« 2008.07.20 詩ボク北海道大会 | Main | 2008.08.02 夏の夜の儚がたり »

2008.07.26 紅茶夜会17

2008.07.26 「夜と紅茶とヨミガタリ〜第17夜〜」@ニュアージュ

|| これは昨年2008年の今頃についての報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

よし。1年未満には戻ったぞ。

2009年は予定が立ってない紅茶夜会ですが、
この第17回は、なんと副題が
「夏スペシャル☆キラリ☆乙女の感性」
どーゆーことだよっ。
聴いた方しか分からない(爆)。

別に、まっつが全面的に「乙女チックに」という
騙り読みリクエストをもらって展開したわけではなく
知り合いの女性たちの作品を
読ませていただいたのです。

メイン第一部はyhs所属の俳優ながら
いろんな活動もしている
ショートちゃん(長岡登美子さん)が
ミクシィの日記に書いていた「詩風」日記から
プロデューサのセレクトで
それも作者本人とまっつが、コラボで読むという企画。

どんなもんになるんじゃろと思ってたんですが
客席前に作者、フリーな場所でまっつが動き
交互だったり、かけあいだったりで読んでいったんすね。

そしたらまあ、
まっつが読んでいるときの
作者の姿も含めてのパフォーマンスとして
成立した感がありました。

わたくしゃ、多少ノリノリになって
厨房から顔を出して読んだり
最後の作品ではゆっくり客席側に向かっていったり
いつも以上に自由に動けるのを
なまら楽しんでいました。

しかーし、この不思議な空気を生んだ第1部は
録音も録画も残ってません。

Ca3a0039夏にふさわしい
アイスティーが
出てから
後には
第2部という形で
自らの作品を自ら朗読もなさる一条綾香さんの
「花がたりシリーズ」から「ほととぎす」を、まずお届け。
これもプロデューサセレクトで
あらひろこさんのカンテレ曲を最初と最後にかけての読みで
しっとりとしましたねえ。
(途中、ちょっと走ってしまった記憶アリ)

File0129sもうひと作品は
文・かなみ
絵・ちなみ
製本・こまざわちなみ
(こまこま)自主制作絵本「はなびわに」。
この年3月の絵本展 →冒険記録
で出会った作品。ここまでもプロデューサの仕込みで本編終了。

おまけのリクエストコーナーも確かあったはずなんだが、
これは記憶もすでにあいまいですm(_ _)m。

Ca3a0042終了後の皆さん。
ありがとう
ございましたm(_ _)m
(おっと小さなスタッフ3ちゃんも)

|

« 2008.07.20 詩ボク北海道大会 | Main | 2008.08.02 夏の夜の儚がたり »

Comments

素敵な企画でしたね~☆
そうそう、「ハナビワニ」のときに、ちょうど花火がなったのでしたねっ。

リクエストコーナーで覚えているのは、スタッフ2くんの絵本「つきよのかいじゅう」。
とっても楽しかったですっ。ボコボコボン♪

Posted by: rupi | Saturday, July 25, 2009 21:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2008.07.26 紅茶夜会17:

« 2008.07.20 詩ボク北海道大会 | Main | 2008.08.02 夏の夜の儚がたり »