« 2008.04.26紅茶夜会16 | Main | 2008.06.08「幻夢夜語」 »

2008.05.17「呼吸するブンガク」

2008.05.17「呼吸するブンガク」Vol.1@小樽文学館

|| これは昨年2008年の今頃についての報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

 ああっ。なんとか1年遅れをちょとだけ解消っっ!

「呼吸するブンガク」。
小樽文学館という、
趣き深い場でライブができることになったのは
Ca250383多分、前年の12月くらい。
3月中にリハも
行って、
(左はリハ時の現地)
この日いよいよ本番でした。

ヨミガタリを楽しむ会の大変な尽力で
まったくつながりなんてなかった小樽で
少しは札幌からのお客様もいたけど
20名近くのお客さまにお越しいただきましたよ。

Cayume0413小樽文学館の一角、「夢喫茶」。
しつらえだけでも、
なんかロマンな
風情なんだけど
とっても素敵に
音が響き返ってくる場でした。

リハをやったときにもそれを感じて
そんなこんなで「呼吸するブンガク」なんて
イベントタイトルも編み出したのでした。
お堅いだけの文学の館、ではなくて
天井も壁も床も読み手の呼吸に
反応してくれる場なんだもん。

そんな中でやらせていただいたのは
夏目漱石「夢十夜」[青空文庫ページ]より「第一夜」「第二夜」「第四夜」「第十夜」。
フルートのオリジナルメロディが
各夜の前後に、味わい深く絡む。

そして谷川 俊太郎さん「みみをすます(福音館書店)」[Amazonページ]
より「じゅうにつき」。
ピアノ演奏のドビュッシー「夢」リフレインの中で。
気持ち良かったす。

最後、覚 和歌子さん「ゼロになるからだ(徳間書店)」[Amazonページ]
より「鬼の素」。
ブータン国歌こそ具音化しなかったけど、
ピアノから発せられる幻想交響曲も、第九も
白石区民のときとはまた違う風情で
声に染みてきてました。

けど、
けれども、です。。。
なんだか舞台側の空気が動いているだけで
お客様と一緒にできあがっていく何か、は、
その手応えは、どうにもうまくつかめなかった感あり。

これがアウェーってことか。
なんて思っておりまして、
vol.2 はいまんとこ未定です。

Ca250416お客さま写真の
代わりに
現場の
セッティング写真

それでも自分としては
この日のコンテンツ全体が、
かなーり、お気に入りなのであります。
この構成でまたやれる場所があったらいいなあと思うくらいに。
(谷川さんと覚さんの作品は、
読む許諾はいただいているのですが、
宣伝告知には使わないという自主規制を前提としているので、
なかなか実現は難しいのでありますけどね)

あーでもそれとは逆に、
文学館だからこそ、夢喫茶だからこそ
「夢十夜」の全編完読もありかなとか
おもったりしちゃたりして。

なお、それとはぜんぜん関係なく、
この日、ついに
老眼対応眼鏡入手を決意したのでありましたよ。
うん、たしか、まじ。

|

« 2008.04.26紅茶夜会16 | Main | 2008.06.08「幻夢夜語」 »

Comments

「夢喫茶」、素敵なところですよね~☆
また行けるといいですねっnote

Posted by: rupi | Tuesday, May 19, 2009 at 16:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72518/45024974

Listed below are links to weblogs that reference 2008.05.17「呼吸するブンガク」:

« 2008.04.26紅茶夜会16 | Main | 2008.06.08「幻夢夜語」 »