« July 2009 | Main | October 2009 »

2008.08.29,31 即興組合

2008.08.29,31 「即組夏場所〜部屋とちょんまげとまわし〜」@メディアMIXホール

|| これは昨年2008年の今頃についての報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

Ca3a0120Ca3a0121さて、昨年も即組公演には
参加してたのでした。
といってもプレイヤー
でなくてやっぱり進行役。

Ca3a013729日(金)は
メイン進行役として
31日(日)は雅彰さんメインに
サブのタイムキーパー的に。
30日は別業務があったので、お休みさせていただきました。

Ca3a0118ゲネから参加したので
いささかなりとも
公演づくりに参加した
気分もありました。

2009年の即興組合は
すんません、またまた全然参加してないのですが
公開稽古なども盛んにやって
活発に動いているようです。

即興組合

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.16-17 オービータウンは大騒ぎ

2008.08.16-17 恵庭市民ミュージカル@恵庭市

|| これは昨年2008年の今頃についての報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

わお。09年、第2回「えにわ夏のミュージカル2009」は
もう明日と明後日8月8日(土)-9(日)です。

Ca3a0057これは08年実施の
第1回
「オービータウンは大騒ぎ」
の報告記録です。

といっても、当時は翌年に第2回があるなんて
誰も思ってなかったんですけどねえ。

(編集完了09.08.29)

Ca3a0079Ca3a0075貧しいけど、
のどかで平和な
オービータウン
お祭りシーンから。

Ca3a0058Ca3a0067いろんなダンスが
歌声とともに
舞台を
彩りました。

Ca3a0073Ca3a0089舞台の軸となる
イラナー一家。
初日と2日目で
キャストが違いました。

Ca3a0064Ca3a0066もう一つの軸が
この柱。
動き回って
舞台を転換します。
右が徹底的に仕込まれた
柱操作の、中学生たち!

Ca3a0094Ca3a0074大人組も
男衆も
色んな味を
出してました。

09年はいよいよ今週末っ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2008.08.09 親子向けライブ@小樽

2008.08.09 「おはなしいっぱい☆音楽いっぱい」@キンダーリープ

|| これは昨年2008年の今頃についての報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

Ca3a005208年は小樽づいてました。
この日が3度目、
しかもキンダーリープは2度目と
なりましたね。

ふ☆り☆る・ルピちゃんのフルートや小楽器に加え
キンダーリープスタッフ(の)さんもいろんな楽器で参加してもらって
1回目13時からと2回目15時からの2回
構成は2回とも同じで

「三匹の小ぶた」
谷川俊太郎/詩・和田誠/絵による
いちねんせい(小学館)[Amazonページ]」
この2つはルピちゃんと(の)さんのコラボ付き。

それから、ちょっと大人向けだけど
覚和歌子詩集「海のようなおとなになる(理論社 詩の風景)[Amazonページ]」
より「リフレイン」をとりあげて
これは(の)さんの演奏をバックにしっとり。

続いてはお店からのリクエスト1つと
ひだの かな代 作「りんごりんごろりんごろりん(新風舎)[Amazonページ]」
どっちも小さい子にも大受けでした。

0053gakkiそれから、この日使った
持ち込み小楽器や、
お店の商品でもある
楽器類の紹介などがあり
最後はフルートとのコラボで
新美南吉「いつのことだかどこのことだか」
でしめくくりました。

Ca3a00541Ca3a00552左が1回目の
お客様。
右が2回目。
2回目は大人率が
かなーり、高かったすね(笑)。

それぞれプログラムタイムをいったん終了してから
仕切り直してリクエストタイムということにしてました。

1回めはお店にあるものから
地図と迷路になってるものを各1点を
お試し的に読んだんでしたね。

そして2回目は、実はリクエストよりも
読んだ絵本の話とか
楽器のもっと突っ込んだ説明とか
そのままお客様も一緒になって、
いろんな話でたっぷり盛り上がって
あっと言う間に終了時間になったのでした。


キンダーリープ、いろんなものがあって
大人でもいっぱい楽しめる場所ですねえ。

Ca3a00562009年は
行きそびれてますが
いずれ、またっ。
ありがとうございました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« July 2009 | Main | October 2009 »