« 2008.05.17「呼吸するブンガク」 | Main | 2008.06.14おまつり公演 »

2008.06.08「幻夢夜語」

2008.06.08「幻夢夜語」(二胡語り)@ガンゲットダイマ

|| これは昨年2008年の今頃についての報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

「幻夢夜語」というイベント名でしたが、
仲間内では通称「二胡語り」で通ってましたねえ。

二胡奏者・荒木田真穂氏との
初の本格コラボレーション。
そしてガンゲットダイマでのライブも初。
プロデューサのまずはの狙いが
その場にふさわしい空気づくりってことでした。

芥川龍之介「南京の基督[青空文庫ページ]」をメイン演目にして
併演作品については
会場「ダイマ」にふさわしい
「場末感」のある作品という
いくつかの候補の中から、
今回、初めて読む作家
坂口安吾「足のない男と首のない男[青空文庫ページ]」
を用意しました。

まずはいきなり
ソロ読み語りで坂口安吾。
プロデューサの「ゆるーい進行でいってね」て指示もあって
なんとなく、オープニングトークから作品紹介まで
なんとなくの展開で進めて、さくっと読み始め。

最後のウヰスキーをあおるシーンでは
はい。ホントにグイッっとやりました。

それから少し間を置く意味と
少しずつ南京の空気を作ってもらうのに
真穂さんの二胡演奏しばし。
そしていよいよ芥川龍之介。

この作品、以前にも読んでいるのだが
コラボは初めて。
そしてまた、二胡との本格コラボは
実はこのときが初。
即興読み語りで音を入れてもらったり
真穂さん主体の演奏会で、指定文章を
二胡の楽曲とともに読んだことはあったんですけどね。

本番までに2度ほど読みを聞いてもらって
その中で大きな音構成を考えてもらい
まあ、かなりの部分がアドリブのような
そんなコラボでした。

当日終了後に書いた記録日記には
「坂口安吾作品-方向性がお客様にはなかなか見えてこない読みになってたかも。
 それでも、場末にふさわしい空気づくりには成功したかな。」
「メイン作品は、一度合わせたときと真穂さんの演奏スタンスがかなり違い、予告通り
 背景に徹する感じだった。やりとりの中、ほとんど常時、音がある感じだからこそ
 引っ張り出された感じの読みになった」
てなことが書いてありました。

中国の風情を醸すのに
二胡ほどふさわしい音色はないわけで、
やはりその空気とダイマの場末パリな空気が
なんともこのすこーし退廃的な幻想物語にとっては
とってもよい風情だったんでしょう。
お客様の拍手もいつも以上に長くいただきましたね。

そのせいですか、
この日、お客様写真はもとより
ダイマの方に作っていただいた手作り看板とか
その他もろもろ、一切の写真を撮り忘れたのでした(爆)。

さてさて、
最初に、しっかり中国背景の作品でやっちゃったんで
次の二胡語りの機会は、
そういう作品が見つからないと
なかなかできないかもしれないっす。
が、逆に次は
思いっきり、中国関係ない作品で試みてみるのも、アリかな。

Ca250380はい、イメージ写真で
二胡の姿だけ
載せておきます。
(もちろん真穂さんの二胡です)

|

« 2008.05.17「呼吸するブンガク」 | Main | 2008.06.14おまつり公演 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2008.06.08「幻夢夜語」:

« 2008.05.17「呼吸するブンガク」 | Main | 2008.06.14おまつり公演 »