« 2009.06.27 フェアトレードフェスタ | Main | 2009.07.07 読み語りイベント@東区 »

2009.07.05 詩のボクシング北海道大会

Ca3a1415第7回「詩のボクシング」北海道大会
@上湧別町文化センターJRY(現・湧別町)

この大会では、もう運に恵まれて
個人戦優勝したんですねえ。
いやー、その後の昨年今年は、
またまた2回戦敗退を繰り返してますから
実に運が良かったとしかいいようがない。

読んだ作品は、珍しくちゃんと記録が残っている。
1回戦は(仮題・三四歌(さんよんか))
        ↑内容でなく形式の仮名
2回戦は「カタヅカナイ」。
準決勝は「悲しみの舟がいく」
決勝第一ラウンドは「カギタバタバタ」
第二ラウンド、即興のお題は「じゃがいも」。

準決勝・決勝の準備作品は、
いずれも参加初年の2007年に作っておきながら、
これまで大会で読む機会のなかった作品でした。

そういえば、対戦順が決まってびびった覚えがある。
2回戦で間さん、準決勝は浦田さんが来るのかあ。

ところが、なんとか1回戦を乗り越えたら
2回戦は、1回戦、得意技を封印しちゃった間さんを破った夏己さん。
間さんとの1回戦が先攻だったから、
夏己さん、ベスト作品を
1回戦で出してしまったんだろうなあ。
おかげでかろうじて準決勝進出。

で、その準決勝は、
1回戦で浦田さんを破った仲野さん。
彼も浦田さん相手で、1回戦に
ベストを出したんじゃないか。
ここもわたくし、僅差の判定勝ちだったから、
対戦順が違っただけでも、絶対違う結果だった。

そして決勝はその浦田さんと。
1回戦敗退後、敗者復活戦から
勝ち上がっての決勝進出。
しかも優勝候補の
岩崎さん、大谷さんを連破してだから、
残る中からベスト選択し続けたに違いない。
そうとう疲れもあったに違いない。

そして、即興のある決勝だけは、
ときには先攻の方が有利なこともあり、
このときの展開は、まさにそれ。

まっつ「じゃがいも」で最後の落ちにカレーを出して
浦田さん「たまねぎ」で、だいたいカレー話になってった。
早い者勝ちみたいなとこがありましたよね。

Ca3a1428それでも僅差の
判定勝ちだもの。
決勝じゃなかったら、
絶対負けてた。
まさしく対戦の運に
恵まれての優勝でした。

道新に記事が載ったけど、
写真は大谷くんだったものなあ。
それが全てを物語ってる(笑)?

Ca3a1417ところで、
この年から
JRYが会場になりました。
天井が高くて、
自分の声が
上から戻ってくる感じの
素晴らしい反響構造。
これもまた自分に有利と思ったけど、
翌年からも同じ会場なのに
戦績あがってないということは
そうでもなかったのか。

Ca3a1430Ca3a1433最後は野外で
海産物
たっぷりの
交流会。
うまいっ。

☆この年2009年10月5日からは合併して
 「湧別町」になっています。

|

« 2009.06.27 フェアトレードフェスタ | Main | 2009.07.07 読み語りイベント@東区 »

Comments

優勝の年だ~
なつかしいですねっ

優勝を信じていましたよ

Posted by: | Thursday, September 15, 2011 19:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2009.07.05 詩のボクシング北海道大会:

« 2009.06.27 フェアトレードフェスタ | Main | 2009.07.07 読み語りイベント@東区 »