« June 2012 | Main | September 2012 »

2010.05.29 詩のボクシング予選

2010.05.23
第8回詩のボクシング北海道大会札幌予選
@かでる2・7

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

前年度、運に恵まれて
北海道チャンピオンになったけど
(→前年度北海道大会報告)
それでも予選から参加ってのが
期のボクシングの常。

この年は作品を産む苦しみを
最大に味わいました。

書けない。書けない。
てか、書くことがない。みたいな。

参加初年度・2年目は、
まあシチュエーションコメディみたいのを
メインに用意して、
北海道大会用にストックもできて
参加3年目の前年は、
少し角度を変えた作品で臨みました。

けど、この年は
ほんとに、何も出てこない。
まああんまり時間的余裕もなかったけどね。
それにしたって
ストックも前年、決勝まで行っちゃて
減ってるのだから、
より、しっかり書かないといけなかったのに。

結局、古い古い作品も用意しつつ
でも、予選は楠さんに直接コメントがもらえる唯一のチャンスなので
できるだけ新作にしたいとか考えながらも
前日深夜に、
あえてノートを引っ張り出して
肉筆でかきなぐったものも用意。
「こんなのただの書きなぐりだよ。いいのかこんなの読んで」
とか思いつつ、
結局、その書きなぐりを読んだのでした。

まあ、楠さんからは
「今日のこの場所の雰囲気には合わなかったですね」
とのコメントをいただきましたが、
まあ、予選は通りました。

さらに
その場で団体戦への参加を募られ
2人組のお初の男女が
声をかけてくれたのだったかな。
「人の言葉を読むほうが好きなんです」。
自分のかきなぐりから逃れる意識もあったんでしょう、
見ず知らずのお二人と、その場でチーム結成。
こちらでも北海道大会に行くことになったのでした。

Ca3a2649よっぽど追いつめられて
いたんでしょうか。
撮った写真も
これだけ。
しかもブレブレ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.05.23 アースデイEZO2010@中央区

2010.05.23
『アースデイEZO2010』
@大通公園

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

(アースデイEZO2010
メインイベントのひとつ、大通公園会場にも
この年は参加しました。
(公式告知←この告知の出演予定には載ってませんが(^^;)

20分ほどの持ち時間で、
スタンドマイク使っての
あまり身動きできない
スタイルになったんでしたね。

ソロでは初参加ながら、
ご存知のみんたるさんから
早速、チラシの騙り読みリクエストがっ。
それを受けて、出店する方々から
その類いのリクエストが続々でした。

なかなか読み応えあったのが
オーガニックワイン専門店マヴィさんからの
絵本「オーガニックワインの話」。

これ、残り時間少なかったので
途中まで。と思ってたんだけど
なかなかしっかりした文章で
ついつい最後まで、読んでしまいました。

おかげで、この日関連ブースも出てて
読もうと準備していた
絵本「せかいにたったひとつのサンル川」は
ごく一部だけ読んで紹介して
終わりになっちゃいました。

まだダム建設は撤回になってないみたいです。
現状については「サンル川 Now」や、
上記の絵本も閲覧できる
サンル川を守る会」を
チェックしてみてください。

ふひーっ。
けっこうバタバタと
頑張ったせいでしょう。
写真記録は
全然ありませーん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.05.22 きりがたりシアター@栗山町

2010.05.22
『きりがたりシアター』
@栗山町 まちの駅 栗夢プラザ

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

4月こぐま座公演と同内容ですが、
(アースデイEZO2010参加公演であることも同様)
照明効果など特にない中
客席もずっと明るいままなわけ。

そんな中で、だいたい同じスタイルで
展開していったんですが、
「もう終わったの」
「ほら、なんかまた始まるよ」。
そんな親子さんの会話も
あちこちで続くような
そんなアットホームなイベントになりました。

まあ、何せ
次々、特別な休憩もなく
次々と、
でも、ちょっとしたブレイクタイムも挟んで
都合、このときで
何演目やってるんだ。

おっと、
「ねずみのよめいり」
「ひなかるた」
千陽の舞い
「童謡メドレー」
猫のいたずら-小楽器対決?
千陽の「ワンポイントきり紙講座」
「ハチドリの物語」
「ジャックと豆の木」
全部で8つだ。

ところで、
録画を改めて見て
観る側の想像力の大きさに
改めて感心したりしました。

それぞれの演目が終わっても
特に「ハチドリ」なんかは
終わって説明みたいなことしてるときにも
小さな子から「やっと火が消えた」とか
「動物たち喜んでる」とかの声があったり。

お届けした以上の想像世界を
楽しんでくれたんだねー。

Ca3a2618ホントにありがとー。
3年連続3回目の
栗山公演。
以前も来たって子も
けっこういたよねー。

Ca3a2621公演後には
KIRIGAMIST千陽の
本格的
「きり紙講座」も
楽しんでいただきました。

Ca3a2624Ca3a2630Ca3a2632そして打ち上げは
長沼の「こぐま座」。
おいしく過ごさせて
いただきました。

Ca3a2633ちゃっかり
店主さんと
記念撮影まで
お願い
しちゃいましたっ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.05.16「田村はまだか」1@中央区

2010.05.16
1冊完読シリーズ読み語り1回目(全3回)
「田村はまだか〜その一」

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

朝倉かすみさんの作品
田村はまだか(光文社)」[Amazonページ]。
この単行本一冊まるごとを
三回シリーズで読み語るという企画でした。

単行本完読シリーズは
過去に一度、梨木香歩さんの
「家守綺譚」で経験あるのみ。
(家守綺譚1234//)

この「田村」は、全6話だったので
6回にするか3回にするか
ちょいと迷ったんです。事前には。
とりあえず読んでみると
1話あたり50分強。
さすがにねー、これ1話ずつでも
十分ていえば十分。

でも、まあ、保つだろうってことで(笑)
2話ずつやってこうってことに
なったんだったよね。

結果的には、それで良かった。
2話ずつやることで感じられる
作品世界の横軸の広がりを
示せたんだと思う。
3回に分けても。

で、この初回は
それでもやや不安で、
途中休憩を、1話目は1回、
2話目は2回も入れたんでした。

読んでみてのあれこれは
次回以降分で。

Ca3a2602Ca3a2601いろんな
方面の
お客様が
集って
くれました。

ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2012 | Main | September 2012 »