« 2009.02.21-22「読み伝える表現」@黒松内町 | Main | 2009.03.15「きりがたりシアター」初遠征@黒松内町 »

2009.03.03「読み語り−夢幻の世界−」@中央区

2009.03.03
「読み語り−夢幻の世界−」@共済ホール(UHB大学)

|| これは一昨年2009年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

この日は、UHB大学さんにお呼ばれして
週1回の登校日の午前が全学年対象の一般教養講座。
そのひとつとして、登壇させていただきました。
300名超の「学生さん」を対象に
レパートリー作品から幾つかお届けしました。

UHB大学というのは
55歳以上の高齢者対象の学習の場とのこと。
4年間の終業年限で、
さらに大学院もあるそうです。
UHB大学紹介サイト

「−夢幻の世界−」との副題をいただいて
セレクトした作品は、
まっつ定番の
宮澤賢治「注文の多い料理店・序[青空文庫ページ]」
同「雪渡り[青空文庫ページ]」
そして芥川龍之介「[青空文庫ページ]」。

ここで10分弱の休憩。

後半には、許諾いただいている
加藤 多一さんの
北の川をめぐる九つの物語(北海道新聞社)[Amazonページ]」より
「むた・むた・むた」。
そして最後に夏目漱石「夢十夜[青空文庫ページ]」より
残り時間を考えて「第四夜」「第十夜」を選びました。

共済ホールは演劇も含めて多分、初登壇。
キャパ650席の広さなので、マイク使用。
録音記録は、スピーカからの音を拾ってるのですが、
いつもより高い声に聴こえます。

残響も多めに感じたので、
ゆっくり読んだつもりでしたが、
それぞれの作品、過去の記録と比べると
ほんの少し短いくらいでした。

Ca3a0750言葉自体はゆっくりめにしたけれど
客席との距離があるのと
高齢の方も多いとのことなので、
広く動き回るのも避けたため
全体に間が少なめになったようです。

残念ながら個別の感想はお聴きできませんでしたが、
まあ、最初はなんとなく面食らったような空気もあったものの、
大人の皆さんだけあって、
おおむね最後までしっかりご覧くださり、
楽しんでいただけたように記憶しています。

ありがとうございました。

|

« 2009.02.21-22「読み伝える表現」@黒松内町 | Main | 2009.03.15「きりがたりシアター」初遠征@黒松内町 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2009.03.03「読み語り−夢幻の世界−」@中央区:

« 2009.02.21-22「読み伝える表現」@黒松内町 | Main | 2009.03.15「きりがたりシアター」初遠征@黒松内町 »