立ち上がりますねえ。
いや、立ち位置も違えたのだけど(笑)。

Ca3a2678そんなわけで
今回は最後の
立ち位置から
撮らせていただいた
お客様写真。

ありがとうございました。

//
さて、「今」のことを付記。

次回「四季の読み語り」は12回目。
今年2012年は、ずっと、北広島本店での開催です。
しかも、お話に入る前に
お昼の軽食から始まるというのが(笑)
恒例となりつつあります。

-/-
「四季の読み語り12*9月〜秋の空」
http://footmats.sapolog.com/e375300.html
■9/23(日)13:00-15:00
北広島市大曲『猫のしっぽ』
料金:2000円(軽食・茶菓・ドリンク付)
対象:大人限定(大人としていられれば中学生以上可)
要事前予約
予約・問合:011-370-3655 (猫のしっぽ)
--
※リクエストも!ウエルカム
★実施は本店(笑)!!
-/-

なかなか秋らしくならなかい今年ですが
副題はこう経緯してます。
「初恋」→「恋文」→「秋の空」。
わたくし、何を選ぶんでしょう、メイン作品。
てなわけで、こちらもお楽しみにっ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.06.19 佐藤翠れん個展コラボ企画@中央区

Ca3a26632010.05.23
歌い手 佐藤翠れん ことばの個展
「静かな音楽」コラボ企画
ヨミガタリストまっつ読み語りLIVE
@詩とパンと珈琲 mon coeur

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

初めてお会いしたのが2009.03.26
そのときは軽く「いつかカラオケ行きましょう」
なんて言ってただけでした。

それが、ことばを綴る方と知って
作品を読ませていただいた初が
2010.04.04のトステムコレクション。

さらに翌月2010.05.08には
モンクールライブに来てくださり
自作詩のリクエストもしてくれて、
確かそれがご縁で
彼女の「ことばの個展」が
モンクールで実施されることになり
そのワンデイコラボ企画として
この日のライブが実施されたんでした。

彼女のことばの作品はひたすら「シンプル」。
Ca3a2670飾らない。
高ぶらない。
嘆きでおわらない。
そして、まっすぐ。
そう、まっすぐ。

翠れんさん自身、ご自分の作品を朗読している方なわけで
でもこの日は、まっつだけが読むという企画。
何を読むかは、事前に翠れんさんと打合わせて
決めたんだったと思います。

実施は13時からと15時からの各30分ほど。
翠れん作品以外に
確か翠れんさんからリクエスト的に指定いただいた
絵本なんかも読んだはずです。
録音記録がないので、うろおぼえだああ。

Ca3a26712回目の
お客様写真だけ
撮ってたみたい。
翠れんさんも
います。

そして、この日をきっかけに
翌年にかけて
「まっつ&翠れん」という
よりコラボ度を高めた企画が
展開していくことになったのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2012 | Main | October 2012 »