« 2008.04.19-20オペレ&まっつ | Main | 2008.04.26紅茶夜会16 »

2008.04.20憲法シンポ@かでる2.7

2008.04.20札幌憲法シンポジウム@かでる2.7

|| これは昨年2008年の今頃についての報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

 よし、これも1年過ぎずの報告だぞっ。

週刊金曜日』+『週刊金曜日』読者会主催の憲法シンポジウム。
そこにアトラクションゲスト的にお呼びいただいての
読み語りでした。

「かでる2.7」大会議室が超満員、
200名以上はいらっしゃったはず。

この日は、前の書き込みにあるように
直前までこぐま座本番だったので、
すべり込みセーフ的に15:30からの
第2部パネルディスカッション冒頭に
パフォーマンス時間を設けてもらってました。

でも着いたときには、けっこうおしてまして
まだ「各団体からのアピール」最中。
なんとか落ち着いてのぞめるだけの時間があっての
スタートとなった次第。よかったよかった。

実はこの日のパネルディスカッションに
加藤多一さんが出席なさると聞いていて
多一さん作品をひとつ読みたいと思い
事前に相談して1作品決めてました。

その前に、この日の主テーマのひとつ第25条にかかわる
「朝日訴訟東京地裁判決文」抜粋を
「こころにしみわたるような」という
主催者サイドのリクエストで読み語り。

それから、やってみたかった憲法前文騙り読み。
ほとんどこの日初めてお会いする方ばっかりだったのに
ちゃんと趣旨が通じて、3つのリクエストをいただき
何度かチェンジして前文を読み切ったのでした。
1.新しい憲法が制定されて未来の希望にあふれる子供たち
2.浪曲風
3.憲法が侵された状況で怒りに溢れて

浪曲風は、途中でなんか詩吟風になってたり?
けど、途中で大拍手なんかも出て
予想以上に盛り上がりました。いいじゃない。これ。
今年もどちらかでいかがです?(笑)

そして最後は準備した作品
加藤 多一 作「北の川をめぐる九つの物語(北海道新聞社)」[Amazonページ]
より「むた・むた・むた」。
多一さんにも大いに喜んでいただきました。

この場の写真は残念ながら、なし。
その後、それはそれで盛り上がったという
パネルディスカッションには同席できず、
こぐま座に戻って片付けしてから
シンポジウムの打ち上げに参加。
そこでも、なにかリクエストいただいて読んだ記憶はあるんだが
何を読んだか記録してなかったーー。

|

« 2008.04.19-20オペレ&まっつ | Main | 2008.04.26紅茶夜会16 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2008.04.20憲法シンポ@かでる2.7:

« 2008.04.19-20オペレ&まっつ | Main | 2008.04.26紅茶夜会16 »