« November 2010 | Main | February 2011 »

2009.03.03「読み語り−夢幻の世界−」@中央区

2009.03.03
「読み語り−夢幻の世界−」@共済ホール(UHB大学)

|| これは一昨年2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

この日は、UHB大学さんにお呼ばれして
週1回の登校日の午前が全学年対象の一般教養講座。
そのひとつとして、登壇させていただきました。
300名超の「学生さん」を対象に
レパートリー作品から幾つかお届けしました。

UHB大学というのは
55歳以上の高齢者対象の学習の場とのこと。
4年間の終業年限で、
さらに大学院もあるそうです。
UHB大学紹介サイト

「−夢幻の世界−」との副題をいただいて
セレクトした作品は、
まっつ定番の
宮澤賢治「注文の多い料理店・序[青空文庫ページ]」
同「雪渡り[青空文庫ページ]」
そして芥川龍之介「[青空文庫ページ]」。

ここで10分弱の休憩。

後半には、許諾いただいている
加藤 多一さんの
北の川をめぐる九つの物語(北海道新聞社)[Amazonページ]」より
「むた・むた・むた」。
そして最後に夏目漱石「夢十夜[青空文庫ページ]」より
残り時間を考えて「第四夜」「第十夜」を選びました。

共済ホールは演劇も含めて多分、初登壇。
キャパ650席の広さなので、マイク使用。
録音記録は、スピーカからの音を拾ってるのですが、
いつもより高い声に聴こえます。

残響も多めに感じたので、
ゆっくり読んだつもりでしたが、
それぞれの作品、過去の記録と比べると
ほんの少し短いくらいでした。

Ca3a0750言葉自体はゆっくりめにしたけれど
客席との距離があるのと
高齢の方も多いとのことなので、
広く動き回るのも避けたため
全体に間が少なめになったようです。

残念ながら個別の感想はお聴きできませんでしたが、
まあ、最初はなんとなく面食らったような空気もあったものの、
大人の皆さんだけあって、
おおむね最後までしっかりご覧くださり、
楽しんでいただけたように記憶しています。

ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.21-22「読み伝える表現」@黒松内町

2009.02.21-22
「田舎の自然学校指導者養成講座」第9回「読み伝える表現」
@黒松内ぶなの森自然学校

|| これは一昨年2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

Hyougen2月の雪深い2日間、
ぶなの森自然学校
「田舎の自然学校指導者養成講座」
第9回「読み伝える表現」の
講師を務めさせていただきました。

もう2年近く経ってしまいました。
とはいえ、かなり斬新な体験でしたので、
場面場面、今も鮮やかな記憶のある2日間でした。

コンカリーニョ派遣事業として出向いたんですね。
2日間、トータル12時間超のプログラムは
自分としても「指導スタンス」として
初のボリュームだっただけに
かなり事前にあれこれ考えたのでありました。

基本的には「読む」ことを
単に音声表現と考えるだけでなく
「伝える」行為と捉えていきたいということ。

ま、その点はこれ以前もその後も
大きく変わってないわけですけど、
全体の時間が多いだけに、けっこう
積み重ねる流れを検討しましたねえ。

Ca3a0710大きなポイントは
「イメージを持って
読み伝えること」。
(画像は初日後半の様子)

これは、基本講座の合間、ラフな夜の時間帯に
Ca3a0712「ちょっと特別なもの」
を紹介してもらうという
「読む」のではなく
まさに「伝える」時間も設け、
(画像がその様子)
「読む」こととの比較も意識してもらうようにしたのでした。

まっつのデモンストレーションや、
コミュニケーションゲームも織り込みながら
けっこう、バタバタな感じでにありましたが、
そこは逆に、受講者の皆さんの意識の高さに
大いに助けられましたねえ。

いろんな自己経験に照らし合わせながら
理解していこうという意欲がある。
だから言ったことの数倍のことを感じてくれる。
んー、さすがでした。

そのあたりは、逆に
自分にとっても大いに勉強になったのでした。

Ca3a0721最後は、
ほぼ関係者のみの
お客様でしたが
発表会まで実施。

短期集中の形で、即席判断ばかりになったわけで、
個人個人へのアドバイスが
果たして最適だったかどうかは、
怪しいところもあったと思うのですけど。

読むことってつい固くなりがちな人が多いのだけど、
少しでも自由に、かつ楽しく、でも適切に
「読む」ことができれば
いろんな可能性があるってこと、
そこんところは、多少なりとも感じていただけたはず
と、思い返しております。

Ca3a0713_3Ca3a0714それと、ごはんが大変、
おいしかったので
ありました。
(左が2日目朝食、右が昼食。
初日夜は撮り忘れ(爆))。

Ca3a0707Ca3a0722大変お世話に
なりました。
ありがとう
ございました。

関連記事
自然学校・高木さんのブログ関連記事

自然学校・スタッフブログ関連記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.20 情報図書室まつり@恵庭市

2009.02.20
情報図書室まつりゲスト@恵庭市立松恵小学校

|| これは一昨年2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

もう2年近く前になってしまいました。
ごめんなさい。
この日は、
恵庭市立松恵小学校の情報図書室まつり
Ca3a0701「本のとびら」に
ゲスト出演
させて
いただきました。

Ca3a0698s1こんなプログラムも
掲げていただき
まっつは
最初の登場。

「三匹の小ぶた」、
ひだのかな代「りんごりんごろりんごろりん」
には、タイトル直後から
ノリノリで受けてくれて
手応え充分。
新美南吉「てぶくろをかいに」も
しっかり聴いてくれました。
(「りんごりんごろりんごろりん」は復刊ドットコムにて
復刊リクエスト中→リクエスト)

まあ、学校公演は、子どもたちが
リラックスしてる場合が多いので
受けは予想以上のことが多いけど、
この学校では、反応はそれ以上。
本の楽しみ方を知ってる感じだったんですね。

その後、ボランティアのお母さんたちによる
学年別お薦め本の紹介と抜粋朗読、
スライドシアターなどが続きました。
さらに、しおりづくりの時間などもあり
いろんな形で本に親しむような仕掛け。
図書ボランティア「おはなし松えもん」が主催の
企画でした。

こうした情報図書室の活動で
本好きな子がいっぱいだから
あんなにしっかり反応してくれたんだなあと
後から納得しました。

Ca3a0699終了後には
「給食」もいただきまして
お礼にスタッフ向けに
リクエスト本をひとつ。

Ca3a0704スタッフの皆さん。
いまさらですが
ありがとう
ございました。

201001001後日、
こんな楽しい装丁の
感想文集なども
お送りいただきましたよっ。

Ca3a0698あ、ところでさすが恵庭です。
この日いた方には、
大人子どもともに
後日または過日、まっつと
恵庭芝居で共演した人が何人もいたのでありました(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | February 2011 »