« 2009.11.20-22 東京ツアー(笑) | Main | 2009.11.28 まっつBOOKing first-2 »

2009.11.28 まっつBOOKing first-1

2009.11.28 まっつBOOKing first 1ステージめ
@札幌市こどもの劇場やまびこ座

|| これは、2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

ようやくこの報告にたどり着きました。
読み語りのプロ活動を始めてから
まあ、とりあえず間違いなく
5年はやったよね、なんかしよう。
そう考えての記念メインイベントでした。
告知ページ

まずは初日最初のステージ報告から。
Trio-T「クラシック音楽と読み語りのコラボレーション」。

後藤 竜二「りんごの木(ポプラ社)[Amazon]」と
1宮澤賢治
セロ弾きのゴーシュ[青空文庫ページ]」
(写真はリハ時
袖から撮って
いただいたもの)
そして同「〔雨ニモマケズ〕[青空文庫ページ]」。
この3つをお届けしたのでした。

1mあ、そうそう。
演奏お2方の
申し出もあり
客入れ中から
生演奏を
お届けもしてました。

ソロ活動を始める前からのチームで、
その後、本格的活動になってからは、
オーボエも加わった「テンパカルテット」
というチーム名になり、
その期間の方が長いんだけど
オーボエの方が海外にいっちゃってて
それなら、原点のトリオでやろう
ということになったのでした。

正確な記録も記憶もないのだけど
3人でやるのは、いつ以来だったんだろ。
おおー、2006年8月に「りんごの木」を
砂川でやってる!→冒険報告

忙しいそれぞれ、
3人で劇場入り前に集まれたのは2回。
前日に劇場で立ち位置を決め
そのまま深夜に最終稽古して
当日、音合わせしての本番でした。

しかも、演奏の山家ちゃん、珍味さんは
演目終わったら、すぐ次の現場へ。
1m_2締めの挨拶は、
ぼくひとりに
なってました。
ありがとう
ございました。

///////
この後も、個々にはコラボってたりするんだけど
トリオもカルテットも含め
「テンパ」としての活動は
この時が今現在(2012.1)も最新ですね。

宮沢賢治がもっとも多く
取組んでいる作家であることも含め
デ・ファルクに召還されて始まった
この3人での活動は、今も自分の原点です。

さらに言うと、最初にソロで
「読み語り」として読んだのも後藤さんの作品。
それもご本人のいらっしゃる現場でした。
初めて包括的にご本人許諾を
くださった作家さんでもありました。

後藤さんはこの翌年、2010年7月に急逝。
最後にお会いしたのは前述
2006年のときだったと思うのだけど
今もあの柔和な若々しいお顔で、
「りんごの木」のように
どこからか眺めてくださってるような気がします。

珍味さん→あこるとギターデュオ
山家ちゃん→サイトはありません。山家牧人氏(ヴァイオリン・ヴィオラ・数学(笑))
NPO法人デ・ファルク→こちらも現在サイトがないようなのでNPO法人データベース資料

|

« 2009.11.20-22 東京ツアー(笑) | Main | 2009.11.28 まっつBOOKing first-2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2009.11.28 まっつBOOKing first-1:

« 2009.11.20-22 東京ツアー(笑) | Main | 2009.11.28 まっつBOOKing first-2 »