« 2008.03.07小樽2連発 | Main | 2008.03.23絵本展@201 »

2008.03.21-23やまびこ座プロデュース

|| これは昨年2008年の今頃についての報告です。
|| 誤解なきようお願いいたします。m(_ _)m

もう今週末、昨年のこれと同時期に
やまびこ座プロデュースの芝居があり、
わたくしそれにも出させていただきます。

昨年はしかし「回帰線ジュニアシアター」
というスタイルでした。
やまびこ座プロデュースながら、
劇団回帰線の特別公演のような形だったんですねえ。
今年は「東区市民劇団」としての公演なので
その点では大きく異なります。

ま、それはそれとして
昨年の公演を写真で振り返っときます。

「どったんばったん写真館」

Ca250362Ca250361舞台は
こんな
写真館。
ほら、
いかにも写真館。
おじいさんが亡くなってからは
もう閉店していて、
おばあちゃんが住んでいたんだけど
この日は、おばあちゃんが
店を離れ娘夫婦や孫と同居するお引っ越しの日。

Ca250365娘は跡地利用を
考えていて、
母親をこの店から
引き離そうとしてる。

Ca250366孫は、おばあちゃんが来ると
部屋が半分になっちゃうので
手伝うふりして
じゃましてる。

Ca250364でも中は、
いろんな
想い出で
いっぱい。
おばあさんも、
なかなか
片付けられない。

Ca250371娘婿は、とっくにトラックで来てて
いいはずなんだけど
間の悪い人で、
なかなかここにいられない。

Ca250368Ca250367そこへ
写真を
撮ってほしい
学生や
おばあちゃんの知り合いのカメラマンの卵、
Ca250369さらに思い込みの激しい警官や、
指名手配中?の泥棒さんが
出たり入ったりして
(あ、ドロボーさん画像ないっ!)
どったんばったんな一日となっちゃうのでした。

そして翌日、ようやくトラックでやってきた娘婿。
孫もおばあちゃんと一緒のほうが楽しく思えて
引っ越し支持派に。
もちろん娘の野望はけしとんで
せっかくだからとみんなで写真の取り直し。
またまたどったんばったんしそうな風情、
いったい引っ越しいつになるやら。

てなお話しでした。

それまでファンタジーな作品が続いた
回帰線ジュニアシアターだったけど
昨年はそんな街の旧写真館でのすれ違い芝居だったのでした。

そして、今年2009年やまびこ座プロデュースの
オニオン座 第1回公演「スタンド・バイ・ミー」も
そんなテイストが、さらににぎやかになった感じのお芝居。
どうぞ、そちらもよろしくねっ。

|

« 2008.03.07小樽2連発 | Main | 2008.03.23絵本展@201 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2008.03.21-23やまびこ座プロデュース:

« 2008.03.07小樽2連発 | Main | 2008.03.23絵本展@201 »