« 2009.08.08-09 「くれないの翼」@恵庭市 | Main | 2009.08.30 「いつかの明日」 »

2009.08.21 教文短編演劇祭予選参加@中央区

教文短編演劇祭予選『TUC版・ニーベルングの指環』
@教文小ホール

|| これは一昨年2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

この年の8月は大忙しでした。
前報告のSPP@恵庭と少しだけ併行して
この稽古もしてたんです。

2009年教文教文短編演劇祭
予選第二戦8月21日(金)
TUCの作品に客演したのです。

TUCっていうのは「ユナコラ」とも略す
The United Collaborationのこと。
このとき初客演だったのだけど
TUC発進前から仲のいい女優さんとかいて
けっこう忘年会にお邪魔したりする
間柄だったのですねえ。

演目は『TUC版・ニーベルングの指環』
でも原作は、フルでやると
15時間かかるというオペラの大作。
15分という規定時間に収めるには
ほんのわずかなエピソードしかできない
ということらしく、
いただいた台本タイトルは
TUC版『ラインの黄金』ということで
原作の序幕部分(たぶんそれだけでも数時間)をモチーフにして
再構成したものでした。

松本は、読み語りの実績が買われたのか
Ca3a1678語り役を担当して
ほとんど終始舞台にいました。
ちなみに「指輪」役ってことだったけど
観てて分かったかなあ。
セリフ多かったんだけど(笑)。
(上手手前の椅子あたり定位置[ゲネ日のチェックの様子])
Ca3a1664Ca3a1691役を担った人達とは
直接絡まないけど
その行動に
絡んで語る
役回りでした。
(左:稽古模様 右:本番日最終確認の様子)

なかなか斬新な演出だったのですけど
残念ながら予選敗退。
けっこうみんな本気で悔しくて
打ち上げは未明までに及び…

その帰り、わたくし転びまして
翌日はなんともなかったのですが
翌々日になって、筋肉内出血をするという
その後あちらこちらに
大変ご迷惑をかける結果まで付随、
忘れられない公演になりました(爆)m(_ _)m。

改めてこの場でお詫び申し上げておきます。

ついでにいうと
この年は実は「◯◯◯◯◯芝居解禁年」だったんですね。
現在は3年置きなので…次は2012年…、だ、だいじょぶか。

|

« 2009.08.08-09 「くれないの翼」@恵庭市 | Main | 2009.08.30 「いつかの明日」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2009.08.21 教文短編演劇祭予選参加@中央区:

« 2009.08.08-09 「くれないの翼」@恵庭市 | Main | 2009.08.30 「いつかの明日」 »