« January 2009 | Main | March 2009 »

2008.02.27銀鉄耐久某宅ライブ

なんと無謀なことに
宮澤賢治「銀河鉄道の夜(角川文庫版)」[青空文庫ページ]
を1DAY一挙読み語り。

宅ライブという、のんびりした空間で
遠くても3mないぞ、な一桁オーディエンスに向けて
途中、おやつ休憩とか、配達受け取り休憩(爆)とか
休み休みではあるものの
なんとか最後まで至りました。
今の文庫本には載ってない異稿部分も、後から紹介。

昼食後にスタートして
途中休憩含めて、たぶん3時間前後の時間を費やしつつ
(とはいえ、そのうち読んでた正味時間は1時間50分程度)
完読したのでありました。
ふつーにステージで読む速度より
だいぶ速めの読みになってましたが、
その分、みんなも疲れなかったかも。

おつかれさまでしたー。
空前絶後な試みと思ったけど
やってみたら「いつかまたやって」的な感想も多々。
うーん、しかし写真がないのだ。誰かくれーっ。

Photoとゆーことで、
写真いただきました。。
ルピさん、さんきう。
が。これ、読んでる写真じゃ
ないっすね。
よくみると折り鶴が乗ってるし(笑)。
イメージ写真てことでm(_ _)m

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2008.02.24オペレまっつ@千歳

オペレさんに誘われ、前年、市内何カ所かで
Ca250347上演したスタイルの
ジョイントを
千歳市民文化センターで実施。
写真は開演直前の会場。

まっつの読み語り「三匹の小ぶた」
オペレのテーブルシアター「いどのおはなし」
そしてまっつも参加しての
オペレ人形劇「りゅうになりたかったへび」。

それと事前告知しなかったもう1作品、
この季節ならではといいましょうか、
この日にはまさにぴったりでもあった(笑)
新美南吉「てぶくろをかいに」[青空文庫ページ]。

ほんとにこの日はなんだかすっごい天候で
36号をいくと、いたるところで
車が埋まってるわ、
眼の前でスピンして突っ込むわの
ひどい状況でした。
JRも止まったとか。
前日にひどい吹雪だったので
この日の天候自体はそれほどでもなかったのかもしれないのだけど
とにかく道の状況は最悪。
よく着いたもんだ。

そしてよくお客さんきてくださったもんだ。
最後まで楽しんでくださいました。

Ca250349そんなわけですが
お客様写真は遠慮して
当日のスタッフさんたちの
集合写真を掲載します。
オペレもいますな。

さて、そんな千歳に
今年も行きます。
明日というかもう本日、2/11水ですよ。
またまた同じ枠組み的に
オペレまっつです。

もちろん、昨年とはまったく違うラインナップで
臨みますので、どうぞよろしく。
なんだか報告と告知のコラボみたいだ(爆)。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

08.02.16-17読み語り体験講座

財団法人札幌市青少年女性活動協会主催の
「ふれアート」事業の1プログラムとして
やまびこ座で2日間にて実施した子ども向け講座。

小学校中学年から高校生までの20名前後が参加。

企画プログラムの依頼を受け、
どうすれば可能性のある「読み語り」体験になるかと
検討し始めたのが前年末。

サポート講師陣の人選も含めて一任されたかっこうになって
それなりに自分流の読み語りから展開できそうなプログラムを組んでのぞむ。

結果は、すっごくおもしろかった。
自分、当日は進行役っぽくなって
4組に分けたチームそれぞれについては
サポート講師にひとりずつ付いてもらうという
ぜいたくなスタイルでやらせていただいたからねえ。

自分はだいぶ楽をした当日だったわけですが、
その分、なんか各チームいろんな形で
「読みつつ」「動く」てことをやってくれて
サポート講師陣の力量ならではでした。

ただし、終了後、やー、予想外ではなかったけど
講師陣からいろんな意見が次々。
もろもろ、基本的には講師陣で
もっと事前に方向性の共有をしているべきだったと。
お互いのやっていることが途中、
もう少し見える時間なども必要だったね、とか。

その反省総括のまとめもできませんで、
もう1年です、ごめんなさい。

改善点も明確にありつつ、おもしろい講座の可能性が見つかった。
と、ここで大胆省略的に総括してしまいますm(_ _)mゴメンナサイ。

Ca250346参加者写真は
ちょっとまずいかもなので
大活躍いただいた
講師陣集合写真をご覧あれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »