« December 2011 | Main | February 2012 »

2009.12.13 投げ銭読み語りライブ@東区

2009.12.13
手作り作品展「くりすますのおくりもの」
イベントゲスト投げ銭読み語りリクエストライブ
(↑こういう表現でいいのかなあ(汗))
@和田珈琲館 ギャラリー奥の個室

|| これは、2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

さーて、2009年報告もあと少し。
12月にはこんなライブもありました。
作品展主催者さまにお呼ばれしてのライブ。
それも全面「リクエスト」スタイルで、とのこと。

いろいろ準備が手間取って
出発がギリギリになったあげく
地の利のないあたりなので
車で行ったんだけど、
迷った。かなり迷った。

何度か確認連絡入れてようやく到着したのは
開始予定時間ぎりぎりだったような
覚えが…ゴメンナサイm(_ _)m

ほかにも諸事情があって
やや予定時間より遅れてスタート。
リクエスト、いっぱい持って来ていただいたようなので
とにかくリクエストで進めましたねえ。

で、きっと来るんじゃないかと
「詩のボクシング」で読んだ詩も準備しようとして
出発がギリギリになったのでした。

印刷がうまくいかず、
結局パソコンを持ってきたんですよ。
で、最初のリクエストの後には
早速「詩のボクシングで読んだものを」とのリクエスト。

パソコン立ち上げる間にも
別の絵本リクエストを読んだりと
かなりアパウトな進行。

そうして、全国大会で敗退した作品を
014・・こんな風に
パソコン使って
読みました。
後にも先にも
こんなことしたの
この日だけですわ、確か。本よりずっと重かった(笑)。

その後、歌(!)の入る絵本リクエストを
読んだりしてたら
途中から来た方から、
「詩のボクシングの作品、
 ちゃんと聴けなかったのでもう一度」。
2回目の方が、笑える作品への反応は
しっかりありました。

さらにお店紹介の記事とか
短編小説とか
多彩なリクエストをいただいて
少人数ながら、楽しいライブとなりました。

Ca3a1988写真は
リクエスト
いただいた
ものの
数々でーす。
(詩ボク作品はパソコンの中)

あー、そんでもって終了後も、なんだかんだ
やってたんだよねー。
デサートいただいては
また別の詩のボクシング作品読んだり。

Ca3a1989そんなわけで
お客様写真は
終わった後の
オフタイムも
残って
くださってた主催者様ほか。

****
※そういえば、こういうイベントに
 お呼ばれしてのライブって
 その後あんまり、ないなあ。
※「場」があって投げ銭オッケイなら
 いろんなとこにいきますよっ。
※お呼びくださーーーいっ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.29 まっつBOOKing first-4

2009.11.29 まっつBOOKing first 4ステージめ
@札幌市こどもの劇場やまびこ座

|| これは、2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

そして二日目午後、最終ステージは
まっつソロ「読み語りソロパフォーマンス」。

4演目は
宮沢賢治
「どんぐりと山猫」と
太宰治「走れメロス」。
(写真は「メロス」リハ時)

まあ、ソロでやるのが
読み語りとしてはむしろ通常なんですが、
劇場で、しかも1時間のフルステージとなると
勝手が違うわけです。

集客力も最も弱く、はっきりいって
劇場でやる規模じゃありませんでした。
まあ、お祭り気分の主催者特権で、
えいやっってやっちゃったわけです。

悪いパフォーマンスではなかったと
自分では思ってはいます。
4m少ないながら
お客様には
ステキな
感想も
いただきました。

でも、きっと劇場でやるからには
劇場らしい何かを用意して
もっと期待していただけるようにならないと
いけないのかなと思っています。

///
ということで、おおざっぱに
「まっつBOOKing first」
振り返ってみましたが、
2年も経つのに、改めて考えるところ
「大」でした。

何よりも、2日間4ステージ、
まったく別の演目、どころか
まったく別のユニットでやるという
前代未聞な形でやってしまい
自分がワタワタになるのは仕方ないけど
何より、何より、
劇場のスタッフさんに
すごーい負担とご迷惑をおかけしたことについては
改めてこの場でも、お詫びしておきます。

Photoあー、
お願いした
最強の
舞台スタッフさん
にもだっ。

お世話になりました。
ご迷惑おかけしました。
もう、こんなの絶対にしません。
ごめんなさい。

(といいつつ、
 やっぱりこの時やって良かった
 と思ってる……m(_ _)m)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.11.29 まっつBOOKing first-3

2009.11.29 まっつBOOKing first 3ステージめ
@札幌市こどもの劇場やまびこ座

|| これは、2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

そして二日目午前は、きりがたりシアター。
「切り紙・読み語り・パネルシアター・音楽のコラボレーション」。

そうか。もうこの時までに
こぐま座何回かやってたような気になってたけど、
劇場公演は、この年の4月@こぐま座が初だったのだ。
きりがたりシアター・ここまでの記録

それなのに、もうここでやまびこ座にまで
引っ張り出しちゃったんでしたね。

この時の演目はおおむね初演時と同じで
「三匹の小ぶた」。
谷川俊太郎作「いちねんせい」より抜粋。
新美南吉「がちょうのたんじょうび」を挟んで
きり紙大活躍の「童謡メドレー」
「千陽のワンポイント切り紙講座」
3hv締めくくりに、
楠山正雄
「花咲かじじい」
という
ラインナップでした。

こぐま座に比べて、その広さ攻略を
当初心配してたんですが、
まあまあ、いろいろ反省点はあったけど
しっかり使えましたよね。

お客様の感想などは
ヨミガタリを楽しむ会の報告ページに掲載されてます。

3mお客様写真も
いただき、
最後まで
ありがとう
ございました。

///
そして実際のところ、きりがたりシアターは
このやまびこ座公演を契機に、
個々の表現力アップや
舞台としての完成度をあげていくことにも
かなり力を注ぐようになり
同じ演目も、次にやるときには
グンとバージョンアップするようになりました。

そして2010年・2011年も
春はこぐま座、秋はやまびこ座でと
札幌年2回公演を果たしています。

次回は2012年春。またまた新作を準備中。
日程未定ですが、こちらもご期待ください。

ヨミガタリを楽しむ会→公式サイト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.28 まっつBOOKing first-2

2009.11.28 まっつBOOKing first 2ステージめ
@札幌市こどもの劇場やまびこ座

|| これは、2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

そしてまっつBOOKing first
初日・夜のステージ報告です。
まっつ with 竹内実花
「読み語りと舞踏のコラボレーション」。

前報告のTrio-Tとは真逆、
この2009年に初めて共演→(09.08.01)させていただいた
舞踏手・竹内実花とのステージでした。

上記報告にもあるように
8月には「負けた」感が強くて
このまっつBOOKingでは、
そうはならないようにと
かなり力が入ってしまったようです。

「勝負じゃないんだ」ということを
心底分かったのは終わってしばらくしてから。

さらに、
Trio-Tでは音楽が読み語りを立ててくれたように
視覚的存在でありつづける舞踏手を
むしろここでは、読み語りが立てていくべきであること。
そんなことが「分かった」のは、
翌2010年に再び共演させていただいてからでした。

2それでもこの年
芥川龍之介「杜子春」
宮澤賢治「水仙月の四日」
2_2(写真上「杜子春」リハ
下「水仙月」本番)
そして「ことば」ふとがみたけると、
全く風情の異なる3つの作品でコラボレートできたからこそ
その翌年があったんだと思う。

ホントにそう思う。

///
竹内実花→舞踏家・竹内実花

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.28 まっつBOOKing first-1

2009.11.28 まっつBOOKing first 1ステージめ
@札幌市こどもの劇場やまびこ座

|| これは、2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

ようやくこの報告にたどり着きました。
読み語りのプロ活動を始めてから
まあ、とりあえず間違いなく
5年はやったよね、なんかしよう。
そう考えての記念メインイベントでした。
告知ページ

まずは初日最初のステージ報告から。
Trio-T「クラシック音楽と読み語りのコラボレーション」。

後藤 竜二「りんごの木(ポプラ社)[Amazon]」と
1宮澤賢治
セロ弾きのゴーシュ[青空文庫ページ]」
(写真はリハ時
袖から撮って
いただいたもの)
そして同「〔雨ニモマケズ〕[青空文庫ページ]」。
この3つをお届けしたのでした。

1mあ、そうそう。
演奏お2方の
申し出もあり
客入れ中から
生演奏を
お届けもしてました。

ソロ活動を始める前からのチームで、
その後、本格的活動になってからは、
オーボエも加わった「テンパカルテット」
というチーム名になり、
その期間の方が長いんだけど
オーボエの方が海外にいっちゃってて
それなら、原点のトリオでやろう
ということになったのでした。

正確な記録も記憶もないのだけど
3人でやるのは、いつ以来だったんだろ。
おおー、2006年8月に「りんごの木」を
砂川でやってる!→冒険報告

忙しいそれぞれ、
3人で劇場入り前に集まれたのは2回。
前日に劇場で立ち位置を決め
そのまま深夜に最終稽古して
当日、音合わせしての本番でした。

しかも、演奏の山家ちゃん、珍味さんは
演目終わったら、すぐ次の現場へ。
1m_2締めの挨拶は、
ぼくひとりに
なってました。
ありがとう
ございました。

///////
この後も、個々にはコラボってたりするんだけど
トリオもカルテットも含め
「テンパ」としての活動は
この時が今現在(2012.1)も最新ですね。

宮沢賢治がもっとも多く
取組んでいる作家であることも含め
デ・ファルクに召還されて始まった
この3人での活動は、今も自分の原点です。

さらに言うと、最初にソロで
「読み語り」として読んだのも後藤さんの作品。
それもご本人のいらっしゃる現場でした。
初めて包括的にご本人許諾を
くださった作家さんでもありました。

後藤さんはこの翌年、2010年7月に急逝。
最後にお会いしたのは前述
2006年のときだったと思うのだけど
今もあの柔和な若々しいお顔で、
「りんごの木」のように
どこからか眺めてくださってるような気がします。

珍味さん→あこるとギターデュオ
山家ちゃん→サイトはありません。山家牧人氏(ヴァイオリン・ヴィオラ・数学(笑))
NPO法人デ・ファルク→こちらも現在サイトがないようなのでNPO法人データベース資料

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.20-22 東京ツアー(笑)

2009.11.20-22 東京ツアー(笑)

新年あけましておめでとうございます。
いまだに2009年報告中です。

|| これは、2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

さて、この年は
【ヨミガタリストまっつ のソロ活動は たしかに5年を超えましたね】
ってことで、勝手に自分で「記念企画」を
構えましてね、
その第一弾が5月・6月にやった
投げ銭読み語りツアー
6月投げ銭ライブツアー冒険報告
6月投げ銭ライブツアー冒険報告
でした。

そんでもって最終弾が
まっつBOOKing first(冒険報告まだ)。
冠うったのは、この大イベントだけでしたが、
11月直前時期の東京行きも
こっそり記念企画扱いで計画したのでした。

といっても、メインは「詩のボクシング全国大会」出場。
でもせっかく行くならと、前後に予定を入れようとしたら
翌日の「Round Poetry Party」にお誘いいただき
そしたら前日と前々日てことで計画したものの・・・。

///
初日・予定した池袋は、結局お客さんゼロで
なにもせずにごめんなさい。

///
Ca3a18842日目・11月20日(金)そら庵(江東区)。
これだけが投げ銭ライブ。
この日来てくれたのは旧知の1名。
それでもお店のお二人にも
聴いていただけるということで
超アットホームに実施しました。

Ca3a1898こんな大川の
端にある
とっても
落ち着ける
ブックカフェ。

これだけ録音記録あり。

宮沢賢治「どんぐりと山猫」の後、
旧知が興味あったという
騙り読みリクエストを早速。
4つくらい多面的にやって
会話もしながらだったのでけっこう時間使い

そこにいらしたお客様も読む方だとご紹介いただき、
時間あまりないとのことで
前日読めなかった太宰治「走れメロス」の
後半だけ聴いていただきました。

そんなゆるい時間でしたが、
その方に22日の夜の場に誘っていただきました。

そうした繋がりができることも
目的の大きいところだったので
とてもうれしいお誘いだったのです。

Ca3a1899Ca3a1900左が正式なお客様。
本がいっぱいの
風情もどうぞ。
右は店主様ご一同。
ワンちゃんは、
翌年お亡くなりになったそうです。
そらにいるポチコに改めて合掌。

Ca3a1901その後、
宿近くに戻り
団体戦の
作戦会議&
期成会。

///
Zenkoku9omote3日目・21日(土)
「詩のボクシング(個人戦第9回全国大会) 」昼
「声と言葉のボクシング(第1回団体戦)」夜
全労済ホール/スペース・ゼロ(渋谷区)

Ca3a1907詩ボク初の
4面リング。
さらに同じく
初の試み
団体戦。

そんな年に、個人戦・団体戦両方の北海道代表として
全国大会に初参戦したのでした。

結果は個人戦トップバッター登場で1回戦大敗。
「カギタバタバタ」では届きませんでした。

団体戦もトップ登場でドキドキしたけど、
1回戦はなんとか勝利。
けど、2回戦敗退でした。

Ca3a1909でも、個人戦で
やられた
(←この方にやられました)
吉川さんは
準優勝。

Ca3a1910団体戦は、
初の勝利チーム
ということで
まあ、自分らを
満足させました(笑)。

ちゃんと打ち上げもあって
各地の猛者たちとも交流。
翌日ご一緒する方々もいたしね。

その他のあれこれは、
詩のボクシング関連ブログでご確認を。

///
Ca3a19234日目・22日(日)昼@Cafe&Bar Round(文京区)
Round Poetry Party vol.3
北海道代表になったおかげでオファーいただいた
詩のボクシング関連イベント。
前半にはオープンマイクもあるんだけど
後半のメインキャスト4名中のひとりとして。

前日個人戦1回戦で対戦した吉川さんも
メインキャストだったんでした。
それも最初がまっつで、2番手吉川さん。
こっちの方が先に順番決まってたんだけど
実に、昨日の1回戦と同じ登場順だったんすね。

15分の持ち時間だったから
自作詩2つくらいと、なんかチラシ騙り読み
やったんじゃなかったか。

このときが実は一番緊張したような気が・・・。

///
4日目・22日(日)夜@そら庵(江東区)
「ひねもす朗読会・前夜祭」に突然参加。
前々日のお誘いに「行けたら」と言ってただけでしたから。

10名ほどが、それぞれセレクトした作品を
読んでいくという集まり。
翌日の発表会前の勉強会の感じなのかな。
といっても東京以外の方もいて
必ずしも全員翌日参加するということでもなかったような。

そしたらなんと昼のRPPにいらしてた方もいて
「自作のより他の人の言葉を読むのが好きなんです」
とかって会話してたら
その方の作品を読ませていただくことに。

Ca3a1929みきさんの
掌編小説集
「そらのゆくえ」より(関連ブログ)
「未来へのレクイエム」を
読みました。

///
その他の写真も
まっつな日々09年11月
少し載ってます。

翌2010年も東京ライブやりましたが、
(再びそら庵さん、RPPにも
お世話になりました)
2011年は行けず。

今年2012年は、実現できるかな。
道外方面の方も
今後とも長い目でよろしくっ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »