« 2008.10.12-13 「オペレ & まっつ」+@やまびこ座 | Main | 2008.11.01 オペレ&まっつ@北海道文学館 »

2008.10.25 紅茶夜会18

2008.10.25 「夜と紅茶とヨミガタリ〜第18夜〜」@ニュアージュ

紅茶夜会前回の模様は→冒険内該当ページ

この回の「ヨミガタリを楽しむ会」の→告知

|| これは一昨年2008年の報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

1年以上分も、たまっている上に
ずいぶんごぶさたの更新で、すみません。

はー、もうさすがにここまで離れると
記憶はわずかで、改めて録音記録を聴くのがやたら新鮮でした。

さて、この日は「紅茶夜会」、その後、
諸事情により開催されていないため
現段階の最後の「紅茶夜会」でした。

挑んだのは「萩原朔太郎」。
まっつとしては、たぶんリクエストでも読んだことのない
初の作家だったと思います。

常連さんからのリクエストで取り上げることになった経緯や
当日使用したアロマ紹介や、
店長さんからお茶タイムの「本日のティー」紹介があった後
作家の人となりを、主催から解説。

そしていよいよ読み語りスタートです。
まずは詩集『月に吠える[青空文庫]』序文(少し前略しての抜粋)

いやー、久々に自分の読みを聴いたけど、
すんません、かっこいいじゃんとかって思ってしまった。
これが読み語りだよおー、なんて(爆)。

そしてこの『月に吠える』から
<竹とその哀傷>より「地面の底の病気の顔」「竹」
<雲雀料理>より「感傷の手」
<悲しい月夜>より「蛙の死」
<さびしい情慾>より「愛憐」
<見知らぬ犬>より「見知らぬ犬」
<くさった蛤>より「ばくてりやの世界」「猫」
の8編をお届けしました。

ちょいと閑話休題して、
続いては詩集『青猫[青空文庫]』から
<幻の寝台>より「薄暮の部屋」「その手は菓子である」
<憂鬱なる櫻>より「黒い風琴」
<さびしい青猫>より「艶かしい墓場」
<意志と無明>より「遺伝」の5編

続けて
純情小曲集[青空文庫]』から
<愛憐詩篇>より「こころ」「旅上」「金魚」
<郷土望景詩>より「公園の椅子」
宿命[青空文庫]』から「死なない蛸」
とお届けしていきました。

セレクトはすべて主催者によるもので
その選定作業自体が、かなり練られていたようで
ある種の世界が立ち上がったとは思う。

後日、主催者は
「朔太郎その人は、現れなかったのだけれど、
 朔太郎作品とヨミガタリストの見事なコラボレーションが
 そこにありました。」
とコメントしてたように、
確かに今、聴いても
まっつが声にする「その場」で気持ちのいい読み語りであって、
朔太郎の「そのとき」のことは、ほとんど考えてない。
あくまで作品だけけに向き合う。
そんな感じではありました。

それだけでいいのかどうか、
詩を読むときには、考えなくてはいけないか
今(2010年6月)、考えてるところでもあったりします。
でも、それが前提では読み語りじゃないだろ。

ま、それはそれとして。

その後、お茶会に入って
朔太郎についてなどからあれこれ雑談。
途中、当時流れてた、まっつナレーションCMの
リクエスト(ちゃんと原稿に起こして用意してやんの)とかあって
40分ほどを過ごした後
しめくくりは
がらっと世界を変えて
宮澤賢治「どんぐりと山猫[青空文庫]」。

たくさん手がけてきた賢治作品でしたが
この作品を読み語るのはこのときが初めて。
こちらはやたらといい反応でした。

Ca3a0281もうお客様自体
記憶がないかも。
だけど、
店長にも入っていただき
お客様写真。
ありがとうございました。

Ca3a0282そして終了後には、
会場のニュアージュさんから、
ヨミガタリを楽しむ会に
花束がっ!!
重ねて、感謝でしたっ。

気がつけば、
秋の夜はすっかり更けていたのでした。

|

« 2008.10.12-13 「オペレ & まっつ」+@やまびこ座 | Main | 2008.11.01 オペレ&まっつ@北海道文学館 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2008.10.25 紅茶夜会18:

« 2008.10.12-13 「オペレ & まっつ」+@やまびこ座 | Main | 2008.11.01 オペレ&まっつ@北海道文学館 »