« July 2011 | Main | September 2011 »

2009.07.19 コンカリ夏祭り@コンカリ

|| これは一昨年2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

Ca3a1479「コンカリ夏祭り」
2007年以来の参加だったらしい。
その後、去年10年、今年11年と
参加を見送っているので、
「ヨミガタリストまっつ」がコンカリに登場した
今のところ、最後ってことになるのか?
どうやらそうみたいだ、
芝居では毎年、立っているけど。

てなわけで、この年はステージタイムをもらったほか
オフステージを歩きまわって
リクエスト受ける、なんてこともしたのだった。

まずはステージ。
当初は後半のほうだったのだけど、
キャンセルの1組に代わって幕開け直後に。
回廊読み語りをアピールするにも
都合がいいと思ってね。

天候悪くて街頭練り歩きじゃなくなった
「千年楽団」に続いての登場となりました。

まずはテーマソングで自己紹介とか説明。
このころ、定番のパフォーマンススタイルになってました。
で、事前にもってきてくれるって言ってた方から
早速、騙り読みリクエスト。
どっかの焼き肉屋の紹介文を「韓国風に」。
終盤、長くて速度上げたら、韓国というより
どんどん中国に近づいてった?

さらに同じ方から、持参名刺を
「名刺に載ってるイラストの天使風に」。
まあ、かわいこぶってみましたが
こういう騙り読みは、後から聴くもんじゃない(爆)。

もひとつここで、現場でのリクエスト登場。
コンカリの次のイベント
落語会のチラシを「落語風に」。
正座して読んでみました。

さて、この年のこの頃は、まあ舞い上がってましたねえ。
詩のボクシング北海道大会優勝を引きずって。
こっからの本編は、まず自作「カギタバタバタ」。
その次には、この年の詩ボク北海道の新星
オオタニくんの作品を、事前に許可もらって読んだ。
「デブ捨て山」。これっきりの約束で(笑)。

しかも本人を呼んでまして
その後、登場して1編読んでもらったのだ。
「全国イケメン統一試験」。
やっぱおもしろいなあ、味あるよなあ。

以上でステージタイムは終了。
その後は、場内「日本語読みます」の文字を掲げて
ぶらついてまして、
そこで読んだのは録音記録ないのだが、

メモ記録では、そこらにある看板だとか
野菜包む用の新聞の投稿欄だとか
Ca3a1484絵本など作品類のほかにも
その場リクエストを
いただいたようですよ。

で、全体の終幕近くになったところで
なんか1本企画が中止になって
「みんなで歌ってしめよう」という流れになったとこで
いきなり、まっつにリクエスト「憲法9条」。

この日は持ち合わせてなかったので、
「じゃあ何がある」「漱石夢十夜ならもってきてる」
「コワイのを」ということで、第三夜を
再びステージで読み語り。
突発だったので、これも録音記録ないのですが、
ほぼ皆さん飲み食い一段落したタイミングだったので
けっこうしっかり聴いてくれましたよ。

P1010522いただき画像で
様子を紹介。
たぶんこれが、最後の
漱石だと思う。
江口さんからいただいた。

いやー、しかし回遊型も楽しいね。
ただ、他の人たちのステージ殆ど見れないけど。
Ca3a1489投げ銭だけ
じゃなくて、
現物支給
とかも
けっこう
多かった
けど(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.11 街なか来てくだ祭@滝川市

|| これは一昨年2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

Ca3a1448Ca3a1452「街なか来てくだ祭」
■場所
ジョイ栄町店(滝川市栄町2丁目4-24)の駐車場の一角
■時間
イベントは
7/11(土)11:00〜15:00
ヨミガタリストまっつ予定12:20から30分
★観覧無料・リクエストも可

屋外でのマイクパフォーマンスは
フェアトレードフェス以来でした。
といっても、↑はコラボだったから
ソロでのそれとしては、
07年までやってた
半屋外のパフォマーケット以来みたい。
しかもスタンドマイクっていうと
2007年、だい・どん・でん以来ですね。

場内は、すっかり夏祭りな雰囲気。
まっつは、11時スタートの
イベントアトラクションの4番手。
フラダンスとジュニアヒップホップという
ダンス系に挟まれての30分弱ほどの出番。
あ、出番前に、現場内で中継している
コミュニティFMの番組にも出演したっけね。

出番を迎えてまずは「まっつ知ってる人?」
何人かいらっしゃいました。
それだけでテンション上がるまっつ。

まずは名刺代わりの
宮澤賢治「注文の多い料理店・序」
拍手はちらほら。
ちょうど昼時なんで、
みんな呑んで食ってですわね(笑)。

そして自己紹介的に、レシートなど騙り読みのことにふれたら
さっそくMCさんの方から
この日のイベントチラシを「おしっこ我慢してる感じで」。

もひとつお客様からのリクエスト。
これもチラシだったかな。
「寝起きの感じで」。

その後、詩ボク北海道大会優勝直後だったことで
関係者のリクエストもあって、
詩ボク作品を2本ほど披露。

それじゃあ締まらないので
屋外ではぜひやっておきたかった
谷川俊太郎さん「みみをすます」を
締めに読みました。

Ca3a1451Ca3a1450お客様写真、
いただくには
いただいたけど
どんどん逃げます。
かろうじて2方向。

Ca3a1449ところで、
オープニングと
オオトリを
見事飾っていた
地元の
音楽パフォーマンス
「農協スカパール☆ライスオーケストラ」、
めちゃくちゃ楽しかったす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.07 読み語りイベント@東区

|| これは一昨年2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

Ca3a1441読み語りイベント
@ジュエリーカフェJK
日時:2009年7月7日(火)18:00開演
場所:ジュエリーカフェJK
北13条東2丁目1-25(東豊線 北13条東駅から徒歩約3分)

このイベント、結局「イベント名」とか付かなくて
サイトでは告知したけど
メルマガで告知しそびれたんだった。

というのも、やり馴れた企画者じゃなく
初めて組む方々で、かつ、初めての場所。
お店の活性化のために
何か仕掛けたいというスタンスです。

どうやるのがよりよいのか
それをお互い、見つける段取りが
なかなか噛み合なかったりもしたんですね。
それぞれ、手法が違うから。

Ca3a1442でもね、
まっつのこと
知らない人
ばっかりなのに
こんなにお客様
集めていただきました。

スタート時間になっても
予定のお客様が数名いらっしゃらず、
でも前座的に読める予備
何も持ってきてない。

と言ったら、
スタンス理解してくれてた企画の方が
お店にあった女性週刊誌の連載小説を
リクエストしてくれました。

いきなり初見リクエスト。
まっつ知らないお客様の前で。
でも、骨格のしっかりした小説で
どんどん入り込んでいただけたようです。

なので、予定のお客様集まって
切りのいいところでやめようかと
途中で相談してみたら
最後まで聴きたいー。みたいな感じになって
都合、連載1回分、しっかり15-6分、
読んじゃいました(笑)。

読み終わって、
「おおー、こんなお話だったんですねえ」
お客様「(爆笑)」。
みたいないい空気に。

今(11.08.19)これを書くために荒めて調べてびっくり。
直木賞作家・井上荒野作品でした。
「ハニーズ」連載第20回(女性セブン2009/6/18日号)

すでに短編集に収められているようです。
おおー、今年の2月に発刊されたんだ。
ハニーズと八つの秘めごと(小学館)[Amazon]」

さてそして本編。太宰治「走れメロス[青空文庫]」。
この2009年は、太宰の生誕100年。
てこともあって選択。

ステージ部分は、奥行きなく、
横に長い形になってたので
こちらでは、左右の移動を使って読んだ。
まあまあ好評だったと思う。
拍手がけっこう熱かったもの。

でも、結局、ぼくの方は、知り合いをこのお店に
新たに引っ張ることもできず、
お店の活性化には役立たなかった次第で、
むしろ申し訳ない気持ちも残っちゃいました。

もっともっと有名にならないと
そういう活性化事業の軸とかになるのは
無理だわねえ。

それから2年経って、
どうだろう、今の自分は。
まだまだ当時と変わらないに近いかなあ。

ちなみにお店は、店内でジュエリー販売もしてたり
どちらかというと、女性向きの店構え。
奥のほうには、ちょっと隠れ家的スペースもあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.07.05 詩のボクシング北海道大会

Ca3a1415第7回「詩のボクシング」北海道大会
@上湧別町文化センターJRY(現・湧別町)

この大会では、もう運に恵まれて
個人戦優勝したんですねえ。
いやー、その後の昨年今年は、
またまた2回戦敗退を繰り返してますから
実に運が良かったとしかいいようがない。

読んだ作品は、珍しくちゃんと記録が残っている。
1回戦は(仮題・三四歌(さんよんか))
        ↑内容でなく形式の仮名
2回戦は「カタヅカナイ」。
準決勝は「悲しみの舟がいく」
決勝第一ラウンドは「カギタバタバタ」
第二ラウンド、即興のお題は「じゃがいも」。

準決勝・決勝の準備作品は、
いずれも参加初年の2007年に作っておきながら、
これまで大会で読む機会のなかった作品でした。

そういえば、対戦順が決まってびびった覚えがある。
2回戦で間さん、準決勝は浦田さんが来るのかあ。

ところが、なんとか1回戦を乗り越えたら
2回戦は、1回戦、得意技を封印しちゃった間さんを破った夏己さん。
間さんとの1回戦が先攻だったから、
夏己さん、ベスト作品を
1回戦で出してしまったんだろうなあ。
おかげでかろうじて準決勝進出。

で、その準決勝は、
1回戦で浦田さんを破った仲野さん。
彼も浦田さん相手で、1回戦に
ベストを出したんじゃないか。
ここもわたくし、僅差の判定勝ちだったから、
対戦順が違っただけでも、絶対違う結果だった。

そして決勝はその浦田さんと。
1回戦敗退後、敗者復活戦から
勝ち上がっての決勝進出。
しかも優勝候補の
岩崎さん、大谷さんを連破してだから、
残る中からベスト選択し続けたに違いない。
そうとう疲れもあったに違いない。

そして、即興のある決勝だけは、
ときには先攻の方が有利なこともあり、
このときの展開は、まさにそれ。

まっつ「じゃがいも」で最後の落ちにカレーを出して
浦田さん「たまねぎ」で、だいたいカレー話になってった。
早い者勝ちみたいなとこがありましたよね。

Ca3a1428それでも僅差の
判定勝ちだもの。
決勝じゃなかったら、
絶対負けてた。
まさしく対戦の運に
恵まれての優勝でした。

道新に記事が載ったけど、
写真は大谷くんだったものなあ。
それが全てを物語ってる(笑)?

Ca3a1417ところで、
この年から
JRYが会場になりました。
天井が高くて、
自分の声が
上から戻ってくる感じの
素晴らしい反響構造。
これもまた自分に有利と思ったけど、
翌年からも同じ会場なのに
戦績あがってないということは
そうでもなかったのか。

Ca3a1430Ca3a1433最後は野外で
海産物
たっぷりの
交流会。
うまいっ。

☆この年2009年10月5日からは合併して
 「湧別町」になっています。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2009.06.27 フェアトレードフェスタ

|| これは一昨年2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

4月にやったみんたるライブは、
基本的にタクヤくんのライブだったのだけど、
それを観たフェアトレードフェスの実行委員さんから
推薦があったらしく、
Johnnyさんも含めた3人でのフェス出演をいつの間にか
頼まれていたらしい。

実現までにはいろんな問題もあったのだけど
090627_135401まあその経緯は
置いといて、
3人ならではの
方向性を
貫いて
やらかしたのでした。

あんまり暑かったので
当日買った帽子を付けて登場。


オープニングは「フェアトレードって何?」。
フェスタフライヤ記載の文を
なんだかラップ調にやってみた。
上の映像は翌年2010年フェスタの
PR映像ですが、この中の
0:35-1:30(映像付き)/7:32-7:44(声のみ)
に登場していますよ。

それから3人共通の知人である原 瑞穂さん自作の詩
「あなたがいるだけで」。
そこから音はほとんど途切れず、しかし展開して
「日本国憲法第9条」に入り、
さらに、次に向かって音が変化してから
谷川俊太郎「みみをすます」で締めくくり。

都合25分弱のステージでした。
終わってから音響スタッフさんに
「4曲とも良かった」みたいなこと言われて
あ、なんと「曲」だったんだあ。
と、我ながらびっくりしたんでした(笑)。

タクヤ・ディジュが世界を広げて
Jhonny・パーカッションが
背中を押したり引いたりしてくれる。
とても気持ちのいいステージでした。

今、聞き直しても
最後以外は、音とのコミュニケートも
しっかり出来てて、
シャウトしてたりリフレインしたり、
かなりいい感じ。
最後は、気持ちよくなっちゃって
ちょっと自分走り過ぎたかも。

ところで、終わった後には、なぜか
フェアトレードファッションショーにも
参加したんだけど、その画像類はなっしんぐ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.24 イベント参加演劇出演

|| これは一昨年2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

2009.06.24「EARTH」
〜ぼくらが地球にできること〜
に、演劇「RE:」のキャスト出演。

えっと、「EARTH」がイベント名で
「〜ぼくらが地球にできること〜」はイベントの副題。
そして出演した20分くらいのお芝居のタイトルが
「RE:」というわけです。

これが久方ぶりに父親とかではなく
恋愛モノの当事者の役回り。

そのくせ、イベントタイトルに沿って
地球環境のことも考える系のお話。

酔い覚ましに公園で一休みするカップル。
男は、ちらかったゴミが気になって
女をベンチに休ませている間
ゴミを拾ってる。

Ca3a1389だって
ベンチの上すら
最初はこんなに
ゴミだらけ
だったんだもん(爆)。

そんな中で始まる会話。喧嘩。別れ?
捨てられるゴミと、捨てたり捨てられたりの男女関係を
なんとなく暗喩的につないだ
大人な小芝居でしたよ(タブン)。

タイトルは
おそらく(正解聞いてないや)
浮気発覚の原因になった
携帯メールの表題。
なんかの隙に女が男の携帯電話の
メールを盗み見たのね。

相方は20代。もうひとりの共演者は
当時、高校生でしたから、
ふたり足してもおいらの年の方が上(笑)。

Ca3a1392ちなみに、
作・演出含めて
関係者4人が
一緒にいたのは
イベント当日
だけでした(爆)。

舞台写真とか手元に全くないから
Ca3a1394せめて
出演者写真を
載せておこう。
これは
出番直前、袖待機の様子。

短い期間で作った短い芝居だったけど
なかなか、いい出来だったと思う。
お芝居観るためだけに来た人は
ほとんどいないイベント会場だったけど
Ca3a1391楽しんで
もらえたと思う。
ライブハウス
だったんだよ、
現場。

イベント終了後、
作・演出とだけ、軽く打ち上げ。

4人みんなで打ち上げやろう
という約束は
あ、まだ果たされてないや。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2011 | Main | September 2011 »