« April 2012 | Main | June 2012 »

2010.04.17-18 きりがたりシアター@中央区

Ca3a25442010.04.17-18
『きりがたりシアター』
こども人形劇場こぐま座

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

さて「きりがたりシアター」。
先週末、すでに2012年新作公演を終えているんですが、
ここではようやく2010年新作公演の報告です。
(→きりがたりシアター・ここまでの記録)

このときのメイン演目は「ジャックと豆の木」。
昨年のアドバイスを受けて
併演の「ねずみのよめいり」とともに
パネルから飛び出して、
ペープサート(紙人形)を駆使しての
スタイルになりました。

Ca3a2539小楽器も随所で
大活躍でしたねー。
あれこれずいぶん
多彩な楽器が
並びました。

Ca3a2537Ca3a2541でも、
シンプルな
パネルの
裏にも
いろんなものが
仕込まれていたのでした。

さらにKIRIGAMIST千陽が演技をしたり
「ねこまっつ」やら「くまっつ」やらが登場したり
1時間、硬軟自在のステージとなりました。

それとともに、この公演の
いわばチャレンジだったのが
「ハチドリの物語」。

南アメリカの先住民に伝わる神話ですが
とても現代的な、でも小さいお子さんには
難しい内容と思われました。

それでも上演に踏み切ったのは
アースデイEZO2010参加公演であるのも理由ながら
そんな演目もまた
「きりがたりシアター」ならではと
みんなで判断したからです。

文章使用の許諾をいただいて
じっくり練り上げました。

音楽とパネルで動く火、
立体紙人形の「クリキンディ」。
そして静かな読み語り。

およそ5分程度の演目でしたが
思った以上に客席の集中は途切れず
しっかり受け止めていただけたようです。

Ca3a2551Ca3a2556Ca3a2558ところで
この公演での
お客様総数は、
3ステージで
老若男女合わせて、なんと300名超!!
(左から土曜午後・日曜午前・日曜午後)

特に土曜初日の公演は
超満員となり、お客様にお帰りいただくしかないかと
心配しつつも、劇場側のすばらしい誘導と
お客様たちの多大なご協力で、
皆さんお入りいただいたのでした。

窮屈な思いを強いてしまったのですが
それでも楽しんでくださった
との多くのアンケート感想に
一同、なお一層感動したのでした。
(→ヨミガタリを楽しむ会・報告ページに演目写真もあります)

皆さん、ありがとうございました。

//
次は2012年11月、やまびこ座公演。
(あ、その前に、名寄にも出向く予定ですっ!)

一層の進化を続ける
「きりがたりシアター」を
今後ともどうぞお楽しみにっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.04.04 トステムコレクション+α@東区

2010.04.04
Ca3a2491Ca3a2492<TOSTEM SHOWROOM SAPPORO
 二周年記念感謝祭>
「トステムコレクション」
@トステムショールーム札幌

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

そして2010年度に入って最初の出番は
こちら、トステムコレクションでした。

「ハンドメイド雑貨や食べもの屋さん、手作り体験等
 お母さん達の大好きな店が勢ぞろい!
 トステムのショールームが街になる?」
っていう言葉通りの、とてもにぎやかなイベントでした。

ゲストはほかに、KIRIGAMIST千陽とか
コアックマちゃん、桜庭 和さんなど。

まっつも30分のステージング時間でしたが
かなり知ってて来てくれた方が多く
最初っから、騙り読みリクエストラッシュ!

温泉の案内文を「重厚な感じで」とか
飲食店ハガキ案内を「別な重厚な感じで」だの
名刺文章を「ヒーローのように」
冊子掲載の商品説明「伝わるように」とか。
まだまだリクエストありました。

かなりにぎやかな喧噪の中だったけど
けっこうウケてました。

それから事前に読ませていただくことにしてた
出店もしてた佐藤 翠れんさんの作品を5つほど。
なんとその場で、同じく出店してたひよひよさんに
ノコギリ演奏のコラボをしてもらっての
読み語りでした。
その当日についてのブログ報告→イッタリキタリの日々

その後も騙り読みリクエストが続いて
けっこう楽しくステージング終了。
残念ながらお客様写真、取り損ねてるorz

Ca3a2493その代わり
千陽ちゃんと
ひよひよさんの
2ショットを
どーぞ。

その後は、知り合い出店者多かったので
回遊して、いろんなショップ店頭で
その場リクエストいただきました。

そっちは録音記録ないので、
どんなもん読んだか、うろ覚え。
でも、かなり大ウケした記憶とか
しっかりあったりしますのです。

回遊しながらも
ショールームのあちこちを
覗いてみたりして
いろんな最新住宅設備の勉強にも
なったのありでした。

---
おっと、このショールーム、
今は「LIXIL札幌ショールーム」って
名前になってるんですね。
---

Ca3a2497あ、追記。
この日はその後、
ジャックインザボックス(旧)で
(あ、旧だからやっぱ東区だ)
オカリナとハンマーダルシマの
コラボステージを拝見。

迷って遅刻したくせに、
ちゃっかり打ち上げまで参加して、
そこでも騙り読みなんかしてたんですな。

こっちより健さんがミクシに載せてくれた方が
いい感じだけど、まあいいや(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.03.28 きりがたりシアター・デモステージ@中央区

2010.03.28
Ca3a2480<サンデイ・アースデイin円山動物園>参加
きりがたりシアター・デモステージ
@円山動物園 動物園センター

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2009年度最後のパフォーマンスは
円山動物園での
きりがたりシアター・デモステージでした。

これは「アースデイEZO2010」の企画
「サンデイ・アースデイ」に参加したもの。
この年、きりがたりシアター自体が
アースデイEZO2010に参加していたため
要請があって、デモステージを
やらせていただくことになったんですね。

4月こぐま座での新作公演(アースデイ参加)のアピールのため
旧作から「三匹の小ぶた」の
フルバージョンと、童謡メドレー、
そして新作「ジャックと豆の木」の
登場人物紹介的なパフォーマンスで
20分程度のミニステージを実施しました。

したはずです。

最終構成案がそうなってるから
多分、そうです(笑)。

2回くらいやったんじゃなかったか。

あー、やってる前後の写真も
撮ってなかったのかあああ。
バタバタしてたからなあ。

Ca3a2482終了後、向いの
動物科学館でやってた
砂澤ビッキ展に
寄った写真は
撮ってるのに(爆)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.03.22 大人の読み語り講座@中央区

2010.03.22
<ワンコインお試し講座集>
大人の読み語り講座
@あけぼのアート&コミュニティセンター

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

そしてこの日は
結局その後、日の目を見ることのなかった
あけぼのアート&コミュニティセンターでの
お試し講座。
「大人の読み語り講座」。

たった1回の
しかも「お試し」講座なので
いつもより基礎的な知識講義的な部分を取り入れました。
こういうのは、ホントは資料とかあった方が
いいんだろうけどねー。

それと自分より年齢の高い方が多めだったので
運動要素のあるゲームはやらず。

あいさつゲーム→隣人紹介をやってから
声に出して読むことの意義を少し示し
みんなで「注文の多い料理店・序」の輪読。

Ca3a24640001それから3人1組で
新美南吉
「きのまつり」を
お互いに
聞き合う
というスタンスで読んでもらい
その後、全員で歩きながら
1文ずつ読んでもらった(はず)。

一人一人の発表は
やらなかったんだったかなあ。
メモは残ってるけど、録音記録がないので
あいまいな報告ばかりですんません。

後は思ったより時間経ってたので
「声」についての付加的知識を伝え
最後にデモンストレーションとして
夏目漱石「夢十夜」より「第五夜」を読んで
おしまいにしたようです(メモ記録)。

Ca3a2467記念写真も
撮ったんです。
まあまあ
反応は良かったと
記憶してるけど、
スケジュール的に見えない部分があって
結局、本講座は実現してません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.03.22 ダイナマイトあさのライブ@中央区

2010.03.22
「ダイナマイトあさのウクレレライブ」
ゲスト出演
@ガンゲットダイマ

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

恐るべし、2010年3月。
まだ終わらない(爆)。

この日はインディペンデントなスタンスの
盟友と思ってる
ダイナマイトあさの氏のウクレレライブに
ゲスト出演。

10日ほど前に声かけられて
後は当日ぶっつけ本番で
ライブ前半終了時に
夏目漱石「夢十夜」から「第四夜」。

本文入りしたとこで
しっとり系の前奏繰り返しな感じにウクレレが入り
7分超、最後まで演奏続けてくれた。

言葉に呼応して
ウクレレが寄せたりあおったりもしてくれて
それに逆に動かされて
一人でやってるとき以上に
強弱や緩急の幅が広くなってたみたい。

楽しかった。

けど、どういう作品なのか
殆ど説明しないでやってしまったので
果たして、後先、お客様たち的には
どうだったんだろう。

ところで、このコラボパフォーマンス終えて直後に
「お久しぶり」「お久しぶりでしたねー」
とかって、ダイナマンと声交わしてたみたい。

それくらい久しぶりだったのねー。

Ca3a2456出番前に
食べてた
ダイマライス(だっけ)。
終わってから
残り完食しましたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.03.20 絵本トークショー@南区

Ca3a24432010.03.20
「滝野子育て健康フェスティバル」
「絵本トークショー」
@滝野すずらん丘陵公園

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

この年、3月の3連休に
まだ雪の残る滝野すずらん丘陵公園で
開催された「滝野子育て健康フェスティバル」。

その初日、東口休憩所で昼過ぎに
絵本作家の、なかいれいさんと
「絵本トークショー」なんてものを
やらせていただいたのでした。

絵本について「トーク」!?

なかいれいさんとは、初対面。
偶然、昼食時間、同席させていただき
とてもステキな方と分かった上で
本番スタート。

勝手に少しなじんじゃってたので
なかいさんのターンのときから
口を挟んだりもして、失礼しました。

「好きな絵本」を紹介。というのが
トークのための宿題だったんだけど、
実のところ、手持ちの絵本というと
許諾いただいて読めるものくらいしかない。
それらは、もちろん好きな絵本なんだけど
それ以外にも、いっぱい多種多彩に
いい絵本て、あるんだよねえ。

てなわけで、持っていった以外にも
この頃出会ってた絵本いくつかについても
しゃべっていました。
なかいさんの説得力あるお話に対して
なんか、中途半端感は否めなかったかも。

自分自身が、リクエストとかで
日々新しい絵本に出会うことが一番楽しいことなので
なんてゆーか、そういうワクワクが絵本にはあること
一番言いたかったことなんだけど
伝わってたかなあ。

それからまずはなかいさんの読み聞かせ。
絵を描いていらっしゃる
「おばけのマール」シリーズから
「おばけのマールとおべんとう」。

一度読み終わった後に
もう一度、絵を見せていらっしゃいました。
あー、そういうのもいいなあと
勉強になりました。
なかなかそのやり方を試せてないけど。

そして、まっつ。
「絵本」軸のトークにもかかわらず
絵を見せない絵本作品やっちゃったり
絵本じゃない童話作品読んじゃったり、
しかも体力勝負系の作品続きになっちゃって
汗、かきすぎ(爆)。

後から考えると
企画との整合性においても
ずれてたかも。

Ca3a2445それでもちゃんと
終わってから
お客様写真を
いただく空気には
なっていたんだな。

Ca3a2446なかいさんとの
記念写真も
ちゃっかり
撮って
いただきました。

おっと、これで市内9区が
このブログに並んだ。
後は…えっ、厚別区って
まだライブしたことなかったんだああ。
ラジオには良く行ってるのになあ。
この後も、なんか厚別区
覚えがないなあ。

(※と思ったら2007年にすでにやってました。
そっか、いつの間にか全区制覇はしてたんだ。。。120524追記)

Ca3a2449おまけショット。
この日の夜に見た
当時工事中だった
地下歩行空間。
大通駅側から覗いてみました。

---
と書いたこの冒険報告を
なかいさんにお知らせしたら
Photoまっつのイラスト
送ってくださいました。
ありがとうー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.03.19 きりがたりシアター@函館市

2010.03.19
函館市立あさひ小学校 演劇鑑賞PTA
「きりがたりシアター」

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

なんとびっくりするでしょ。
「きりがたりシアター」ったら
函館市内の小学校に公演に行ってるのです。

仲介してくださった方に改めて感謝ですが、
お話が来たとき、びっくりしたと同時に
子育て中の母親もメンバーにはいるので
あれこれ相談して、宿泊までは無理だからと
「日帰り」で敢行!。

Ca3a2424朝早くに出発して
(左写真は札幌出発
だいたい5時半ころ)
途中で眠くなると
思いきや、
いやー、道中みんなテンション高かったあ。

Ca3a2430Ca3a2434山が見えたら
はしゃぐは、
あれこれ
寄ったり
買ったり(笑)。
帰りには函館市内観光したり
みんな元気だったなあ。

おいらは終わった後はけっこう
くたばってた気味だった記憶が。

Ca3a2436肝腎のステージは
というと
やまびこ座・砂川に続き
2008年版
リニューアル演目。

お子たちはいい反応してた。
特に千陽のきり紙へには
大人からも感心の声、しきりだったはず。
録画記録が不完全で
内容的にことは
このくらいしか書けないや。

函館の皆さん、ありがとうございました。

Ca3a2438_2Ca3a2439自己調達した
やきとり弁当も
大変おいしく
いただいたので
ございましたっ。

---
☆そんな「きりがたりシアター」の
 一層の進化型・2012年度新作公演は、来週末です。
詳細告知
日時: 5月19日(土) 14:00-
    20日(日) 11:00-・14:00-
場所:札幌市こども人形劇場こぐま座(011-512-6886)
料金:
3歳以上 前売 400円 (当日 500円)
18歳以上 前売 900円 (当日1000円)※学生100円割引
☆学生は当日学生証をご提示ください

☆メイン演目は「しらゆきひめ」。
★「きりがたりシアター」独自の
 ファンタスティック=イリュージョナルな味付けで、
 子どもだけでなく大人にも若者にも、楽しみどころ満載です!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.03.11 おとなのためのおはなし会@豊平区

2010.03.11
中の島小学校開放図書館 本の森
おとなのためのおはなし会

|| これは、2010年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

Ca3a24082008年にも
お呼びいただいた
(前回報告)
中の島小学校開放図書館での
「おとなのためのおはなし会」。
地域に開いた図書館として
一般にも公開の実施でした。

司書さんの軽妙なご挨拶から始まり、
校長先生からは「地域で子どもを育てたい」という
意欲的な姿勢のご挨拶。

後は任されて、まずは「まっつ知ってる方」。
一昨年もやらせていただいただけあり
けっこういらっしゃる。うれしい。
(見学にきた高校生たち(当時)もいたけどね)

全体のプログラムは、
用意した作品のほか、リクエストタイムと
さらに「アフタートーク」
ってことになってたんですね。

アフタートーク、照れくさいとか冒頭から言ってる自分(笑)。

まずは芥川龍之介「蜘蛛の糸」[青空文庫ページ]、
そして新美南吉「ごんぎつね」[青空文庫ページ]。
なんか自分を知ってる方が多いという意識のせいか
いつも以上にライブ性高い感じになってたみたい。

合わせてトーク含めて30分ほどになり
次はリクエストコーナーなので
図書館の中でリクエスト作品を
探していただくべく、ここで休憩。

その間に改めて周囲を眺めたら
この日のために、いろんなもの
用意してくれてました。
「蜘蛛」のコーナーとか。
ああ、写真撮ってなかったああ。

休憩明けて、早速リクエスト。
いろいろ出てました。

まず最初が「図書館ボランティア募集チラシ」
読み方リクエストいただきまして
「すっごくやりたくなるような」。
求める気持ちたっぷりにやりました。
けっこう受けましたー。

続いては絵本。
これ、来てくれた高校生たちから。
彼ら、一度これの読み聞かせにチャレンジしたのね。

その後、お子さんひとり来てくれてて
彼からの、やっぱり絵本ひとつ。

さらにもうひとつ。騙り読み系で
「基礎からゆっくりやさしい太極」の一部を
「中国のじいちゃんばあちゃんぽく」。
だいたいリクエストコーナーは20分弱でした。

締めの作品は、許諾いただいてる
覚和歌子さん「ゼロになるからだ(徳間書店)」[Amazonページ]より「雪解け」。
学校とつないでくれたkyoさんに
音のコラボもしてもらったのだった。

で、アフタートーク、質問コーナーに入ったはずなのだが
なぜか、「詩のボクシング」の話になって
自作詩を読むことに。
「自分の読むの、いまだに照れくさいです」といいつつ
「カギタバタバタ」やりましたよ。
なんか、ちょっとスベってた気がするなあ(笑)。

で、質問はというと
「今までで一番長く読んだのはどのくらい」。
ノンストップだと65分くらいかな。
休憩ありだと2時間半くらいの作品読んだこともあると回答。

後は、最近の活動などに振ってくれたので
当時放映中の、「パパは雪だるま」の話とか
(主役の声をやらせていただいてたのだ)
今後の予定とか
宣伝もさせてもらっちゃったのだ。

あ、その後か子どもたちに読んであげるとき
なんかテクニックがあれば。とのご質問。
まああれこれ説明すると長くなるのでと振りつつ
「一緒に楽しむこと」を強調しておきました。
これは、ホントにそう思う。

Ca3a2410お客様写真も
いただいて、
冬の終わりの
午前中ライブは
かなり和やかに
終えることができたのでした。
いまさらですが、ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2012 | Main | June 2012 »